この先 どうなる。 この世界、どうなる?(5)日本は「台湾化」すべし:【公式】データ・マックス NETIB

この先どうなるか丸わかり!「あなたの恋の行く先」心理テスト: アラサー女性のためのコスメ・メイク・恋愛情報集めました!

この先 どうなる

【人生】現在の生活に、変化が起こるのはいつ? どんな変化?• 【人生】この先のために……大事にすべき縁、断ち切るべき縁• 【人生】順風満帆・安泰希望。 そのために、気をつけるべきことは何?• 【お金】金銭的な余裕を感じられるのは、いつになる?• 【お金】「楽しむためにつかう」or「貯金」どんなバランスが理想的?• 【人生】この先の人生において、あなたは何に一番恵まれる?• 新宿の母からあなたへ〜しあわせのメッセージ〜 疑って悔し涙した……信じて嬉し涙した。 なんというか、私ってダメ男が好きなんです。 好きになったら一直線でまわりも見えなくなって、ダメ男の言っていることがすべてになっちゃうんです。 でも、ダメ男とうまくいかなくって新宿の母に相談しました。 そしたら「その人じゃなくて、あなたには別にもっと良い人が現れます」っていうんです。 当時、ダメ男一直線だった私はそんなこと信じませんでした。 でも、ある日友達と遊んでいたらダメ男が別の女と遊んでいるのを見かけてしまい悔しくって悔しくって泣きました。 脈なし・望みなしの片想いをしていました。 その男性に連絡する勇気もなく、告白もせずに諦めてしまおうかと思ったとき、知人に紹介されて新宿の母に相談しました。 自分の性格もどんどん言い当てられていき、「あの人はあなたをこう思ってる」とか「あなたの場合はこうするとうまくいきますよ。 」とかアドバイスもいただきました。 アドバイス通りに距離を縮めたら、まさかの相手から告白されました。 しかも先日、プロポーズもされて……入籍もしました! 今思うと、こうなることも新宿の母はわかっていたんだろうな……と思います(笑)悩んでいた時期が嘘かのようです。 占ってもらって本当に良かった。 また、東京に行った際にはよろしくお願いします。

次の

株価どうなるか? この先の見通し?

この先 どうなる

[画像のクリックで拡大表示] 水際対策は失敗したのか? 国内感染期と聞くと、政府が行っていた「水際対策が失敗した」と考える人も少なくない。 しかし、水際対策の目的は、必ずしも「海外で発生した新興感染症を国内に持ち込ませない」ことではない。 新型インフルエンザ等に関する政府行動計画にも「 水際対策は、あくまでも国内発生をできるだけ遅らせる効果を期待して行われるものであり、ウイルスの侵入を完全に防ぐための対策ではない」と書かれている。 今回は、インフルエンザではなくコロナウイルス感染症だったが、水際対策の意義が変わるものではない。 1月後半から2月初旬にかけて、全国の地方衛生研究所や大学等においてPCR検査が実施できる体制が整えられた。 また、ほとんどの医療機関は、実際の患者を目にする前に、対策を講じる時間を得た。 これらのことをもってしても、検疫を中心とした水際対策がそれなりに機能したと考えていいだろう。 ピークを低く、後ろに 国内での感染者の急増は不可避である。 2009年のH1N1インフルエンザパンデミックでは、2000万人が感染した。 今回もそれに迫る規模の感染になる可能性がある。 最終的には、今後数年を掛けて、 おそらく大多数の日本人が一度は新型コロナウイルスに感染することになるだろう。 人類がある種の感染症に初めて接すると、爆発的な流行をもたらすことがある。 いわゆる新興感染症の脅威は、その感染症に対する集団免疫がない中で流行が起こるためである。 しかし、流行はピークを作って、やがて下火になっていく。 これは、社会の中に既感染者が増えることで、 集団としての免疫が構築されるからだと考えられる(図2)。

次の

この先どうなるかわからないのが一番不安ですって英語でなんて言うの?

