彼女が欲しい 行動 覚悟。 彼女ができない本当の理由とは?モテない男の3つのタイプ

男性が「二度と浮気しない」と誓った彼女の行動

彼女が欲しい 行動 覚悟

家庭って、第二のビジネスみたいになるよね 既婚者になってわかったことですが、夫婦ってのはビジネスライクな会話が増える関係でもあります。 「将来に向けて月〇万円貯蓄しよう」「保険入っておこうか」「お義父さんって誰が介護するの?」おお、なんという現実路線。 そこにはあの日の夜景もバラの花束も残っていません。 結婚してから、夫婦は「日常」へ組み込まれてしまうのです。 だから既婚女性だって言います。 「ああ、彼氏欲しい」と。 夫のことはスーパーミラクル愛している、けれどアドレナリンがもう出ない。 そういう気持ちは、男女ともに抱えているのです。 けれど日本は不倫を許すまじとする文化が強く、芸能人の「公開処刑」を見ては、一般人たる我々もリスクに怯えているのです。 不倫したいその気持ち、夫婦で話せますか それでも、浮気したい。 全然関係ない相手へアドレナリンを出して、ほっとしたい。 その気持ちを否定はしません。 否定したって、感情は消えないからです。 浮気したいのなら、しょうがない。 それよりもその気持ち、奥様へ話せますか? 「無理」と即答する男性も多いでしょう。 けれど、ちょっと待ってください。 私の元へは「彼氏欲しい」と嘆く既婚女性だって大勢訪れています。 奥様にとって、本当にそれは破滅的な相談なのでしょうか。 対話を恐れるあまり、逃げようとしていませんか。 もちろん、話せば平和には済まないかもしれません。 一度は泣くかもしれないし、不安を抱かせてしまうかもしれません。 それでも「今、こういう気持ちになっている。 愛しているし、ずっと一緒にいたい。 けれど同時に、外で誰かが欲しい。 お互いにどうしたらいいと思う?」と話す勇気を持てるなら、たとえ一時はもめたとしても絆を深めることができるでしょう。 実際に「オープン・リレーションシップ」といって、1970年代のアメリカを起源に、夫婦が外で彼氏・彼女を作ることを許しあう関係が提唱されています。 嘘だと思うなら、facebookで「交際ステータス」を変更してみてください。 そこに「オープンな関係」があるはずです。 そしてときおり、意味をご存じないまま「オープンな関係」を選んでいる方もいらして、ヒヤリとします。 日本でわざわざSNSに表明することはないかもしれませんが、夫婦間で話し合うのも「絶対無理」ではないはずです。 少なくとも、実際に浮気をする前ならば。 それでも無理だと思うなら、覚悟を決めて 「話し合いをすることすら不可能だ、隠れてやるしかない」と結論付けるのも、アリだと思います。 というより、そこまで考えていらっしゃるなら遅かれ早かれ浮気をなさるでしょう。 であれば、絶対にバラさないことがあなたの責任です。 ここからは、具体的に背負う「裏切りの責務」をまとめました。 <それでも浮気を選ぶなら、背負う責務> ・健康 あなたの浮気で奥さんが性病や不妊症のリスクを負うのは言語道断。 万が一そうなれば離婚で済めばまだラッキー。 損害賠償請求が待っているかもしれません。 避妊と性病予防はマストです。 「浮気相手だから生でいいや」ではありません……というか、むしろ逆です。 浮気相手だからこそ、リスクを取ってはいけない のです。 ・相手のマネジメント あなたが知らない間に、浮気相手が奥さまを訪ねたら……そこで結婚生活はメチャメチャになるでしょう。 「私はそういうことしない」と遊びの関係を持った女性が、数か月後には「一番愛してるのは私よね?」と独占欲を滲ませることも珍しくありません。 彼女の暴走を防ぎたいなら、 妻の悪口を彼女へ漏らさないこと。 ましてや「離婚するつもりだ」なんてエイプリルフールでも言わないほうがよいでしょう。 ・証拠隠滅 自分で言うのもなんですが、私は浮気を見つけるのが得意です。 なぜなら 多くの男性は浮気を始める前と後で「変化」を起こすから。 急に携帯をお風呂へもっていくようになった、急に飲み会が増えた、急にシャンプーが変わった……すべて赤信号とみなされます。 浮気をするなら、その数か月前から外出を増やし「家にいないのが当たり前」くらいの前提を作らねばバレます。 すべての行動には、リスクを伴います。 オープン・リレーションシップを相談するのもリスクなら、何もせず不満を募らせるのもリスクです。 そしてもちろん、隠れて浮気することも。 人生は選択の連続ですが、あなたはまだ選択肢の手前にいます。 どのリスクとリターンを得たいか、一度ゆっくり考えてみてください。 どの結末を選ぶにせよ、真剣に選んだ人生なら後悔しないものですから。

