知見 を 広げる。 「知見」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「知見」の意味と使い方・読み方・例文・類語・「見識」との違い

知見 を 広げる

ビジネスにおいて、よく耳にする言葉の一つに「知見」があります。 特に物事を説明する際や自分の考えを述べる際に使用することが多いのではないでしょうか。 しかしながら、この「知見」という言葉は若干とっつきにくいことがあり、使うことを避けていられるようにもみえます。 ただ、この言葉がビジネスの場で頻繁に使用されていることは紛れもない事実、この機会に「知見」がどのような言葉なのかを知り、活用できるようにしてみましょう。 主にビジネスの場で使用される言葉! 「知見」という言葉は、プライベートの場で使われることは少なく、ビジネスの場で使用されることの多い単語です。 そのため、一般的には読み方を知らない方も見受けられます。 そこで、まずはこの言葉の読み方をから学んでいきましょう。 「知見」という熟語は「知」と「見」という漢字が組み合わさった言葉で、両方の字を音読みにして「ちけん」と読みます。 後で詳しく説明しますが、この「知見」という言葉は、文語ではなく口語で使用される機会が多く、案外どのような漢字で書くのかを知らない人も多くいます。 しかしながら、冒頭でも書いたように、ビジネスの場においては登場する機会が多い言葉です。 この機会に読み方だけではなく「知見」の正しい意味や使い方を実際の使用例を通して覚えてしまいましょう。 「知見」の意味と使い方とは? ここからは、「知見」の意味と使い方について考察していきます。 「知見」の意味とは? この言葉を構成している「知」の字には物事の本質を知るという意味があり、「見」には、物事をみて考えるという意味があります。 とてもシンプルな表現をすると、「見て知る」という意味になります。 つまり、自身の目や体験を通して知識を得る事を意味した熟語になります。 「知見」の使い方とは? 次に、「知見」の使い方を見ていきましょう。 少し堅苦しい説明になりますが、文法的な解釈から入ります。 「知見」は言葉としての分類では名詞となり、文章の中においては主語として使われます。 主語の後には意味・関係を表す格助詞と具体的な動作を示す動詞が続きます。 そのため、一番シンプルな表現でこの言葉を使う場合、「知見を得る。 」といった形になります。 ここでは、「知見」が主語となり、「得る」という行為の対象が格助詞の「を」を使うことによって「知見」であることを表しています。 実際の使われ方では? 実際に使用される場合では、「知見」という言葉の後に「獲得をする」や「拡張をする」、さらには「深める」などが使用されることが多いです。 具体的には「知見を獲得する」(ちけんをかくとくする)という形になります。 実際にどのような使われ方をしているかは、次項の例文を見ていきましょう。 例文を学ぶことで知見の使われ方を知ることができます。 「知見」を使った例文だと何がある? 「知見」という言葉の読み方・意味・文法的な使い方を学びました。 次は、実際にはどのような使われ方をしているかを例文を見て理解していきましょう。 知見を得る 「我々は今回の地震を経て、将来起こりうる更なる大きな被害を防ぐための知見を得た。 」 「知見を得るためにはまず、行動を起こすことが重要とされる。 」 「得る」という言葉から、何かしらの行動を起こした結果、もしくは起こった現象から、今までに持ちえなかった知識や経験を手にしたことが表現されています。 それぞれの例文を見ていきましょう。 第1の例文では、「地震」という経験を通して、その際に体験した苦労や備えの重要性を理解したことが表現されます。 再び同様の災害が起きるときには蓄積した知識や経験を生かした行動を取る事ができるという意味になっています。 また、第2の例文では、行動を通して、獲得した知識こそが「知見」という意味になります。 まずは、行動を起こすことこそが大切であるということを表現しています。 「知見を広げるために、世界190か国を飛び回った。 」 「大学時代の経験は、何もかもが私の知見を広げる刺激的なものだった。 」 「広げる」という言葉を使っていることから、自身の行動を経て、今まで持っていた知識の幅を拡張したことを意味しています。 ちなみに別の表現では、「見聞を広げた」などがあります。 第1の例文の場合、自身が持ち合わせている情報や経験を実際の交流や体験を経て、従来の知識をアップデートしたことを表現しています。 つまり、世界観が拡張していることを表しています。 また、第2の例文に関しては、未開拓の領域をさまざまな人との出会いによって発見し、その知識を吸収したことを表しています。 知見を深める 「彼女は従来の知識はもちろんのこと、今回の研究を通してより知見を深めた。 」 「知見を深めるために、今まで訪れた場所に再度訪問する。 