鶏肉 甘酢 炒め。 【あさイチ】鶏肉の甘酢炒めの作り方、ごはんが進む中華料理の陳建一シェフのレシピ(3月31日)

【あさイチ】鶏肉の甘酢炒めの作り方!陳建一さんのレシピ(3月31日)

鶏肉 甘酢 炒め

・ピーマン 15g• ・赤パプリカ 15g• ・しょうが 1かけ• ・長ネギ 25g• ・鶏もも肉 1枚• ・塩 少々• ・こしょう 少々• ・酒 大さじ1• ・溶き卵 大さじ2• ・片栗粉 大さじ3~4• ・赤とうがらし 3~6本• ・花胡椒 小さじ1• (合わせ調味料)• ・酒、水溶き片栗粉 各大さじ1• ・チキンスープの素 大さじ2• ・こしょう 少々• ・カシューナッツ 適量• 1.ピーマン、パプリカ、しょうがを1cm四方に切る。 ネギを斜め切りにする• 2.鶏もも肉に切り込みを入れ、スギ切りをする。 厚みを均一にする。 2cm角に切る• 3.ボウルに鶏肉を入れ、下味をつける。 塩、こしょう、酒、しょうゆを入れてよくもむ。 溶き卵を入れてよく混ぜる。 片栗粉を加えて混ぜ合わせる。 サラダ油を入れて混ぜコーティングする• 4.合わせ調味料を作る。 酢、砂糖、しょうゆ、酒、水溶き片栗粉(同量の水で溶く)、チキンスープ(顆粒チキンスープの素を表示の通りに溶く)、こしょうを入れて混ぜる• 5.フライパンに油を入れ、弱火でとうがらしと花椒を入れて油に色が移るまで炒める• 6.皮を下にして鶏肉を1つずつ並べる。 中火にして焼き色をつける。 ときどき鍋をゆすり、2分間ほど焼く。 パチパチとした音がでたら、火を止めて上下を返し、肉をほぐす。 再び火をつけて炒める• 7.ピーマンと赤パウリかを加えて炒める• 8.しょうが、長ネギを加えて混ぜる• 9.合わせ調味料を混ぜてから鍋に入れる。 一度に入れずに3回に分けて鍋肌に入れていく• 10.カシューナッツとサラダ油少々を入れてさっと炒める• 父は日本に四川料理を伝えた料理人・陳建民。 東京中華学校を経て、高校・大学と玉川学園に学ぶ。 卒業後、父の経営する赤坂四川飯店で修業を始める。 1990年に父の後を継ぎ、民権企業株式会社(四川飯店グループ)社長に就任。 1993年から6年間、テレビ番組『料理の鉄人』に「中華の鉄人」として出演。 2008年「現代の名工」受賞。 2011年日本中華料理協会の会長に就任。

次の

鶏肉となすのあっさり甘酢あん炒め

鶏肉 甘酢 炒め

工程2 鶏もも肉は切り込みを入れ、厚みを均一にし、2センチ角に切る。 酒・塩・こしょう・しょうゆを入れて混ぜ、溶き卵を加えて混ぜ、片栗粉を加えて混ぜる。 さらにサラダ油(大さじ1)を加えて混ぜる。 工程4 フライパンにサラダ油(大さじ2)、赤唐辛子、ホワジャオを入れ、弱火で油に色が移るまで炒める。 鶏肉は皮を下にして、フライパンに1つずつ並べる。 肉には触らないでしっかり焼き色をつける。 ときどき鍋をゆすり、2分間ほど焼く。 肉の縁の色が変わったら上下を返す。 肉をほぐしながら炒める。 工程5 ねぎ、しょうが、ピーマン、パプリカを加え、炒める。 3の合わせ調味料を3回に分けて加え、その都度しっかり炒めて火を通す。 カシューナッツ、サラダ油(少々)を加えて完成。

次の

【あさイチ】陳建一さん『鶏肉の甘酢炒め』の作り方*鉄人直伝!<2020年3月31日>

鶏肉 甘酢 炒め

工程2 鶏もも肉は切り込みを入れ、厚みを均一にし、2センチ角に切る。 酒・塩・こしょう・しょうゆを入れて混ぜ、溶き卵を加えて混ぜ、片栗粉を加えて混ぜる。 さらにサラダ油(大さじ1)を加えて混ぜる。 工程4 フライパンにサラダ油(大さじ2)、赤唐辛子、ホワジャオを入れ、弱火で油に色が移るまで炒める。 鶏肉は皮を下にして、フライパンに1つずつ並べる。 肉には触らないでしっかり焼き色をつける。 ときどき鍋をゆすり、2分間ほど焼く。 肉の縁の色が変わったら上下を返す。 肉をほぐしながら炒める。 工程5 ねぎ、しょうが、ピーマン、パプリカを加え、炒める。 3の合わせ調味料を3回に分けて加え、その都度しっかり炒めて火を通す。 カシューナッツ、サラダ油(少々)を加えて完成。

次の