次の

看護師彼女が欲しい人必見!看護師との付き合い方と出会い方

彼女が欲しい 行動 覚悟

恋愛をする覚悟を決める 彼女が出来ないという男性は、 「覚悟」が足りていないことが多いです。 「覚悟」にも色々ありますが、彼女を作るためには最低でも、これからお話する2つの覚悟を持ってください。 彼女が出来るまでに傷つく覚悟 恋愛は一人では出来ません。 必ず相手が存在します。 相手が存在する以上、 思い通りにいかないことがあったり、傷つくこともあります。 あなたは、傷つく覚悟を持って、たとえ傷ついても挫けず立ち向かえると胸を張って言う事ができますか? 傷つくのが怖いから女性にアプローチ出来ないという男性がとても多いです。 自分からアクションを起こさなければ、あなたがよほどのイケメンでない限り彼女が出来ることはありません。 モテない男性ほど、 失敗を恐れていることが多いです。 もしアプローチを間違えて嫌われてしまったとしても、挽回することは不可能ではありません。 たとえ告白して振られたとしても、その人と絶対に付き合えなくなるわけではないですし、それで死ぬこともありません。 テレビで誰かが 「死ぬこと以外はかすり傷」だと言っていました。 この考えを持っていれば怖いもの知らずになれるので覚えておいてもらえると良いと思います。 また、日本にはたくさんの女性がいます。 20代の女性だけでも約600万人です。 たとえあなたが好きな女性に振られてしまったとしても、 その女性よりも素敵で、その女性よりもあなたのことを愛してくれる女性が必ずいます。 そう考えると少しは失敗すること対する恐怖も薄れるのではないでしょうか。 気を抜くと、楽な方へ楽な方へ流されてしまう人も多いと思います。 しかし、自分にとって楽な行動というのは、慣れている行動であり、今までやってきた行動でもあります。 それは あなたの現状を変えてくれることはありません。 「彼女が出来ない」というあなたの目の前にある現実は、あなたの行動によって生まれたものです。 その行動を変えない限り、今ある現実が変わることはないのです。 自転車や自動車だって、最初は踏ん張って力を加えないと進み出しませんが、スピードに乗れば後は力を入れなくても勝手に進んでくれますよね。 誰でも、初めてのことや慣れていないことをすると上手くいかないものです。 そこで「やっぱり俺は駄目だ」と諦めてしまうのか、踏ん張って挑戦し続けるのかによって、その後の人生は大きく変わります。 大変なのは最初だけです。 人は慣れる生き物なので、続けていれば誰でも必ず上手く出来るようになります。 これは恋愛においても同じです。 努力し続ければ、必ず結果はついてくるので覚悟を持ってください。 結果には必ず原因があります。 彼女が出来ないという現実があるのであれば、必ず何かしらの理由があるので、それを明確にしていきましょう。 どんな彼女が欲しいのか まず、あなたはどんな女性を彼女にしたいと思っていますか? 何か物事を成功させようと思ったら、具体的な目標を持つことが不可欠です。 漠然としたイメージしか持っていなければ、 具体的に何をしていけば良いのか分からず、努力しても空回りしてしまったり、前に進めなくなってしまったりしますからね。 日頃から漠然とした理想像は持っている方も多いかもしれませんが、一度紙に書くなどして、具体的にイメージできるようにしてみてください。 携帯のメモ帳を使っても良いでしょう。 今のあなたに彼女が出来ない理由として、• 理想が高すぎて彼女が出来ない• そもそも女性を好きになったことがない• 女性に対してアプローチが出来ていない• 彼女にしたい女性が周りにいない などの可能性が考えられます。 自分がどんな女性を彼女にしたいのかを明確にしてみることで、自分が どの理由で彼女が出来ないのかが分かると思います。 