」 「深める」という言葉には、従来あったものを掘り下げていく意味が含まれていることから、「知見を深める」とは、元々持ち合わせていた知識をさらに深堀りしたという表現になります。 この例文の場合、従来持ち合わせていた知識の深度を、研究や訪問を通じて高めたことを表しています。 「知見を深める」という表現をみた場合、「知見」という言葉には、知識だけの意味合いではなく、行動を経て得た「経験」が含まれていることがわかります。 知見の後に続く言葉で意味合いが変わる! 「知見」という言葉の後に続く「得る」「広げる」「深める」のそれぞれが持つ意味合いの違いによって、その意味合いが変わってきます。 より理解を深めるために「知見」に続く言葉を時系列でみてみましょう。 まずは「知見を得る」ことから始まります。 スタートラインに立つための知識を獲得する行動を指します。 次に「知見を広げる」ことになります。 自身の世界観を広げる方向、つまり横軸に向けての行動と言えます。 そして「知見を深める」ことをします。 こちらは自身の世界観を深める行動であることから、縦軸を意識した行動になります。 「知見」の類語だと何がある? 「知見」という言葉が持つ意味や使用方法を学んできました。 他にも同じような使われ方をしている言葉がいくつかあります。 ここでは、「知見」に意味内容が近い言葉を紹介しますので、ぜひ役立ててみてください。 「知見」を英語訳した場合の単語は多くあります。 ・Knowledge ・Finding s ・Expertise ・Insight 他にもまだまだありそうですが、「知見」という言葉から代表的な4つの単語を選んでみました。 それぞれの言葉が持つ意味としては、「Knowledge」が知識や知恵、「Finding」が発見、「Expertise」は専門家の見解を指し、「Insight」は物事を見抜く力を指しています。 これらの英単語からみると、「知見」には、単純に知識だけでなく、何らかの事実・意見を発見をする行動や物事を見抜く力が含まれていることがわかります。 「知見」を英訳するときに気を付ける事とは? 「知見」という言葉を英訳した場合に、意味の近い4つの単語があることが分かりました。 英語としての「知見」をビジネスで使用する際には、自分がどのような意味で「知見」を使っているかを的確に把握し、その文脈や背景に配慮した形で用いることが求められます。 もし、時間に余裕があるのならば、実際に「知見」が意味している意味を文脈から把握し、適切な内容に訳せば大丈夫でしょう。 「知見」と「経験・見識」の違いとは? ここまで「知見」という言葉が持つ意味や使い方を説明してきましたが、似た言葉との違いをお伝えしていきます。 類語との違いをみることで、「知見」という言葉の意味などを、より深く理解することができます。 経験 「知見」と「経験」は似た意味を持っています。 「知見」には、見て知った知識を得るための体験が必要という意味を含んでいるからです。 そういった行動によって得た知識や技能など。 といった2つの意味を持っています。 違いとしては「知識」に重きを置くか、「行動」に重きを置くかで、「知見」と「経験」の使い分けができます。 「知見」は見て知った知識に重要性がありますが、「経験」には、実際の行動自体に意味があります。 使い分ける事によって真に伝えたい内容をはっきりとさせる事ができます。 見識 「知見」という言葉の意味内容や使用方法についてみてきました。 知見は短い言葉ですが、実に多くの意味が含まれていることが分かりました。 「知見」を使いこなすことによって、どのようなメリットがあるかを最後に説明していきます。 まずは「知見」という言葉によって、自分自身の行動や学習を積極的に行うことができるメリットがあります。 より深く自覚して行動や学習ができるので、物事に対する理解が深まるということです。 まさに「知見を得て・広めて・深める」と言えます。 「知見」という言葉で人生を自覚して生きることができます。 より楽しく、有意義な人生の打一歩として「知見」を使いこなしてみましょう。 一歩進んだビジネス展開へ! ビジネス上も「知見」を使いこなしてみましょう。 使いこなすことによって、自分自身の言葉に重みを増すことが可能になります。 ビジネスでは物事を説明する際、根拠となるデータが必要です。 もちろん、数値で示すことができれば越したことはないのですが、なかなか難しいのが現実です。 そういった場合には「私の知見から」という言葉を付け加えてみましょう。 相手が受ける印象が格段に良くなります。 「知見」という言葉は硬い表現と捉えられがちな言葉でありますが、覚えておけばビジネスでも活用できることは間違いありません。 ぜひ、知見を広げる活動や深める活動に積極的に取り組んでみてください。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「知見」の意味や使い方|「知識/見識」等の類語との違いや例文

