クレジット カード 審査 難易 度。 審査が厳しいと言われてるクレジットカードは?審査難易度ランキング2020

審査が厳しいと言われてるクレジットカードは?審査難易度ランキング2020

クレジット カード 審査 難易 度

「審査が一番厳しいクレジットカードってどれ?」 「審査が厳しいカードを持てると良いことがあるの?」 クレジットカードにはそれぞれ審査基準があり、中には 審査難易度が激高のハイステータスカードもあります。 審査が厳しいカードを持つことができるというのは、その人に 充分な信用があるとカード会社が保証したようなものです。 自分の信用情報に自信がある方は、あえて審査難易度の厳しいクレジットカードを狙ってみるのもいいかも知れませんね! 今回は、「審査難易度ランキング2020」として、とくに審査が厳しいクレジットカードをご紹介します。 最後まで読めば、周りに差をつけることができる特別なカードを知るることができますよ!• 消費者金融系• 流通系• 信販系• 銀行系• 国際ブランドプロパーカード このように、JCBカードやアメリカン・エキスプレス・カードなど、 国際ブランドが自ら発行するプロパーカードがもっとも審査が厳しくなっています。 つまり、銀行系やプロパーカードのプラチナ・ブラックカードが、審査難易度の高いクレジットカードと考えてほぼ間違いありません。 厳しい審査基準に通過した人というステータス性 審査難易度の高いクレジットカードを持っている、ということは 厳しい審査に通過するだけの「信用」がその人にあることも表わしています。 とくに、海外ではステータス性の高いクレジットカードを持っている方は、保有者のステータスも高いと評価されることが多くなっているようです。 クレジットカードの審査の際には、返済能力があるかどうかの収入・資産をクレジットカード会社が審査します。 審査基準の厳しいカードを持っている方は、クレジットカード会社がその人の信用を担保していると考えることもできますね! 周囲から一目置かれるようなステータス性を手に入れたい方は、審査基準の厳しいクレジットカードを目指してみるのも良いのではないでしょうか。 最強難易度!インビテーション制のクレジットカードとは? 通常では、審査をうけることすらできない、 最強難易度のクレジットカードが「インビテーション制」のカードです。 インビテーション制のクレジットカードは、 申し込みでの取得は不可となっており、クレジットカード会社の利用実績を積んで「招待(インビテーション)」を待つ必要があります。 どれほど収入の高い方でも、インビテーションを受けなければ取得することができませんので、選ばれた方だけが持てる最強ステータスのクレジットカードと言えるでしょう。 プラチナカードやブラックカードの多くが、申し込みでの取得は不可のインビテーション制のカードとなっています。 高い取得難易度を経ても目指す価値が、インビテーション制のクレジットカードにはあるということです! インビテーションが必要なクレジットカード• 審査の厳しいカードを持つための申し込みのコツ 審査の厳しいクレジットカードを持つためには、 クレジットカードの審査基準「3C」を意識して申し込みをするのがコツです。 3Cとは、 「キャパシティ(返済能力)」「キャピタル(資産)」「キャラクター(性格)」の3つの頭文字を取ったものです。 安定した収入を持つ• 居住年数の長さも評価の対象• 1枚のカードに集中して申し込みする 安定した収入は「キャパシティ」に繋がり、居住年数の長さは「キャピタル」の評価に繋がります。 また、上位カードの審査の際に重要な判断基準にもなってくるのが「キャラクター」です。 短期間に複数枚のクレジットカードを申し込みしている多重申込み状態の方は、お金との付き合い方の「性格」が良いとは言えませんね。 欲しいカードが決まっている場合は、 1枚のカードに集中して申し込みをするのも、審査通過率をアップさせるコツとなってきますよ! 審査基準「3C」• 審査の厳しいカードを持つためにはクレヒスが超重要 審査の厳しいクレジットカードを持つためには 「クレジットヒストリー(クレヒス)」を磨くことが重要です。 クレジットカードの利用や返済の履歴は、全て「個人信用情報機関」に記録されています。 個人信用情報機関に記録されたクレジットカードの利用履歴がクレヒスと呼ばれ、クレジットカードの審査の際の重要な判断基準です。 すでに利用しているクレジットカードの支払いに 遅延や未払いがあった場合は、優良なクレヒスとは言えず、審査落ちの原因になってしまうことがあります。 逆に、自社のクレヒスを積んだ申込者は審査に優遇される傾向がありますので、 上位カードを目指したい会社の一般カードのクレヒスを積むのが近道です! クレヒスの磨き方• 申込可能なクレジットカードの審査難易度ランキング2020 クレジットカードの審査難易度は、カードのランク・発行会社によって大きく変わります。 もっとも取得難易度の高いのはインビテーションカードですが、インビテーションカードはそもそも自分から申し込みをすることすらできません。 ここでは、 申込可能なクレジットカードの中から、とくに審査基準が厳しいと考えられる5枚のカードをランキング形式でご紹介します! 1位:ラグジュアリーカードブラック ラグジュアリーカードブラックの審査基準 申込可能なクレジットカードの中で、審査難易度NO. 1のカードと考えられるのが「ラグジュアリーカードブラック」です。 ラグジュアリーカードブラックでは、申込フォームの年収欄に「2,000万円」と例示されていることから、年収2,000万円がボーダーライン!?と言われています。 ただし、実際には年収2,000万円は絶対条件ではなく、年収600万円〜800万円程度の方でも審査通過の実績はあります。 