自分はどんな人間か 次に、今のあなたはどのような人物なのかを把握してください。 ここも大事な部分ですので、長所も短所も全て紙などに書き出すことをオススメします。 どちらかというと物静かな方• 明るく元気でよく人を笑わせている• 世話好きで面倒見が良い• 恋愛下手で女性と上手く話せない など、思いつく限りの自分を書き出してみてください。 学校や会社での自分、家での自分、友達の前での自分など、 場面ごとに考えてみると良いです。 すると、自分の直すべき部分が明確になるはずです。 1つ前のステップで、どんな女性を彼女にしたいのかをイメージしてもらったので、以下の質問を自問自答してみてください。 今のあなたは、その女性にふさわしい男だといえるでしょうか?• 今のあなたは、その女性から 好かれる要素を持っていますか?• 今のあなたは、その女性と付き合って 幸せにする事ができるでしょうか? ここまで考えてもらえれば、かなり現実と向き合う事ができるでしょう。 もし上の質問に自信を持ってYESと答えられる人は、あとは出会いさえ増やせば彼女を作る事ができるはずです。 逆に上の質問に、自信を持ってYESと答えられないという人は、• 自分の理想を下げて妥協するか• 自分を磨いて理想の女性にふさわしい男になるか、 のどちらかを選択する必要があります。 もちろん、妥協するという選択肢を選ばれてもあなたの人生なので否定するつもりはありませんが、僕は 自分を磨いて好きな女性を彼女に出来るようになる方をオススメします。 ここまできたら、あとはやることが明確です。 今の自分がどんな人間なのかは既に書き出してもらったので、その中で直すべき点や向上させるべき点を少しずつ改善していけば良いのです。 例えば、• 表情が乏しいのであれば、笑顔やオーバーリアクションを心がける• 普段声が小さいのであれば、お腹から少し大きめの声を出すように心がける• 自分から話しかけることが少ないのであれば、積極的に話すようにする• 見た目が良くないのであれば、髪型や眉毛・服装を整えて雰囲気を良くする• 太っているのであれば、ダイエットをして体を絞る• 女性慣れしていないのであれば、女性との接点を増やして交友関係を広める といった感じです。 人によっては改善するのが難しい、時間がかかりそうだと思うものもあると思います。 人は急には変わることが出来ませんが、自分が直すべき点を 常に意識しておくことで少しずつ改善していくことは必ず出来ます。 欠点を完璧になくす必要はありません。 完璧すぎる人は逆に周りから敬遠されがちですので、 弱みはあっていいんです。 しかし、あまりにも欠点が多すぎたり致命的な欠点があると、恋愛対象に見てもらえない可能性が高くなってしまいます。 そういった部分は直していく必要があるということですね。 「今よりも少しでも良くなる」ということを常に念頭に置いておいてもらえれば、少しずつ自分を磨いていく事ができますよ。 中高生の場合、大学生の場合、社会人の場合で大きくライフスタイルが違うと思うので別々に解説します。 あなたの状況に応じてどのような出会いの増やし方をすれば良いのか参考にしてくださいませ。 中高校生の場合 まず男女問わずたくさん友達がいるという人は、今いる女友達の中で彼女にしたい人がいるのかどうかを明確にする必要がありますね。 恋愛対象になる人がいないのであれば、友達から 女友達を紹介してもらったり、合コンを開いたりして新しい出会いを増やしていきましょう。 そして、すでに友達の中に彼女にしたい女性がいるのであれば、その女性と 関わる回数を積極的に増やすことから初めて、徐々に 特別扱いするなど異性としてのアプローチを行っていくと良いです。 中学や高校のように長期間グループのメンバーが変わらない 閉鎖的な環境の場合、恋愛は相手と自分だけの問題でなく、 周りの影響がかなり大きくなってきます。 周りからの評価が高い人ほど女性からモテます。 周りからの評価が低い人や影の薄い人ほど女性から好かれにくくなってしまいます。 なので同じ学校内での友達を出来るだけ増やして、周りからの評価を高めていくことが、彼女を作るために 最も賢いやり方だといえるでしょう。 