ジムニー jb64。 【楽天市場】ジムニー JB64 1インチ リフトアップ キット JB74:シーエルリンク

新型 ジムニー(JB64)/ 新型 ジムニーシエラ(JB74)専用デザイン/専用設計のカー用品が新登場|株式会社カーメイト 公式企業サイト

ジムニー jb64

JB64W型ジムニーでパワー系カスタムを施して、もっとジムニーを速くしたオーナーにオススメしたい、パワーアップの必需品となるJB64ジムニーのカスタムパーツをご紹介しました! アルトワークスと同じR06Aターボエンジンを搭載したJB64ジムニーのパワーを手っ取り早く向上させるのであれば、サブコンがオススメで、ローコストでありながら高いパフォーマンスを発揮、コスパに優れたチューニングメニューと言えます。 もちろんタービン交換をすることで大幅なパワー向上につながりますが、対応している社外タービンが少なく、チューニングのメインはECU書き換えやサブコンによるブーストアップが主流です。 吸気系のカスタムも重要で、フレッシュエアを取り込み続けるためには純正インテークでは役不足な部分があるため、パワー向上やパワーロスを抑えたいのであれば社外インテークがオススメ。 純正インテークは樹脂やゴムでできているため、吸気による負圧が発生した際にインテークパイプが凹んだり縮んだりして、効率的な吸気ができずパワーロスとなってしまいます。 社外の金属製インテークとすることで剛性が上がるので、パワーロスをすることなく効率的な吸気をすることができるのです。 またジムニーカスタムの醍醐味といえばマフラーではないでしょうか? 2017年6月の道路運送車両法の法改正により、マフラーカスタムの自由度が上がり、サイド出しマフラーが合法化され保安基準に適合することから、サイド出しマフラーでも車検に通すことができます。 歴代ジムニーのカスタムでもマフラーカスタムは活発でしたが、新型JB64型ではサイド出しマフラーも可能となったことにより、今まで以上に1本出しや2本出し、サイド出しマフラーなどが登場してくるに違いありません。 リアにヒッチメンバーを装着してヒッチカーゴや牽引をする場合、マフラー出口がリアにあると汚れたり熱害が発生するため、サイド出しマフラーにすることで解決できます。 マフラーをサイド出しにすると、取り付けができるサイドステップと装着できないサイドステップがあるので、同時に装着する場合は必ず形状とサイズ確認をするようにしましょう。 パワーを上げたらブレーキ強化も必須。 タイヤが重くなると減速するために必要な制動力が不足するため、ブレーキも強化することで安心して走行することができます。 ジムニーのサスペンションと言うとリフトアップサスペンションがほとんどですが、車高調を含めたダウンサスも忘れてはいけません。 オンロードをより快適に速く走るためのサスペンションキットもリリースされているので、オンロード派ユーザーは必見です。 今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!.

次の

JB64型ジムニーにパワーを!!性能アップ間違いナシのカスタムパーツ特集!

