野毛 食事。 野毛 横浜市のベストグルメ・レストラン

ちょいと一杯がたまらない!ハマの下町「野毛」のおすすめ居酒屋15選

野毛 食事

おっぱいサワー(焼酎とラムネ)• バージンサワー(焼酎と炭酸とシロップ)• 熟女サワー(焼酎と炭酸とシロップ) 看板メニューの「毛沢東餃子」は、ニンニクたっぷりでパンチの効いた味わい。 11時から営業しているので、昼間から一杯飲める貴重なお店です。 三陽 本店の店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区野毛町1-36 アクセス :JR桜木町駅から徒歩3分 電話番号 : 045-231-0943 営業時間 : 月-木曜日11:00-23:30 金-土曜日11:00-24:00 日曜日 11:00-22:00 予算:2000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 5. 魚と酒 はなたれ野毛本店 魚だけでなく、使用する野菜も三浦産など地場野菜にこだわっています。 常時30種類以上用意されている日本酒は、540円均一なので、その日の料理に合わせて一番うまい酒を楽しんでみましょう。 また毎月11日は「はなたれの日」として、なんとドリンクが全品半額になります。 魚と酒 はなたれ野毛本店の店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区花咲町1-4-1 ベルメゾン桜木1F アクセス : JR桜木町駅から徒歩5分 電話番号 : 045-243-2911 050-5269-7250(予約専用) 定休日 : 無休 営業時間 : 月-金曜日17:00-24:00 土曜日 14:00-24:00 日・祝日 12:00-23:00 予算 : 3000-3500円 禁煙・喫煙 : 予約サイト・口コミ・クーポン : 6. 元祖フライパン酒場・なおじ このお店は鳥取県の特産・大山鶏をふんだんに使用したメニューに定評があります。 大山鶏のおろしポンズ、焼き鳥、油淋鶏など素材を活かした料理は絶品です。 他にも、個性的なスキレット料理が豊富に用意されていて、ワインを味わいながら味わうと良いでしょう。 元祖フライパン酒場 なおじの店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区宮川町2-28-3 アクセス : 横浜市営地下鉄ブルーライン・桜木町駅から 徒歩5分 JR桜木町駅から徒歩6分 電話番号 : 045-298-9208 営業時間 : 月-金曜日17:00-24:00 土日祝日 15:00-24:00 予算 : 3500-4000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 7. 叶家 コース料理も2時間で3200円からの提供とかなりお得! 一品料理も「刺身3点盛り合せ(1,500円)」「7点盛合せ(3,000円)」、ボリューム満点たっぷりの「豚と鶏の西京焼き盛合せ(1000円)」など豊富にあります。 また、ラーメン付の「もつ鍋(1,660円)」も大人気です。 叶家の店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区花咲町1-40 アクセス : JR桜木町駅から徒歩2分 電話番号 : 045-231-3258 定休日 : 月曜日 営業時間 : 火-金曜日17:00-23:00 土曜日 14:00-23:00 日曜日 14:00-22:00 予算 : 4000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 8. 横浜すきずき 水曜日には、メガサイズが並サイズと同じ450円で提供されます。 さらに木曜日なら、焼酎をボトルで注文すれば、もう1本プレゼントという素晴らしい特典があります。 横浜すきずきの店舗情報 住所 : 横浜市中区野毛町2-77-1 アクセス : JR桜木町駅から徒歩5分 電話番号 : 045-231-0088 定休日 :無休 営業時間 : 平日 17:00-24:30 L. 24:00 土 15:30-24:30 L. 24:00 日 13:00-23:30 L. 23:00 祝 16:00-23:30 L. 23:00 予算 : 3000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 9. 酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店 ドリンクは各種サワーが290円と、こちらもリーズナブルで楽しむことができます。 そして、極め付けはこのお店最大のスペシャルメニュー・「ケロリン桶(1,290円)」です。 銭湯などでお馴染みの「ケロリン桶」に、ハイボール・酎ハイ・お茶割りなど注文したドリンクがたっぷり入って運ばれてきます。 これを柄杓でコップに取り分けて呑むスタイルとなります。 もちろん、コップも「ケロリンコップ」で、SNSに投稿すれば大ウケすること間違いなし。 酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店の店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区宮川町3-71 アクセス : JR桜木町駅から徒歩5分 電話番号 : 045-315-5541 定休日 : 無休 営業時間 : 月-金曜日16:00-25:00 土・日曜日13:00-25:00 予算 : 2000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 10. 