車 パンク 修理 料金。 自動車修理「料金/費用」参考価格一覧

車のタイヤのパンク原因を解説!パンク修理の料金と時間についても

車 パンク 修理 料金

車がパンクしてしまった時、あなたならどこで修理しますか? もしかしたら「身近にあるガソリンスタンドで…」なんて思っているかもしれませんね。 しかし先に結論を述べておきますが、 ガソリンスタンドでのパンク修理は全然オススメできません。 なぜならガソリンスタンドは、車の修理はおろか「パンク修理のプロではない」といえるからです。 そのためディーラーにて営業経験を持つ筆者としては、正直なところ「きちんとした業者へ持っていく」というのがベストな選択だと結論付けています。 とはいえどのような業者に依頼すればいいのか、見当もつきませんよね。 そこで今回は、ガソリンスタンドでパンク修理をすべきではない理由をはじめ、パンク修理を依頼する業者の探し方などについて詳しく解説していきましょう。 先に結論をお伝えすると、グーピットで近くの修理工場を探すのが一番質高く安い業者が見つかります。 とりあえずすぐに修理したい場合は、JAFを呼びましょう。 【裏技】同じ保証内容なのに保険料が半額に!? 自動車保険料は、保険会社によって差が激しいのをご存知ですか? 実際に筆者は親から紹介された大手保険会社で12万だった保険料が、三井ダイレクトに変えて5万円になりました。 なので、 複数の自動車保険会社から見積もりを取ってください。 と言われても面倒ですよね・・・ そこでオススメなのが「」の自動車保険一括見積りサービスです。 自動車保険一括見積りサービスは、1回ネットで申し込むと、大手を含めた各保険会社からメールでの見積もり結果が瞬時に届く&後日に見積もりのハガキが郵送で届きます。 (営業電話などは一切掛かってきません。 ) これを使えばカンタンに最安値の自動車保険が見つかります。 車修理のプロではない 冒頭から述べていますが、ガソリンスタンドは「燃料に関するプロ」であって、「車の整備や点検に関するプロ」ではありません。 つまり 車を見てもらったとしても、簡単な講習を受けた、もしくは車が好きで少し知識があるという程度の能力であるため、実は正しく点検などがされないケースが多いのです。 そのため仮にパンク修理をしてもらったとしても、「一般的なリペアの能力のみ」というケースが珍しくありません。 つまり「いくつもの選択肢から最良のものを選ぶ」というわけではなく、「とりあえずパンクだからリペアしておこう」という程度の修理しか期待できないのです。 また一般的な整備・点検に関しても、次に説明するように「とにかく新品に変えさせてしまえばOK」と考えることが多いため、とてもプロとはいえないのです。 実際のところ、下記のような話もありますので慎重に検討するべきだといえるでしょう。 自分が昔ガソリンスタンドで働いていた時はバイトであれ全員がエアコンチェック等できたもんだが今は見れる者が居ませんだとか驚きを隠せない 以前このスタンドでパンク修理してもらった時も穴塞いで確認しなかったのか別の箇所がエア漏れの原因だったし二度とココに行くことは無いな — ガデa. ガソリンスタンドは余計なものを売りたがる• エンジンオイルなどの油脂類• エレメント フィルター 類• ワイパーゴム• バッテリー など、「すぐに交換が可能なモノ」を提案してきます。 お客様自身は自分の車のオイルがどうなっているのか、バッテリーが弱くなっているのかなど、そもそも現状を把握していないため「不安をあおって売る」という商法なのです。 その結果、下記のような声も上がっています。 高速道路のガソリンスタンドで、給油と点検してもらったら、タイヤがパンクしていた。 何と釘が刺さってた。 どうりで音がおかしかったわけだ。 ついでにオイルやらバッテリーやら交換うんぬん言われて急遽修理することに。 ちなみに筆者の元お客様であるガソリンスタンドの経営者の方に言われた過去の言葉を引用すると、• お客は車の知識がない人がほとんどで、店に来た車を見れば詳しいかどうかすぐに分かる• 「そろそろ変えた方が良いですよ」と提案すればだれもが少し不安になる• そこで「今ならこの価格」と言えば交換させてもらえる と述べていました。 いかに一般顧客を「カモ」にしているか分かるでしょう。 