ジムニー jb64

プラド・デリカD:5以外にご用命が増えている車種に エクストレイル・ジムニーがございます。 前回のご入庫以降、色々とアップデートされているようで、 今回、リフトアップ作業のご用命を頂きました。 こちらノーマル車高時。 タイヤサイズを標準に比べアップされているのですが、 スタイルアップと走行性能向上のために足回りに着手。 装着するのは モンスタースポーツ ハイトアップスプリングセット。 フロント: トゥ 左右合計2か所を調整します。 各部調整後ハンドルセンターを確認し完成です! メーカーさん数値に近い値でリフトアップ完了! 1インチ弱のリフトアップ。 お次はマフラーですかね? 笑 ご相談をお待ちしております。 タイヤが細く縦に長いのと、キャンバー角が四駆特有の外に起き上っている事 尚且つリフトアップした事で背が高くなった事、その他にはトゥの角度とバネ下の重量!様々な要因が 1つになって挙動に変化が出て居たのです。 今回のリフトアップで、その他に改善すべき点が見つかりました そのパーツについては、また次回のブログでご紹介いたしますね。 最後までお付き合い頂き誠にありがとうございました。 浜松店/URBAN OFF CRAFT 浜松店 住所〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町844 電話番号053-462-7611 営業時間【平日・土曜】10:30~19:30 【日曜・祝日】10:00~18:00 作業受付時間【平日・土曜】18:30まで、【日曜・祝日】17:00まで• 取り外したスタビと、純正のスタビを見比べてみると、太さの違いが良く分かりますね。 下の写真がノーマル状態です。 (笑) 浜松店/URBAN OFF CRAFT 浜松店 住所〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町844 電話番号053-462-7611 営業時間【平日・土曜】10:30~19:30 【日曜・祝日】10:00~18:00 作業受付時間【平日・土曜】18:30まで、【日曜・祝日】17:00まで• クラフト知立店の河北です。 本日ご紹介のお車はJB64ジムニー 常連様の愛車デス。 さぁどこをカスタムしましょうか? 今回はお尻からの見た目。 そう、このパーツ マフラーデス。 ジムニーってマフラーの迫力や可愛さが物足りない。 っという声が多いんです。 なのでマフラー交換は人気のメニュー 今回のお客様はスポーツな雰囲気をを取り入れるべく 老舗柿本さんのGTBOX 06&S 装着します。 純正右出しを左出しへ変更。 チタン調なカラーが良い雰囲気を出してます。 密かに人気の凄いヤツです。 写真奥が純正品です。 ジムニーは3発なので3つ交換。 イグニッションコイルの点火エネルギーを増大させます。 その結果 レスポンスアップ パワーアップ トルクアップ 始動性向上 など魅力的点火チューニングのパーツです。 配線もなく取り付けもスムーズ。 実際乗った感じとしてはアクセルを踏み込んだ際のパワー感や。 出だしの違いを感じれました。 車種バリエーションも豊富で コレ個人的にかなりお勧めパーツ。 普段から高速道路を使用して通勤しているお客様。 遥かな違いを感じれたのではないでしょうか? プラズマダイレクトとマフラーで何馬力ぐらいあがったかなぁ? ! 排気をすればやはり吸気でしょうか? 足回り専門メーカーのHKSから リフトアップキットの発売です。 驚かれた方も多いではないでしょうか。 HKSって一般的なイメージでは、 スポーツカーやミニバンのローダウンメーカーと 思われている方も少なくないと思います。 でも実際そんなことはなく 当店のデモカー、JB64ジムニーに 装着しているマフラーもHKSのマフラーです。 BLOG:JB64ジムニーのカスタムプラン STAGE3 マフラー変更編 更には以前から JB64用リフトアップキットも発売されています。 結構ジムニーに力を入れているメーカーさんなんです。 上げ幅はJB64もJB74も同じ1インチ程。 程よく車高を上げて見た目の向上はもちろん、 HKSらしいスポーティな味付けを 堪能出来るようになっています。 減衰力は30段階で調整が可能となっていて、 コンフォートから、 スポーティーな乗り味まで楽しめるキットとなっています。 もう少しキビキビ走りたいといった お悩みをお持ちの方がいましたら 特にお勧めなのかもしれません。 