同期のサクラ 9話。 同期のサクラ:第9話 目覚めた“サクラ”高畑充希に新たな試練 ふるさとに帰る決意?

同期のサクラ

同期のサクラ 9話

スポンサーリンク この記事ではドラマ「同期のサクラ」の第9話のあらすじ・ネタバレについてお届けさせていただきます。 また「同期のサクラ」の全話の動画(見逃し配信)が無料で視聴できる方法についてもお伝え致します。 「 」では、自分の念願の夢だった故郷への橋建設も自らの決断でなくしてしまい、祖父の柊作(津嘉山正種)も失ってしまったサクラ(高畑充希)が、急転直下で気持ちが沈んでしまって1年以上も会社を休職してしまいます。 百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)たち同期はそんなサクラの元気を出させてやろうと奮闘しますが、何をしてもサクラは変わらず落ち込んだままだったのです。 そんな中、4人のあきらめない気持ちがサクラに通じて、サクラは元のサクラに戻ろうと気持ちを取り戻したのですが、バイクにはねられてしまい、そのまま気を失ってしまったのです。。 さて、今回の第9話ではいったいどのような展開になるのでしょうか。 ずっと病室で眠り続けていたサクラ(高畑充希)でしたが、ついに眠りから目覚めます。 この知らせを受けた同期の4人はサクラの元に駆けつけて、サクラとの再会に喜びました。 そんな中、元人事部長の黒川(椎名桔平)はサクラの退職を引き延ばすために尽力していたのですが、力が及ばずにサクラはとうとう解雇されてしまいます。 それでも元気を取り戻したサクラは、信じ合える仲間たちと共に、たくさんの人たちを幸せにする建物を造るという夢を叶えるために再度、がんばる宣言をしたのです。 ようやく元気を取り戻して元の元気なサクラに戻った姿をみた同期たちはほっと胸をなでおろしたのです。 その後、サクラは退院し、百合(橋本愛)と共に自分のアパートに戻りました。 サクラの住んでいた部屋は、同期達が折半して家賃を払い続けて立ち退きを逃れていたのです。 一方の百合は悩みを抱えていました。 その悩みとは、百合は、自分の経験を生かして託児所を作ろうとしていて、そのために会社を辞めて起業しようかどうか考え悩んでいたのです。 その相談を百合はサクラにしたのです。 ・・・ そんな中、サクラは葵(新田真剣佑)と話したのですが、葵があいかわらずがんばって働いていることを知ります。 そして、そんな葵も悩みを抱えていたのでサクラに相談したのです。 その悩みというのが、葵はまだずっとサクラのことを想っていたのですが、百合と続いていた関係にけじめをつけたがっていたのです。 しかしそんな葵にサクラは適切な助言ができずにやきもきしたのです。 ・・・ 仕事を失ったサクラは、職探しに専念していました。 そんな中、サクラは蓮太郎(岡山天音)と一緒に以前よく同期達と共に集っていた喫茶店後にできたネットカフェに行きます。 ここでサクラはネット電話を通じて、仙台で現在、ボランティア活動に精を出している菊夫(竜星涼)と話をしました。 菊夫も悩みを抱えていたのでサクラに相談しました。 菊夫は現在活動しているNPO法人から代表になってほしいとう依頼を受けていたのですが、この頼みを受けるべきかどうか迷っていたのです。 なんとか菊夫の助けになりたかったサクラでしたが、この時もうまく最後まで話ができず助言がしきれませんでした。 この後、サクラは蓮太郎からも悩みを聞くことになります。 蓮太郎は、現在の設計部から営業部への異動を会社より言い渡されていました。 しかし、設計をずっとしたかったので、このまま会社にいるよりは、設計の仕事ができる別の会社に転職すべきかどうか悩んでいたのです。 サクラはこのような重要な事は、ぜひ奥さんであるすみれ(相武紗季)に相談した方がいいとアドバイスしたのですが、蓮太郎はそれはできないと言います。 というのも、この話をするとすみれに心配をかけさせるため、秘密にしたかったのです。 ・・・ 同期達がそれぞれ悩みを抱えつつも、前向きにがんばっている姿をまじかに知ったサクラは、自分が眠っている間につらくも立派に成長しがんばっている同期達をまぶしく感じます。 この日の夜、サクラのアパートにすみれが訪れます。 すみれは就職活動中のサクラの様子を見にきたのです。 すみれは嘘がつけずにストレートすぎるサクラがうまく就活できるかどうか心配だったのです。 ・・・ いろんな心配がある中、サクラは就活のために日々、履歴書を書いて応募し、面接をしまくります。 そんな中、すみれが心配していたように以前の勤め先の花村建設をクビになった経緯をそのまま正直に面談で話してしまうサクラは、次々と面接で落ちてしまいます。 そんな状況の中、サクラは貯金もとうとう底をついてしまいます。 生活費を工面するために仕方なく就活をして多忙な中でもコンビニでアルバイトをしてがんばります。 そして、そんなサクラは同期たちの悩みを聞くために、みんなを鍋パーティに誘いました。 しかし、この鍋パーティーには結局、同期達は忙しすぎて出席できなかったのです。 一方で同期達は自分たちが抱えていた問題を自分たちの手で解決していきます。 そんな彼たちを見ていたサクラは自分の無力感を実感し、故郷の島に帰ろうと決意するのです。。 ・・・ 決意後、サクラは同期達を呼び、故郷で就職先が見つかったので帰郷する旨を報告したのですが、仕事が見つかったなんで嘘はすぐにばれました。 そして同期達はそんなサクラをある場所に呼び出したのです。 そこはある建設現場でした。 実はこの建設予定の建物は10年前にサクラが入社早々の研修で賞賛した設計図から生まれた建物だったのです。 10年前、サクラにほめられた新人の設計者はその後、何度も困難に巡り合いながらもなんとかこの企画を守り通し続け、ついに10年の歳月をかけて建設することにこぎつけたのです。 この新人設計者はくじけそうになるたびにサクラのことばを思い出し、奮起していたのです。 この事実を同期達から聞いたサクラは、自分のことばが周りの人たちの心の中をずっと灯し続けていた事実に気づきました。 サクラは決して無駄なことをしてこなかった。 サクラの夢である故郷に架ける橋は実現しなかったし、いったんは散ったサクラだけど、必ずまた芽を出す。 勝ちではなく価値こそ重要。 自分にうそをつくことこそ一番つらいことだ。。 サクラは自分の祖父から言われ続けたこれらの勇気の出る言葉を、今度は同期たちから言われたような気がしました。 そしてサクラは目覚めたのです。 自分の夢をまた叶えるために一から出直すことを。。 ・・・ 復活したサクラは翌日より早速、今まで以上に就職活動に専念します。 そしてある弱小の建設会社の面談を経て、そこでの採用が決まりました!! その直後、その面談の場になんと花村建設のかつての上司・黒川(椎名桔平)を含む役員たちが登場しました。 サクラが面談を受けていた建設会社は、花村建設の下請け会社だったのです。 すると黒川は面談をしていたこの会社の社長に言います。 「もしこの子を今採用するのなら御社との取引はとりやめにします」と。 そして黒川はサクラに言いました。 「完全復活したな。 花村建設に戻ってこないか?戻って俺の下で働かないか?」とびっくりするような誘いをしてきたのです。 サクラは開いた口がふさがらないほどびっくりしていました。 ・・・ 第9話のあらすじは以上となります。 かつての元気で前向きなサクラが戻り、同期達はほっとした様子ですね。 でも、せっかく気持ちも体も仕事ができる状態になったのに、タイミング悪く花村建設から解雇通知が。。 そんな絶望的な状況の中でもサクラは最期まで自分を見捨てない同期たちに支えられて、就活に励み、再度みんなを幸せにする建物をつくっていく夢を叶えようとがんばり始めますね。。 みんなの力になれない無力感からサクラは故郷に帰ろうとしますが、最後の最後で同期達の励ましがあり、かつ花村建設へのカムバックが!! 最後の急展開はおぉぉおぉぉ~!!!という感じで非常にドキドキしました。 本来のサクラが戻ってきてほんとうによかったです。 非常にいいタイミングで「サクラ」の曲が流れるので泣きそうになりました。。 いつもこの曲にはやられてしまいます。 ・・・ 感想は以上となります。 ご参考までに! ~第9話予測バージョン~ 「 」では、今まで同期達を励まし、自分の夢に向かってまっすぐに突っ走ってきたサクラが別人になってしまい、引きこもって会社を1年以上も休職してしまう様子が描かれました。 これはサクラ自身が決断したことで故郷の橋建設をなくしてまったことと、同じタイミングで祖父の柊作(津嘉山正種)も失くしてしまったことが精神的にショックを与えてしまったからです。 これ以上休職すると解雇になってしまう状況の中、百合などの同期たちは必死にサクラを励まそうとするのですがそれが逆にサクラにプレッシャーを与えてしまって逆効果になってしまいます。 さて、今回の第9話ではいったいどのような展開になるのでしょうか? 最終回まであと1話と迫った中、この第9話ではおそらく落ち込んでいたサクラが元気を取り戻して復帰してくれるのではないでしょうか?? このまま落ち込んだままで最終回を迎えることはないと期待しています。 しかし、毎回、2019年のサクラの様子が物語の冒頭シーンで描かれていて、脳挫傷でずっと意識が戻らないサクラの様子が映し出されているので、もしかしたらこの暗いままのサクラが最終回まで続くのかもしれません。 その可能性もありますが、できればまた元通りに元気なサクラに戻ってもらって、ぜひとん挫してしまった故郷にかける橋の建設事業の再開に向けてひたむきにがんばってほしいなぁと思っています。 ぜひこの予測が当たって、元気を取り戻したサクラには夢の橋の建設に全力で関わってもらいたいなぁと思います。 ・・・ 第9話では上記で予測、考察させていただいたようにサクラの入社9年目の姿が描かれて、おそらく元気を取り戻したサクラが再び、夢の橋建設に向けて全力で立ち向かっていくのでは?と予測させていただきました。 最終回まであと1話なので、ここで一度はなくなってしまった橋建設の事業についても復活して、サクラにはぜひ一番の夢を自らの手で叶えてほしいなぁと思っております。 そうすることがサクラにとっても、同期にとっても、そして亡くなったサクラの祖父・柊作にとってもうれしいことだと思います。 いち視聴者としても「サクラ、よくがんばったなぁぁ」と後味がいい結末になってほしいなぁと願っております。 ・・・ 以上となります。