下位カードの「」では、年収400万円台でも審査通過の実例がありますので、 審査に自信の無い方はチタンカードで実績を積むのも良いでしょう。 ラグジュアリーカードの審査• ラグジュアリーカードブラックはこんな方におすすめ• 金属製の最強ステータスのクレジットカードを持ちたい方• ダイニングまでのリムジン送迎を体験してみたい方• ホテル・トラベルの特典にこだわりたい方 ラグジュアリーカードブラックは、富裕層向けクレジットカード「ラグジュアリーカード」の 申し込みで取得可能な最上位カードとなっています。 最大の特徴が、 券面の素材が金属製で作られている点で、一目で特別なカードと分かる圧倒的なステータス性を誇るカードです。 ダイニングまでのリムジン無料送迎が利用できる、ほかのカードには無い最強インパクトのダイニング特典が付帯しており、食事の際の最高の優越感が約束されます。 また、プライオリティパスはもちろんのこと、国内外のホテルで客室の無償アップグレードなど上級会員並みの特典があり、海外旅行用のカードとしても最強です。 審査難易度も激高となっていますが、苦労して手に入れる価値のあるカードであることは間違いありませんね! 2位:SuMi TRUST CLUBプラチナカード SuMi TRUST CLUBプラチナカードの審査基準 審査難易度ランキングの2位は、富裕層向けのクレジットカードブランド 「SuMi TRUST CLUBカード」の最上位カード「SuMi TRUST CLUBプラチナカード」です。 SuMi TRUST CLUBプラチナカードの申込資格は25歳以上の方となっていますが、 年収のボーダーラインは500万円程度であると考えられます。 同じ、三井住友トラストクラブの発行する「ダイナースクラブカード」では、申込資格が緩和され年収400万円程度が目安と言われています SuMi TRUST CLUBプラチナカードは、ハイクラスのクレジットカードの代名詞のダイナースクラブカード以上に審査のハードルは高いと言っていいでしょう。 ただし、実際に申し込みをした方の中には、20代の方でも審査通過の実例があり、決して取得が不可能なカードではありません。 SuMi TRUST CLUBプラチナカードの審査基準• SuMi TRUST CLUBプラチナカードはこんな方におすすめ• 信頼できる銀行系のプラチナカードを持ちたい方• コストと特典のバランスを考えてカードを利用したい方• 家族カードを無料で利用したい方 SuMi TRUST CLUBプラチナカードは、三井住友トラストクラブの発行するSuMi TRUST CLUBカードの最上位カードとなるプラチナカードです。 三井住友銀行グループの銀行系プラチナカードとなっていますので、 大人が持つプラチナカードとしてのステータス性も充分です。 SuMi TRUST CLUBプラチナカードでは、コンシェルジュサービスやプライオリティパスに加え、コース料理1名分無料特典などの特別なプラチナ特典が充実しています。 SuMi TRUST CLUBプラチナカードの年会費は、税別35,000円とリーズナブルになっていますので、コスパにもこだわってプラチナカードを作りたい方にも最適ですね。 家族カードは8枚まで無料で発行することができますので、家族でカードを使えばさらにコストを抑えて利用することができますよ! 3位:三井住友カード プラチナ 三井住友カード プラチナの審査基準 審査難易度ランキング3位には、三井住友カードのプラチナカード「三井住友カード プラチナ」がランクインしました。 三井住友カード プラチナは、 以前はインビテーション制のカードだったこともあり、申込資格も30歳以上で安定した収入のある方と基準も高くなっています。 銀行系のプラチナカードということもあり、年収はもちろんのこと、 クレジットヒストリーに大きな比重を置いた審査基準であることが考えられます。 一方、三井住友カード発行のカードからのアップグレードの場合、20代の方でも審査通過の実績があるなど、審査が優遇されている側面もあります。 現在20代の方は、「」などの三井住友カード発行のクレジットカードで、利用実績を積むのも良いのではないでしょうか。 三井住友カード• 三井住友カード プラチナはこんな方におすすめ• 信頼度抜群のVISAのプラチナカードを持ちたい• 24時間365日対応のコンシェルジュサービス• 宝塚歌劇のSS席の優先販売 三井住友カード プラチナは、日本国内で初めてVISAブランドのカードを発行した、三井住友カードのプラチナカードです。 24時間365日対応のコンシェルジュサービスや、コース料理1名分無料のダイニング特典など、プラチナカードにふさわしい特典も充実しています。 また、三井住友カードは宝塚歌劇のオフィシャルカードでもありますので、宝塚歌劇のSS席のプラチナカード優先枠なども予約することが可能です。 充実したプラチナ特典とエンターテイメントでの豊富なサービスで、年会費以上の価値があるプラチナカードであることは疑う余地がありませんね。 4位:JCBプラチナ JCBプラチナの審査基準 審査難易度ランキングの4位にランクインしたのは、JCBカードのプロパープラチナカード「JCBプラチナ」です。 JCBプラチナの 申込資格は25歳以上の安定した収入のある方となっていますが、 年収のボーダーラインはおよそ400万円程度です。 そう聞くと、それほど審査基準は厳しくないように感じますが、JCBカードの傾向として 自社クレヒスに非常に厳しい傾向があります。 実例でも、過去に未払いがあった場合、現在の年収がどれほど高くても審査落ちになってしまうというケースがあります。 逆に、自社クレヒスを積んでいるユーザーは優遇されますので、20代で年収300万円台の方でも審査通過の実績がありますよ! JCBプラチナの審査基準• JCBプラチナはこんな方におすすめ• JCBの信頼度の高いプラチナカードが欲しい方• 格安年会費でプラチナ特典を利用したい方• JCBザ・クラスを最短ルートで目指したい方 JCBプラチナは、国産のクレジットカード会社で唯一国際ブランドを持つ、JCBカードのプラチナカードです。 