高速 道路 etc 領収 書。 ETCの領収書をWebで発行する方法。高速道路の利用証明書をPDFでダウンロードして経費精算に使える

高速道路で領収書の発行はどうする?ETCの場合や再発行は?

高速 道路 etc 領収 書

ETCの領収書(利用証明書)の受け取り方と経費にする方法!経理処理・税務上はどうなる? 登録日:2018. 7 | 最終更新日:2019. 16 高速道路を料金所で停止することなく、スムーズに利用できる「ETC」。 移動時間の短縮につながるので、現代では多くの企業がETCを車両に搭載しています。 さて、このETCの利用にかかった料金は、 果たして経費として処理できるのでしょうか ?また、経理処理には領収書が必要となりますが、ETCの領収書はどのように入手するのでしょうか? 今回はそんな疑問にお答えするため、現役15年以上の税理士がETCの経理処理についてまとめました。 この記事を最後まで読めば、ETCに関する疑問は一切なくなります。 スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。 あなたも50万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。 【1番人気】は来店不要で審査が完了。 スマホアプリでカンタンに出金が可能です。 【2】なら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。 【3】なら最大30日間金利0円 ・遠方の取引先の事務所に、高速道路を利用して向かった ・顧客を開拓するために、高速道路を使って営業回りをした ・事業資金を融資してくれる投資家が見つかり、高速道路を使って向かった ・仕事や事業に関する荷物を、高速道路を使って運んだ ・仕事の相談をするために、知人に高速道路を使って会いに行った 理由によっては経費として認められない可能性もありますが、仕事・事業を目的とした高速道路料金であれば、基本的に問題はないでしょう。 仕事と称してプライベートの旅行に行く、ストレス解消のためにドライブをするなど、仕事・事業との関連性が低い場合には、経費として認められないので注意が必要です。 これは、 ETCカードを使った場合も同様 です。 ETCカードを使っても、高速道路料金が発生したことに変わりはないので、 仕事・事業目的の料金 であれば経費として計上ができるでしょう。 では、もしETCカードを使って決算する場合は、いつ領収書を受け取るのでしょうか? 実は、ETCカードでは現金のやり取りが発生しないので、「領収書」と呼ばれるものは発行されません。 その代わりに「 利用証明書 」を受け取ることができるため、この利用証明書を領収書代わりに使用します。 利用証明書の受け取り方法は主に3つあるので、以下では各方法について詳しく解説していきましょう。 【方法その1】入口はETCレーンを、出口は一般レーンを利用する 高速道路料金の利用証明書をその場で受け取りたい方は、 有人の一般レーン を通る必要があります。 あまり見かけない光景かもしれませんが、ETCカードで決算をする場合でも、一般レーンを通過することは認められています。 一般レーンの有人ブースには料金所係員がいますが、この係員にETCカードを提示します。 すると、ETCカードを使ってその場で清算をしてくれるので、 清算のタイミングで「利用証明書が欲しい」 と伝えれば、現金払いと同じように利用証明書を受け取れるでしょう。 ただし、この方法を実践する際には、以下の点に注意をする必要があります。 ・ETC無線走行が割引対象になっている区間では、割引サービスを受けられない ・ETC専用のインターチェンジ スマートインターチェンジ では利用できない 近年では、ETCカードによって サービスが適用される ケースは珍しくないので、損をしたくない方はサービスの有無をきちんと確認することが大切です。 【方法その2】ETC利用履歴発行プリンタを利用する ETC利用履歴発行プリンタ は、各サービスエリアやパーキングエリアに備え付けられている機械です。 このプリンタを使用すれば、過去のETCカード使用履歴が表示されて、無料で印刷をすることができます。 以下の4つの情報が記載されているので、こちらの印刷書類も領収書代わりとして使用できる可能性があるでしょう。 ・入口料金所 ・出口料金所 ・利用年月日 ・利用料金 ただし、全てのサービスエリア・パーキングエリアに備わっているとは限らないので、利用する方は事前の情報収集をおすすめします。 【方法その3】ETC利用照会サービスを利用する ETC利用照会サービス は、インターネット上で利用できるサービスです。 このサービスでは、過去15ヶ月間の全走行明細を表示できるので、そのページを印刷すれば利用証明書の代わりになります。 ただし、過去15ヶ月間の記録を確認するには、 利用登録 をしなければなりません。 利用登録をしない場合、 62日前までしか遡れない ので注意が必要です。 では、利用登録をする場合の具体的な手順について、以下で簡単にご紹介していきましょう。 ・過去15ヶ月以内に、ETCカードを使って料金を精算している ・ETCカードを使用した日時を把握している ・ETCカードを使用した時の、車両ナンバーやETC車載器の管理番号を把握している 上記の条件がなぜ必要になるかと言うと、利用登録の途中で入力が求められるためです。 つまり、普段しているETCカードのほか、場合によっては 手元に利用明細書を用意しておく 必要があるでしょう。 利用登録に手間はかかりますが、一度登録を済ませてしまえば 自由なタイミングで履歴をチェック できるので、高速道路の利用頻度が高い方には登録をおすすめします。 では、この利用証明書を領収書として使用することはできるのでしょうか? この点については、 実はケースによって異なります。 例えば、会社の規則で「利用証明書は領収書として使用できない」と決められている場合には、利用証明書以外の証明書類を準備する必要があるでしょう。 もちろん、利用証明書が領収書として認められるケースもあります。 ただし、確実に経費として計上したいのであれば、利用証明書に加えて カード会社からの明細書 を用意しておくことが望ましいでしょう。 