次の

「同期のサクラ」 第9話 ネタバレ感想~押しつけがましい同期が怖い

同期のサクラ 9話

ドラマ「同期のサクラ」第9話の感想、第10話最終回のネタバレと展開予想、考察を含む内容をご紹介します。 登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。 それではドラマ「同期のサクラ」第9話の感想と第10話最終回のネタバレや考察、感想を紹介していきます。 PR 目次• ドラマ 同期のサクラ 最新話 インスタ 同期のサクラ公式インスタより。 ドラマ 同期のサクラ【第10話最終回】あらすじ 花村建設の副社長となった黒川(椎名桔平)からスカウトされたサクラ(高畑充希)は、新規プロジェクトのリーダーに抜擢される。 新しく着工する橋の重役会議で黒川の後押しを受けたサクラの意見は面白いようにとおるようになり、今まで忖度できずに苦い思いをしてきたサクラはあまりの違いに驚く。 そんなサクラに黒川は、力を持つことが大事だと諭す。 これに感化されたサクラは、力を持つことで正しいことをやることができると嬉しくなる。 そんな中、今や別々の道を歩む同期4人から、再び相談を受けるサクラだったが、仕事を優先させてまともに話を聞こうとはしなくなってしまう。 葵(新田真剣佑)百合(橋本愛)菊夫(竜星涼)蓮太郎(岡山天音)は、変わってしまったサクラに、もう仲間は必要ないのかと迫るが、サクラにはその言葉は届かないようで・・・ より引用 PR ドラマ 同期のサクラ【第10話最終回】動画 第10話最終回の予告動画です。 日テレ水曜ドラマ「同期のサクラ」最終回。 不幸のどん底までいったサクラが一転!権力者に?!ブラックサクラがヒジョーに強烈な60秒! さんから — djtyl djtyl1 ドラマ 同期のサクラ 第9話 感想 第10話 最終回 ネタバレ考察 ここからは第9話の展開と第10話最終回の予告動画をうけて、この先の展開を考察していきたいと思います。 当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。 広告 権力をもってしまったサクラ 最終回は感動のフィナーレかと思いきや、ちょっとブラックな展開となってきましたね。 これまで虐げられてきた人間が、いきなり権力をもつとこういうことになってしまう、という典型的な例って感じですね。 ただ、サクラとしては何も悪くはないと思います。 正しいこと、自分の理想とすることを実現するのに権力が必要という当たり前のことに気づき、それを自然なこととして受け入れただけで、みんなそのために必死で働いているんですよね。 権力の大小はあれど、みんなそういうもんだと思います。 サクラは人一倍純粋な性格なので、まさかそんな会社組織の仕事人間にはならないだろうという周囲の期待がある分だけ、何かものすごく悪人にでも成り下がってしまったかのように見えてしまいますが、自分に置き換えてみたら、これは普通のことではないかと思いました。 果たしてドラマではこれを悪として描くのか、それとも普通のこととして描くのか、最終回の展開が気になりますね。 自己中な同期たち サクラが田舎に帰ることを必死になって止めた同期たちとの感動の写真撮影に騙されてはいけません。 第9話の展開は色々とツッコミどころが満載でした。 まず、これまで10年間にわたり自分たちを支えて人生の道しるべとなってくれたサクラが一番苦しんでいるときに、誰一人としてサクラに寄り添おうとした者はおらず、皆、自分の夢を追いかけるだけでした。 しかも、サクラがあんなに辛い思いをしていても、鍋パーティーにすら参加しないという仕打ち。 そのくせ、「同期みんなでお金を出し合った」という上から目線のプレゼントのメガネを渡し、「自分たちの知っているサクラに戻って」と、自分たちの理想を押し付けています。 そして最終回では、やっと自分のやりたいことを実現できるようになったサクラに対し、それが権力をかさに着たやり方だというだけで、批判してきます。 さらに、自分で決めた道がうまく行かなくなった百合は、「あんた変わったね」とまで言い放ちます。 サクラはまたしても同期たちから裏切られてしまい、思い悩むという辛い思いをすることになります。 サクラは本当に間違っているんでしょうか? 同期たちこそ、本当にサクラのことを仲間だと思っているんでしょうか? そもそも、同期たちにとって、仲間とは一体何なのでしょうか? この視聴者に考えさせようという展開、おそらくちゃんと狙いをもって描いている演出だと思われ、現代社会の問題を鋭く突いてきているなと思いました。 ドラマ 同期のサクラ 第10話 最終回 見逃し無料動画配信 Huluで見逃し動画の配信があります。 見逃してしまったけど、これだけは見ておきたい! ということであればぜひチェックしてみてください。 広告 ドラマ 同期のサクラ 関連情報まとめ 過去の放送回や関連情報をまとめました。 出演者情報などをご紹介します。 広告 tetsutylor.

