オセロニア ヴェルト。 【オセロニア】ヴェルトリンデの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

【オセロニア】深緑の守護者・ヴェルトの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

オセロニア ヴェルト

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安功)が、iPhone/iPad、Android端末向けに配信中のドラマチック逆転バトル『逆転オセロニア』は、2017年10月18日(水)に、「予言の占術イベント」を開始します。 本イベントの開始にあわせて、プレミアムガチャに各属性の激超レアSキャラが追加されます。 また、コロシアム限定キャラクター(駒)が手に入る闘技場イベントを開催します。 プレミアムガチャ「エクストラパックVol. 13 -予言の占術-」を開催! 「エクストラパックVol. 13 -予言の占術-」に、激超レアSキャラ「クローレン」「ネウ」「ヴェリューダ」のほか、Aキャラクター(駒)「深緑の守護者・ヴェルト」「リイラ」「ガイアス」、Bキャラクター(駒)3体が追加されます。 なお、今回追加するAキャラクター(駒)はすべて闘化させることができます。 本プレミアムガチャ期間中は、特定のキャラクター(駒)の出現率がアップする期間も設けられており、1日1回「星のかけら」1個でガチャを1回引くことも可能です。 また、本ガチャでは初回の「10+1回ガチャ」を「星のかけら」30個で引くことができます。 さらに、本ガチャでは「10+1回ガチャ」を3回引くと、サービスでもう1回「10+1回ガチャ」を引くことができます。 エクストラパックVol. 13 -予言の占術- 開催期間• 2017年10月18日(水)12:00~10月31日(火)11:59• 特定キャラUP:2017年10月20日(金)12:00~10月22日(日)11:59• 魔UP:2017年10月22日(日)12:00~10月25日(水)11:59• 竜UP:2017年10月25日(水)12:00~10月28日(土)11:59• 神UP:2017年10月28日(土)12:00~10月31日(火)11:59 闘技場イベントを3本同時開催!コロシアム限定キャラクター(駒)を手に入れよう! 闘技場イベント「神宝杯コロシアム」「魔宝杯コロシアム」「竜宝杯コロシアム」を開催します。 本コロシアムでは、勝利数に応じて各コロシアム限定のキャラクター(駒)「マルフィーザ(A)」「ブラッドハーピー(A)」「イービルフラウ(A)」などを入手可能です。 また、16勝以降は1勝ごとに15,000ゴールドを手に入れることができます。 なお、本コロシアム限定キャラクター(駒)は「深緑の守護者・ヴェルト(A)」「リイラ(A)」「ガイアス(A)」の闘化素材の一部として使用可能です。 闘技場イベント 開催期間:2017年10月18日(水)12:00~10月30日(月)11:59 「エクパビンゴ」を開催! 「エクパビンゴ」を開催します。 本ビンゴでは、「エクストラパックVol. 13 -予言の占術-」の「10+1回ガチャ」を1回引くごとに、1つマスが開き、そのマスが1列揃うと、過去のエクストラパックのキャラクター(駒)を含む特定のキャラクター(駒)確定のガチャを引くことができます。 なお、詳細はゲーム内で確認可能です。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の

