ホーン ユキ。 ホーンユキ、現在は警備員。旦那と子供に隠された秘密と真相

不倫駆け落ち結婚したアイドル:ホーン・ユキの末路

ホーン ユキ

1970年、20歳の時に「ザ・シュークリーム」のメンバーとしてデビューした ホーン・ユキさんは、アメリカ人の父と日本人の母を持ちグラマラスなボディを武器に様々なグラビアを飾りました。 しかしザ・シュークリームはわずか3年で解散。 その後ホーン・ユキさんは 女優に転身しました。 しかし1979年、俳優・ 入川保則(いりかわやすのり)さんと 不倫駆け落ち結婚。 マスコミや世間から批判を浴びたホーン・ユキさんは芸能界から姿を消しました。 ホーン・ユキは今… 現在64歳になったホーン・ユキさんは週に6日、朝8時~夕方5時まで 工事現場のガードマンとして働いています。 日給は8600円。 64歳にとってはかなりの重労働です。 しかし、なぜホーン・ユキさんは華やかな芸能界から一転、ガードマンとして働いているのでしょうか?そこには不倫駆け落ち結婚の末の 壮絶人生がありました。 不倫駆け落ち結婚 2人の出会いは1973年。 当時すでに芸能界を引退しようと考えていたホーン・ユキさんに入川保則さんは親身に相談に乗ってくれたと言います。 そんな入川保則さんに対してホーン・ユキさんは恋心を抱くように。 しかし、入川保則さんには既に 妻子がありました。 ところが、入川保則さんは妻と2人の娘を残しホーン・ユキさんの家に 転がり込んできました。 すぐに同棲を始めた2人ですが 世間からは大バッシングを受けました。 そして同棲から4ヶ月、駆け落ち同然で2人は 結婚しました。 結婚を機に芸能界を引退しホーン・ユキさんは専業主婦に。 3人の子宝にも恵まれ順風満帆な結婚生活を送っていました。 しかし、入川保則さんの俳優としての道は暗礁に乗り上げていました。 もともと家族をテーマにしたドラマへの出演が多かった入川保則さんは、不倫駆け落ち結婚の影響で 俳優としてのイメージがダウン。 仕事は徐々に減少していました。 2人はそんなイメージを払拭するため夫婦そろってテレビ番組に出演。 必死に円満ぶりをアピールしましたが、その裏で入川保則さんは 心のバランスを崩していきました。 仕事減少と共に友人や関係者が徐々に離れていった入川保則さんは家にいることが多くなり態度が豹変したと言います。 夫のDV…離婚 結婚15年目のある日、ホーン・ユキさんが子育てに追われていると入川保則さんが 暴力を振るうようになったのです。 さらに入川保則さんの許可がないと外出もできない 監禁状態に。 一時は離婚も考えたホーン・ユキさんですが子供たちへの影響も考え 我慢する日々が続いたと言います。 そんなある日、ベランダで意識を失ったホーン・ユキさんは 3階から転落。 長期の入院生活を余儀なくされました。 この時、ホーン・ユキさんは 離婚を決意。 結婚25年目でついに2人は離婚しました。 女手一つで3人の子供を育てるためホーン・ユキさんが選んだ職業は 工事現場のガードマンでした。 一方、入川保則さんは仕事もほとんどなく貯金も底をつき神奈川県相模原市にある六畳一間のアパートで一人暮らしをしていました。 そんな入川保則さんは 末期の大腸がんに。 全身にがんが転移していたため手術もできない状態で静かに残された日々を過ごすしかありませんでした。 そして2011年12月24日に入川保則さんは亡くなりました。 現在、3人の子供たちも立派な大人に成長しホーン・ユキさんは 2人の孫にも囲まれ前を向いて生きています。 そしてガードマンとして働きながら 読み語りと 歌のライブという新たな夢にも挑戦しています。 「爆報!THEフライデー」 不倫駆け落ち結婚の壮絶な末路.