もちろんすべてのガソリンスタンドが該当するわけではありませんが、安易にガソリンスタンドで修理をすべきではないといえます。 理由3. 特に安いわけではない• 安い基本料金で見積もり提示• その後「ここも悪かったので直します」と言って料金つり上げ• 最終的には専門業者と変わらない価格 という流れで高くなることが多いのです。 例えば下記をご覧ください。 このように、徐々にお客様にバレないように儲けることばかりを考えているケースが多いのです。 以上がガソリンスタンドでパンク修理をすべきではない3つの理由の解説を終了しますが、ご覧いただいて分かる通り「信頼できそうにない」「ちょっと不安だ」という感想を持ったでしょう。 もちろんすべてのガソリンスタンドでこのような対応をしているわけではありませんが、日々1円単位、1銭単位で利益を考えているガソリンスタンドでは仕方のない対応かもしれません。 とはいえ損するのはあなた自身ですから、やはり筆者としてはまったくオススメできないのです。 そこで気になるのが「それじゃあ、どこで依頼すればいいの?」という疑問ですよね。 次章ではその疑問にお答えしていきますので、引き続き読み進めてください。 ちなみにガソリンスタンドでは稀に提携しているタイヤメーカーさんが来て、タイヤ交換や修理などを承っています。 その場合には紛れもない「タイヤ専門のプロ」ですから、遠慮なく修理依頼しても問題ありませんよ。 車のパンク修理は3つの業者の違いと特徴 前章の理由から、 車のパンク修理ができる専門業者=プロにパンク修理を任せるべきだと結論付けました。 そして気になる専門のプロとは下記の3業者を考えておけば間違いありません。 ディーラー• タイヤ専門店• 整備工場 それぞれ以下に分けてご紹介していきましょう。 ディーラー ディーラーとは言わずと知れた「メーカーの代理店として新車を売っている販売店」のことを指しています。 そして車の総合的な整備・点検のプロです。 そのため信頼度は抜群といえるでしょう。 しかし現状を見ると、 整備・点検のプロというだけであり、タイヤのパンク修理に関しては、正直なところ「常駐している外注さん任せ」というケースがほとんどです。 そのためディーラー価格で請求はされるものの、中身は外注している専門業者のパンク修理となっています。 つまり 「高いけど確実な修理をしてくれる」と覚えておきましょう。 タイヤ専門店 タイヤ専門店は大手と小規模店の2極化が進んでいますが、まぎれもないタイヤ専門の業者です。 そのため パンク修理は誰もが納得のいく出来だと思ってください。 そして ディーラーと比較すると比較的価格が安く、ディーラーの半額~8割程度の金額で修理してもらうことが可能です。 また小規模店はディーラーの外注業者として仕事をしているケースもありますが、「ディーラーから外注される=技術力が非常に高い」ということになりますので、筆者としては小規模店の方が安心だと結論付けています。 ただしタイヤそのものを交換する場合には、大規模店の方が大量仕入れをしている関係上、金額が安く済むケースが多くなります。 整備工場 整備工場はモータース店として運営されているケースが多いですが、その実態は「整備専門の業者」ということができます。 そして整備工場の経営者は「ディーラーなどで随一の技術力を持ってから独立する」という人が圧倒的に多いため、タイヤのパンク修理などはお茶の子さいさいと言っても過言ではありません。 また 整備工場は地域密着型であることが圧倒的に多く、地元住民であればこれからの付き合いを考えて「圧倒的に安く修理してくれる」というケースが非常に多いです。 つまり 技術力と価格の安さを兼ね備えているということになります。 以上が車のタイヤのパンク修理を専門に実施できるプロに関する紹介でしたが、それぞれ依頼しても「まず間違いのない修理をしてくれる」ということができます。 そのため上記の中からあなたが選ぶべきなのは、あくまで「価格」という面だけを見ておいて大丈夫でしょう。 そこで次章では、上記したプロ業者の中から筆者のオススメをお教えするとともに、業者の探し方についても紹介していきます。 車のパンク修理は素直にプロに依頼すべき 前章にて紹介した中で、技術力と価格のバランスで考えた時に、筆者がオススメするのは下記に箇条書きした業者です。