この先 どうなる

【江原啓之からの緊急メッセージ「今を生きる、みなさんへ」】vol. 1 緊急メッセージ 第1回 2020年について、私は「破綻と崩壊」というメッセージを受け取っていました。 年末に発売されたananでもお話ししましたから覚えておられる方も多いでしょう。 そして今、新型コロナウイルスの流行を受けて、「医療崩壊」や「経営破綻」といった単語が飛びかっています。 「江原さんの予言が当たった!」と話題になっているそうですが、そんなことは二の次。 それよりも、私たちにはもっと考えなければならないことがあります。 自粛期間中は緊張感を持って過ごしていた人も、今はどこか肩の力が抜けているのではないでしょうか。 それどころか、緊急事態宣言が全国で解除された途端、まるで終息したかのようなムードも漂っています。 正直に言ってこのままでは今後が心配…。 気持ちが緩み、元通りの生活をしてしまうと、第二波、第三波がやってくる可能性が高まります。 もちろん、経済活動をしないわけにも、外出しないわけにもいかないのでしょうが、それでももう少し気をつけなければ、またすぐ、同じことの繰り返しになりかねません。 まだ特効薬もなければワクチンもないウイルス。 ですから、長期戦の覚悟で、「共存する道」を模索することが必要です。 ウィズコロナ、そして、アフターコロナの日常をどう生きれば安心して暮らせるのか。 みなさんが悩んだことについて、3回に分けてお話しします。 お悩み 自粛期間中も平気で外出していた家族。 どう注意したらよかったのでしょうか? 自粛期間中にもかかわらず、とりたてて急ぎではない外出をする。 そんな家族に悩まされたという声をたくさん聞きました。 彼が友達と遊びほうけている、自分は消毒などに気を配っているのに、家族はまったく気にせず出かけて困ったといった声です。 「自分さえかからなければいい」と思っているのは、自己愛(小我)以外の何ものでもありません。 自分が感染源になって家族や周りの人たちにうつすかもしれないということには、まったく想像が及ばないのですから…。 コロナの問題が起こる以前から、愛のない人だったということ。 「見ないふりをしていた本質」が今回、あぶり出されただけなのです。 自粛生活は誰にとっても辛抱の期間だったと思います。 でも、周りと協力し合って乗り切ることができた人が大半。 他者に対する愛があれば、たいへんなときだからこそ、協力することはできるものなのです。 それができなかったのだとしたら、この場合の選択肢は2つ。 「本質」に気づけたことを幸いと思い、距離を置くか。 あるいは、また目をつむって日常に戻るかです。 ただその場合も、「コロナが終息したら、改心する」とは思わないこと。 人の中身はそう簡単には変わりません。 ですから、あぶり出された本質をどう受け止めるかをしっかり考えましょう。 「目をつむって見なかったことにする」という選択をした場合、結局その因果は自らに返ってきます。 厳しいことを言うようですが、そういう人と結びついたのも、似た者同士だから。 「類は友を呼ぶ」なのです。 ですから、相手だけを一方的に責めず、自分自身に対しても厳しい目を向けることが大切です。 自粛期間中にあぶり出された問題は、元からあった気質。 そう考えれば、他のトラブルも読み解けます。 たとえば、「共働きで双方がテレワークになり、家事の負担が増えた。 それなのに、まったく手伝ってくれなくてイライラする」という悩み。 これも、解決の糸口は同じ。 元から非協力的なところがあったはずです。 言うまでもなく、DV(家庭内暴力)などの深刻なトラブルが起きている人は、我慢しないでSOSを発してください。 新型コロナウイルスによって亡くなられた方もいますし、経済的に多くの苦労を背負っている人も大勢います。 ですから、伝え方がとても難しいのですが、誤解を恐れずに申し上げます。 今回のことを通して、人の本質や人間性があぶり出されること自体は悪いことではないと私は考えています。 何事も、「正があれば負がある」のです。 問題が浮かび上がった人は、それを不幸だと思わないで。 マイナスをプラスに変えるチャンスととらえ、惰性でつき合ってきた人間関係を整理していきましょう。 江原さんからのメッセージ 惰性のつき合いを見直し、整理するチャンスととらえて。 江原啓之 スピリチュアリスト、オペラ歌手。 6月25日に最新刊『スピリチュアルお祓いごはん 成就ごはん』 マガジンハウス が発売に。

次の