知見 を 広げる

「知見」の意味とは?読み方は? 実際に見て知ることや、知った知識 「知見」とは、実際に見て知ることや、見て知った知識のことを指します。 「知る」と「見る」という漢字が使われているので、そのままの意味です。 また、仏教の用語にも「知見」という言葉があります。 仏教用語では、仏教の考え方をもとに物事を正しく認識することを指しており、この認識できる能力があると煩悩を消滅できるとされています。 「知見」の読み方は「ちけん」 「知見」の読み方は「ちけん」です。 「見」という字は、「発見(はっけん)」のように音読みで「けん」と読みます。 名前でも「知見」という名字があります。 名字の「知見」の読み方は、「ちけん」の人もいれば、「ちみ」と読む人もいます。 「知見」と、類語や似ている言葉との違い 「知見」には、意味の似ている類語が多く存在します。 ここでは、代表的な類語との違いや使い分けについて紹介します。 「知見」と「知識」の違い 「知識」とは知っていることや、理解していることを指します。 これに対し、「知見」の意味は、「見て知った知識」です。 「知識」には、自分が経験したことだけでなく、本で読んだことや、人から聞いたことも含まれます。 しかし、「知見」は、あくまでも自分が見たり、経験して知った知識を指します。 つまり「知見」は、幅広くある「知識」の一部です。 「知見」と「見識」の違い 「見識」とは、物事の本質を見通すことができる、優れた判断力を指す言葉です。 判断力だけでなく、本質をしっかりと知ったうえで、それに基づいた考えのことも指します。 「知見」はあくまでも「見て知った知識」を指しますが、「見識」は見ることで本質を見通し、判断し、導き出した考えのことを指します。 「見識」の方が、より専門的で、優れた力を持っているときに使う言葉です。 例文を紹介します。 私は今回の仕事で知見を得られた 意味「今回やった仕事や経験で、知識が増えた。 彼は科学的な見識をお持ちの方です。 意味「彼は科学的な本質を知っており、素晴らしい判断力を持っている人だ。 」 「知見」と「経験」の違い 「経験」は実際にやってみたことや、そこから得た知識や技術のことを言います。 「知見」も「経験したことから得た知識」を指しますので、かなり似ている言葉です。 使い方の違いとしては、「経験」の方が、やってみたことそのものについて使うことが多く、「知見」の方が、得た知識について話すことが多いです。 「知見」と「ノウハウ」の違い 「ノウハウ」とは、何かをするのに必要な知識や技能のことを言います。 「知見」の類語ではありませんが、どちらも「知識」を指す言葉です。 ノウハウを提供している人の多くが、「実際に見て知った知識」を「ノウハウ」として提供しているので、混同しやすいでしょう。 「ノウハウ」は、「他人に伝えることで、聞いた人が、やり方がわかるようになる」知識を指すことが多く、伝わりやすいように体系化されたものを指すことが多いです。 これに対して「知見」は、あくまでも見て知った知識です。 一般的には、他人に伝えることや、体系化することを想定していない知識について使う言葉です。 「知見」の使い方と例文 「知見がある」「知見がない」は正しい使い方 「知見」は名詞です。 「知見」を主語として「知見がある」「知見がない」という使い方は正しい使い方です。 ただし、知識というのは、あるかないかを白黒はっきりとさせるのが難しいことも多いため、「知見がある」「知見がない」よりも、「知見を深める」のような使い方をすることが多いです。 わが社には、長年培ってきた実績と知見があります。 私には知見がないので、その質問には答えられません。 「知見を深める」「知見が広まる」はよく利用される 「知見」は、「知見を深める」「知見が広まる」という使い方をすることが多いです。 このほかにも、「知見を得る」「知見を共有する」などの使い方があります。 繰り返し体験することで、知見を深めようと思います。 海外留学をしたことで、知見が広まった。 このたびは、知見を得られる素晴らしい機会をいただき、感謝しております。 今回の知見を共有する勉強会を開きたい。 まとめ 「知見」とは、「実際に見て知ることや、知った知識」を指す言葉です。 「知識」「見識」「経験」など、似ている言葉は多くありますが、「実際に見て知った知識」であることを強調して話すときに使われることが多いです。 「知見を深める」や「知見が広まる」と使われることが多いので、機会があれば使ってみてはいかがでしょうか。

次の

「見識を広げる」とは?意味や使い方を解説

知見 を 広げる

知見に続く言葉は何が正しいのか、意味とあわせて解説していきましょう。 いきなりですが、• お答えするような知見はもっていない• コメントできる知見はもっていない• 知見がないので知見がないと言っている• それにお答えする知見がない こんな禅問答のようなコメント、ご存知でしょうか? これは、 2018年のある政治家のコメントです。 当時話題になったので耳にしたことがある人もいらっしゃるかもしれません。 さて、このような禅問答のようなコメントとしても使われている 知見という言葉、 はたしてどのような意味があるのでしょう。 わかっているようで深くは知らない 知見について、• 使い方• 類語 を詳しく解説していきたいと思います。 類語を知ることで、逆に知見の理解が深まりますよ。 知識知見と似たように、• 知識がない• 知識を得る という使い方もされます。 ですが、 知識は、(勉強などによって得られた)物事について 知っていることを意味します。 つまり、 知見との違いは、 知っている内容が、 実際に行なった経験でなくとも良い という点です。 知恵がない• 知恵を得る という使い方もされますね。 この 知恵の意味は、物事の道理や筋道がわかり、 処理や判断をする能力のことです。 知見は経験して得た知識ですが、 知恵となると、さらに、 判断する能力をもっていることになります。 理解こちらも• 理解がない• 理解を得る という使い方もされます。 この 理解の意味は、 物事の筋道・道理・理由を知ること、意味・内容を飲み込むことです。 知見と違い、 実際に経験する、目で見るといったことは必要ありません。 見識を深める• 見識を広める という知見と似た使い方があります。 この 見識の意味は、 物事の本質を見透かすことができる判断力のこと を言います。 意味を見ると、 知見とは別物だとわかりますね。

次の