次の

「同期のサクラ」 第9話 ネタバレ感想~押しつけがましい同期が怖い

同期のサクラ 9話

家族でも友達でもない、同期。 家族じゃないから1年以上ほったらかしても何も罪悪感ないし、 友達じゃないから自分の事を、病み上がりでリハビリ中の相手に対して ガンガン言ったって良い。 自分たちはサクラ()の想いを成長の糧にしては一人で何とか出来るほど 大人になっていく癖して、サクラには 「昔のままでいて」を押し付ける。 もう親友じゃなくなるよって…何? 焦らせてるのは…誰? 終盤で、サクラを逃さないようにと集団で囲って叱咤激励するシーン。 正直言って、地獄絵図でしかなかったわ。 下手したらまた鬱になりそうなものを、サクラはその言葉を受けて立ち直り、 「さくら」を流して感動っぽく見せるのにはもっと鳥肌が立ったわ。 メガネが割れたままずっと入院させて、 故郷の人達はサクラの現状を知らない様子だから、 きっと報告の電話もしなかったんでしょう。 思いやりがなければ、常識もない。 みんな「当時のサクラ」を離したくなければ、身近に置いておきたい。 その象徴は、昔と同じメガネを買った所にある。 同期達って、こんなに束縛強い人達でしたっけ? サクラを窮地に立たせる描き方もなぁ… 一人で決めて準備した事なのは分かるけどさ、 本人の前で「吹っ切れた」とか電話で「就職先決まった?」とか、可哀想過ぎますよ。 バイト先だって辛い目に遭わせなくても良いのに。 まずは失業保険でしばらく暮らさせてあげてよ。 本当、誰のための福利厚生? 同期達も自分勝手だけど、黒川()も自分勝手。 「」と期待していたんだから、会社に戻るか?とか、 就活している最中に声かけてくれって話。 ああ〜…ホラー映画以外で初めてゾッとしてしまうほど 恐ろしい1時間でしたわ。 サクラが立ち直るのも、主題歌も何も響かん。 最終回も彼女を虐め倒すんでしょうね…。

次の