ちなみにですが、ETCカードを使わず現金で決算をした場合の領収書は、証明書類として問題なく使用できます。 一般レーンを通ってはETCカードの魅力が半減しますし、忙しい方であればETC利用履歴発行プリンタやETC利用照会サービスの利用ができないこともあるでしょう。 では、高速道路の利用料金は、利用証明書がなければ経費として計上できないのでしょうか?実は、 クレジットカード会社からの明細書 をきちんと保管しておけば、利用証明書がなくても経費処理できる可能性があります。 一般的なクレジットカードの明細書には、主に以下の情報が記載されています。 ・ETCカードの利用日時 ・ETCカードを利用した区間 ・ETCカードで決済をした金額 上記の3つの情報があれば、利用証明書がなくても申告内容をまとめられるでしょう。 個人事業主の場合は 1月1日~12月31日までの期間 で区切り、翌年1月からは翌期分として処理をします。 ただし、万が一クレジットカードの明細書を紛失すると、経理処理に膨大な時間を要するので注意しておきましょう。 また、クレジットカード会社の対応が何らかの事情で遅れて、 申告時期までに明細書の発行が間に合わない ケースにも注意が必要です。 利用証明書を発行しない場合、クレジットカードの明細書がなければ経理処理が難しいので、明細書が手元にない方はクレジットカード会社に問い合わせてみることをおすすめします。 スマホやパソコンからネットだけで5分でカンタンに申し込みが完了します。 あなたも300万円のお金をすぐに資金調達することができるので、今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。 【1番人気】は来店不要で審査が完了。 スマホアプリでカンタンに出金が可能です。 【2】なら初めての30日間は無利息なので、急な出費でも気軽に利用できます。 法人・個人事業主は、果たしてETCカードを普段から使用するべきなのでしょうか? 以下のメリット・デメリットから、その点を判断していきましょう。 ETCカードを車載器に挿入しておけば、ETCレーンを通るだけで自動的に清算されるので、高速道路の出口で財布を出す必要もありません。 実は、高速道路の渋滞の大きな原因は、この料金所の渋滞と言われています。 例えば、1つの一般レーンに10台の自動車が並んでいるとしましょう。 1台の清算につき30秒かかると仮定すると、全ての車が清算を終えるには5分もかかります。 高速道路の料金所で、5分以上の時間を待たされるケースは決して珍しくありません。 その点、ETCレーンには渋滞がほとんど発生しないので、 この時間を確実に節約できま す。 例えば、高速道路を年間で100回利用し、1回につき3分短縮できると仮定すれば、1年間で5時間 300分 の節約につながるでしょう。 【その2】高速道路の利用料金が安くなる ETCカードには 割引サービス がつけられており、決算をETCカードにするだけで利用料金が自動的に安くなります。 この割引サービスは1回限りではなく、ETCカードを使用している限りずっと効果が続きます。 そのため、 高速道路を利用する頻度が高い方 は、ETCカードの導入を積極的に検討するべきでしょう。 【その3】外車でもスムーズに清算できる 外車は国産車とは違い、左座席にハンドルがついています。 それに対して、高速道路の料金所は車両の右側にあるので、外車ではスムーズに清算をすることができません。 その点、ETCカードは ハンドルの位置に関わらずスムーズに清算 を行ってくれます。 【その4】証明書類の管理が楽になる 料金所で領収書を受け取る場合、その領収書は紛失しないように保管しなくてはなりません。 しかし、枚数が増えるとどうしても管理は難しくなるので、中には「もしかしたら数枚紛失しているかもしれない…」と不安に感じている方もいることでしょう。 その点、ETCカードによる清算であれば安心です。 利用証明書をまとめて発行 できますし、クレジットカードの明細書についても利用情報がまとめて記載されています。 このコストは当然自分で負担をする必要があるので、高速道路の利用頻度が少ない方は、金銭的に損をしてしまう恐れがあるのです。 車載器の搭載にかかるコストは、依頼をする業者や車種などによって異なります。 相場は1万円~2万円前後 ですが、このコストの元を取れるのかどうかについては、事前にきちんと調べておかなくてはなりません。 ETCカードの導入を検討している方は、今後の利用回数などを想定し、受けられるサービスで元を取れるのかについて計算してみましょう。 【その2】導入に手間がかかる ETCカードによる清算では車載器が必要ですが、当然 ETCカード自体 も必要です。 ETCカードを発行するには、クレジットカード会社に申し込まなくてはなりません。 人によってはこの部分に対して、「手間がかかる」と感じることもあるでしょう。 コラムの検索 フリーワード検索 タグ 海外起業 アイデア 投資信託 投資情報 株式投資 仮想通貨 投資家 ブログ 名言 ランキング リスク対策 フリーランス 税金 社会保険 ビジネスマナー ICO 請求書 IPO ビジネス用語 不労所得 準備 ビジネスメール 会社設立 NPO ファンド クラウドソーシング 確定申告 資金繰り テンプレート 年収 交流会 個人事業主 融資 資金調達 不動産投資 利回り 日本政策金融公庫 金利 資産運用 NISA iDeCo 事業資金 起業 資格 経費 青色申告 節税 Gmail 独自ドメイン 取引所 クレジットカード ビジネスモデル 必要書類 事例 ネットショップ 開業届 会計 賞与 保険料 決算 控除 貸借対照表 損益計算書 財務諸表 会計ソフト 繰越欠損金 税務調査 ベンチャー企業 資本金 転職 リース 役員報酬 事業計画書 Googleアドセンス 領収書 経理 還付金 年末調整 給与計算 ライティング インターン 新卒 副業 信用金庫 ソフト 本 保険 フランチャイズ クラウドファンディング 法人 ソーシャルレンディング ベンチャーキャピタル 経営 補助金・助成金 借用書 詐欺 ビジネスローン カードローン 検索する カテゴリ一覧 カテゴリ.