野毛ホルモンセンター 平日も土日も関係なく15時から営業しているので、昼間からお酒が楽しめます。 しかし嬉しいことに、19時まではハイボール50円(通常は430円)、メガハイボール90円(通常は810円)で飲むことができるのです。 コストパフォーマンス抜群で、明るいうちから爽快な気分になってしまいます。 野毛ホルモンセンターの店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区野毛町1-45 港興産ビル 1F アクセス : 横浜市営地下鉄ブルーライン・桜木町駅から徒歩3分 電話番号 : 045-242-0298 定休日 : なし 営業時間 : 月-金曜日15:00-23:00 土日曜日 15:00-23:30 予算 : 2000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 11. 大黒屋本店 中でもエビやキス、イカなどの海の幸と旬の野菜で揚げる「てんぷらの盛合せ(700円)」は絶品! このお店の看板料理となっています。 全体的に派手な料理は少ないものの、どのメニューを頼んでも満足できること間違いなしです。 雰囲気といい、入りやすさといい、野毛デビューには最適なお店かもしれません。 大黒屋本店の店舗情報 住所 : 045-231-2598 アクセス : JR桜木町駅から徒歩3分 電話番号 : 神奈川県横浜市中区野毛町2-71-4 定休日 : 年末年始・不定休 営業時間 : 月-土曜日15:30-23:00 日曜日15:30-21:00 予算 : 2500円 予約サイト・口コミ・クーポン : 12. 珍獣屋 看板には「和食&漁師料理」の居酒屋と歌っています。 ところが、その下に書いてあるメニューを見てみると、あまりの衝撃に言葉を失ってしまいます。 ゴキブリの唐揚げ(1,280円)• ウーパールーパーの一本揚げ(1,980円)• ワニの手の一本揚げ(3,480円)• ヘビのぶったぎり網焼き(1,280円)• オオグソクムシの丸揚げ(1,980円) 他にもタガメやサソリ、カブトムシ、ピラニアやラクダなど、ショッキングなメニューが盛りだくさん。 気になるお味は、ゴキブリはアーモンド風味、ワニやウーパールーパーは鶏肉に近い食感です。 食後のデザートとして人気の「異物混入プリン(880円)」も見た目のグロさが強烈。 プリンにミルワームとコオロギが乗っていて、そのサクサク感がたまらないと評判です。 ゲテモノ料理を掲げているお店ですが、「ピラニアの刺身」など挑戦しやすいメニューも置いています。 珍味の間に注文して、ゆっくりとお酒を飲みながら胃袋を癒してあげましょう。 値段は決して安いとはいえませんが、話題性は抜群です。 興味があったら一度勇気を出して挑戦してみましょう。 珍獣屋の店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区野毛町1-45 港興産ビル3号館2F アクセス : JR桜木町駅から徒歩5分 電話番号 : 045-260-6805 定休日 : 不定休 営業時間 : 月-金曜日・日曜・祝日17:00-21:00 金-土曜日・祝日前日 17:00-23:00 予算 : 5000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 13. このお店で一番のメガサイズ・「漢気(1,050円)」は、グラスを持ちあげるだけで筋肉痛になりそうなほどの大きさ。 サワーやビール、ハイボールなど好きなドリンクで選択可能なので、ぜひ挑戦してみましょう。 店内は、昭和ノスタルジーを感じさせるレトロな雰囲気で、心地よく飲食を楽しめます。 深夜2時まで営業しているので、ハシゴ酒の〆めや残業帰りの一杯にも最適です。 夢源の店舗情報 住所 : 神奈川県横浜市中区野毛町2-74-1 野毛たべもの横丁内 アクセス :JR桜木町駅から徒歩3分 電話番号 : なし 定休日 : 不定休 営業時間 : 17:00-2:00 予算 : 2000円 予約サイト・口コミ・クーポン: 15. ホッピー仙人 野毛の外れにある都橋商店街は、最もディープなスポットです。 大岡川の川沿いに広がる2階建ての古い建物は、別名「ハーモニカ横丁」。 とても怪しくて近寄りがたい雰囲気があります。 商店街といってもほとんどがスナックや居酒屋で、昼間はゴーストタウンのようですが、夜になると俄然として活気づいてきます。 現在60店舗ほどが営業しており、個性的かつ魅力的なお店がたくさんあります。 どれも500円~で楽しむことができます。 つまみは乾きものが200円均一で、カウンターに設置された箱に自主的に払うシステムになっています。 仙人の人柄に惹かれて、遠方から訪ねてくる人も多い名店です。 ホッピー仙人の店舗情報 住所 : 横浜市中区宮川町1-1-214 都橋ビル2F アクセス : 京急本線 日ノ出町駅より徒歩5分 電話番号 : 045-242-1731 定休日 : 日・祝日 営業時間 : 19:00-22:00 予算 : 1000-2000円 予約サイト・口コミ・クーポン : 野毛には他にも魅力的で面白い居酒屋がたくさんあります。 ハシゴ酒を楽しみながら、お気に入りのお店を開拓してみませんか? はじめてのお店でも、貴方をきっと温かく迎えてくれるはずです。