【オセロニア】盤面を燃やし尽くせ!火炎デッキ(竜型耐久デッキ)の戦い方とおすすめレシピ

オセロニア ヴェルト

ヴェルトリンデの評価 総合評価 キャラクター名 評価点 [冷徹な護衛]ヴェルトリンデ(進化) 8. 5点 [潜行の竜侍女]ヴェルトリンデ(闘化) 8. 0点 ランキング評価 リセマラランキング Bランク 最強ランキング [冷徹な護衛]ヴェルトリンデ(進化) Aランク [潜行の竜侍女]ヴェルトリンデ(闘化) Bランク ヴェルトリンデは進化と闘化どっちが強い? 進化がおすすめ 「ヴェルトリンデ」進化は、持続貫通バフスキルを持ちます。 2ターンの間貫通スキルを持つことができる効果は非常に強力で相手にプレッシャーを与えることができます。 また、デッキの条件もないことから混合デッキなどでも使用できる汎用性の高い竜駒です。 ヴェルトリンデの強い点/弱い点 【進化】2ターン1. 4倍貫通スキルが強力 「ヴェルドリンデ(進化)」は2ターンの間、自分の竜駒が1. 4倍貫通になるバフスキルを持っています。 同様のスキルを持つ「」は2ターン1. 3倍貫通なので「ノイレ」の上位互換のスキルです。 ただ、ヴェルドリンデ自身のATKは竜の中では低い方で火力は劣ってしまいます。 【闘化】十字永続火炎(中)のスキル 「ヴェルドリンデ(闘化)」は盤面で表になっている間、十字方向を火炎(中)状態にするスキルを持っています。 永続で中以上の火炎状態にできる駒は少なく、非常に強力なスキルと言えます。 【闘化】火炎と相性の良い回復コンボ 「ヴェルドリンデ(闘化)」は自分の火炎状態のマスに置かれている自分のキャラ駒1枚につき、最大HPの2%回復するコンボスキルを持っています。 長期戦になりがちな火炎デッキとの相性が良く、回復しつつ火炎ダメージを与えていくことができます。 ヴェルトリンデのおすすめデッキ 進化:[冷徹な護衛]ヴェルトリンデ 闘化:[潜行の竜侍女]ヴェルトリンデ ヴェルトリンデのおすすめクエスト ヴェルトリンデ(進化)のおすすめ決戦 おすすめのクエストはありません。 ヴェルトリンデ(闘化)のおすすめ決戦 おすすめのクエストはありません。 ヴェルトリンデの入手方法 竜コレクション ガチャイベント「」で入手可能です。 ヴェルトリンデのステータス 進化:[冷徹な護衛]ヴェルトリンデ 基本情報 属性 レアリティ 印 コスト 使用制限 入手方法 20 1 ヴェルトリンデから進化 ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1500 1560 スキル スキル 美しき守護者 【効果系統】「貫通」 【最大Lv3】[貫通]攻撃力アップ:盤面で表になっている2ターンの間、自分の竜駒のATKが1. 4倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル 仕事は迅速に 【効果系統】「バフ」 【最大Lv3】攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が10枚以上のときに発動できる。 ATKが1. 7倍になる。 進化素材 進化素材 必要数 闘化:[潜行の竜侍女]ヴェルトリンデ 基本情報 属性 レアリティ 印 コスト 使用制限 入手方法 20 1 ヴェルトリンデから闘化 ステータス HP 攻撃力 Lv Max 2600 1200 スキル スキル 炎舞竜華 【効果系統】「火炎」 【最大Lv2】[リンク]火炎:自分のデッキに竜駒が10枚以上入っているときに発動できる。 盤面で表になっている間、この駒の十字方向のマスを火炎(中)状態にする。 毎ターン自分の火炎状態のマスに置かれている相手のキャラ駒1枚につき、相手に火炎ダメージを与える。 火炎状態は小中大の3段階まで重なり、火炎ダメージはそれぞれ200,400,1000となる。 コンボスキル 迅速手当 【効果系統】「回復」 【最大Lv2】回復:ひっくり返したあとの自分の火炎状態のマスに置かれている自分のキャラ駒1枚につき、最大HPの2%回復する。 闘化素材 闘化素材 必要数 ・ ステータス HP 攻撃力 Lv Max 1200 1248 スキル スキル 美しき守護者 【効果系統】「貫通」 【最大Lv2】[貫通]攻撃力アップ:盤面で表になっている2ターンの間、自分の竜駒のATKが1. 3倍になる。 さらに自分の竜駒の通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。 コンボスキル 仕事は迅速に 【効果系統】「バフ」 【最大Lv2】攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が10枚以上のときに発動できる。 ATKが1. 6倍になる。