次の

ETCの領収書をWebで発行する方法。高速道路の利用証明書をPDFでダウンロードして経費精算に使える

高速 道路 etc 領収 書

何故かというと、利用明細はカード会社が発行したもので、高速道路の事業者(NEXCOとか)が発行したものではないからです。 そして、この場合の「領収書」とは、料金を徴収する高速道路の事業者が発行するものなので、カード会社は発行できません。 では、「高速道路の事業者に発行してもらえばいい!」ということになりますが、これもまた出来ないのです。 何故なら、カードでの料金支払いは、カード会社がETC利用者に変わって、高速道路の事業者へ料金を支払っているわけで、 利用者と高速道路の事業者が直接料金の支払いを行っていないため、 「領収書」というものが発行できない仕組みになっているんです。 でも現実問題、お仕事でETCを使われている方も多いわけで・・・ そういう方はどうされているのかと言いますと、 苦肉の策というか、独自ルールと言いますか、 PDFで利用証明書のデータをとる。 お急ぎの方にオススメなのがこちら。 インターネットでPDFデータをダウンロードして印刷する方法です。 ) このPDFデータを入手するには、「ETC利用紹介サービス」に登録する必要があります。 今までは、非登録型と登録型があったのですが、平成28年6月30日以降は、登録型サービスのみの運用となるようです。 利用証明書発行に必要なものは、車両番号(車のナンバー下4桁)とETCカード番号。 もちろん、データが閲覧できるインターネット環境と印刷するためのプリンターも必要です。 利用証明書発行対象期間は過去62日間なので、早めの印刷がオススメです。 このとき、車両番号とETCカード番号が必要となります。 入力できたら、「検索」をクリック。 「発行(PDFファイルの作成)」をクリックすると、ETCの利用証明書がPDF形式で表示されます。 いかがでしたか? お役に立てたならば幸いでございます.. Sponsored Links サイト内検索 この記事が人気です• 19,950件のビュー• 12,337件のビュー• 11,933件のビュー• 8,740件のビュー• 8,660件のビュー• 8,199件のビュー• 6,549件のビュー• 5,037件のビュー• 4,435件のビュー• 4,357件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の