大学生の場合 多くの場合は、中高の時のように同じメンバーで講義を受けることは少ないかもしれません。 大学で交友関係を広めるのに一番良いのはやっぱり サークルです。 これから大学生になる人という人は、まず色んなサークルの 新歓(新入生歓迎イベントなど)に参加し、どのサークルにどんな人がいて、どんな活動をしているのか、自分はそこでやっていけそうかなどを 十分に吟味してください。 出会いを増やすという意味では、可能であれば複数のサークルに所属すると良いですね。 恋愛ベタな人ほど女性と接する経験が少ない傾向があるので、そんな人ほど 女性と関わる機会を意識的に増やしていってください。 サークルに参加していない人は、友達に別の友達を紹介してもらったり、友達が所属しているサークルに途中から参加するのもアリですね。 社会人の場合 社会人の方は一度自分のライフスタイルを振り返ってみることをオススメします。 自分の生活の中で、どれだけ女性と接することがあるか、どれだけ新しい出会いがあるかが重要です。 例えば、家と会社の往復だけで1日が終わってしまい、週末の休みも人とあまり会わないという人は、何かしら 出会いを生むイベントやサービスなどに参加する必要があります。 合コンに誘ってもらったり主催する• 街コンなどのパーティーに参加する• 出会い系サイトやマッチングアプリを使う など、今は色々便利なサービスがあるので、出会いはいくらでも作り出す事ができます。 こういったサービスを使って女性と接する機会を増やすことで、彼女が出来ることへとつながります。 師匠から教わった恋愛理論と自らの経験を元にした情報を配信しています。 ここ数年、読者の方から頂く喜びの報告メールがモチベーションになっています。 いつもありがとうございます。 サリキャン 飲み屋で働いていた経験を活かし、どんな男性が女性に好かれるのか、付き合いたいと思われるのか、女性目線から本音で記事を書いています。 ebizo 瀬上さんと同じ師匠のもとで学んでいる30代男性。 おじさんと呼ばれる年代の男が、どうすれば若くてかわいい女性から好かれることができるのかを考察していきます。 新着記事.

次の

彼女が欲しいのに出来ない男性が最初にすべき4つのこと

彼女が欲しい 行動 覚悟

自分が本命彼女なのかどうか、いまいち不安な時ってありますよね。 『一緒にいても愛情が感じられない』『何となく冷たい・素っ気ない』『他の女の影を感じる』など、こういうことがあると『果たして本命彼女なのか?』と疑ってしまうでしょう。 このように、パートナーの気持ちが分からなくなると居ても立っても居られないかと思いますが、自分が本命彼女かどうかは、パートナーの態度や行動から確かめることができます。 男性は、本命彼女と遊びとでは心理的に違いが出るものです。 またそれは、どうやっても隠しきれるものではありません。 どうでもいい女には頑張れないのが男性ですし、そういうのは態度や行動によって表れます。 従って以下で紹介する男性の態度や行動から、自分は本命彼女だと思えたのならば心配いりません。 『愛情を感じない』『素っ気ない・冷たいと感じる』『女の影がある』などは本命かを判断する上では曖昧ですから、そうではなく普段の態度や行動から本心を見極めましょう。 男性が本命彼女にとる態度 以下3つの態度が全てあったらあなたは本命彼女だと思ってほぼOKですよ。 また3つ全てなくても、1つでも確実にあるようならばやはり本命彼女の可能性が高いです。 というのも以下で紹介する男性の態度は、『どうでもいい女には湧かない感情』だからです。 嫉妬心や束縛感情がある 『嫉妬心や束縛感情がある』これがあるようならば本命彼女の可能性が高いです。 というのも男性は、一度関係を持った女性がどうでもいい場合、その人が他の男性と話そうがデートしようが、体の関係を持とうが気になりません。 これは心理的に言うと『体の関係=ゴールだった』ということです。 だからこそそれ以上の感情はなく、嫉妬心などの態度をとることもないのです。 一方でそれが本命彼女の場合、『関係を持つ=ゴール』ではないですし、当然その後も『自分だけのもの』として保有していたくなります。 