パソコン デスクトップ 省スペース おすすめ。 スリム型パソコンおすすめ機種:選び方やデメリットも徹底紹介!

【簡単】超小型PCおすすめ一覧10選|選び方・口コミ

パソコン デスクトップ 省スペース おすすめ

ドスパラは、ショップブランドや PC パーツを販売しているパソコンショップです。 規模が大きいパソコンショップでもあり、通販だけでなく全国各地に店舗を構えています。 規模が大きいだけあって、パソコンの品揃えは幅広く、自分の要望に合致するモデルが見つかる可能性が高いです。 性能の割りに価格が安いのも大きな魅力です。 ショップブランドと聞くとタワー型パソコンをイメージしますが、ドスパラでは省スペース型パソコンの販売も積極的で、ラインナップは豊富です。 特殊な PC ケースを採用した手のひらサイズの超コンパクト PC も販売しており、このようなパソコンを買えるのは、ショップブランドを販売しているパソコンショップならではです。 省スペース型パソコンのラインナップ(2014年10月25日時点) ドスパラでは、コンパクト・スリムパソコンを販売しており、ラインナップには大きく分けると、インテル CPU 搭載コンパクト&スリムデスクトップ、AMD CPU 搭載スリムケースデスクトップ、手のひらサイズの超コンパクト PC があります。 省スペース型の基本形は、分厚い本を縦に置いたような形ですが、高性能モデルにやや厚みが増してタワー型に近いような形の PC ケースを採用したモデルもありますので、省スペースさを重視する場合は、選ばないようにする必要があります。 手のひらサイズの超コンパクト PC は、特殊な PC ケースを採用して、より省スペースを実現したモデルです。 小型化のために性能等が犠牲になっている面がありますので、選ぶ場合は自分の使用用途に合うか慎重に検討する必要があります。 日常利用等の負荷が小さい作業に使うのであれば十分快適に使えますので、高い性能を必要とせず、設置スペースを極限まで抑えたい方におすすめです。 マウスコンピューターは、パソコンの製造及び販売を行っている国内メーカーです。 はじめは様々なメーカーのパソコンを販売していましたが、顧客が求めるパソコンにより近いパソコンを販売しようと BTO パソコンの販売を始め、大きく躍進しました。 シンプルな仕様にこだわり、セカンドマシンとしてもお手頃な価格で購入できるモデルで大きな注目を浴び、さらにユーザーが増えてくると、性能にとことんこだわったハイスペックモデルが登場する等して、ラインナップが豊富になってきました。 コストパフォーマンスの高さは健在で、国内メーカー随一です。 BTO パソコン販売当初から価格の安さで大きな話題を集め、今でも低価格路線は健在です。 どのモデルも性能の割りに価格が安く、コストパフォーマンスで勝負できる他の国内メーカーはありません。 また、コストパフォーマンスの高さが売りの海外メーカーや、ショップブランドを販売しているパソコンショップに引けをとりません。 省スペース型デスクトップパソコンのラインナップ(2014年10月27日時点) デスクトップパソコンのラインナップは、以下のように大きく分けられています。 ・ハイエンド&プロフェッショナル向けデスクトップパソコン ・スタンダード&エントリー向けデスクトップパソコン ・コンパクト&省スペースデスクトップパソコン ・液晶一体型デスクトップパソコン 省スペース型デスクトップは、コンパクト&省スペースデスクトップパソコンにあります。 コンパクト&省スペースデスクトップパソコンは、さらに以下のラインナップに分かれています。 ・LUV MACHINES Slim シリーズ(HS シリーズ) ・LUV MACHINES Slim シリーズ(RS シリーズ) ・LUV MACHINES mini シリーズ HS シリーズと RS シリーズの主な違いは搭載 CPU のメーカーであり、HS シリーズはインテル社の CPU、RS シリーズは AMD 社の CPU を搭載しています。 高性能 CPU ではインテル社が強いですので、性能の高いモデルを選びたい場合は HS シリーズがおすすめです。 LUV MACHINES mini シリーズは、わずかなスペースに設置できる超コンパクトな小型デスクトップパソコンです。 小型化のため性能が犠牲になっていますが、日常利用等の負荷が小さい作業に使用するなら十分な性能です。 性能が低くても問題なく、設置スペースを極限まで抑えたい方におすすめです。 HP は、Hewlett-Packard(ヒューレット・パッカード)の略で、米国にある海外パソコンメーカーです。 海外パソコンメーカーと聞くと、人件費が安い海外で生産されて日本国内に送られてくるというイメージを持つ方がいると思いますが、HP では日本国内生産に強いこだわりを見せており、日本国内パソコンメーカーらしい特長があります。 日本国内では、ユーザーから品質、サポート、納期の短さ等の付加価値に高いレベルが要求されますが、日本国内生産によって高い品質、きめ細かやなサポートの提供、短納期を実現できており、シェアの拡大につながっています。 日本国内生産だと人件費等のコストが上がり、価格が高くなってしまうのではと懸念されましたが、日本国内生産というメリットを活かした徹底的なコスト削減により、非常に高い価格競争力を維持しています。 全てのモデルが日本国内生産ではありませんが日本国内生産のモデルは増え続け、日本国内の生産拠点である東京都昭島市の昭島工場で生産されたモデルには、「MADE IN TOKYO」というブランドが付けられています。 格安モデルから高性能モデルまでそろっており、自分の使用用途に合わせて選べます。