ちなみにHKSからローダウンキットも発売されています。 是非気になった方は、 岐阜の四駆カスタムショップ、 アーバンオフクラフト岐阜長良店まで。 BLOG:番外編 ジムニーのオフロードタイヤ編 ではまた次回のブログもお楽しみに。 これからドレスアップを行うジムニーオーナー様を応援いたします。 詳しくは店頭またはお電話にてお問い合わせください。 ジムニーカスタムが気になる方はこちらをどうぞ!!『JIMNY/ジムニー』ブログはこちらから。 craft-web. これまではブラックレター仕様でしたが、サイズラインナップ増加に伴い ホワイトレター仕様にもなり、新しいファンが増え続けている一品。 元々、マッドテレーンタイヤが装着されていましたが、タイヤ摩耗を機にNEWタイヤへ。 でも、今回はホワイトレター仕様を楽しむべく、ホワイトレターで。 組込み後はホワイトレター保護剤を丁寧に落としていきます。 スーッと色が変わっていく瞬間はいつでも楽しい。 完成が近づいてきていますね! MASSIVEなタイヤサイズでも熟練スタッフの手によって 慎重に作業が進められていきます。 タイヤ摩耗、ひび割れが見受けられる場合、早めのタイヤ交換がおススメです。 クラフト知立店の河北です。 本日も新型ジムニーJB64のカスタムをご紹介いたします。 JB64の入庫が続きます。 4x4エンジニアリングサービス カントリーサスペンションを装着。 4x4エンジニアリングサービスさんは四駆各カスタムの老舗。 四駆好きならこの伝統的な黄色いロゴに見覚えがあるのでは? 四駆好きなら押さえておきたいメーカーさんです。 先代モデルのJB23では同カントリーサスペンションは爆発的な人気でした。 そんな4x4ESのカントリーサスペンションは 車種によってはショックアブソーバー内部にハーモフレックを搭載。 JB64は該当しフロントショックのみハーモフレックを採用しています。 JB64用のカンサスは発売直後の新商品です。 ハーモフレックとは振動周波数に応じ減衰力の設定が変化。 路面からの入力や車体振動数に合わせて自動で減衰力を調整してくれる機能です。 操縦性、乗り心地を両立させる夢のようなアブソーバーです。 フロント、リア共に約3センチのリフトアップ フロントパートは白いステアリングダンパーと水色のラテラル。 ステアリングダンパーも装着しましたのでステアリングに対する振動などを抑制。 リアパートは水色のラテラル ジムニーなど一部の車種で車高を上げ下げした際にタイヤが左右に押し出されてしまうため、左右の出ヅラを調整するためのパーツがラテラルロッドです。 四駆は車高が高いのでリフトアップすると腹下が丸見え。 程よいリフトアップ幅の設定なのでブレーキホース類の移植が不要というところ。 なので手軽にリフトアップフォルムを手に入れることが可能。 そしてハーモフレックを採用しているという点。 ハーモフレックとステダンの組み合わせにより乗り味に抜かりはありません。 街乗り重視の方はやわらかめのセッティングで調度いいと思います。 ダイヤルワンクリックで乗り味がかなり変化するので自分好みのセッティングを 見つけるのも楽しみです。 ということはどんなステージでも活躍してくれる万能サスペンションっと言う事。 ショックアブソーバーの付け根に減衰力ダイヤルがありダイヤルに数字も 記載されてので背の高いジムニーであればだれでも簡単に調整が可能です。 3センチという数字だけ見ればわずかな数値ではあるのですが、 少しでもリフトアップする事でぐんっと四駆らしさが出ます。 それにしてもサンナナかっこいいなぁ~ 無理せずリフトアップ。 リアラダー? こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です。 減衰力14段調整でフロントにはハーモフレック機構も付いているスグレモノ。 程よくリフトアップ出来たカンサス。 こちらのショックには、 減衰力調整ダイヤルが組み込まれています。 これって何かというと走行時の、 ショックの動きの加減を調整出来るものなんです。 今回はそこを色々触ってみて、 乗り味の変化を味わってみたいと思います。 まずは一番柔らかい乗り味の1段階!! それでは早速ドライブ!! 個人的な感想になってしまいますが、 確かに柔らかかったです。 一言で言うとすごくよく動く脚。 クロカンなど低速で「のそのそ」と走るオフロードなどでは これぐらい動いてくれると良いですね。 低速での段差越えのショックの吸収がすごく良いです。 