セオドア ルーズ ベルト。 フランクリン・ルーズベルト

セオドア・ルーズベルトの名言・言葉(英語&日本語)

セオドア ルーズ ベルト

国の発展期に示したリーダーシップや「カウボーイ」的な男らしさでも語られる人物であり、共和党のリーダーや短命に終わったが革新党の創設者でもあった。 また、「The Naval War of 1812」を出版し歴史家としても認知されている他、自然保護運動を支援するなど自然主義者としての顔を併せ持っていたとのこと。 日露戦争の停戦を仲介したことなどから1906年にを受賞している。 jp) 要職 歴任した主な要職に「第26代 アメリカ合衆国大統領 1901年-1909年 」「第25代 アメリカ合衆国副大統領 1901年 」「第33代 ニューヨーク州知事 1899年-1900年 」「アメリカ合衆国海軍次官 1897年-1898年 」「ニューヨーク州下院少数院内総務 1883年 」「ニューヨーク州下院議員 1882年-1884年 」「ニューヨーク市警察本部長 1895年-1897年 」など。 セオドア・ルーズベルトの名言集 今いるところで、 今持っているもので、 あなたが出来ることをやりなさい。 「出来るか?」と尋ねられた時はいつでも、 「出来る」と答えなさい。 それから急いで どうすればいいかを探しなさい。 決断の時に、 あなたができる最良のことは、 正しいことである。 最悪なことは 何もしないことである。 長期的に見れば、 品性が個人の人生や国家の盛衰においても、 最も決定的要因である。 賞賛に値するのは、 実際に行動した人物であり、 汗と血でまみれ、勇敢に戦い、 何度も間違いを犯して 成功にまで手が届かなかった人物であり、 熱意をもって身を捧げ、 有意義な目標に向かって全精力を使い、 たとえ失敗したとはいえ 果敢に挑戦した人物である。 その人物は、 勝利も敗北も知らない臆病者たちとは 一線を画している。 成功とは、 どうやって人とうまくやっていくかを、 心得ていることである。 目を星に向け、 足を地につけよ。 人生が与えてくれる 最高の宝物はなんといっても、 する価値のある仕事に打ち込めること。 勝利も敗北も知らずに 灰色の薄暗がりで生きて、 楽しむことも苦しむこともしない 哀れな者と肩を並べるより、 たとえ失敗しようとも 思い切って偉大なことに挑んだり、 栄光ある勝利を勝ち取ろうとする方が、 ずっと素晴らしい。 そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

次の

セオドア=ローズヴェルト

セオドア ルーズ ベルト

ワシントンDCとバージニア州の間を流れるポトマック川にある、セオドア・ルーズベルト島にハイキングに 行ってきました。 この島はその名の通り、26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの功績を記念する公園と なっています。 バージニア州Rosslyn(ロズリン)から出ている橋がこの島への唯一のアクセスです。 島内へは車や自転車の進入 禁止なので、ロズリンの橋の近くまで車、自転車で行くか、地下鉄ロズリン駅から徒歩で向かいます。 ロズリン駅周辺はオフィス街となっており都会的な雰囲気となっています。 ロズリン駅から10分程度歩くと、ロズリンの都会的な雰囲気とは対照的に、自然豊かなセオドア・ルーズベルト 島に到着します。 この橋を渡って、いざ島内へ。 橋を渡って島にたどり着くと森が広がっています。 島全体はこんな感じです。 島自体は小さく、徒歩1時間程で1周することができます。 地図の絵にも書いてありますが、運が良ければ野生の 鹿に出会うことができます。 島に入って少し歩くと、セオドア・ルーズベルト大統領の像があります。 像の周りに石碑が建っており、ルーズベルト大統領が残した名言が彫られていました。 島の主な観光スポットは ここだけなので、あとは島の自然を満喫するのみです。 道はこのように緑が生い茂っているため、気温が高くても、森の中は日影が多く、涼しくて歩きやすかったです。 リスはいたのですが、残念ながら鹿に出会うことはできませんでした。 ちなみに、ワシントンDC近郊の住宅街に は野生のリスがいます。 見た目は可愛いリスですが、狂暴で不衛生ということで、アメリカでは嫌われている みたいです。 島の東部は湿地帯となっており、橋で湿地帯を通り抜けます。 島の北側からはワシントンDC北西部に位置するジョージタウンが見えます。 1時間ほど歩いてスタート地点に戻ってきました。 この島は旅行ガイドなどに載っていない為か、観光客はほとんどいませんでした。 地元の方々がランニングして いる程度なので、人が少なく、のんびり過ごすことができました。 観光で疲れた方は疲れを癒しにセオドア・ルーズベルト島を訪れてみてはいかがでしょうか。 特派員プロフィール• ワシントンDC3特派員 momoko 夫の仕事の関係でワシントンDCの隣に位置するヴァージニア州に在住。 ワシントンDCや近隣の州は魅力的なスポットで溢れている為、期間限定のアメリカ生活を充実させるべく、見ごたえのある観光名所や、ガイドブックに載っていない穴場、美味しいレストランを焦って探索中。 趣味は旅行。 アメリカ滞在中はアメリカ国内や近隣国を旅行する予定。 アメリカ横断も計画中。 多くの旅行経験を活かし、旅行者目線のおススメ情報を発信していきます。 アメリカの今• アメリカを旅する• アメリカの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