そのため他の男性と関わったりすると、嫉妬などの感情を露骨に態度に出すこともある訳です。 また態度には出さなくても、 ポイント ・パートナーの態度を見極めよう 優しいだけでなく自己主張をきちんとする 『優しいだけでなく自己主張をきちんとする』これも本命彼女に取る態度です。 自己主張とは、簡単に言うと『好きなものは好き』『嫌いなものは嫌い』とはっきりしていることです。 女性はパートナーがこういう態度だと不満かもしれません。 例えば豪華なプレゼントが欲しいと言っても、『そんなの必要ないでしょ』と一蹴されることもあるでしょう。 こういうことがあると『愛情がない』と感じるかもしれませんが、むしろこれは、本命彼女にこそ見せる態度です。 というのも、何でもかんでも受け入れるようならば、それは愛情ではなく『都合良く扱いたいから』です。 先のことなんて考えておらず、その場だけ楽しければいい遊びの女だからこそ優しくするのです。 男性も本気だと未来を考えますから、そうなれば何でもありという訳にはいかず、意見が合わない時にはぶつかってでも乗り越える努力をします。 ですから、あなたが思い通りにならないことがあってもしっかり自分を主張してくるようならば、本命の彼女として扱われている可能性が高いですよ。 なのでそういう時には、あなたも負けじと自分の思いをぶつけるべきです。 そうやってぶつかり合いながらも継続できているのならば、お互いに本命と言えるのでは? このように、『嫌だな』と思うような態度でも、本命の彼女にだからこそということもありますので、冷静に彼の態度を分析してみましょう。 ・トラブルに巻き込まれた時に対処してくれる ・落ち込んでいる時に励ましてくれる ・他の男を追い払う ・経済的に支える覚悟がある など、こういう態度があったらあなたは本命彼女かもしれません。 男性は遊びの女に対しては、とにかく面倒なことはしたがりません。 むしろはっきり言えば、楽しめればそれでOKです。 例えば、遊びの女が落ち込んでいたらしばらく会わないかそのまま終了にする程度です。 ですから、あなたに対して根気が良い態度が見られるのならば、本命であると捉えてほぼ間違いありません。 これは『大切だから何とかしてあげたい』という心理なので、それが見られたらよほどのお人好し男性でない限りは本命です。 このように、『あなたが大変な時にどんな態度か』『男性としての覚悟があるか』などから見極めることも大切なので、冷静に判断してみましょう。 ・彼女とここに行ったら楽しそう ・彼女とこの場所に行きたい ・彼女とこんな時間を過ごしたい と考えワクワクします。 つまりこの行動は、『彼女のため』というよりも『そうすることで自分が幸せになれるから』です。 なので、凝ったデートを考えるという行動は、本命彼女にしかしないことです。 これが遊びの相手だったら、はっきり言ってデートなんてどうでもいいのです。 もちろん中には『遊びでもデートという形を楽しみたい』という男性もいますが、一般的には関係が持てればいいので、例えば平日の夜に軽く食事をしてそのまま自宅に行くとかこんな流れになるはずです。 ですから、本命かを判断する行動として、デートの質は意識してみましょう。 『どう考えても安く済まされている』『いつも近所』『自宅集合』などのように行動的じゃない場合には、疑った方がいいです。 『本命彼女とは積極的に1日を楽しみたい』『その上ですることはしたい』これが男性の本音ですから、その辺から判断すると分かりやすいかもしれません。 ポイント ・行動的なデートならば本命彼女 自分自身や将来についての話が頻繁に出る 男性自身や将来、現在の目標などの話が頻繁に出るようならば本命率が高いです。 というのも、こういう言動ってどうでもいい相手にはしないものです。 そもそもこの話題自体が、『他人にとってはどうでもいいこと』ですよね。 その人が『これからどんな風に生きたい』『どんな目標を持っている』なんて聞かされても迷惑なだけでしょう。 またこれが、迷惑行動になることはたいていの人は分かっています。 ですから、その上で話すようならば『本命彼女には知っておいてほしい』『共感や応援をしてもらいたい』と考えている可能性があります。 