キャノン セルフィー。 試用レポート: キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1200

試用レポート: キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1200

キャノン セルフィー

コンパクトフォトプリンター「SELPHY(セルフィー)」とは? Canon(キヤノン)製の写真専用プリンタです。 一般的な家庭用プリンタに採用されているインクジェット方式と異なり「昇華型熱転写方式」を採用。 薄いセロファンの付いた専用トナーを使います。 2008年に最初のモデル「CP770」が発売され、2012年に「CP900」、そして2014年2月に「CP910」が発売されました。 「CP910」はAirPrintに対応し、iPhoneに専用アプリをインストールしなくてもワイヤレスプリントOK! もちろんSDカード等を直接挿入してプリントすることもできます。 2017年10月に登場した「」は最大8台のスマホやタブレットで撮影した写真をプリンタへ転送&印刷できるように! 8枚の写真がランダムに配置された特別な1枚をその場ですぐにプリントできます。 の「スマホdeチェキ instax SHARE SP-1」は、チェキフィルムがお高くてコスパが悪い。 の「Pocket Photo PD239」は、専用アプリのインストール必須な点がネック。 消去法で選んだ結果、専用アプリをインストールしなくてもiPhoneのカメラロールにある写真をプリントできて、他の2機種よりも価格が安い「SELPHY CP910」の購入に至りました。 コンパクトフォトプリンター「SELPHY(セルフィー)」を使ってみた 購入したばかりの「SELPHY CP910」を開封します。 一番上に入っているのは、説明書やインストールCD。 この中で今回利用したのは、「かんたん印刷ガイド」だけです。 説明書一式の下には、ペーパーカセットが入っています。 プリンタ本体が登場です。 ワクワクしますね。 他に電源コードとアダプターが入っています。 プリンタ本体は、想像以上に小さい!これなら持ち運びも問題なくできそう。 (近くにあった、文庫本サイズのフォトブックと並べてみました。 ) 写真の印刷には、別売りの専用プリント用紙とインクリボンが必要です。 私は、「」を同時購入しました。 家庭用のインクジェットプリンタは用紙とインクがそれぞれ別売りなので、このへんが大きく異なりますね。 では、印刷の下準備。 ペーパーカセットにプリント用紙をセットします。 2段開閉がわかりづらいので説明書を頼り…力任せに開閉すると壊れてしまいそうなので気をつけてセットします。 挿入方向に確認して、インクリボンをプリンタ本体にセットします。 ペーパーカセットをプリンタにセットします。 うまくセットできず、ちょっとハラハラしました。 最後に電源アダプターをセットして、印刷準備は完了です。 SDカードを挿入してデジカメ写真をプリントしてみます。 液晶モニタでプリントする写真を選び、印刷ボタンを押すとプリントが始まります。 ドキドキ・・・。 印刷が始まりました。 え??イエロー一色??と驚いていると、次のカラープリントが始まりました。 そして、3つめの色も・・・ これが最後、4つ目の色がプリントされました。 はい、プリント完了!印刷ボタンを押してから、約40秒で完成しました。 このように印刷の様子を見ているだけでも盛り上がります(笑) ただ、印刷音が大きいので静かな場所では使いづらいですね。 寝ている娘の隣では使えません。 専用プリント用紙のパッケージには「L Size」と表記されていますが、 ミシン目に沿って両サイドを切り取るとL判プリントよりも幅(横)が小さくなります。 気になるクオリティーは・・・インクジェットプリンタと比較するとやや劣ります。