国内では、三井住友カードと並び 信頼度の高いクレジットカード会社のプラチナカードとなっており、知名度・信頼度ともに申し分のないカードですね! JCBプラチナでは、年会費が税別25,000円と格安プラチナ級になっている点も大きなメリットです。 格安年会費でありながら、プライオリティパスやコンシェルジュはもちろん、コース料理1名分無料の卓越したダイニング特典まで付帯したコスパ最強プラチナとなっています。 また、JCBプラチナのクレヒスを積むことで、 JCBザ・クラスのインビテーションの最短ルートになりますので、JCBのブラックカードを目指したい方にも最適です。 5位:ダイナースクラブカード ダイナースクラブカードの審査基準 ハイクラスのクレジットカードの代名詞とも言えるダイナースクラブカードですが、審査難易度ランキングでは意外とも思える5位となりました。 ダイナースクラブカードの 申込資格は27歳以上の方となっており、審査通過に必要な年収のボーダーラインは400万円〜500万円程度と考えられます。 ただし、ダイナースクラブカードの 審査基準は緩和されており、年収400万円未満の方や専業主婦の方の申し込みも可能となりました。 実際に20代で年収300万円〜400万円台の方の審査通過の例も多く、決してお金持ちだけが持てるカードという訳ではありませんね。 審査が厳しいイメージの強いダイナースクラブカードですが、比較的チャレンジしやすくなったと考えていいのではないでしょうか。 ダイナースクラブカードの審査基準• ダイナースクラブカードはこんな方におすすめ• 大人が持つべきハイステータスカードが欲しい方• 卓越したダイニング特典を利用したい方• カードの利用でお得にマイルを貯めたい方 ダイナースクラブカードは、 富裕層向けのハイステータスカードとして発行されており、ゴールドカード以上の上級カードとなっています。 世界的に見てもダイナースクラブのクレジットカードに対する信頼は篤く、大人が持つべきハイステータスカードとしても間違いないカードです。 カード名称のとおり、 卓越したダイニング特典が付帯しており、コース料理1名分無料の特典はもちろんのこと「ごひいき予約」で予約不可の名店を予約することも可能です。 カードの利用で貯めた無期限のポイントは、還元率1. 0%でANAをはじめとした各社のマイルに移行することができますので、陸マイラーにもおすすめのカードとなっています。 入会キャンペーン ハイクラスなのに審査に通過しやすいカード、アメックスゴールド• もっとも作りやすい審査基準のゴールドカード• コース料理1名分無料などのプラチナカード級の特典 世界でもっとも有名なゴールドカードでありながら、 もっとも作りやすい審査基準でもあるゴールドカードが「アメックスゴールド」です。 アメックスゴールドでは、外資系独自の審査基準で過去の 信用情報よりも現在の返済能力が判断されますので、非常に作りやすい審査基準のゴールドカードとなっています。 半面、アメックスゴールドでは、お金持ちが持つカードというイメージが依然強くなっていますので、ステータス性は非常に高いカードです。 プライオリティパスのメンバーシップや、コース料理1名分無料の特典など、プラチナ級の豊富な特典を利用できるのもアメックスならではのメリットと言えますね。 アメックスの審査基準• いつかは持ちたい!インビテーション制のブラックカード 取得難易度のもっとも厳しい、特別なクレジットカードが インビテーション制のブラックカードです。 審査の厳しいゴールドカードやプラチナカードを取得し、さらに実績を積んだ方の中から選ばれた方だけが持つことができるブラックカード。 ここでは、いつかは持ちたい、ブラックカードの特別な魅力や特典の内容を解説します。 アメックスセンチュリオン 年会費 税別350,000円(入会金:税別500,000円) 家族会員 無料 ETC 無料(新規発行手数料:税別850円) 申込資格 インビテーション 国際ブランド アメリカン・エキスプレス 還元率 1. 0% 旅行保険 国内:最高1億円 海外:最高1億円• もっとも取得難易度の高いブラックカード• 圧倒的な存在感のチタンカードを発行可能• 叶わない願いは無いと言われるほど充実したカード特典 国内で取得可能なクレジットカードの中で、 間違いなく取得難易度NO. 1となるブラックカードが「アメックスセンチュリオン」です。 アメックスセンチュリオンの取得のためには、まず、 アメックスプラチナをインビテーションで取得してクレヒスを積む必要があります。 しかし、アメックスセンチュリオンには、インビテーションを待つ方の「ウェイティングリスト」が存在しているとも言われており、インビテーションの難易度は激高です。 アメックスセンチュリオンの取得には、 入会金として500,000円が必要ですが、それでも取得したい方が後を絶たない特別なブラックカードとなっています。 アメックスセンチュリオンでは、圧倒的な存在感をはなつチタンカードを発行することが可能となっており、一見して特別なカードであることがわかるオーラがあります。 プライベートクルージングやヘリのチャーターなど、叶わない願いは無いといわれるアメックスセンチュリオンの特典を、一度体験してみたいものですね! センチュリオンカード• ダイナースプレミアムカード 年会費 税別130,000円 家族会員 無料 ETC 無料 申込資格 インビテーション 国際ブランド ダイナースクラブ 還元率 2. 0% 旅行保険 国内:最高1億円 海外:最高1億円• クレジットカード最強クラスの還元率2. 