次の

ちょいと一杯がたまらない!ハマの下町「野毛」のおすすめ居酒屋15選

野毛 食事

センターグリル ともかくオムライスが絶品!桜木町の老舗洋食屋さん 戦後の闇市から出発した歴史ある洋食屋さんで、横浜でオムライスと言えばこのお店です。 ランチは特に人気のメニューが1つのプレートに詰まっているのでオススメ。 どれも高くても1000円程度ですので、気軽に入れます。 ぜひ食べて欲しいのが特製浜ランチ(1250円)。 ふわふわのオムレツの中にケチャップご飯のチキンライスが入ったものと、チキンカツとサラダがついています。 ちなみに普通の浜ランチ(1050円)はオムレツの中身がチキンライスではなく白いご飯です。 定番のハンバーグとスパゲッティイタリアンもランチの時間に注文できるので、ぜひ注文してシェアしてください。 大半のメニューがテイクアウトできるのもこの店の魅力です。 そんな下町の有名お寿司屋さんが秀吉です。 ランチは地元のサラリーマンの胃袋を十分に満足させてくれるボリュームで、値段もどれも1000円くらい。 安い!でかい!美味い!の三拍子そろった秀吉は、一度行くとあまりのコスパの良さに昼も夜も通ってしまう、そんなお寿司屋さん。 ランチの時間から朝の3時頃まで営業しているので、横浜で遊び疲れてお腹が空いた時、いつでも気軽に利用することができます。 ランチで三崎直送まぐろ食べ放題などもやっているので、是非チェックしてみてください。 変わったお店が好きな方にはぜひ行ってほしいお店です。 入ると狭い店内の割にスタッフさんが多いのに驚きます。 そして注文したらすぐ出てくるのにまた驚きます。 ランチは500円から600円で食べられる餃子ご飯やレバニラ炒めご飯といった気軽に注文できる値段の定食から、ラーメンと半チャーハン、半餃子がセットになった「エリート定食」などがあります。 初めての方にはぜひここの店のラーメンと餃子は食べてほしいので、エリート定食をおすすめします。 店内はお世辞にも綺麗とは言えませんが、味は美味しいですよ!入口に毛沢東語録をもじったダシャレが書いてあるので、ぜひ初めて行った方は読んでみてください。 店主の福田さんは、電通勤務の後、家業のこのお店を継がれたのですが、桜木町エリアの大きなフェスティバルの1つである横浜大道芸を作り上げた一人でもあります。 お店は昭和24年創業で、焼き餃子と水餃子は外せません!昼から一杯やるならビールも良いですが、紹興酒もオススメ。 意外なところで肉団子も看板メニューの1つなので、ぜひ味わってみてください。 どれを注文してもサラダバーが食べ放題で、何とスープもライスも、そしてカレーまで食べ放題という気前の良さ。 2人で食べるなら、厚さ5センチはあるんじゃないのかと思う位分厚いリブステーキ800グラム 5,880円 がおすすめです。 食べ放題ももちろん2人前付きです。 ハラミステーキは手軽に食べられる200グラムで1480円。 もちろんサラダやライス、スープ、カレーの食べ放題付きです。 ジャイアント・ミックス・グリル(略してGMG)はステーキとハンバーグとチキンが楽しめて、総肉重量500グラムで2880円。 メニューには「貴方の胃袋に16文キック炸裂」と書いてあって、ジャイアント馬場がキックしてる写真が載っています。 こちらのお店のメニューは肉の仕入れによって変わってくるので、次に行った時には、また別のコスパの良い新メニューが登場しているかもしれませんよ。 毎月、2日、9日、29日はお得なメニューが登場するので、狙っていくのも良いかもしれません。 料理も多すぎず、味はしっかり気を配っています。 地元で大人気の桜木町ハーブスの姉妹店で、いつも店内は女性でいっぱいのお店です。 1枚500円のピザが500円で食べ放題というビックリメニューがあるのですが、これはお通しのような感覚でいたほうが良いでしょう。 食べ終わらないと次が注文できないシステムなので、次のピザが焼きあがって来るまでに結構時間が空きます。 なので、その間は他の食べ物を注文するか、飲むかして、まったり過ごすのがおすすめ。 ドリンクは「こぼれスパークリング」が人気。 ドリンクもほとんどが500円で、明朗会計なのも人気の秘訣なのでしょう。 別に怖い店ではないけれど、女性だけだと入りにくい。 だけど気になってしまうお店。 そんなお店だからこそ、デートで利用してみましょう。 もやしとキャベツの素焼きそばは399円。 豚肉やキムチ、ウインナー、カレーコロッケ、目玉焼きなど、59円から219円のトッピングを好きにチョイスできます。 お店オリジナルの太い麺とソースはどこか懐かしい味わい。 B級グルメ好きにはたまらない味でしょう。 合法ユッケ(加工肉なので合法とのこと)も、ユッケが食べられない今となっては貴重です。 そしてここのもう1つの名物がジャンケンハイボールです。 普通に注文したら大ジョッキのハイボールが699円ですが、ジャンケンに勝ったらタダ、負けたら899円になってしまいます。 運試しにチャレンジしてみてはいかがですか? 昼や夕方にさくっと飲んで次のお店に移ったり、ほろ酔い気分で腹ごなしにちょっと歩いて、みなとみらいの観覧車に乗ったりするのも楽しいですよ。 今回ご紹介したように、野毛地区にはコスパ最強の絶品グルメ店が盛りだくさん!「海辺のレストランでお洒落なランチを…」と仰らず、ぜひデートでも訪れてみてください! 野毛の少し先の坂道を上がると図書館や野毛山動物園もあります。 ランチの後の腹ごなしに野毛山の坂をあがってみるのも良いですよ。