次の

【オセロニア】深緑の守護者・ヴェルトの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

オセロニア ヴェルト

速攻竜デッキ 戦い方とデッキコンセプト このデッキの特徴は、高いHPで火炎ダメージをじわじわと与えていく点です。 竜統一デッキである必要がないので、 手駒ロックやコンボ封印、デバフといった妨害スキルでターンを稼ぎ、火炎ダメージで相手のHPを少しずつ削っていくことが基本的な戦術となります。 相手のキャラ駒がある程度増えてきて、かつ火炎状態のマスが十分増えてきてからが本領発揮です。 そのためにはある程度ターン数を耐える必要があるので、相手の攻撃を妨害する必要があります。 火炎ダメージを与えて相手のHPを0にする戦術のデッキですが、耐久寄りのデッキです。 火炎スキルには全マス、十字、X字、縦一列、横一列、周囲といった種類があるので、どこにどの火炎を置くかの戦略性が必要になるので使いこなすのが少し難しいデッキではあります。 火炎デッキと相性が悪いデッキは速攻竜デッキ。 火炎デッキは相手のキャラ駒を残しておかないと火炎ダメージを与えることができません。 しかし竜デッキが相手の場合はコンボをさせたくないのでキャラ駒を消したくなります。 相手のキャラ駒を消すと火炎ダメージが与えられず、消さないとコンボを決められて押し切られてしまうというジレンマに。 最近のコロシアムでは竜デッキが多いので、コロシアムではちょっと厳しい環境にあります。 おすすめデッキサンプル デッキテンプレ画像は「攻略アプリ~逆転の書~for逆転オセロニア」のデッキシミュレーターを使っています。 カフネリーダーというのは、永続の十字方向の火炎 中 スキルをリーダーにすると火炎マスに効率よく相手のキャラ駒が配置されるように盤面を進行できるためです。 なのでカフネ以外では[闘化]ヴェルトリンデリーダーでもOK。 また、十字方向の火炎が扱いやすく強いのでA駒も主に十字方向の火炎を入れるといいでしょう。 火炎デッキは相手のキャラ駒を残す必要があるのでコンボ封印スキルが非常に相性がいいです。 また、緊急回避用として[進化]ルキアのような手駒ロックや、オーフェルのようなデバフスキルを入れてもいいでしょう。 具合的にはカフネか[闘化]ヴェルトリンデです。 これらの駒をリーダーにすることで相手の効率的に火炎マスを踏ませるように盤面を進行することが可能。 そうすることでF6、A2に相手の駒を置かせれば火炎 中 マスに相手のキャラ駒が2枚置かれた状態にできます。 後攻の場合は相手の進行によって変わりますが、いずれにせよリーダー駒をうまく置くことで火炎マスに相手の駒を置くように進行することが可能です。 【その2】火炎バフスキルを持った駒を編成しよう! [情炎の槍技]ヤンドーラ 火炎はどうしてもじわじわとしたダメージしか与えることができないので、火炎効果アップ 火炎バフ スキルを搭載した駒を編成しましょう。 火炎バフスキルを使って火炎ダメージを底上げすることで、勝率を上げることが可能です。 火炎バフスキルは手駒にある間発動するオーラと盤面に置くタイプの置きバフの2種類あります。 火炎デッキの場合は盤面には火炎スキルを搭載した駒を多く置きたいので、火炎バフスキルを採用するなら手駒オーラの方がいいでしょう。 ただしオーラ火炎バフスキルを持ったS駒は今のところなく、オーラ火炎バフを使うならA駒になってしまいます。 エデッサはA駒では強力なバフ倍率を持っていますがリーダーに設定しなくてはいけません。 オススメの火炎バフ駒はオーラバフの[闘化]ヤンドーラです。 また、置きバフではアルザラッハが強力。 火炎バフスキルはまだ少ないですが、現在出ている火炎バフスキルを持った駒をまとめてみました。 その中でも強力なのが全てのマスを火炎状態にすることができる火炎スキル。 ターン数が短いという条件はありますが、火炎ダメージを一気に与えることができます。 デッキにはS駒、A駒ともに1枚以上編成するのがオススメです A駒は現在のところフォーティアしかいません。 火炎デッキのフィニッシャー的な存在になります。 1ターン限定ですが、全てのマスを火炎 中 状態にできる[闘化]メイレンがおすすめ。 1ターンといっても火炎は自分と相手のターン終了時にダメージ判定があるので、実質2回の火炎ダメージを与えることができます。 全てのマスを火炎状態にできる駒をまとめてみました。 しかしどうしても相手の強力なコンボ導線ができてしまうことがあります。 そういう時は回復しても間に合わない可能性があるので、 [進化]ルキアのような手駒ロックや、オーフェルのような1ターンの強力なデバフスキルを持った駒を使うのがいいでしょう。 特にオーフェルはコンボスキルが回復マス変換スキルなので火炎デッキとも相性がいいです。 また、[進化]エクローシアやグノー、アヌビスなどのコンボスキル封印スキルも非常に有効。 コンボを封印してしまえばプレッシャーなく相手のキャラ駒を残すことができます。 自分がデッキを使っていく中で、必要だと思った妨害スキルを持った駒を編成していきましょう。 【その4】回復スキルや回復マス変換スキルを編成するのもあり [機工の科学者]アルキメデス 火炎デッキは耐久デッキ相手には強いですが、どうしても攻撃的なデッキ相手に押し切られやすいです。 回復耐久デッキと違って常にHPを保てるわけでもないので、いくら高いHPを持っているといってもHPは減る一方になります。 そこで 回復スキルや回復マスを作る駒を使ってHPを回復するのも手です。 火炎スキルを持った駒の中にはコンボスキルに回復スキルを持った駒もあります。 ただしそのコンボスキルは強力な回復ではなく、また火炎マスに自分の駒がある程度ないとそこまで回復が見込めません。 なので単純な回復用の駒を編成するのもありです。 火炎デッキではできるだけ永続的な火炎スキルを辺に置きたいので、 回復スキルを入れる際は永続的に回復するスキルより、置いた時だけ発動できるようなスキルの駒が相性がいいでしょう。 アルキメデスのような一気に大量な回復マスを作れる駒や、風花のような置いた時だけ一気に回復してくれる駒を編成するのがおすすめです。 【その6】竜鱗スキルを持った駒を編成するのもあり [鋼角竜]ガル・イーラ 火炎スキルを持った駒の中にはコンボスキルに暗黒スキルを持った駒もあります。 また、耐久系のデッキで最大HPが非常に高いので呪いスキルにも弱いです。 そこで 暗黒・呪い対策として竜鱗スキルを持った駒を編成するのもありでしょう。 ガルイーラは発動条件が比較的ゆるく、コンボスキルが捕食なのでちょっとだけ回復できるというメリットがあります。 ただし竜鱗スキルよりも火炎スキルを多く入れたいという場合もあるので、竜鱗スキルを持った駒は必須ではないです。 火炎デッキを使っていて呪いに悩まされるようでしたら、竜鱗スキルも視野に入れてみるのもいいでしょう。 デッキに入れたい駒ランキング アルキメデスのような回復用の駒は除いて、火炎系のスキルを持った駒だけをランキングにしました。 S駒 順位 キャラ 簡単評価 1位.

次の