24時間365日対応のコンシェルジュサービス• ダイナースクラブの特別なラウンジを利用可能 ダイナースクラブのブラックカードとして発行されているのが「ダイナースプレミアムカード」です。 ダイナースクラブカードを年間400万円程度利用すると、ダイナースプレミアムカードのインビテーションの可能性があります。 ダイナースプレミアムカードは、クレジットカード最強クラスの還元率2. 0%となっており、還元率2. 0%でANAマイルをはじめとした各社のマイルに交換することも可能です。 さらに、24時間365日対応のコンシェルジュサービスや、銀座プレミアムラウンジなど、プレミアムカード限定の特典も充実しています。 ブラックカードの中では、ダイナースプレミアムカードは比較的取得しやすいカードとなっていますので、まずはダイナースクラブカードを手に入れてみてはいかがでしょうか! ダイナースプレミアムのインビテーション• ラグジュアリーカードゴールド 年会費 税別200,000円 家族会員 税別50,000円 ETC 無料 申込資格 インビテーション 国際ブランド Mastercard 還元率 0. 5% 旅行保険 国内:最高1億円 海外:最高1億2千万円• 本物の24金がコーティングされた輝くカードフェイス• センチュリーベースのリムジンでダイニングまで送迎• ハワイアン航空の上級会員資格が付帯 富裕層向けクレジットカード、ラグジュアリーカードのブラックカードが「ラグジュアリーカードゴールド」です。 ラグジュアリーカードゴールドのインビテーションを受けるためには、審査の厳しいラグジュアリーカードブラックを取得して利用実績を積む必要があります。 本物の24金がコーティングされた、もはや貴金属と言ってもいいカードフェイスは、厳しいインビテーションの基準を超えて取得するだけの価値がありますね! ラグジュアリーカードブラックよりもさらに充実した特典が付帯しており、ダイニングのリムジン送迎はセンチュリーがベースの特別なリムジンが用意されています。 また、法人口座決済用の「」は、 インビテーション不要で申し込みで取得することができます。 審査難易度はなかなか厳しくなっていますが、今すぐラグジュアリーカードのブラックカードが欲しい方は、ラグジュアリーカード法人ゴールドにチャレンジしてみるのも良いでしょう! ラグジュアリーカードゴールド• 審査難易度の高いクレジットカードを作るにはクレヒスを磨こう! 審査難易度の高いクレジットカードを作るためには、良質なクレヒスを磨くのが近道です。 審査難易度はランク・発行会社によって異なる• 審査の厳しいクレジットカードはステータスになる• クレヒスを積んでいれば審査に優遇されるケースも クレジットカードの審査難易度は、カードのランク・発行会社によってことなり、銀行系やプロパーカードのプラチナ・ブラックカードがもっとも厳しくなっています。 審査の厳しいカードを持てるということは、クレジットカード会社によって信用情報が認められたということになり、自身のステータス性にも繋がります。 また、クレヒスを積んでいれば審査が優遇されるケースもありますので、審査難易度の高いクレジットカードでも取得できる可能性は高くなりますよ! カードを取得してワクワクするようなハイステータスカードを目指してみるのも良いのではないでしょうか! あわせて読みたい•

次の

元クレジットカード会社の入会審査関係者に赤裸々インタビュー!ウワサの真相は?

クレジット カード 審査 難易 度

こまかく表示 気になるトピックをタップ!• 回答可否に関わらず、「クレジットカードの審査について気になること」をお聞きできればと思います。 まずは簡単なご経歴を教えてください。 大学卒業後、2018年までクレジットカード会社にて入会審査業務に携わっておりました。 現在は別部署で活動しています。 よろしくお願いします。 まずはクレジットカードの入会審査の流れを教えてください。 入会審査は概ね次のような流れで行ないます。 その場合はそのまま承認&発行となります。 では機械審査によって一発で否決、となるケースはどんな場合ですか? 反社会的勢力に該当すると判断されれば一発でアウトですね。 他にも、外部信用情報のネガティブチェックでひっかかると否決になります。 クレヒスの重要性がよく分かりました。 転職や転居等の内容が外部信用情報に登録されていなかった場合も、たしかに確認する必要がありますよね。 審査内容に関しては社外秘事項も多いですが、お答えできる範囲で回答させていただきます。 リボ払いは金利収入があるので、カード会社にとって収益性が高いですよね。 ズバリ、申し込み時に「リボ払い」を選択すると入会審査に通りやすくなることはあるんでしょうか? リボ払いを選択しても、審査に有利にはたらくことはありません。 あくまでも「当人に与信が可能か」という目線で審査は行われているので、収益性が高そうな申込者を優遇するようなことはしていません。 ただ、 審査の早期化という観点からすると有利にはたらくと言えます。 キャッシング枠をつけると、貸金契約に関わる書面のやり取りをする必要性も生じるため、通常のショッピング利用のみの場合よりも3営業日以上カード発送までにかかる期間が長くなってしまいます。 でも確かに、自動契約機(むじんくん)でも貸金契約を含む複数枚の書面を交わした記憶があります。 なるべく申込者を増やしたいはずですが、キャンペーン期間中は審査が通りやすくなることってあるんですか? キャンペーン中でも、審査を甘くするといったことはありません。 あくまで通常どおり審査を行ないます。 クレジットカードの審査には「グレーゾーン」が存在? クレジットカードの入会審査で「ギリギリ否決」「ギリギリ可決」のラインはあるはず。 いわゆる温情発行についてもズバリ聞いてみました。 そうなると、温情発行というのも存在するんでしょうか? 