次の

文次郎 野毛店(桜木町 居酒屋)のグルメ情報

野毛 食事

この大きな釜でサツマイモやジャガイモ、卵を蒸かします 「食事の準備で気を付けているのは、動物の種類や1頭ずつの年齢や体調による対応です。 サツマイモを蒸しすぎて柔らかすぎると動物たちが食べにくかったりするので、固さに気を配ったり、飼育員が体調を見て、食べさせる飼料の種類を日々変えたりしているんですよ。 手を使って食べる動物と口を餌箱に近づけて食べる動物、歯がない動物などでカットの仕方も違います。 例えば、エリマキキツネザルは、手を使わずに食べるので、小さくカットする必要があります。 強い子が好きなフルーツをひとり占めしないように、いろんな野菜や果物を混ぜて、いろんなエサ箱に置くなどの工夫もしているんですよ」(矢澤さん) 近隣農家から仕入れた笹の葉を食べるレッサーパンダ 「主に人間と同じ八百屋さんから仕入れています。 私たち飼料室担当のスタッフが予算の中から食材を注文しています。 季節によって値が上がるものがあるので、できるだけ旬のものや安いものを仕入れるのも大事な仕事のひとつ。 柑橘類は年間を通して必要なので、冬は国内産のミカン、春夏秋はオレンジなど、その時期の安いものを選んでいます。 また、キリン、クマ、シカなどは牧草を食べるので、牧草を栽培している農家さんに業者さんを通して注文しています。 動物園ならではの仕入れがあるのは、レッサーパンダやカメの食事。 レッサーパンダは笹の葉を食べるので、笹を育てている農家さんから、カメはハコベや桑の葉などを食べるので、野草を取り扱っている業者さんから仕入れているんですよ」(矢澤さん) 必要な栄養素を粉末にして固めたペレット。 食べる動物の種類によって色も形もさまざまなものを用意しています 「業者さん以外にも、来園者の方から果物を寄付していただくこともあります。 秋には園内にドングリポストが登場するので、多くの方がドングリをプレゼントしてくれるんですよ。 いただいたドングリは釜で蒸して、クマやサルのエサにしています。 ほかに、商品として加工する際に使用しない白菜の外側の葉をくださっている漬物屋さんも。 その葉は、ダチョウやキジ、クジャクなどにあげています。 また、ペレットという固形のエサを常備。 自然災害が起こったときなど、仕入れのルートが途絶えてしまうときに備えて飼料室に保管しているんですよ」(矢澤さん) 一番グルメな動物は? 「いろいろな種類の食材を食べるという意味で、野毛山動物園ではチンパンジーが一番グルメだと思います。 チンパンジーは1日3回の食事プラスおやつタイムがあります。 味の好みが個体によって違うので、メスはニンジンが好きなのに、オスはあまり興味を持たない、なんてことも。 人間と一緒で、同じものばかりだと飽きてしまうので、仕入れのときは予算内でチンパンジーが喜びそうな旬の野菜や果物も発注するように心がけています。 春は新タマネギ、夏にはブドウやマンゴーなど。 新しい食材だと、やっぱりうれしそうですね 笑 」(矢澤さん) 2016年9月生まれのコウタロウも上手に自分で食べています 野毛山動物園では、動物園の台所ツアーを開催 動物たちのエサ事情をもっと詳しく知りたい!という人は、実際に飼料室を見に行くツアーに参加してみてはいかがでしょう。 今回取材させていただいた「野毛山動物園」では、月に2回程度「動物園の台所ツアー」を開催しています。 当日申し込みで所要時間は約20~30分。 普段は見ることができない飼料室に入って、動物たちのエサについてお話が聞けますよ。 また、8月は毎週土日に「ナイトのげやま」を開催。 通常開園時間が16時30分までのところ、20時30分 最終入園は20時 まで開園しています。 涼しい時間帯に活動的になる動物たちもいるので、ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょう。

次の