鬼 滅 の 刃 186。 【鬼滅の刃】186話のネタバレ微画バレあり【縁壱の悲しき過去が明らかに】|サブかる

鬼滅の刃186話をネタバレ!縁壱の悲しい過去に切なさが止まらない|大漫画時代

鬼 滅 の 刃 186

『鬼滅の刃』第186話 感想 『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」の感想です。 〜簡単あらすじ〜 無惨の血により死に瀕する炭治郎。 死の縁にで炭治郎は「匂いのない世界」に迷い込む。 そこは炭治郎に宿る祖先から引き継いだ「記憶の遺伝」による炭吉の記憶の中で、そこで炭治郎は「始まりの呼吸」の剣士 継国縁壱と出会う…。 おお〜、ついに縁壱自身の事が明かされていきますねぇ。 縁壱についての客観的な情報ではなく、縁壱の主観的な部分が!! 第186話「古の記憶」です。 他でいえば、杏寿郎の母親とかも…非常に良い。 こういう主要人物以外も魅力的だからこそ、物語に厚みというか深みが出るのだろうか…。 有り余るほどの才を持ちながらも、人を痛めつける事を厭い剣術を嫌っていた 縁壱が、何故鬼狩りになったのか。 ずっと疑問だったのですが、うたが関係してたんですね。 巌勝はこの事を知らなかったのでしょうか?巌勝の目には縁壱は全てを持っている…かのように映っていたようですが、縁壱もまた本当に欲しかったものは手に入れることができなかった 悲しみを背負った一人の人間だったのにね…。 そもそも縁壱が鬼狩りとなっていることで、その背負っているものを巌勝も察っすることもできたのではなかろうか。 『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」より引用 しかし、その美しい世界を滅茶苦茶にする存在。 それが「鬼」でした。 縁壱もまた無惨への怒りを抱いて戦っていたんですね。 縁壱といえば、どこか超越した雰囲気で、彼の人物像と憎しみや怒りなどと言う感情とは結びつかなかったので、このことはかなり意外でした。 ちなみに、縁壱が無惨と遭遇した際に、 無惨の傍に珠世がいますね。 後述しますが、これはもしや 十三番目の型を習得する糸口になり得るのでは…。 呼吸法と剣術流派の関係。 呼吸法と剣術流派の関係についても謎が解けました。 以前第174話の感想を書いた際に、縁壱が呼吸法の始祖なら、それまで鬼狩はどうやって戦っていたんだ?と漠然と疑問に思っていたのですが…。 まとめると、 そもそも鬼殺隊には『炎』『風』『水』『雷』『岩』の剣術流派があり、それらに縁壱の『呼吸』を合わせることで、『炎の呼吸』『風の呼吸』『水の呼吸』『雷の呼吸』『岩の呼吸』が生み出された…ということのようです。 『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」より引用 なので縁壱以前にも剣術流派自体は存在しており、鬼狩たちはそれを駆使して鬼と戦っていたわけですね。 縁壱の『呼吸』をすでに成立していた剣術流派に組み込んだことでできたものが 「基本の五流派」の呼吸法だということです。 ただ、この『呼吸』を 誰一人縁壱のように習得することはできなかったわけですね。 つまり、あくまで『呼吸』についてのみ派生 劣化? であって、厳密には『日の呼吸』という剣術流派から別れた流派であるわけではないようです。 あくまで、 剣術流派としては『日の呼吸』と「基本の五流派」は独立の流派であって、例えば『水の呼吸』と『花の呼吸』や『風の呼吸』と『霞の呼吸』のようないわゆる派生とは異なる感じのようですね。 ちなみに『炎の呼吸』が最も『日の呼吸』に縁が深い…ような話がありましたが、縁壱が初めて出会った…というか縁壱たちに危害を加えた鬼を追ってきた鬼狩が杏寿郎の祖先、当時の炎柱だったようです。 実際、現在炭治郎は「記憶の遺伝」の中で、縁壱と遭遇しましたね。 現状、どちらに転ぶかはわかりませんが…まあ、期待は膨らみますよね 笑 ただ、今回の話を読んだ感じでは、個人的には 別の方法で習得しそうな気がするのではとも思ってしまいました。 いつも通りの妄想よりの予想です 笑 理由としては、3点あって• 縁壱が今の流れで炭吉に型の詳細について話をするとは考えにくい。 愈史郎の生存が確認され、炭治郎より救出が優先された。 縁壱が無惨と遭遇した場面に珠世が同席している。 一つ目は、もうなんとなくの感覚なのですが…。 人に思い出話をするような時、細かい話はあまり詳しくしませんよね。 技の概要くらいは触れるかもしれませんが、具体的にどういう姿勢からどういう風に、どうやって…なんてことは話さないでしょう。 だって本筋から逸れるし。 そうであれば少なくともこの時点では炭吉は『日の呼吸』の詳細は知らないはずなので、この記憶から炭治郎が十三番目の型のヒントを得ることは難しいでしょう。 あくまで炭治郎の見ている 「遺伝の記憶」は炭吉視点なので…。 その上で、二つ目と三つ目です。 『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」より引用 これまで 鬼たちが無惨の「細胞の記憶」を見ることは時折描かれてきました。 つまり、珠世の「細胞の記憶」を愈史郎が持っていても不思議がないとも言えるということです。 珠世は無惨と縁壱との戦いに居合わせており、十三番目の型を見ている可能性が高いわけです あるいは珠世自身がその身で受けている可能性も…。 しかも、村田さん達の計画では、救出した愈史郎に炭治郎を助けてもらうとのこと…。 現状の炭治郎を助けるには、細胞レベルでどうにかしなくてはならないわけですから、鳴女の脳に侵入したように 炭治郎の体内にも愈史郎の体の一部を入れる必要があるはずです。 その際に、 お互いの記憶同士が刺激されあって、『日の呼吸』十三番目の型の記憶が抽出されるのでは…なんて。 まあ妄想ですけど 笑 素直に「記憶の遺伝」からヒントがつかめればそれはそれで良いのです 笑笑 それはそうと、この流れだと珠世は縁壱によって無惨が瀕死に追いやられたからこそ、血の束縛が弱くなって無惨の支配下から解き放たれたのかな?? それと、結局『日の呼吸』は誰が継いだのだろう?住吉の子供は女の子のようですし…。 うん、まあ、いいか。 というわけで、『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」の感想でした。 では 『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!! 電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。 さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。 忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。 僕もで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です 笑 注目されている記事 過去24H•