存在します。 審査不承認者が黒、承認者を白とすると、グレーゾーンの人は一定数います。 このグレーゾーンの層にカードを発行することはカード会社にとってリスクとなりますが、実は以下のようなメリットもあります。 あるいは未成年者や学生など少し特殊な属性の方もいます。 そのあたりの審査事情について聞かせてください。 つまり、未成年もいる。 都市伝説的に「未成年のクレジットカード審査は親が対象になる」と言われることもありますが、これは事実なんでしょうか? 家族カードの場合は親が対象ですが、そうでない場合はあくまで「未成年者本人に対して」審査を行ないます。 ご存知のとおりクレジットカードの入会審査では、指定信用機関が保有する外部信用情報 個人の氏名や住所、勤務先、年収、クレジットやローン等の延滞情報等 を参考にしています。 ここでいう目的とは「本人に対し与信審査をすること」。 当人の与信審査のために他人の情報を参考にすることは目的外利用に当てはまる、認められていません。 そのため、未成年の申込者についても親族の情報ではなく、本人の情報のみを参考にしています。 それでも学生の方が通りやすいのはどういった理由なんですか? そもそも学生向けカードは比較的低与信枠ということもありますが、「安定的な収入が得られない理由に妥当性があるかどうか」という観点から、フリーターの方は承認率は低くなってしまいます。 それで言えば、たしかに学生であれば安定的な収入がない理由に妥当性がありますね。 いわゆる社内クレヒスがポジティブである場合、たとえば上位カード発行の際に審査で有利にはたらくこともありますか? 審査に関して言えば、ポジティブな情報が有利に働くというよりは、目立ってネガティブなクレヒスがなければ審査に通る、という言い方のほうが正しいですね。 健全なクレヒスを積めるよう、無理なく計画的に利用していきたいですね。 その頻度ってどの程度のものなんでしょうか? 基本的に3ヶ月に1回、途上与信審査をしています。 一部、利用残高が基準額を超えた人は1ヶ月に1回、途上与信をしていますね。 大変貴重なお話を伺うことができました。 入会審査にまつわるインタビューまとめ このページでは、 元クレジットカード会社の入会審査関係者へのインタビューをまとめました。 クレマイ編集部としては、すこし意外な事実も多かった印象でした。 要点をまとめておきましょう。 WEB申込は自動審査なので早い• 自動審査で引っかかると目視の審査に• 反社会的勢力の疑い、信用情報のネガチェックで引っかかると一発で否決• 承認/不承認は券種ごとに明確な条件がある• 承認/不承認の間にはグレーゾーンがあり、温情発行も存在する• 申込時にリボ払いを選択しても審査は有利にならない• キャッシング枠をゼロにすると審査の早期化という観点で有利にはたらく• 入会キャンペーン中でも審査が甘くなることはない• 未成年者の審査でも、対象はあくまで親ではなく本人• フリーターは「安定収入が得られない理由に妥当性があるか」という観点で承認率は低め• 専業主婦の方は世帯年収、つまり配偶者の年収も関わってくる• 途上与信管理は3ヶ月に1回、利用残高が目立つ人は1ヶ月に1回 細かな部分はカード会社によって異なる場合もありますが、与信という仕組み上、概ね共通することは多いでしょう。 残念ながら審査のスコアリング内容は聞けませんでしたが、クレヒスの重要性も浮き彫りになりましたね。 クレジットカードの利用履歴は信用情報として残ります。 審査に通ったとしても、次なる審査はもう始まっていると言っても過言ではありません。 クレジットカードは日々計画的に、賢く利用しましょう! 審査が不安な人は下記ページもチェックしてみてください。

次の

【2020年】クレジットカード審査ランキング!「15段階の審査難易度」で比較。「審査の甘い」「審査の厳しい」クレジットカードとは?

クレジット カード 審査 難易 度

「審査が厳しいクレジットカードランキングが知りたい」 「審査基準はどんな傾向があるの?」 自分が気になっているクレジットカードの審査基準が厳しいかどうかって気になりますよね。 審査落ちは出来ればしたくありませんので、審査がどうなのか不安で申し込みを躊躇してしまう方は多いです。 そこで今回は、審査難易度が高いクレジットカードをランキング形式で紹介して、その根拠も解説します。 また申込制のクレジットカード以外にも、インビテーション制のクレジットカードの難易度ランキングも併せて解説しました。 これを読めば審査が厳しいクレジットカードの傾向や基準が理解出来るので、自分が気になっているカードの審査がどうなのかの参考になって審査対策に役立てられますよ。 クレジットカードランク• ブラック• プラチナ• ゴールド• 年会費無料 このようなランク(色)になっており、上から審査難易度が低くなってきます。 最も優しいのは年会費無料カードです。 ブラックカードやプラチナカードは審査が厳しいと言われていますが、その理由はインビテーションカード(招待制)が多いからです。 基本的には申し込みが可能なのはゴールドカードまでが多いですが、最近ではプラチナカードでもインビテーション制から申込制になったり、最初から申込制のカードも多いです。 系統でも審査難易度は変わる クレジットカードには系統があり、それによっても審査難易度は変わってきます。 系統とは銀行系、信販系と言うような感じで、クレジットカードを発行している会社の本職で系統が決まります。 クレジットカード会社はだいたい何か別の事業をしていて、グループ企業として立ち上げられることが多いです。 例えば楽天カードでしたら、本業はネット通販などが本業となりますので「流通系」となります。 クレジットカードの系統• 銀行系• 信販系• 航空系• 鉄道系• 流通系• 消費者金融系 銀行系や信販系は審査が比較的厳しいと言われていて、逆に流通系は優しいと言われています。 