ETCの領収書をWebで発行する方法。高速道路の利用証明書をPDFでダウンロードして経費精算に使える

高速 道路 etc 領収 書

ETCの利用証明書をPDFでダウンロード 高速道路の電子料金収受システムとして知られる「 ETC」(Electronic Toll Collection System)。 近年ではレンタカーでも車載器があるのが普通になり、ETCカードが無料で付帯するクレジットカードもあるなど、多くの人が日常的に利用していると思います。 ETCカードを使って高速道路料金を支払った場合、その料金や履歴はクレジットカードの明細を見れば確認できます。 しかし、例えば 会社での経費精算のため領収書が必要な場合、何を提出すればいいのか困ってしまうのではないでしょうか? そこで覚えておきたいのが、Webから利用できる「 ETC利用照会サービス」。 領収書として使える利用証明書のPDFファイルを、最大15か月分、過去にさかのぼってダウンロードすることが可能です。 ここではETC利用照会サービスについて、 初回の新規登録から利用証明書のPDFをダウンロードするところまでを丁寧に解説します。 新規登録には、パソコンとメールアドレスのほか「 ETCカード番号」と「 車載器管理番号」が必要になるので、あらかじめ手元に用意しておいてください。 ETCカード番号 ETCカード番号は、ETCカードの表面に記載されています。 車載器から取り出して確認しましょう。 車載器管理番号 車載器管理番号は、車載器の取扱説明書に記載されています。 車検証などと一緒に、グローブボックスに収納されていることが多いのではないでしょうか。 車載器本体のラベルや、車載器の音声案内で確認できる機種もあります。 ETC利用照会サービスに新規登録する まずは新規登録を行います。 ETC利用照会サービスに登録してから、 利用明細が表示されるまでには4時間ほどの時間がかかります。 領収書の提出期限などに間に合うよう、余裕をもって登録するようにしましょう。 1ETC利用照会サービスにアクセスする にアクセスし、[ 新規登録はこちら]をクリックします。 2必要なものを確認する 新規登録に必要なものを確認し、[次へ]をクリックします。 3利用規約に同意する 利用規約を確認し、[同意する]をクリックします。 4メールアドレスを入力する メールアドレスを2回入力します。 また、画像認証の文字を入力し、[次へ]をクリックします。 5仮登録を申請する メールアドレスを確認し、[仮登録]をクリックします。 6仮登録完了のメールを確認する 登録したメールアドレスに「 仮登録完了のお知らせ(ETC利用照会サービス)」というメールが届きます。 本文中のURLをクリックし、本登録に進みましょう。 7本登録を開始する 画面左側、「ETCクレジットカード ETCパーソナルカード ご利用の方]の[本登録お申込 入力画面へ]をクリックします。 8ユーザーIDとパスワードを入力する [ユーザーID]と[パスワード]を2回ずつ入力します。 いずれも4~12文字、半角英数字・半角記号で入力しましょう。 続いて、画面を下にスクロールします。 9ETCカード番号や車載器管理番号を入力する [ETCカード番号]をハイフンなしで2回入力します。 [上記ETCカードによるご利用年月日]には、直近で高速道路を利用した日付を入力するといいでしょう。 さらに[車載器管理番号]を入力し、[車両番号]にクルマのナンバーを入力します。 続いて、画面を下にスクロールします。 10秘密の質問と答えを設定する 最後に[秘密の質問と答え]を選択・入力します。 [次へ]をクリックしましょう。 11必要なものを確認する 本登録する情報を確認し、[登録]をクリックします。 これで本登録が完了し、「本登録完了」の画面が表示されます。 ETC利用照会サービスから利用証明書をダウンロードする 登録したアカウントでログインし、利用証明書のPDFをダウンロードしてみましょう。 最大で15か月前までさかのぼって明細を確認できます。 12ETC利用照会サービスにログインする にアクセスし、[ ログイン]をクリックします。 登録したメールアドレスをパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。 13利用明細を確認したい期間を選択する [利用明細]画面が表示されました。 ここでは例として、2019年10月の明細を確認するため[10月]をクリックします。 14利用証明書に記載したい履歴を選択する 画面を下にスクロールすると、2019年10月の利用履歴が一覧表示されています。 利用証明書に記載したい履歴にチェックマークを付け、[ 証明書PDF]をクリックします。 15利用証明書のPDFが表示された 利用証明書のPDFファイルが表示されました(画面はGoogle Chrome)。 ダウンロードボタンをクリックしてPDFファイルを保存しましょう。 以上、ETC利用照会サービスの新規登録から、利用証明書のPDFをダウンロードする手順を紹介しました。 初回の新規登録に少々苦労しますが、一度登録してしまえば、クレジットカードの明細よりも簡単に高速道路の利用履歴を確認できます。 高速道路をよく利用するなら、ぜひ登録しておきたいサービスです。

次の