というのも、例えば現在の目標を話してみて無関心だった場合、『この女性とは価値観が違うようだ』と感じるかもしれないですよね。 あなたも、自分が大切にしていることを彼氏に伝えた結果反応が薄かったら、『違うな』と思うのでは? なので、自分自身について話すという行動は、本命彼女に対するものですよ。 このような、将来などに対する考え方が合うかどうかは交際を続ける上でとても重要になりますから、それを確認する男性は多いものです。 ですからそういう言動があった時には、あなたも本音で対応しましょう。 そうすることで、次のステージに進めます。 ポイント ・将来や目標について語ったら本命 喜ばせたい一方で無理をしない 本命彼女のことは喜ばせたいのが男性の心理です。 一方で、『自分の限界を超えてまで喜ばせようとはしない』のも、本命彼女に対する行動です。 例えば『彼女の誕生日に店を貸切る』これができるのは一握りの男性だけですよね。 一方で、どんな男性でも頑張れば不可能ではありません。 ただし本命彼女に対しては、たいていの場合こんなことはしないものです。 理由は『継続することが難しいから』です。 つまり、頑張ってそれをしてしまうと『その行動が当たり前になる』可能性がありますし、無理をした自分を受け入れることにもなります。 それでは真剣交際なんて続きませんから、どんなに喜ばせたくてもできないことには正直な訳です。 男は本命だと、最初の段階から先のことまで考えて行動しますから、もしかしたら地味に感じる場合もあるかもしれません。 しかし男性としては、落とすために派手な行動をしてしまうと『交際してからもたない』が本音です。 なので、『交際までのデートの段階で現実的だったらむしろ本命』こんな判断基準もありますよ。 それに遊びならば、短期決戦ですからむしろ派手な演出をするとかこんな場合もあります。 ですから、『喜ばせたい気持ちはあるようだ』と感じつつも無理をし過ぎないようならば、本命彼女だと考えていいかもです。 男性は本命彼女相手だとやや感情的になる 男性は、本命彼女相手だとやや感情的になる傾向があります。 普段は冷静な態度でも、彼女が危機的状況に陥ったり恋敵が現れた時には理性が利かずに感情を剥き出しにする人もいますので、それも判断材料の一つですね。 例えば実際の例として、大地震が起こった時に『普段は私に無関心の彼が焦って電話してきて気持ちを感じた』という話はよく耳にしました。 他にも、遊びの女ならば他の男に取られそうになっても気にしなかったり、あるいは都合良く続けたいのならばその時だけ優しくしたりする程度です。 しかしながら本命彼女の場合、ムキになってその男を追い払おうとしたり、彼女に注意をしたりするなどこんな事もあります。 このように、男性は本命彼女相手には、程度に個人差はあるにせよ感情的になる傾向があります。 ですから、そういう行動や態度が確認できたのならば『私は本命』と安心していいでしょう。 男性は本命彼女相手だと現実的になる また男性は、本命彼女相手だと現実的になることも多いです。 やはり『結婚を視野に入れているかどうか』で態度や行動も変わってきますから、視野に入れている場合には現実的な行動になります。 単なる遊びならば毎回のデートにそれなりのお金をかけるかもしれません。 なぜなら、『不要になったら切ってしまえばいいから』です。 しかしながら、本命として結婚まで考えている場合、『長く続けられないやり方』はしないですよね。 ですから、最初のうちこそ背伸びしたデートだったとしても、時間と共に現実的になっているようならば本命彼女かもしれません。 男性は特に、交際で無理をしたくないと考えます。 そういうのは態度や行動に現れやすいので、その辺を見極めてみるといいかもですよ。 男性の、本命と遊びを簡単に見分けるポイント 本命か遊びかを簡単に見分けるためには、関係を持った後の態度を分析することです。 男性にとってそこは一つの『達成地点』ですが、本命と遊びとでその後の態度や行動が変わってきます。 極端に言うと『遊び=そこがゴール・その後は都合良く』です。 そのため、デート内容が今までと激変して雑になったり連絡が減ったりもします。 一方で本命の場合、達成地点ではありますが通過点でもあります。 つまり『ゴールではない』のです。 