定義 TRANS: セオドアルーズ ベルト

セオドア ルーズ ベルト

死の謎をめぐる論議がつづく フランクリン・デラノ・ルーズベルト米国大統領は、一九四五年四月十二日、空前絶後の大統領四選を果たしてから五カ月後、そしてヤルタ会談から二カ月後に死去しました。 主治医ブルーエン医師 軍医 による死亡診断は脳溢血 「広範囲に及ぶ脳内出血がくも膜下に流れ込み、その結果、頂部硬直が起きた」 であり、誰にも予想できなかった突然の死であるとされました。 以後、これが死因に関する公式見解となりますが、すでに死の直後からこの公式発表には疑義が呈せられ、今に至るも米国内では論議がつづいています。 メラノーマが脳と腹部に転移 本書は神経科専門医ロマゾウ氏と、『ニューヨーク・ポスト』紙を中心に健筆をふるう政治記者フェットマン氏が、大統領の死の真因を追究、当時の診療記録、ルーズベルトと親交のあった遠縁の従姉妹マーガレット・サックリーの、近年公刊された日記等をもとに、本当の死因は「左眉の上に生じたメラノーマ=悪性黒色腫 すなわち皮膚癌 の脳と腹部への転移」と結論づけたものです。 しかも大統領と主治医は、一九四〇年には癌の存在を知っていた可能性が高く、巧みなメディア工作により、この重篤な病がひた隠しに隠されていたことを明らかにしています。 著者たちの追及姿勢は冷徹かつフェア。 大統領が癌で死去したとの結論にいたる根拠はじつに説得力がありますが、ここではそのうちの二つを挙げます。 明らかに黒変が薄まっていることがわかり、うち一枚には目立つ外科手術の痕跡が見られる。 一九四〇年、重巡洋艦タスカルーサでの巡視のさい、艦上で色変部の切除手術がおこなわれたのであろう 6章、一二〇頁。 色変が良性か悪性かは判断がついたはずでしょう。 これは癌がすでに脳に転移して片側視野欠損を起こし原稿の左端の単語が見えなかったためである 1章で詳述。 日本人が知らない特異な人物像が浮き彫りに 石橋湛山、池田勇人、安倍晋三。 周知のとおり三人は、いずれも病を得たことを理由に任期途中で首相の座を降りました。 その重責に鑑みれば、病を自覚したのちの出処進退の決断には相当な葛藤があったはずですが、続投による悪しき影響を考え退陣の道を選んだのでしょう。 それに比してルーズベルトは、ふいに意識を失う症状が見られた 一九三八年 のちも三選に出馬して勝利し 一九四〇年 、周囲が健康問題に強い懸念を示してもなお四選に挑んで当選をはたします 一九四四年。 三十九歳のときにポリオに罹患、下半身不随となるもそのハンデを克服した自信か、強烈な政治的野心か権勢欲ゆえでしょうか。 渡辺惣樹氏は訳者による「まえがき」で、本書は単なる医学的謎解きの書ではなく、太平洋戦争時の米国の行政府の長にして軍の最高指揮官であったルーズベルトの人物像を理解するための格好の入門書であると書いています。 彼がいかにして政権を奪取し、死に至る病を抱えながらこれを維持したか。 日本人が知らなかったその特異な人物像をも本書は浮き彫りにしていくのです。 