焼津 ちゃぼ す。 【クックドア】ちゃぼす(静岡県)

焼津市 カレー屋【ちゃぼす】メニュー紹介! 地元民から愛されまくってる絶品カレー

焼津 ちゃぼ す

焼津市役所の近くにあるカレーとステーキのお店。 とにかくカレーが一風変わっているから絶対に行くべきだ!!と友達に強く勧められ、行ってきました。 メニューは普通のポークカレーはもちろん、チキンカツカレー、ハンバーグカレー、ビーフカレー、ビーフカツカレーなどカレーがとても充実しています。 いただいたのはチキンカツカレー。 ハーフを進められましたが、強気に標準を注文。 最初に手の込んだサラダが出てきて驚いていると、カレーが登場。 カツやコロッケなどが山のように盛り付けられ、すごいボリュームです。 さらにホワイトソースもかかっていて、とても美味しいです。 極め付きは、最後にスイーツまで付いてくることです。 4種類のケーキは食べきれないほどで大満足です。 地元ではちょっとした名物店です。 旧街道の長屋をそのままお店にした店舗は、町並みと共に程よく年季が入っております。 結構年配の店主が一人で切り盛りしている感じですが、それ程待たせる事なくお客様をさばいております。 店内は決して新しくはありませんが、古く黒光りした骨組み木材類が非常に良い味を出しております。 看板メニューはズバリ!「カレーライス600円」で、トッピングに焼き野菜とコロッケがワイルドに載ったオリジナルカレーで、サラダとデザートも付いております。 最高峰のビーフカツカレー1000円まで色々なメニューがありますが、どれを注文しても間違いなくコスパ十分でしょう。 病み付きになりますので一度お試し下さい。 おススメします。 ちゃぼす 〒425-0025 静岡県焼津市城之腰140-2 営業時間 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「ちゃぼす」近くの施設情報.

次の

【クックドア】ちゃぼす(静岡県)

焼津 ちゃぼ す

子どもも大人も大好きカレーのお店の紹介です。 焼津市民の中ではよく知られているカレー屋さんですが、少し外れた場所にあるので、入ったことがない!という方もいらっしゃるのでは? 年季の入った看板が目印です。 昭和の香りがするちゃぼす! お店の中に入ると、「いらっしゃ〜い」と元気なおじさんが出迎えてくれます。 カウンター席に座ると、おじさんが料理をしている姿が見れて、楽しい時間です。 ちなみにお店はおじさんが一人で経営されているので、混んでいるときは、常連さんが片付けをしたりと、アットホームな雰囲気なお店です。 この空気感が大好きです。 カレーの種類が意外と多い! 手書きのメニューがこれまた良い雰囲気を出しています。 食べたことがないですが、ガキっコカレー200円ってすごいですね。 最初は手の込んだサラダ このお店はすべて 手作りにこだわっており、サラダも手の込んだものが出てきます。 サラダはすべてのカレーにセットでついてきます。 卵焼き以外は、名前がわからないのですが(笑)美味しいです。 小食な方はサラダだけでお腹一杯かも。 チキンカツカレー700円が登場 「カレーはフランス料理だ!」と語るおじさんがつくるカレーは、一般的なカレーとは違い、一風変わっています。 チキンカツ、コロッケ、焼き野菜、きのこのクリームソース、あんかけ?とにかくいっぱいのっています。 バランスが完璧です。 600円の普通のカレーにもコロッケはのります。 3種類のデザートもつく! 700円のセットなのに、サラダ、カレーにデザートまでつきます。 それもなんと 3種類! デザートもおじさんの手作りで、季節に合わせたフルーツなどを使ったケーキなどが出されます。 このデザートはここでしか食べられません。 ちなみにサラダとデザートは、すべてのセットにつきますよ〜。 経済学を語るおじさん なんといってもちゃぼすの魅力はおじさんです。 お店が忙しいとゆっくり話せませんが、お店が空いているときは、カウンター席に座るとおじさんと色んなことが話せます。 おじさんは 大学で経済学を学んでいたようで、マルクスやケインズの話から、新聞に出ているニュースの話や、社会の話、食の話など、おもしろいお話がたくさん聞けます。 O)、17:30~20:30(L. O)誰も居ない時には20:20(L. O) 定休日:水曜 住所: 駐車場:あり.

次の

ちゃぼす(焼津市城之腰)|エキテン

焼津 ちゃぼ す

子どもも大人も大好きカレーのお店の紹介です。 焼津市民の中ではよく知られているカレー屋さんですが、少し外れた場所にあるので、入ったことがない!という方もいらっしゃるのでは? 年季の入った看板が目印です。 昭和の香りがするちゃぼす! お店の中に入ると、「いらっしゃ〜い」と元気なおじさんが出迎えてくれます。 カウンター席に座ると、おじさんが料理をしている姿が見れて、楽しい時間です。 ちなみにお店はおじさんが一人で経営されているので、混んでいるときは、常連さんが片付けをしたりと、アットホームな雰囲気なお店です。 この空気感が大好きです。 カレーの種類が意外と多い! 手書きのメニューがこれまた良い雰囲気を出しています。 食べたことがないですが、ガキっコカレー200円ってすごいですね。 最初は手の込んだサラダ このお店はすべて 手作りにこだわっており、サラダも手の込んだものが出てきます。 サラダはすべてのカレーにセットでついてきます。 卵焼き以外は、名前がわからないのですが(笑)美味しいです。 小食な方はサラダだけでお腹一杯かも。 チキンカツカレー700円が登場 「カレーはフランス料理だ!」と語るおじさんがつくるカレーは、一般的なカレーとは違い、一風変わっています。 チキンカツ、コロッケ、焼き野菜、きのこのクリームソース、あんかけ?とにかくいっぱいのっています。 バランスが完璧です。 600円の普通のカレーにもコロッケはのります。 3種類のデザートもつく! 700円のセットなのに、サラダ、カレーにデザートまでつきます。 それもなんと 3種類! デザートもおじさんの手作りで、季節に合わせたフルーツなどを使ったケーキなどが出されます。 このデザートはここでしか食べられません。 ちなみにサラダとデザートは、すべてのセットにつきますよ〜。 経済学を語るおじさん なんといってもちゃぼすの魅力はおじさんです。 お店が忙しいとゆっくり話せませんが、お店が空いているときは、カウンター席に座るとおじさんと色んなことが話せます。 おじさんは 大学で経済学を学んでいたようで、マルクスやケインズの話から、新聞に出ているニュースの話や、社会の話、食の話など、おもしろいお話がたくさん聞けます。 O)、17:30~20:30(L. O)誰も居ない時には20:20(L. O) 定休日:水曜 住所: 駐車場:あり.

次の