みずきの女子知韓宣言 行方。 【海外の反応】靖国爆発物事件、犯人・チョン・チャンハンの母親「息子が日本の刑務所で虐待を受けてる!助けてあげて!」

[B!] 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*) : 【韓国の反応】韓国人「日本軍慰安婦は6.25韓国軍慰安婦と本質的に同じ」「慰安婦問題は解決しない理由は、『紛争の継続』 を目的とする韓国人の精神文化のせい」

みずきの女子知韓宣言 行方

340人の全校生徒に向け「今は勉強することが義務」と激励した。 「ぜひ講演を」と電話や手紙での依頼を100回ほど重ねた熱意が通じた。 約50分間の講演はすべて質疑応答。 生徒からの「一番大切にしていることはなんですか?」との質問に尾畠さんは「人に優しく己を小さく。 これを私は常に心がけています」と答えた。 大役を終え「子供たちの目がみんな光っていた。 自信を持っている証拠だ」と語り、続けて「まっすぐ自分に正直に生きてほしい。 自分に自信を持って、正しいと思ったことを貫いて。 五感を働かせていろんなことを体験してほしい」と熱いメッセージを送った。 新たな目標は旅だ。 手作りの旗に書き込んだ「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」の文字。 この日は都内に宿泊し、その後は大分の自宅までのおよそ1320キロを30日かけて徒歩で帰宅する。 これからの行程は全て野宿という。 19日の東京都品川区の予想最低気温は0度。 そんな寒空もお構いなしで「自然に感謝する気持ちを持っていたら天気も味方してくれる」と笑い飛ばした。 大分に到着後も休むことなく、太平洋戦争末期の沖縄戦で多くの人が亡くなったガマ(洞窟)で遺骨収集を行う。 「同じ日本人で70年以上眠り続けている。 その人たちの遺骨を出してあげたい。 長年の夢だった」と、真剣なまなざしで語った。

次の

東京から大分まで歩いて帰るわ。尾畠さん1320km歩くぞ宣言 : ネトウヨにゅーす。

みずきの女子知韓宣言 行方

2019年8月26日 「アベ独裁政権ガー」と喚いているやつは狂っていると断言できよう。 もしそいつが日本人なら、朝鮮人、韓国人、在日などに踊らされている 大マヌケだ。 安倍政権は民主主義のルールと選挙に基づいて正統に選ばれた。 日本国民の多数派が選んだ政権である。 一方で、それが憎くて憎くて仕方がないという狂った集団がいるらしい。 「日本会議」に関して、爆笑もののデマが撒かれたことは記憶に新しい。 広めたやつこそ犯罪者だったという笑えるオチがあったがw なぜ、朝鮮極右とその手先の日本人は、安倍政権を憎むのだろうか。 基本的にはこの連中が、自分たちが好き放題にやってきた対日犯罪を安倍さんによって止められたから、という 「犯罪集団の逆恨み」があるのだ。 朝鮮総連に返金命令。 それに同調している日本人は人間のクズと断言していい。 それにしても野中広務という男は、死んでしまったが、許し難い。 その他にも、安倍総理には次のような功績がある。 また「人権法案」という、人権に名を借りて、日本の言論の自由を抑圧し、反コリア言動を罰する事実上のコリアファシズム礼賛法案も潰された。 だから安倍さんを恨んでいるのである。 さて、安倍晋三氏の親戚にして、麻生太郎氏の祖父なのが 戦後の宰相・吉田茂である。 朝鮮人はまたこの吉田茂が嫌いで嫌いで仕方がないらしい。 なぜなのか? それは吉田が戦後、在日を追放しようとしたからだ。 戦後、日本に残っている在日の中で、徴用組は245名に過ぎない( 昭和34. 13 朝日新聞より)。 つまり、在日の99%以上は「自己都合による残留組」である。 在日はなぜか「戦勝国民」を自称し、日本人を虐殺し、土地を奪うなどした。 朝鮮人による日本人殺害や強姦が頻発し、朝鮮人のGHQや警察・公官庁への襲撃などで、国内は極度に治安が悪化。 ただし吉田茂は 「台湾人は問題を起こしていない」とし、マッカーサーGHQに対して、 朝鮮人のみの対処を要望した。 「朝鮮人は頭を下げるということを知らないばかりか、感謝の念を抱こうともしない。 恥という概念がないから嘘をつくことをためらわない。 彼らは日本人が与えた恩恵に対し、微塵もありがたみを感じないだけでなく、その恩恵を仇にして、日本人の人の良さにつけこんでくる。 だから穏便に帰国させようとした。 日本に居座りたい在日(つまり今の在日の父・祖父)は、吉田を警戒し、恨んだ。 だから、在日マフィアは 麻生太郎・安倍晋三を異常なほど憎むのだ。 ただの勝手極まりない 「私怨」なのである。 ただの 逆恨みなのである。 こんな在日に踊らされて 「アベ独裁政権ガー」と叫んでいる日本人は、真性の馬鹿にして偽善者だと断言してもよい。

次の

[B!] 【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*) : 【韓国の反応】韓国人「日本軍慰安婦は6.25韓国軍慰安婦と本質的に同じ」「慰安婦問題は解決しない理由は、『紛争の継続』 を目的とする韓国人の精神文化のせい」

みずきの女子知韓宣言 行方

340人の全校生徒に向け「今は勉強することが義務」と激励した。 「ぜひ講演を」と電話や手紙での依頼を100回ほど重ねた熱意が通じた。 約50分間の講演はすべて質疑応答。 生徒からの「一番大切にしていることはなんですか?」との質問に尾畠さんは「人に優しく己を小さく。 これを私は常に心がけています」と答えた。 大役を終え「子供たちの目がみんな光っていた。 自信を持っている証拠だ」と語り、続けて「まっすぐ自分に正直に生きてほしい。 自分に自信を持って、正しいと思ったことを貫いて。 五感を働かせていろんなことを体験してほしい」と熱いメッセージを送った。 新たな目標は旅だ。 手作りの旗に書き込んだ「世界のこどもたちの幸福をねがう旅 79歳と3ケ月の挑戦」の文字。 この日は都内に宿泊し、その後は大分の自宅までのおよそ1320キロを30日かけて徒歩で帰宅する。 これからの行程は全て野宿という。 19日の東京都品川区の予想最低気温は0度。 そんな寒空もお構いなしで「自然に感謝する気持ちを持っていたら天気も味方してくれる」と笑い飛ばした。 大分に到着後も休むことなく、太平洋戦争末期の沖縄戦で多くの人が亡くなったガマ(洞窟)で遺骨収集を行う。 「同じ日本人で70年以上眠り続けている。 その人たちの遺骨を出してあげたい。 長年の夢だった」と、真剣なまなざしで語った。

次の