でもオンロードのスピード域になってくると、ロールスピードがやや速く、 少し安定感に劣るイメージでした。 という事で、 今度は分かりやすく、 一番固めな14段を前後で合わせてみました。 感想はというと、とても安定感があって、 乗り心地は私の好みに非常に近かったです。 高速道路ぐらいの速度域できれいな舗装路なら この固さがすごくマッチします。 ですが固めな乗り味なので、 一般道だと少しだけ突き上げ感が気になりました。 そして色々試した私好みのベストなセッティングがこちら。 フロントは少し硬めの10段にして操作性を維持。 逆にリアは少し柔らかく、 5段目で合わせて突き上げ感などを抑制。 個人的にはこれが一番街乗りに適していると感じました。 ハンドルを切る量と車の動きがリニアになり、 イメージ通りに曲がっていきます。 ロールスピードも穏やかで、唐突な動きも無く 乗り心地 操作性 安定感 が良い感じにバランスしました。 そしてこの脚、ワンクリックで乗り心地がすごく変わります。 良い脚ってワンクリックで乗り心地の変化が 体感できるので、セッティングしていてすごく楽しいです。 それって乗って行くうえでも、 拘っていくうえでも非常に大事ですよね。 走る場所に合わせて調整する楽しみ。 皆さんも是非味わって欲しいです。 ちなみにこのダイヤル。 結論、4x4エンジニアリングのカンサスは、 程良くリフトアップができ、 リフトアップによるデメリットを感じず、 シチュエーションに合わせて 乗り心地を変えられる、 バランスの良い脚 ということが分かりました。 足回りを変更するのであれば、 乗り味は一番の気になるポイント!! JB64ジムニーのリフトアップでお悩みの方は、 是非ともお気軽に当店スタッフにご相談ください。 それではまた次回のブログもお楽しみに。 JB64ジムニーのいる四駆カスタムショップ、 アーバンオフクラフト岐阜長良店でした。 ジムニーカスタムが気になる方はこちらをどうぞ!! 『JIMNY/ジムニー』ブログはこちらから。 craft-web. 新型JB64ジムニーでリフトアップを検討されている方に新しい選択肢を。 街乗りでの操縦性・快適性能を実現しつつ+30mmアップ仕様で登場! 街乗りからオフロードまで楽しむなら…リフトアップはマストですよね。 全貌公開はまたの機会に。 営業時間:AM10:30~PM18:00 皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。 岐阜の四駆カスタムショップ、 アーバンオフクラフト岐阜長良店です。 本日は当店デモカーJB64ジムニーの、 カスタムプラン STAGE2、 リフトアップをご紹介していきます!! 過去BLOGはこちらです。 ブレーキホースが短いJB64ジムニー、 個人的に社外パーツの、 延長ブレーキホースは使いたくなかったので、 今回は程よく上がるカントリーサスペンションキットを選びました。 もちろん左右のツラ合わせの為の、 前後ラテラルロッドも同時取り付け。 更にはステアリングダンパーも今回装着致しました。 ステダンって新車などには余り効果が見られないって、 伺うことが多いのですが・・・ そんなことはなく、 このステダンは悪路走行などで起こる、 ハンドルのガタツキなどをしっかりと吸収してくれます。 白いショックに青いバネと、 青いラテラルがカッコいいです。 オフロードメーカーが手掛けたサスペンションだけあって、 伸び幅も結構ありそうです。 しっかりと動いてくれるので、 オフロード走行時のトラクションも、 しっかり効きそうです。 上がり幅は3センチ程。 ですが想像以上に、 しっかりと上がった感があります。 只今店頭展示もしているのですが、 よくお客様に、 結構車高上がってるね~って言われる程。 私も過去に同じ様な仕様でJB23に乗っていたのですが、 パーツのクオリティで、 こんなにも違うのかって驚いてしまう程でした。 次回のステージ3では何をしようか・・・ 只今色々話を進めている段階ですのでお楽しみに。 JB64ジムニーのデモカーは店頭で、 いつでもご覧頂けますので、 気になった方は是非遊びに来てください。 それではまた次回の、 岐阜長良店デモカーJB64ジムニーの、 カスタムプランSTAGE3でお会い致しましょう!! ジムニーカスタムが気になる方はこちらをどうぞ!! 『JIMNY/ジムニー』ブログはこちらから。 craft-web. トーヨータイヤさんのJB64ジムニーが見られます。 