死の真相と第二次大戦 太平洋戦争 の評価 ルーズベルトの癌が進行していたであろう時期は第二次大戦という歴史的重大局面にあたります。 執務中に意識が飛ぶ場面をたびたび目撃され、テヘラン会談においてはスターリンと見当違いの会話をしたというルーズベルトに、ちゃんとした判断が下せたのか。 とりわけスターリンに大幅に譲歩したヤルタ会談の結果出現した戦後冷戦構造のなか、共産主義諸国では夥しい数の人々が残酷な死に追いやられたことに思いをいたせば、なんとも空恐ろしくなってきます。 米国内でルーズベルトの死の真相が一種のタブーとなり、と同時に今も論議されつづけるのは、これが第二次大戦 太平洋戦争 やヤルタ会談の評価に深くかかわっているからでしょう。 渡辺氏は「訳者あとがき」で、死の真相を含めてルーズベルト批判が許されない米国内の空気を鋭く洞察したうえで、次のように書いています。 「日本国内における太平洋戦争の分析は、国内事情を語り、日中戦争の原因を語ることがほとんどでした。 しかしそれだけでは、井戸の中で天気予報をするようなものだと 「訳者まえがき」で 書き、外に出ることを勧めました。 本書だけで、井戸の外に、頭上に広がる天空を観察することはできません。 それでも、たとえば、『あの戦争はフランクリン・ルーズベルトというアメリカ史上でも極めて特異な政治家によって起こされた側面が強い』という解釈に対して、それに同意できないにしても、少なくとも聞く耳だけは持てるに違いありません」 同じく渡辺氏の訳した『ルーズベルトの開戦責任』 ハミルトン・フィッシュ著、二〇一四年、小社刊 と併せて読んでいただければ、太平洋戦争史が従来とはまったく別の様相を呈して見えてくることでしょう。 (担当:A 神経科専門医として25年以上のキャリアを持つ。 マウントサイナイ医科大学(ニューヨーク市)神経学助教授。 ニュージャージー州検視医会所属。 同州神経科学会会長。 ペインクリニックや医療における政治要因等について幅広く講演し、連邦取引委員会では米国神経科学学会を代表して証言。 米国史に関する講演も多い。 「報道・表現の自由、自由な精神」のために設立された無党派の組織「ニュージアム」顧問。 『ニューヨーク・ポスト』紙論説副主幹。 同紙で35年にわたりジャーナリスト活動(政治コラム、首都面担当)。 『エルサレム・ポスト』紙編集長を歴任。 『ネーション』誌、『USAトゥデイ』紙等に寄稿。 雑誌の調査報道シリーズによりジャーナリスト協会賞に入賞(共同執筆者)。 ジャーナリズム史家として多くの百科事典編纂に携わり、BBCの歴史部門顧問としても活躍。 日本近現代史研究家。 1954年生まれ。 東京大学経済学部卒業。 著書に『日本開国』『日米衝突の根源 1858-1908』『日米衝突の萌芽 1898-1918』(第22回山本七平賞奨励賞)『TPP知財戦争の始まり』『朝鮮開国と日清戦争』、訳書に『日本 1852』『日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944』『ルーズベルトの開戦責任』(いずれも草思社刊)がある。

次の