この中では消費者金融系はちょっと違ったカードで、どちらかというと「カードローン」の延長のような形で、かなり審査は通りやすいと言われています。 しかし、この「系統」による審査難易度の測り方はあくまでも目安で、最近は崩れつつあります。 なぜなら航空系のカードだったとしても、実際に発行や審査を担当しているのは銀行系のカード会社だったり、株主が銀行系だったりするからです。 それと昨今の不景気の影響からか、銀行系でも審査に通りやすいクレジットカードを発行しています。 ですので「系統」はあくまでも目安として考えておいてください。 プロパーカードは審査が難しくなる傾向にある 審査難易度に影響する要素として、もうひとつ「クレジットカードの種類」があります。 種類と言っても2つだけで、提携している物かそうでない物か?というだけです。 クレジットカードの種類• プロパーカード(正規カード)• 提携カード プロパーカード(正規カード)とは国際ブランドであるクレジットカード会社(VISA、Master、JCB、ダイナース、アメックス)が発行しているクレジットカードの事を言います。 いっぽうで、提携カードとはクレジットカード会社が国際ブランドのクレジットカード会社である(VISA、Master、JCB、ダイナース、アメックス)を国際ブランドに利用して発行しているクレジットカードの事です。 ややこしくてすいません・・・世に出ているクレジットカードはほとんどが提携カードです。 例えば有名どころだと「楽天カード」がありますが、楽天カードで選択できる国際ブランドはVISA、Master、JCB、アメックスなので、この4社と提携して楽天カード株式会社が発行している「提携カード」という事になります。 プロパーカードは国際ブランドクレジットカード会社が直接発行しているので、自社で貸し倒れなどの様々なリスクを背負う事になるために審査に慎重になるという事です。 審査難易度の基準 審査難易度の基準ですが、クレジットカード会社は公表しているわけではありませんので正確な情報は一切ありません。 あくまでも予想の範囲でしかありませんが、筆者が考える審査難易度の基準は以下の通りです。 年会費の高さ• プロパーカードかどうか? まず、単純に年会費が高ければそれを払えるだけの年収があるかどうかが重要になりますし、年会費が高くなっている理由には「豪華な特典」もありますので、「その特典を使いこなせるかどうか?」も審査の基準になってきます。 また、先ほどお話ししたようにプロパーカードであるかどうかも関係しますが、審査難易度が高いカードは基本的にプロパーカードが多いです。 年会費の高さと、プロパーカードであることはセットみたいなところがありますので、やはり審査難易度の基準は「年会費の高さ」になるのかなと思います。 申込制クレジットカードの審査難易度ランキング こちらは申込制のクレジットカードのランキングとなります。 ランキングの対象となっているのは代表的なクレジットカード会社のプロパーカードで、ゴールド・プラチナ以上が中心となっています。 最近では過去にインビテーション制だったカードが申込制になるなど、少しづつ審査難易度は下がってきている傾向にあります。 【1位】ラグジュアリーカード・ブラック ランキングの根拠 こちらは名前に「ブラックカード」と入っていますが、クレジットカードのランクではプラチナカード級となります。 カード券面の素材自体が金属という異質のカードで、高級感は抜群です。 発行は信販系であるアプラスです。 ラグジュアリーカード自体が「富裕層」をターゲットにして発行されており「ブラック」はラグジュアリーカードシリーズの中間カードで年会費も10万円(税別)と破格です。 まずはこれだけの年会費を払う余裕がある人が対象ですし、付帯している特典もお金と時間がある方で無ければ使いこなす事が出来ないようなレベルの物ばかりです。 そう考えると、年収や職業がハイクラスである必要がありますので審査難易度はどうしても高くなってしまいます。 申込可能カードの中では年会費が最も高いという事で、審査難易度は1位としました。 金属製カードなので他人の反応が良い• コンシェルジュサービスの評判が良い(オペレーター直通)• ポイント有効期限が5年と長い• Mastercard最高ランク「World Elite Mastercard」の称号(特典多数)• ハワイアン航空の上級会員資格「Pualani Gold」特典• プライオリティパスプレステージ会員• 高級レストランで1名分無料特典• 予約困難店の利用&リムジン送迎あり• 上級カードの「ラグジュアリーカードゴールド」のインビテーションが目指せる 「ラグジュアリーカード・ブラックってどんなカード?」 「審査難易度はどうなの?」 「ステータスは高い... ラグジュアリーカードブラックの公式サイトはコチラ 【2位】三井住友VISAプラチナカード ランキングの根拠 VISAはアメリカの企業で世界最大のクレジットカード会社です。 三井住友カードは日本で初めてVISAカードと提携したクレジットカード会社です。 日本でVISAと言えば三井住友カードを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 プラチナはそんな三井住友VISAカードの最上級カードです。 三井住友VISAプラチナは元々はインビテーション制でしたが、現在は申込制となりました。 それによって若干は審査が優しくなった感はありますが、それでも年会費50000円(税別)なのでかなりレベルの高いカードです。 後ほど紹介する特典のレベルを考えると、ある程度年収の高い人や時間に余裕のある人が対象となりますので、ハードルは高めです。 また三井住友カード自体が審査は厳し目になりますので、そこの最上級カードと言うだけでも厳しさは容易に想像できるので2位としました。 