メーカーさんの看板とも言えるデモカー。 先日のブログ公開以降、多くのお客様から反響を頂いたMASSIVEなジムニー。 一瞬JB74ジムニーシエラかと見間違えるほどの迫力ある仕様。 普段お目にかかる機会も少ないスーパージムニー。 この機会に是非。 でございます 笑 これからのカスタム構想を練るにも適した一台と言えますので、 お見逃しなく。 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。 アーバンオフクラフト中川店でした!• ブルーベースのボディカラーにラッピングを施し、デモカー化。 この手法を採用しているデモカーも増えていますよね。 リフトアップも施されているのでかなり大きく見えます。 大きく見えるもう一つの理由がタイヤサイズ。 リアビューの演出には欠かせません 笑 専用のブラケットでしょうか?このサイズでも問題なく装着されています。 また、個人的にも大好物なスパルタンな内装も見どころポイント! スパルコのバケットシートにロールケージ。 しかも非貫通式のロールケージ! 貫通式のロールケージでないところが個人的にもツボでして 笑 パイプのレイアウト・パイプ径など含め、これはカッコイイ。 足回りもモンロー製ショックのリフトアップキットに専用のマフラー。 トーヨータイヤ様この度貴重な機会を頂き誠にありがとうございます。 また、デモカーが登場したら教えてください 笑 アーバンオフクラフト中川店でした!• どんな、お車でもサスペンションを交換した際は必ず行うことをお勧めします。 この作業を、やるとやらないとではタイヤの寿命や、走行に大きな差が出てきます。 アライメントについて詳しく知りたい方はこちらも一緒にチェックしてみてください。 リフトアップしてなかったらやはり干渉してしまいそうですね。 大きいタイヤを履くのであればやはり、リフトアップは必須ですね。 こちらがリフトアップ後のタイヤとフェンダーのバランスです。 タイヤが大きくなった事で、フロント側のバンパーとの距離が大分近くなっていますね。 リフトアップしていなければ、干渉しそうな感じがしますね。 因みにフルハンドル時はインナー側のクリアランスも大分狭くなるので、車両の個体差によっては インナー側の加工が少し必要になる事も有ります こちらは、ノーマル状態のフロントになります。 リフトアップ後に確認するとフェンダーの隙間が大きく余裕のある感じが見られますね。 リアはこんな感じです。 良い感じで上がって、悪路でもガンガン攻めて走れそうな感じですね(笑) こちらはリアのノーマル状態です。 仕上がりは満足頂けましたでしょうか? また何かお困りな事がございましたら、お気軽にお越しください スタッフ一同心よりお待ちしております。 お取付させて頂きますサスペンションはこちらです。 BATTLEZ リフトアップセット VFS ジムニー JB23系 基本情報 チタン配合材を使用したヘタリ保証付きのコイルスプリングとハーモフレック機構を搭載した高性能ダンパーを組み合わせたリフトアップキット。 その為、下に潜って作業する際は細心の注意をして作業を進めていきます。 そして、細かいパーツ類を外していき足がフリーになった時にブレーキホースや 電装系統の配線を切らない様に進めて行きます。 外したダンパーがこちらになります。 全長が向かって右側のダンパーが長いのがお分かりになりますでしょうか? 上のデーターを見てみるとストロークがフロントは20mmほど長くなっています。 リフトアップの量が約1. 5インチ(35mm~40mm)程度上がりますので その分伸び側、縮み側のストロークが変わってしまうのでダンパーを長くし 適正なストロークを確保できるようになりました。 勿論バネだけのリフトアップは出来ますが、乗り心地や、使う用途によって ダンパーも交換がお勧めになります。 ディーラー様にてリフトアップ済の車両。 出ヅラもしっかりフェンダー内に収まり完璧  ̄ー ̄ まだまだ走っている車両が少ないジムニーシエラ。 そして交換作業を完成し アライメントを施工した姿がコチラとなります。 そうリフトアップサスへの交換です TANABE UP210 約30mmUP 1. まずは、フロントから取り掛かります、一見簡単に取り外せそうな見た目 ですが、やはりそこは簡単にはいきませんね 各リンク部分を切り離していきます いつもなら、ココで足が下がってくるんですが・・・・ ドライブシャフトが、なんか当たってる・・・・・ ココが、作業していくと干渉して作業を阻んでいきます ココを何とか逃がしながら作業していきます 何とか、スプリングを取り外して TANABE UP210に交換していきます パッと見そこまで長さも変わりませんが、取り付けすると しっかりと、車高を持ち上げてくれます。 