次の

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(5)<直撃4>ホーン・ユキ

ホーン ユキ

【スポンサードリンク】 駆け落ち結婚の末路は・・ ホーンユキ、現在は警備員として日給8500円の仕事をこなしている毎日。 芸能界にいた頃は、もっと華やかで印象的だった。 アメリカ人の父親と日本人の母親を持ったハーフだったので、美貌と誰もがうらやむようなスタイルでグラビアなどで活躍していた。 そして、俳優の入川保則と恋に落ちて結婚してしまったことで芸能界を引退することになってしまったのだ。 周囲の反対を押し切って元旦那と結婚したのだが、不倫の末の略奪結婚だったためにかなり疑問の声が上がっていたのだとか。 2人は、1973年に出会ったわけだがその時は元夫の入川保則は妻と子供がいる身分だった。 それにも関わらず、ホーンユキは入川保則と同棲を始めてしまって相当批判の声が上がっていたようだ。 そのため、結婚生活は最初の方は子供3人にも恵まれて上手くいっていたのだが入川保則の俳優としての人気が落ちて仕事がなくなってきてから暴力を振るうようになってしまった。 ホーンユキが子育てに追われていると、旦那の入川保則は怒ってしまい監禁状態になってしまう始末だったためかなり結婚生活後半は精神的に辛い時期だった。 そしてある日、意識を失ったホーンユキは3階のベランダから転落して長期入院をすることになってしまった。 そして、それをきっかけに離婚を決意したのだった。 【スポンサードリンク】 現在は思ったよりも幸せ!? ホーンユキが現在警備員をしているのは、旦那がいなくなって3人の子供を養っていくために始めた。 しかし、現在の様子をインタビューしてみると警備員の仕事を正社員として始めてから8年ぐらい経つが結構自分に合っているらしい。 同じ場所でずっと警備員をやっていると、いつも通りかかる人たちが成長していくのを見ることができるため意外と楽しんでやっているようなのだ。 そして、6年ほど前に再婚して旦那さんができたことを示唆していた。 子供も現在は成長して孫ができるぐらいにもなっているので、ホーンユキの現在は昔に比べると穏やかで幸せだと言えるのではないだろうか。 それは、昔の壮絶な過去があったからこそ現在の姿があるわけなので辛い経験はムダではなかったのかもしれない。

次の

ザ・シュークリームの「ホーン・ユキ」警備の仕事で月収100万円

ホーン ユキ

ただ太っていただけ(笑)。 でも、30歳で長男を出産した時は自分でもさすがにビックリしました。 母乳でパンパンになった胸の大きさを見て、産院の先生に「ドッジボールみたいだね!」と大笑いされたくらいです。 次男出産後は、大きさは落ち着いてきたものの母乳は大量に出ていました。 そんな時、時代劇のオファーをいただき、スタジオも家に近く、収録も数時間とのことでお受けしました。 内容は、露口茂さんとの濡れ場。 肌襦袢1枚で出番を待っていると、どんどん時間が押していって、ついには胸がパンパンに。 そして許容量を超えたのか、おっぱいがあふれてきちゃったんです。 襦袢も、借りたタオルも、露口さんと入っていた布団もビッショビショ(笑)。 スタジオはおっぱい臭が充満して、みんなで「こんなにおっぱいくさいスタジオは初めて!」と笑いながら演じましたね。 その友人とはなんと、79年に結婚するや「不倫略奪婚」と騒がれた当時の夫・入川保則の前妻だったという。 結婚願望が強かった28歳の頃、誰かれかまわず「お嫁さんにして」と軽口を叩いていて、同じことを入川さんに言うとその翌日に彼、家を出て来ちゃったんです。 前妻さんとはすぐ離婚が成立し、「返さないでよ」と言われました(笑)。 私も責任を感じましたし、家族の反対を押し切り、駆け落ち同然で結婚。 落ち着いた頃に週刊誌がやって来たんです。 だから先妻さんとの関係は良好。 私と長男、入川さん、先妻さんとその子供2人で、「オールスター家族対抗歌合戦」(フジテレビ系)に出演したこともあります。 そんなふうに、純粋な愛情より責任感が勝った結婚でしたから、悩みも多かったですね。 結婚当初、若い女の子を家に連れて来たりしてたんですよ。 私が怒ると、「何で怒るんだ? 俺がいかに外でモテているか見せたいだけなのに」と、悪びれずに言うような男性ですから(笑)。 さらに、阪神・淡路大震災の被災や義母の介護、子供たちの学校の問題から夫婦ゲンカに発展することも多くなり、83年に離婚しましたが、子供たちは明るく元気なので、親はダメでも子は育ちますね。 それにね、私は今の私が嫌いじゃないんです。 今までの経験、全て積み重ねた過去もひっくるめた私が、ね。 現在は、16年1月にガードマンの仕事を辞めて、8月にもそれまで組んでいたユニットを辞めて、1人で定期的にスクリーンライブをやっています。 「風と共に去りぬ」や「ローマの休日」などの映画を流し、ストーリーテラーを担当しつつ、合間に映画に合わせた「愛の讃歌」や「監獄ロック」などを流して、映画の筋に合わせた歌詞に変えて歌っています。 忙しいけど充実していますよ。 80歳までは突っ走りたいですね。

次の