コンシェルジュサービス• ポイント有効期限が4年と長い• プライオリティパスプレステージ会員(選択制)• 名医によるセカンドオピニオンサービス(選択制)• プラチナグルメクーポン(高級レストランが1名分無料)• プラチナホテルズ• 大丸東京ラウンジ利用可能• USJのエクスプレスパスが4枚無料• 宝塚歌劇チケット優先販売 個人的にですが、特典の質が良いなと思います。 USJエクスプレスパスや宝塚チケット優先販売、他にもプロゴルフ観戦券など、人気があって実用的な特典が多い印象です。 三井住友VISAプラチナカードの公式サイトはコチラ 【3位】ダイナースクラブカード ランキングの根拠 カードランクは普通カードですが、そもそもダイナースにはこのカードの上位モデルはもうインビテーションカードしかありません。 ですので普通ランクのカードでありながら他社のゴールドもしくはプラチナカード級の存在感を持っています。 ダイナースは入会資格が「27歳以上」になっているなど、ある程度の社会人経験がある方を対象といています。 27歳の大卒平均年収は350~400万円くらいになりますので、平均以上の人が対象にしているであろうことを考慮すると、年収は450~500万円以上が目安になるでしょう。 昔からあまり安売りをしずに「対象属性の人だけ来てくれれば良い」と言うスタンスを崩さないイメージなので、相変わらず審査は厳しい部類に入るという事で3位としました。 マイル還元率が1%(100円で1マイル)• サインレススタイル(レストランで決済をしずに退店出来る)• 高級レストランが1名分無料• マイル還元率が1%と高還元率• 世界中の空港ラウンジを利用可能• 手荷物無料宅配(帰国時のみ)• ダイナースの公式サイトはコチラ 【4位】JCBプラチナ ランキングの根拠 JCBプラチナは申込制のJCBプロパーカードとしては最高ランクのカードです。 しかし、プラチナカードとしては年会費は安い方になりますので「多少は作りやすくしている」というJCBの意図が見え隠れしています。 申込資格も3位のダイナースの「27歳以上」に比べて「25歳以上」と少しハードルも低くなっています。 プラチナカードとしては年会費も安いし「ハードルが高そう」という印象を与えてこないので個人的な印象だけですが4位としました。 家族カードが1枚無料• コンシェルジュサービス(直通)• 飲食代が30%off特典• 高級レストランで1名分無料になる特典• 海外旅行保険の傷害・疾病治療費用が充実の1000万円• プライオリティパスプレステージ会員• USJのJCBラウンジ利用&アトラクション優先搭乗• 上級カードの「JCBザ・クラス」のインビテーションが目指せる 「JCBプラチナの審査難易度は高い?」 「年収はどれくらい必要なの?」 JCBプラチナが気になるけど... JCBプラチナの公式サイトはコチラ 【5位】アメックスゴールド ランキングの根拠 アメックスゴールドは日本で1番有名なゴールドカードと言っても過言ではなく、一昔前は持つだけでステータスが高いと言われていました。 しかし現在は上級カードのプラチナやセンチュリオンが発行されていますのでかなりハードルは下がりました。 発行後の利用状況で限度額をコントロールしてリスク管理をするという運営方針なので、とりあえず発行自体は簡単に出来るようになっているので5位としました。 基本情報 ー アメックスゴールド (amex) 申込資格 満20歳以上で日本国内に定住所がある方。 家族カードが1枚無料(12000円税金が無料)• ANAマイルを100円1マイルで貯められる(別途で年会費・手数料が必要)• 高級レストランでコース料理が1名無料特典• プライオリティパススタンダード会員無料登録(年に2回無料利用)• 手荷物無料宅配(往復)• キャンセルプロテクション(キャンセル費用の補償)• 京都観光ラウンジが無料で利用可能 「入会キャンペーン特典の獲得は簡単?」 「どれくらいお得なの?」 アメックスゴールドの入会キャンペー... アメックスゴールドの公式サイトはコチラ インビテーションカードの審査難易度が高いランキング こちらはインビテーション(招待)が必要なクレジットカードの審査難易度ランキングです。 審査難易度とはインビテーションを獲得する難易度の事です。 【1位】アメックスセンチュリオン アメックスセンチュリオン ランキングの根拠 審査難易度(インビテーション難易度)はぶっちぎりで1位ですね。 アメックスセンチュリオンだけは本当に頑張っても作れる可能性がかなり低い、唯一無二の本物のインビテーションカードです。 どれくらい難しいかというと、以前にアメックスの営業マンにインビ条件を聞いた時に「年間で1億円利用しても難しいと思います・・・」なんて言ってたくらいです。 しかも利用は経費の支払いよりは個人の買い物などが評価されるとの事。 途方もない話ですね。 現存するクレジットカードの中で唯一、ステータスが高いクレジットカードと言えます。 アメックスプラチナの詳細はコチラの記事をご覧ください。 「ラグジュアリーゴールドはセンチュリオンを脅かす存在?」 「券面はどちらがカッコイイ?重さは?」 「... 【2位】ラグジュアリーカードゴールド ラグジュアリーカード・ゴールド ランキングの根拠 こちらは名前に「ゴールドカード」と入っていますが、クレジットカードのランクではブラックカード級となります。 ラグジュアリーカードゴールドは年会費も20万円(税別)と相当なハードルの高さですが、アメックスセンチュリオンの存在がありますのでインビテーション難易度では2位ですね。 1位のセンチュリオンと比較した記事を下記で紹介していますのでご覧ください。 (ブラックもかなり審査が厳しいです)ブラックで実績を積む事がインビテーションを受ける事が出来る唯一の方法です。 