手前のブレーキホースがかなり引っ張られていますが 全てのリンクを繋ぐと、撓みの在る状態になりますのでご安心下さい。 こんな感じです。 右側に走っているのがブレーキホースです。 お店によっては100kmほど慣らしをしてから取る所も有るみたいですね。 アライメントが完了し 完成した姿がコチラです。 アーバンオフクラフト岐阜長良店の伊藤です。 本日は前回のJB23ジムニーブログの続きをご紹介。 只今リフトアップも完了し、アライメント終盤です。 完成したジムニーは本当に見応え十分。 ATとMTとの中間にあたるモデルなんで走行性能も十分!! 街乗りも快適、更に色々遊べる性能もしっかりとあります。 林道にチャレンジしたいとオーナー様が・・・ いや、多分林道走ってそれで終わりはないです。 今度皆で機会があればもっと色々な場所へ走りに行きましょう!! それではまた。 次回のブログもお楽しみに。 本日はJB23ジムニーのリフトアップと、 ホイール・タイヤセットの交換をご紹介。 私も以前JB23ジムニー乗りでリフトアップや、 ホイール変更など色々さわっていました。 懐かしいですね~。 やっぱり乗っていた車種って思い入れも知識もあるんで紹介しがいがあります。 選択頂いたホイールはデイトナSS。 いわゆるスチールホイールにあたるホイールですが名盤中の名盤。 このブランドのホイールを見たことない方を探す方が難しいくらい。 同時にリフトアップも。 JAOSさんのリフトアップセット VFSを取り付けします。 調整機能など一切を無くし、唯々快適なリフトアップを施していきます。 タイヤのご紹介を忘れていました。 これってもう今からの注文だと中々手に入らない程の人気タイヤなんですよ。 完成は次回のブログで。 そういえば、なんだか最近JB64のご相談が増えてきているんですが、 今注文入れると一年半待ちらしいじゃないですか。 ジムニーって本当にすごい車ですね~。 更なるジムニーオーナー様のご相談もお待ちしております。 店頭でも色々用意していますので是非。 ではまた。 ナイトロパワーを同時装着。 今回、リフトアップに用いるのはJAOSリフトアップセット。 装着するマフラーはMRS Type3 TIG。 初装着となるマフラーですが、オートバイマフラー制作もあるメーカーさん。 フロント:トゥ 左右合計2か所を調整します。 各部調整後ハンドルセンターを確認し完成です。 リフトアップ量はメーカーさん数値に近い値でリフトアップ完了。 アーバンオフクラフト中川店でした!• プラド・デリカD:5以外にご用命が増えている車種に エクストレイル・ジムニーがございます。 こちらノーマル車高時。 タイヤサイズを標準に比べアップされているのですが、 スタイルアップと走行性能向上のために足回りに着手。 装着するのはモンスタースポーツ ハイトアップスプリングセット。 フロント:トゥ 左右合計2か所を調整します。 各部調整後ハンドルセンターを確認し完成です! メーカーさん数値に近い値でリフトアップ完了! 1インチ弱のリフトアップ。 お次はマフラーですかね? 笑 ご相談をお待ちしております。

次の

ジムニー(JB64)

ジムニー jb64

新型ジムニー jb64 のおすすめ純正オプション 新型ジムニーをより楽しむために、オプションを選ぶのも 購入するときに悩むところかと思います。 新型ジムニーのオススメオプションについて見ていきましょう。 フロントグリル フロントグリルというと、車の大事な顔の部分になる箇所です。 女性でいうとアイシャドウのような感じになるのでしょうか。 いや、このフロントグリルからいうとアイラインのような感じかね。 そんな派手な演出ではないけど、明らかに違う、という感じです。 こちらは好みになるので、どちらが良いか分かれるところではありますが、 オプションで付けられるグリルは旧型に近いイメージとのことなので、 昔からのジムニーファンには良いかもしれませんね。 お値段は 36,666円 ということで、これまた非常に悩ましいですw。 ドアバイザー ドアバイザーがあれば雨が降った時にまどを開けても平気です。 