次の

【鬼滅の刃】186話のネタバレ微画バレあり【縁壱の悲しき過去が明らかに】|サブかる

鬼 滅 の 刃 186

スポンサーリンク 父の呼びかけで目を覚ます禰豆子 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 ・・・禰豆子起きろ 炭治郎が危ない 今回の表紙は、父炭十郎が眠っている禰豆子を静かに起こそうとしているところです。 禰豆子は父からの呼びかけに応じるように目を覚まし、突然立ち上がります。 枕元で看病していた鱗滝さんは驚き、禰豆子どうした?と聞きますが、冷や汗をかき驚いた表情のまま反応がありません。 やがて、いきなり戸をブチ破って外に飛び出して行く禰豆子!! その物音は元音柱の宇髄天元と元炎柱の煉獄槇寿郎のところにも聞こえます。 禰豆子が眠っていた場所は、お館様である輝利哉たちと同じ建物だったようです。 煉獄は扉の向こうにいる輝利哉に向かって、どうしたら良いか判断を仰ぎます。 スポンサーリンク 輝利哉の父・耀哉の言葉 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 鬼の娘が飛び出したと聞いて予想外の出来事に驚く輝利哉。 無惨に操られている? 薬が効いて人間に戻った? あらゆる予測をしますがどれも決め手がありません。 なぜ禰豆子がいきなり起きて走り出したのか理由がわからないため判断がつかないのです。 とりあえず追わなければ・・・!と指示を出しかけたとき、輝利哉の肩にそっと手を置いて語りかける人物がいました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 禰豆子は好きにさせなさい 大丈夫だから それは、輝利哉の父である亡くなった耀哉だったのです。 誰に禰豆子を追わせるか問いかける妹たち。 もし禰豆子が鬼に捕まるようなことがあっては取り返しがつかないことになってしまいます。 しかし、輝利哉は涙を流しながら追わなくていいと答えます。 父上が 好きにさせろと言ってるんだ・・・ 極限状態で指示を出し続けなければならない輝利哉。 生前は厳しかったという父耀哉ですが、輝利哉のところへ助けに来てくれました。 おそらくずっと近くで見守ってくれていたのではないでしょうか・・・? この父の言葉は温かく、ありがたいものだったと思います。 無惨の毒が少しずつ体に浸潤しています。 倒れている炭治郎の向こうでは、三人の柱が無惨と戦っています。 三人がかりでかかっても無惨が優勢な様子。 そしてやがて三人とも無惨に傷をつけられてしまいます。 傷の痛みで倒れ込む恋柱、甘露寺蜜璃。 そこに容赦なく無惨の攻撃が・・・!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 と、間一髪でその攻撃を破壊した人物がいました。 岩柱・悲鳴嶼行冥です!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 無惨が悲鳴嶼に気を取られていると、さらに背後から無惨を一刀両断する人物が!! 風柱・不死川実弥です。 しかし残念ながら、無惨の体は斬られた直後に修復され、振り返った時には既に元通りに戻っています。 振り返りざま実弥に攻撃する無惨。 実弥は攻撃を避けながら液体の入った数個の瓶を投げました。 攻撃の余波でその瓶は割られ、中に入っていた液体が無惨の体にかかります。 中身は・・・油! すかさずマッチで火をつけられ火だるま状態に!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 小賢しい真似を!と怒り狂う無惨。 テメェにはこれくらいが似合いだぜぇ ブチ殺してやる この塵屑野郎 油をかけて火をつけるとは・・・ こんな攻撃よく思いついたな!と思います。 