次の

車タイヤのパンク修理 ガソリンスタンドの時間や料金は?

車 パンク 修理 料金

スポンサーリンク ガソリンスタンドのタイヤ修理 料金 時間は? 「タイヤが1本ゆるいから見てもらった方がいいよ」 そう言われました。 タイヤ4本のうちの1本の空気が抜けています。 タイヤを3本交換して 4万円かかったばかり。 また、1万円ちょっとかかるかなと思いながら、 ガソリンスタンドに行ってみる。 「このくらいなら 修理で行けますね。 時間は 20分位で 2000円です。 ガソリンスタンドで修理が安く早く出来るとは知りませんでした。 また釘がささっていても、空気が少し抜ける程度で走行出来て パンクほどでもありませんでした。 釘ネジを抜いてアロンアルファのような接着剤で付け修理完了です。 曲がろうとしてタイヤに傷を付けてしまったことがありますが、 タイヤの 側面は弱いので、交換した方がいいと言われ ディーラーで交換したこともあります。 溝のあるところは比較的丈夫らしいです。 タイヤ修理 ディーラーや車検での交換料金 相場費用 ディーラーで車検をやった時、タイヤ4本中3本か すり減っているので、近いうちに交換した方がいいです。 高速に乗るならその前の交換がおすすめと言われました。 そこでの 見積もりは、タイヤ3本で工賃込みで 5万近かったです。 そこの新車販売店ディーラーで交換せずに、 別のタイヤ専門店のようなとこで値段を聞くと、 3本で 4万円位でした。 ホンダの新車販売店はコーヒーが飲めてゆっくり待てるけど、 少し高くて、 待つ場所はないけれどタイヤ販売店は少し安かったです。 時間は 1時間かかりました。 *タイヤ交換の場合 スポンサードリンク タイヤの修理 パンクでjafを呼ぶ 代金 駐車場を出ようとしたら、 パンクしていたこともあります。 まともに走れない状態でした。 そのまま道路走行していたら、 タイヤが砕けながら飛び散って行きました。 左右に大きく揺れながらの走行でスピードも出ません。 途中で無理だと重い、すぐ近くにあったコンビニの駐車場に停車しました。 もう自走出来なかったので、 jafを呼びました。 イエローハットかタイヤ館だか jafが提携しているタイヤ販売店に車は レッカーで運ばれて行き、 迎えに来た家族の車でそこまで行きました。 スペアタイヤは無く、 お店でタイヤを交換して、自分の車に乗って自宅へ帰りました。 自動車保険車両保険は使わず 1万円〜2万円程の料金を支払いました。 イタズラかなぜなのか?原因不明ですが、 無事自宅に帰れて良かったです。