次の

キャノンセルフィーCP910の特徴: キャノン・セルフィー・CP910の価格情報サイト

キャノン セルフィー

SELPHY DS810 電子マニュアルの使用方法 Windows版 アイコンをクリックすると、自己解凍形式のファイル(. exe)がダウンロードされます。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると解凍が始まります。 exe』をダブルクリックしてインストールを行います。 アイコンをクリックすると、自己解凍形式のファイル(. dmg)がダウンロードされます。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると解凍が始まります。 解凍したフォルダー中の、電子マニュアルのファイル(. mpkg)をダブルクリックしてインストールを行います。 SELPHY DS700 電子マニュアルの使用方法 Windows版 アイコンをクリックすると、自己解凍形式のファイル(. exe)がダウンロードされます。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると解凍が始まります。 解凍した フォルダー中のtop. htmをダブルクリックするとお使いのブラウザーで見ることができます。 Mac版 アイコンをクリックすると、自己解凍形式のファイル(. sea)がダウンロードされます。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると解凍が始まります。 解凍したフォルダー中の『プリンター活用ガイド』をダブルクリックするとお使いのブラウザーで見ることができます。 なお、当ファイルを、Mac OS X v10. 4以降のOSを搭載したMacでご使用いただくには、「StuffIt Expander」などの解凍ソフトが必要です。

次の

【楽天市場】キヤノン キヤノン コンパクトフォトプリンター セルフィーCP1300 WH(1台)

キャノン セルフィー

コンパクトサイズで設定もかんたん! こちらがSELPHY本体。 500mlのペットボトル約1本分の重さなので、気軽に持ち運びができて大活躍しそうですね。 同梱されているお試し用の消耗品は3枚分ですので、インクカセットと用紙がセット 20枚分 になった消耗品のも一緒に買うのがおすすめです。 バッテリー内蔵だから、どこでも印刷可能! こちらがSELPHY SQUARE QX10のスペックです。 バッテリー内蔵なので電源いらずで約20枚プリントが可能です フル充電時。 結婚式やパーティーなどに持って行けば、その場でプリントして友達にもすぐにプレゼントできます!• 印刷動作開始から排紙完了まで。 当社試験基準による。 印刷条件により異なることがあります。 3色のカラーバリエーション SELPHY SQUARE QX10はホワイト、ブラック、ピンクの全3色のカラーバリエーションがあり、自分好みのカラーをチョイスできます! 準備もらくらくカンタンに では、実際に電源を入れて印刷の準備をしましょう。 まず電源ボタンを押して起動させます。 シンプルな本体デザインなので、電源ボタンの配置もわかりやすくなっています。 次にインクカセットと用紙を入れます。 インクカセットは本体横から、用紙は本体裏面から、印刷面(Canonロゴがない面)を下にしてセットします。 本体側の準備はこれだけなので、簡単に使えそうですね。 SELPHY SQUARE QX10を選択し、スマホと本体を繋ぎます。 ここで便利なのが、カートリッジ挿入部のカバー裏に記載されているQRコードです。 このコードを読み込むことで、自動で接続することができます。 スマホの中からプリントする写真を選びます。 そのままプリントもできますし、アプリで画像を手軽に加工もできます。 フレームを付けたり、スタンプを押したり、かんたんに自分好みの可愛い仕上がりにすることができます! プリントボタンを押すと約43秒で写真が完成します! もちろん、アプリは無料でダウンロードできます!アプリのダウンロードは 全面シール、そしておしゃれなスクエアフォーマット 実際にプリントした写真がこちらです。 写真としてアルバムに保存するだけではなく、実はシール紙仕様になっているので、手帳やフォト日記に貼ることもできます。 またワインボトルやジャムの瓶にオリジナルラベルとして貼り付けて、プレゼントできます。 自分の好みを選べる!3つのデザイン。 mi-naの専用ケースにはシックなネイビーストライプ、可愛いフラワーガーデンピンク、落ち着いたプルメリアベージュの3つのデザインがあります。 自分好みのデザインをチョイスして、おしゃれに持ち運ぶことができますね! 可愛さだけじゃない!機能も充実。 ケースの生地にはクッション素材を採用し、さらにビニールコーティングされているので、衝撃だけではなく汚れや水濡れにも強い仕様となっています。

次の