もちろん気持ちがあるためそういうことはしたいですし、男性はそもそも、『アリな女性』とは取りあえずしたいという本能を持っています。 ですが本命の場合、達成地点に到達したからといってその後手を抜いたりはしません。 理由は気持ちがあるからです。 その後も今まで通り楽しくデートをしたり、変わりなく連絡をしてきたりなど、要するに『あなたとの時間』を楽しみます。 ただし連絡頻度に関しては、元々そういうのを面倒に感じている男性もいます。 そういう男性の場合、『落とすまでは頑張ろう』と考えますから達成したら頻度は減ります。 でもこれは、気持ちがなくなった訳でも遊びということでもありません。 単純にそういう性格です。 このように、本命か遊びかを簡単に見分ける方法としては、関係を持った後の変化具合をチェックすると良いです。 気持ちがない場合、男はどうしてもこの部分が隠せないですし態度や行動に出てしまいます。 はっきり言うと『どうでも良くて面倒くさい状態』になるのですが、その一方で時間が経つと『たまにはアリかな』みたいな感覚になるためたまに連絡が来るわけです。 あなたが相手を好きだとなかなか見極められないかもですが、恋愛では客観的な視点こそ必要です。 なので、パートナーの態度や行動をしっかり分析してみましょう。 本命彼女かを判断する上で女性が気を付けたいこと 本命彼女かを判断する上では、女性にも気を付けたいことがあります。 それは『お姫様扱いされることが当たり前』という考え、これを持たないことです。 お姫様扱いって簡単に言うと『してもらうのが当たり前』ということです。 女性によってはこういうのに憧れるかもしれませんし、それを望むことは悪くないと思います。 ただしこの気持ちがあると、自分主導になるため判断力が鈍ってしまいます。 『聞いてほしい』『奢ってほしい』『大切にしてほしい』全部そうですが、遊びたいならその通りに演じれば良いだけなので、男にとっては簡単な女です。 そして上記の女性たちは全て『自分主導』であるからこそ、相手のことが良く分からず遊ばれてしまう傾向があります。 もちろん『女を都合良く遊んでやるぜ』という男が悪いのは言うまでもありませんが、残念ながらそういう質の悪い連中も多いので、自分がしっかりした方がいい訳です。 なので、『してもらうのが当然』という考えがあるなら捨てましょう。 むしろ、『相手のために何ができるか?』と純粋に考えられる女性になると男に大切にされますから、それを心がけてみるのもアリかもしれません。 態度と行動を冷静に判断すれば本命かどうかは分かる 最終的に言えるのは、男性の態度と行動を冷静に判断すれば本命彼女かどうかは分かるということです。 ・本命=一緒にいる時間を楽しみたい ・遊び=自分の欲望を叶えたい これが基本です。 これまで書いて通りで、そういった部分は普段の行動や態度に必ず現れます。 後はそれに対し、『自分主導にならないで分析すること』です。 ここに自分の欲を含めてしまうと相手の気持ちは分からなくなってしまいますし、単純に『彼氏とはこうあるべき』という願望に変わります。 ですから不安になっても『忙しくても一緒にいたいようだし私は本命』とか、『たくさん会いに来るけどすることをしたらさっさと帰る、これは遊び?』といったように、客観的に見てみましょう。 そして本命彼女だと分かったのなら、信じることも大切です。 それが自信となるため疑念も消えます。 このように、不安がある時には欲を断ち切り冷静に分析してみましょう。 最後に 果たして自分は本命の彼女なのか? これって気になりますし、一度気になったら不安が取れないと思います。 しかしこういう気持ちがある時は、パートナーと衝突しやすいので注意した方がいいですよ。 例えば『私って本命?』『他に女がいるでしょ』と毎日のように聞いたら、彼氏は嫌気が指してしまいます。 実際にこれでダメになるカップルもいますからね。 だからこそ、行動や態度から分析をして、本命彼女だと確信できたのならば自信を持った方がいいです。 些細なきっかけで崩れてしまうのが人の気持ちであり、一度壊れると修復は難しいので慎重に進めましょう。 『言葉・態度・行動』これらは、良くも悪くも人間関係を左右しますから、注意が必要です。 【関連記事】.

次の