この、正攻法でなく、教科書に載っていないような攻撃をしかけるのが実弥らしいと思いました。 市街地に出たことを利用して、どこかから油とマッチを調達してきたのでしょうか。 無惨が燃えて死ぬということはないにしても、火を消す間の時間稼ぎにはなりそうです。 スポンサーリンク 義勇に炭治郎を託された村田 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 その様子を物陰から伺っている人物がいました。 村田です。 家族の仇である無惨を殺そうと、戦闘に加わろうとしますがなかなか動けずにいます。 そこへいきなり「村田——!!」と声をかける義勇。 炭治郎が動けないので手当をしてほしいと頼みます。 炭治郎に声をかけ、安全なところへ運びます。 村田は水柱である義勇が自分の名前を憶えていたことに感動しています。 二人は最終選別のとき一緒だった同期なのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 すごい差がついちゃったけど同期なんだぜ俺たち・・!! 最終選別でお互い生き残り、スタート地点は一緒だった二人。 ということは二人とも錆兎に助けられたということですね。 死んでしまった錆兎、そしてそこから戦い続けて今その元凶である無惨を倒すため同じ場所にいる二人。 村田は、階級をどんどん上げてついには水柱となった義勇に対し尊敬や劣等感など、色々な思いがあったのではないでしょうか。 そして今、無惨という共通の敵とそれぞれの形で戦っているのです。 村田によって運ばれている炭治郎は、死の淵で夢を見ています。 目を開けると青空が広がっていました。 夜が明けたのか?いやそんなはずはない・・・ そしてあることに気づきます。 あれ? 匂いが全然しない 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 185-186 話のまとめ 今週はとっても盛沢山な内容でした!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 まずついに禰豆子が覚醒しました。 しかし、人間に戻る薬を服用したのに、その目はまだ鬼のままでした。 これは、本来であれば薬の効果があらわれてから自然に目を覚ますはずのところ、父炭十郎の呼びかけに応じて途中で覚醒してしまったからでしょうか? 鱗滝さんが追いつけないほどの速さで走ったり、崖から飛び降りて無傷ということからもまだ鬼であるということがわかります。 禰豆子の血鬼術は鬼の毒を解毒する作用があり、炭治郎を助けるためには禰豆子の血鬼術が必要ではあるのですが、珠世の薬は効いていなかったということなのでしょうか。 結局薬は効いていなかった、という展開はなさそうな気がするので、これから先の展開で何か影響があるような気がしてなりません。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」185話より引用 そして最後の場面は、炭治郎ではなく炭治郎の先祖、炭吉でしょうか? 額の痣と耳飾りはつけていませんし、薪割りの途中らしく斧を持っています。 炭吉の姿の夢を見ているということは、記憶の遺伝で炭治郎の意識が炭吉の中に入り込んだ状態? ここで炭吉の夢を見ているとすれば、これは何を意味しているのでしょう。 炭治郎の時代までは伝えられることのなかった、当初十三あったはずの日の呼吸の十三番目の技のヒントをつかむことができるのでしょうか。 さらに、無惨に怪我を負わされた義勇、伊黒、甘露寺の状態も気になります。 生存している柱五人が全員揃ったので鬼殺隊側としては現在の最高戦力ということになりますが、これでもまだ無惨は余裕に見えます。 そして炭治郎・・・炭治郎の復活が鍵を握っていることは間違いありません。 頑張れ炭治郎!!.