次の

車のタイヤのパンク原因を解説!パンク修理の料金と時間についても

車 パンク 修理 料金

全国展開している車用品専門店「オートバックス」は、各種車のトラブルにも対応してくれる優れた業者です。 当コラムを見ているあなたも、一度くらいはオートバックスのお世話になったことがあるのではないでしょうか。 車のトラブルに多いのは、キズやヘコみといった外装部の破損やタイヤ周りの修復でしょう。 オートバックスで修理を依頼すると、費用はどれくらいかかるのでしょうか。 ここでは、車のタイヤトラブル時にオートバックスでかかる費用に関して詳しく見ていきたいと思います。 パンク修理以外にも多数のメニューが用意されていますよ。 パンク修理 タイヤの損傷部分を修復して、通有情の性能に戻すパンク修理。 オートバックスでも、もちろん受け付けてくれます。 ただし、タイヤの損傷箇所や損傷具合によっては、パンク修理での対応ができない可能性もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。 タイヤ、ホイール交換 オートバックスでは、タイヤやホイール交換にも対応してくれます。 ホイールの損傷を起こした場合は、傷がついた部分から劣化が始まるので、大きな事故につながらないように、早めの交換をオススメします。 また、タイヤには法律で定められている溝の深さがあります。 6mm以下になると(スリップサイン)車検に通らなくなってしまいますし、スリップの危険性が高まります。 速やかな交換を心がけましょう。 バランス調整 タイヤやホイールのバランスが取れていないと、走行中にハンドルがガタついたりの悪影響を及ぼします。 タイヤに錘をのっけたり、ホイールの設定バランスを整える作業が必要ですので4本同時に依頼して快適な走行を実現させるといいでしょう。 また、通常の空気よりも温度による容量変化が少ないため空気圧が安定して走行時の危険性も少なくなるでしょう。 ローテーション タイヤは装着部分によって劣化のスピードが異なります。 前だけすり減っている、後ろだけすり減っているというように消耗のバランスが取れていないと、その部分が原因となりスリップ事故を起こしてしまう可能性があるのです。 そういったリスクを抑えるために、タイヤの位置を変える「ローテーション」という作業を定期的に行い、消耗具合を均一にしてあげるとタイヤの寿命も長くなります。 タイヤ履き替え 雪の降る都市に住んでいる方は特に気を遣う問題。 季節によって、定期的にタイヤを履き替えないといけません。 夏タイヤのまま雪のある道を走っていると、確実にスリップして大事故を起こしてしまうでしょう。 東京に雪が降ったときなど、オートバックスにもたくさんのタイヤ履き替え依頼が来るそうですよ。 タイヤ関係の修理・メンテナンス工賃 では、各修理・メンテナンスにどれくらいの工賃がかかるのかについて見ていきましょう。 オートバックスでも店舗や車種によって値段が変化してきますので、あくまで1つの目安として参考にしてみてください。 パンク修理 パンク修理の工賃は、パンク一箇所につき約1,500円程度がオートバックスの相場とされています。 ただし、パンクの具合によってはタイヤの交換を勧められることもありますし、値段が倍以上かかることもあります。 通常の小さいパンクであれば1,500円程度、大掛かりなものはそれ以上の金額がかかると考えておいて下さい。 混雑状況によっても変わってくるでしょう。 タイヤ、ホイールの交換 オートバックスのホームページによると、タイヤやホイール交換に関しては以下の金額が相場になっています。 スチール1本 1,000円〜 アルミ1本 1,000円〜 1BOX・RV1本 1,500円? これに加えて、タイヤ・ホイールそのものの値段が必要となってきますので覚えておきましょう。 バランス調整も工賃に含まれているようです。 時間は4本すべて変えて最短30分程度になります。 参考: バランス調整 バランス調整に関しても、そこまで高い費用はかかりません。 スチール1本 1000円〜 アルミ1本 1,000円〜 1BOX・RV1本 1,500円? タイヤ・ホイール交換と同等の値段で受け付けてくれます。 バランス調整は、ほとんどの方がタイヤ交換時に行なうものですので、単体で行う人はあまりいないのかもしれませんね。 作業時間も交換と同じく最短30分程度だそうです。 窒素ガスの注入 タイヤに窒素ガスを注入する作業は、1本あたり500円? 行ってくれます。 基本的にはタイヤ交換時の行う作業ですので、興味のある方は担当者に訪ねてみると良いでしょう。 作業時間はタイヤ交換の時間にプラスして数分程度だと考えられます。 ローテーションの工賃 タイヤローテーションを行なうということは、新しいタイヤを使わずに今あるもので済ませてしまうので、工賃以外にはお金がかかりません。 1本あたり2,000円の工賃がかかるようです。 作業時間も15分? と比較的短い時間でできる作業なので、タイヤを長持ちさせるためにも検討してみてはいかがでしょうか。 タイヤ履き替え タイヤの履き替えにかかる値段は、1台あたり約4,000円が目安となるようです。 ガソリンスタンド等の相場よりは少し高いかもしれませんが、買い物のついでに利用できる程度の額ですよね。 自分で履き替えを行なうとなれば、それなりの労力がかかりますので、時間がない方や自分での交換に自信がない方はぜひ利用してみてください。 参考: オートバックスでメンテナンス・修理を依頼する際のポイント オートバックスを含め、車用品専門店でメンテナンスや修理を依頼する際は注意しなくてはいけないポイントがあります。 これを意識しないと、長時間待たされたり料金が異なって会計トラブルを起こしたりしますので確認しておきましょう。 全ての店舗で受け付けているわけではない お近くのオートバックスに依頼するのが最も手軽で簡単なのですが、すべての店舗で修理やメンテナンスを受け付けているわけではありません。 小規模店舗の中には販売を専門で行っているところも少なくはないのです。 まずは、電話やネットで近隣店の情報を確認して受付を行っているのか訪ねてみるといいでしょう。 予約は必須 ガソリンスタンドなど、当日にいっても交換やメンテナンスを受け付けているところもありますがオートバックスなどの車用品専門店は、基本的に予約制。 飛び込みで受け付けてくれる可能性は少ないでしょう。 もちろん、スケジュールに空きがある時はその場で作業してくれる可能性もありますが、待ち時間が発生するなどデメリットの方が多いのも事実。 事前に予約を取り、時間を有効活用できるようにしてくださいね。 GooPitで近くの修理業者が探せる オートバックスはもちろん、全国の修理業者の中から愛車にピッタリな修理業者が探せるGooPit。 エリアや目的別に検索ができるほか、業者の作業実績やレビューも探すことができるので、業者公式サイトにはないリアルな情報が得られます。 見積り依頼もサイトを通じて気軽にできるので、複数社比較してパンク修理に強い業者を探してみよう。 まとめ オートバックスでのタイヤ周辺のメンテナンスや修理交換費用に関して詳しく見てきました。 パンクを起こしたからといって、必ずしもパンク修理で対応してくれるわけではありません。 数あるメニューから、最適なものを選択してお得に修理ができるといいですね。 少しでも費用を抑えていのであれば、業者比較が大切。 オートバックスも含めて、最低でも5社くらいに見積もりを出してもらい提示金額の安い業者に最終的な依頼を行うといいでしょう。 当サイトでは全国各地のあらゆる修理店を掲載しています。 業者について調べたい方は参考にしてみてください。 また、も受け付けているので、郵送できる部品などを修理・交換してほしい方は検討してみましょう。 修理価格サイトのご紹介 全国の修理店をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 北海道・東北 関東 中部 関西 中国・四国 九州・沖縄.

次の