特に冬などは外気との温度差でフロントガラスが曇りがちで、 ついつい窓を少し開けたくなることがありますが、 そんな時でもこのドアバイザーがあれば天気に関係なく窓の開閉ができます。 Jimnyのロゴも入っているといういことで、ジムニーファンには嬉しいオプションです。 価格は 9,288円 ということで、これは個人的にはマストアイテムかと思います。 カータープ こちらのカータープは新型ジムニー純正のものになります。 カータープ自体は社外品でも様々なものが売られていますが、 新型ジムニーに引っ掛けて、というタープはこちらのみです。 お値段は 38,800円 ということで、 悩ましいところですが、新型ジムニーを買ったからにはアウトドア! と思っている人にはアリなオプションパーツかと思います。 ベースキャリア・ルーフラックアタッチメント 新型ジムニーに荷物を載せてアウトドアを楽しみたい!と思う人も 多いような気がします。 (私がその一人です) 新型ジムニーには一人、二人で手軽にキャンプに行く分には 荷物の積載は間に合うと思うのですが、 さらに本格的に、または大人数で!という場合には それ相当の荷物のスペースを確保しなくてはいけません。 その場合に役立つのが車の上に荷物を載せられるオプションです。 さらに、新型ジムニーにはサーフボード用のキャリア、 スキーやスノーボードのキャリアもあります。 それぞれの価格は• ベースキャリア(29,188円)• ルーフラックアタッチメント(40,932円)• スキー&スノーボードアタッチメント(24,084円)• サーフボードアタッチメント(8,748円) となっています。 目的によって価格もかなり変わってきますが、 ジムニーでアウトドアやスポーツを楽しみたい人にとっては 必須アイテムかもしれませんね! 新型ジムニー jb64 にオプションカーナビはいる?いらない? さて、こちは新型ジムニーのオプションの中で悩む人も多いと思われる カーナビについてです。 最近はスマホの出現により、カーナビが必要かどうかもわからなくなってきています。 ウチの車は2台ありますが、二台とも古くてカーナビのアップデートをしてないため、 スマホのナビで走っています! そんな新型ジムニーの純正カーナビは パナソニック・スタンダードプラス8インチナビセット。 本当にカーナビもAIの世界に突入しましたね。 いちいち車を停めて目的地を打ってたなー、なんて時代が来るのでしょうか。 安全面を考えてもカーナビの音声認識は良いですよね。 逆走探知機能 こちらの新型ジムニー純正カーナビには逆走探知機能もあります。 高速などで逆走を探知した場合には声や画面で分かりやすく警告。 思わぬ事態も免れそうですね。 ドラレコ連動機能 こちらは別にこのカーナビが対応しているドラレコを用意しなければいけませんが、 ドラレコとカーナビが連動すると、カーナビ上でドラレコの確認ができます。 これはかなりいいですよね。 最近話題になっているあおり運転だったり、 何かしらのトラブルの時、この確認しやすい機能が役立ちそうです。 このカーナビの価格は 157,680円 それなりに値段が張りますね。 しかし、どうせ買うならばこの時に入れ込んでカーローンに混ぜてしまうのも手です。 しかしカーナビはいらない、という人の意見も私は分かります。 この辺りはしっかりとディーラーの人と話をしてメリット・デメリットを 把握した方が良いかと思います。 新型ジムニー jb64 の楽しくなるオプションパーツ こちらは思わずワクワクするような新型ジムニーのオプションパーツです。 エヌズ・ステージグループでは各店に専用コーナーを設置、カタログだけでなく、実際にオプションパーツを見て、触る事が出来ます! — 株式会社エヌズ・ステージ nsstage 新型ジムニーにカモフラージュ柄なんて、 アウトドアが大好き、もしくはオフロードを走りたいなんて人の ツボに入りまくりなんではないでしょうか。 こちらは純正ですね。 その他、各部分をメッキにするオプションや、シートカバーなど 純正のものも結構あるのですが、最近では他の会社が色々なオプションを 作り始めています。 こちらのシートなんか、めちゃくちゃオシャレですよね。 ペンドルトンというブランドがコラボして作ったシートカバーです。 こちらから購入できるようです。 まとめ 新型ジムニーにはさまざまなオプションパーツがあり、 どれも悩ましいですが、目的によって必要かどうかが分かれてきます。 新型ジムニーはどんなシーンでも対応できる素晴らしい車なので、 オプションも含めて楽しめると良いですね。

次の