次の

鬼滅の刃186話をネタバレ!縁壱の悲しい過去に切なさが止まらない|大漫画時代

鬼 滅 の 刃 186

・タイトル名 ・扉絵 ・炭治郎がいた場所 ・縁壱のお話 ・叶わなかった小さな夢 の5つの大見出しをご用意!!! 鬼滅の刃ネタバレ186話:タイトル名 今回のタイトル名は… 「古の記憶」 となっております。 このタイトルってことは、やはり 竈門家の記憶編突入ってことですね! 今までも重要な場面で登場してきた記憶編。 ここで何かをつかむのでしょうか? 鬼滅の刃ネタバレ186話:扉絵 そんで今回の扉絵はこんな感じです!!! その風景が語るのはー 見覚えのある羽織を着た人物・・・ 炭治郎の先祖の誰か・・・ 一体なにが起こるのでしょうか? 鬼滅の刃ネタバレ186話:炭治郎がいた場所 瀕死だったはずの炭治郎は、何故か 自分の家によく似た家の前にいた。 とーたん 幼い子が炭治郎の事を お父さんと呼び、どこかを指差す。 そこには、 始まりの呼吸の剣士・縁壱の姿が! 鬼滅の刃186話:現実の炭治郎 現実世界の炭治郎は、変わらず 瀕死状態。 村田が必死に蘇生を試みていた。 息もしてない、心臓も・・・!? 村田が自分の心音と息の音がうるさいと思うほど、炭治郎は死にそう・・・ そこに現れた一般隊士。 「むらた!」 ドキーン 「うわぁああ」 突然名前を呼ばれ、びっくりしすぎる村田。 愈史郎が瓦礫の下敷きになっているから手伝ってくれという隊士。 涙を流し 「炭治郎も死にそうで・・・」という村田。 しかし、 愈史郎を助けられれば手当てしてもらえるはずだと隊士は村田を連れて行く。 鬼滅の刃ネタバレ186話:縁壱のお話 縁側に座る縁壱と炭吉 炭治郎 、すみれ。 この世は ありとあらゆるものが美しい そうして、縁壱は語りだす。 鬼滅の刃186話:縁壱の過去 信心深く、縁壱を想ってくれていた 母の事。 耳が聞こえない縁壱の為、 耳飾りのお守りも作ってくれた。 いつも縁壱を気にかけてくれた、優しい 兄の事。 父に縁壱に構ったことを怒られた翌日でも、 手作りの笛をくれた。 笛を吹けばいつでも自分が助けにくる、 何も心配ないと笑ってくれた。 そして、母の病死後、自分が忌み子だとわかっていた縁壱は家を出る。 寺には行かず、 どこまでも続く美しい空の下を思いっきり走った。 一昼夜走っても疲れなかった縁壱は、山の中で女の子と出会う。 流行病で家族が死んでしまった女の子。 じゃあ俺が 一緒に家に帰ろう 黒曜石のような瞳の うたと、一緒に暮らすことにした縁壱。 うたのおかげで、 他人と自分の世界の視え方が違うことを知る縁壱だった。 鬼滅の刃ネタバレ186話:叶わなかった小さな夢 10年後には夫婦になり、うたのお腹には子もできる。 出産に備えて、産婆を呼びに行く壱だったが、道中人助けに手を取られ、帰るのが遅くなってしまう。 家に着くと、 うたは腹の子諸共殺されていた・・・ 縁壱の夢。 小さな家で家族と静かに暮らすこと。 それだけで良かったのに、鬼が存在しているためにそれすら叶わなかった・・・ 鬼の足跡を追ってきた剣士と出会い、縁壱は 鬼狩りとなる! 縁壱が使う呼吸を教え、飛躍的に力を向上させる柱達。 兄もまた、鬼狩りに加わり、力を貸してくれた。 鬼滅の刃186話:鬼の始祖 間もなくして、 鬼の始祖を見つける縁壱。 そばに女性 珠世!? を連れている鬼の始祖に出会った瞬間、 この男を倒すために 生まれてきたのだと わかった とここで終了!!! 次が気になりますね!! 鬼滅の刃の最新単行本が無料で読める方法! これからご紹介する内容は 無料で最新刊を読めてしまう方法になります。 最新刊がどこも売り切れ…• 炭治郎の状況• 毒で生死不明• 意識の世界なう• 手には斧• 嗅覚が死亡!? と言う感じになっています。 もう強化確定でしょこんなの!!! 個人的に、「手には斧」と「嗅覚が死亡」と言うところが引っかかります。 そして炭治郎が強化する所は、 「透き通る世界」の絶対発動。 だと思いますね。 鬼滅の刃186話考察:引っかかった理由を解説。 ではまずは、 「手には斧」から。 手に斧を持っている状態は、炭十郎が病死する前に熊を討伐した状態を想像できますよね。 その時に炭十郎が行ったことは、炭治郎への 「透き通る世界」の見取り稽古です。 そして、嗅覚がないと言う点。 炭治郎自身、「透き通る世界」に入るときは「嗅いだのか」「見たのか」わからないと発言していたため、完全に世界に入れたと言うのは違和感を覚えます。 なのでここでは「透き通る世界」の絶対発動を取得して、戦いに戻っていくのではないでしょうか。 まとめると….

次の