ラグジュアリーカード・ゴールドのカード詳細、審査情報などはコチラの記事をご覧ください。 「ゴールドのインビテーション条件が知りたい!」 「突撃は可能なの?」 「ゴールドのステータスは高いの... 【3位】楽天ブラックカード 楽天ブラックカード ランキングの根拠 楽天ブラックカードは楽天カードの最上位カードになります。 楽天カードと言えば、どちらかと言うと審査は通りやすいイメージを持たれるので楽天ブラックも審査が厳しそうな印象はありませんが、実はかなり困難なのです・・・筆者も一度もお目にかかったことがありません。 それくらい出回っていないのです。 楽天ブラックカードは年会費自体はそれほど高くないですが、楽天プレミアムカードや楽天サービスを沢山使っていてもインビテーションは中々届きません。 かと思ったら、まったく楽天カードを使ったことが無い人に届いたりと・・・インビテーションを送る人の基準が全く読めない所が難しいので3位としました。 (実際には楽天カードを一切使ったことが無い方にインビテーションが届いたりしていますが・・・)普通に考えたら楽天プレミアムカードで実績を積むのが正攻法です。 後は楽天サービス(楽天市場、楽天トラベル)を使い倒す事が重要ですね。 特に楽天トラベルの利用状況はキーになります。 楽天プレミアムカードの入会キャンペーン最新情報、カード詳細はコチラの記事をご覧ください。 「入会キャンペーンは簡単に獲得出来るの?」 「特典が1番お得になるのはいつ?」 楽天プレミアムカード... 【4位】ダイナースプレミアム ダイナースプレミアムカード ランキング根拠 楽天ブラックよりも下の4位になってしまいましたが、楽天ブラックカードは審査基準が分からない難しさで、ダイナースプレミアムは単純に年収やクレヒス条件が難しいと言う感じです。 ダイナースプレミアムの方がお目にかかれる確率が高いという個人的な判断で楽天ブラックよりも下位の4位としました。 ダイナースプレミアムカードはアメックスセンチュリオンと並んで「2大ブラックカード」と呼ばれています。 最近でこそラグジュアリーカードゴールドに年会費などでは追い抜かれてしまいましたが、そこはやはりダイナースのインビテーションカードと言うだけあって相変わらずの審査難易度を誇っています。 平のダイナースクラブカードも審査難易度にはランクインしているように、ダイナース自体が審査難易度が高いので、プレミアムも当然のように高くなります。 平のダイナースで申込資格が27歳以上であることから、2年くらい実績を積んだと考えると29~30歳くらいからしか持つ事が出来ない事になりますね。 5ポイント(1Pは1円分) (利用毎に100円で1. 5%はポイントをマイルに変えた場合です。 ダイナースクラブカードの入会キャンペーン最新情報、カード詳細はコチラの記事をご覧ください。 【5位】JCBザ・クラス JCB ザ・クラス ランキング根拠 JCBザ・クラスは日本が世界に誇る国内唯一の国際ブランドであるJCBの最高峰プロパーカードです。 当然ながら審査難易度は高く、なかなかインビテーションを貰う事が出来ません。 このカードはディズニーランドのJCBラウンジである「クラブ33」に行ける特典(抽選)があったり、年会費も50000円(税別)と高くないので持ちやすくて人気が高いですが、目指している人が多いので増え過ぎないように発行を調整している感もあります。 「確かに難しいけど絶対的に不可能ではない」という事で5位としました。 JCBは特にクレヒスを重視しますのでインビテーションは実績がモノを言います。 JCBザ・クラスのカード詳細はコチラをご覧ください。 「JCBゴールドの入会キャンペーンはお得?」 「キャンペーン特典は何に使えるの?」 JCBゴールドは... 【6位】アメックスプラチナ アメックスプラチナは現在は申込制に変わりました! ランキング根拠 アメックスプラチナはアメックスのプロパーカードでアメックスセンチュリオンを目指すにはまず通らなければならないカードです。 年会費の高さを考えるとかなり審査が厳しそうな印象ですが、最近インビテーション制から申込制に変わったので、審査難易度は低くなったと思いますので、それもあって6位としました。 ただ、年会費が高いので、ある程度の年収は必要になりますが、それさえあれば持つのは難しくないと思います。 まずは下位カードのアメックスゴールドで実績を積む事がインビテーションを受ける事が出来る唯一の方法です。 アメックスはイメージに反して意外と審査は通りやすいので、アメックスプラチナのインビテーションも来やすいですよ! アメックスゴールドの入会キャンペーン最新情報、カード詳細はコチラをご覧ください。 「付帯サービスは何が違うの?」 「ステータスが高いのはどっち?」 「どちらが目指しやすい(取得の早さ... まとめ 今回は審査難易度が高いクレジットカードのランキングで、「申込制クレジットカード」と「インビテーション制クレジットカード」を分けてランキングにしました。 審査難易度の高さは年会費の高さと比例する傾向があります。 これは当然で、何故なら「限度額」も高くなる傾向にあるからで、それなりに高年収の方が対象となっているからです。 「銀行系」や「信販系」であり、クレジットカード会社のプロパーカードと言う傾向があります。 ですので、もし審査に不安があるようでしたら候補から外し他方が良いかもしれませんね。 しかし、ステータスが高いかカードが多いので、そこを魅力に感じる方にはおすすめです。 「申込制クレジットカード」と「インビテーション制クレジットカード」ともに、アメックスセンチュリオンを除いて、アメックスが審査難易度は低いので作りやすいと思います。 今回のランキングを参考にして頂いて、自分にピッタリのクレジットカードを見つけてみてください! カテゴリー• 304•

次の