次の

【2020年版】デスクトップパソコンのおすすめ19選。シーン別にご紹介

パソコン デスクトップ 省スペース おすすめ

デスクトップパソコンには、タワー型、省スペース型、キューブ型、一体型、コンパクト型、スティック型があります。 省スペース型は、タワー型よりも幅が狭いですが高さと奥行きは同じくらいですので、省スペースという言葉が含まれていますが、設置スペースは結構必要であり、一体型やコンパクト型、スティック型の方が設置スペースを圧倒的に抑えられます。 以下は、パソコン工房の省スペース型とタワー型、それぞれ液晶ディスプレイ等と並べて設置したイメージ写真です。 見比べると、省スペース型は幅が小さいのがわかります。 それでも、高さと奥行きはタワー型よりは小さいですが、それほど大きくは変わりませんので、設置スペースは結構必要な事がわかります。 pc-koubou. php (2015年9月1日時点では販売中です。 ) そのため、省スペース型を設置できるくらいのスペースがあればタワー型でも問題ないでしょうし、設置スペースを抑えたければ一体型やコンパクト型、スティック型の方がおすすめですので、悪く言えば省スペース型は中途半端です。 このような省スペース型でも、おすすめできる人にはおすすめできます。 それは、できるだけ設置スペースを抑えられるデスクトップパソコン用 CPU 搭載パソコンが欲しい人です。 デスクトップパソコン用 CPU は、モバイルパソコン用 CPU よりも性能が高い製品がそろっており、コストパフォーマンスが高いです。 デスクトップパソコン用 CPU を搭載できるのは、タワー型、省スペース型、キューブ型に限られます。 キューブ型は、幅と奥行きはタワー型と同じくらいで高さはタワー型の半分くらいであり、キューブ型もおすすめです。 (キューブ型はモデルによってサイズが大きく異なり、サイズが小さい方のモデルだとデスクトップパソコン用 CPU を搭載できない。 ) 省スペース型は横置きもでき(モデルによっては縦置きのみ可能)、縦長の隙間スペースだけでなく横長の隙間スペースにも設置でき、隙間スペースを活かせますので省スペース型の方がおすすめです。 一体型やノートパソコンでも、デスクトップパソコン用 CPU 搭載モデルが発売された事がありますが、デスクトップパソコン用 CPU の中で性能が高い方の製品を搭載するのは難しいです。 省スペース型を選ぶ上で注意すべき点 サイズが大きいビデオカードを搭載できない 省スペース型を選ぶ上で最も注意すべき点は、サイズが大きいビデオカードを搭載できず、ロープロファイル対応ビデオカードと呼ばれるサイズが小さいビデオカードしか搭載できない事です。 グラフィックス性能が高いビデオカードはサイズが大きいので、高いグラフィックス性能が必要であればタワー型かキューブ型を選ぶ必要があります。 ロープロファイル対応ビデオカードのグラフィックス性能でも十分であれば、省スペース型がおすすめです。 サイズが大きいビデオカードを搭載できる省スペース型のモデルが発売された事がありますが、もしパソコン購入時に発売されていたら、このようなモデルを選ぶのもおすすめです。 ただし、サイズが大きいビデオカードの中でグラフィックス性能が高い方の製品を搭載するのは難しいです。 他にも以下の点に注意が必要であり、省スペース型のデメリットと言えますが、これらのデメリットが問題になるようならタワー型、またはキューブ型を選ぶ必要があります。 ・トップクラスの性能を持つデスクトップパソコン用 CPU は搭載できない ・多数の内蔵ストレージ、内蔵光学ドライブを搭載できない ・ビデオカード等のサイズが大きい拡張カードを搭載できない CPU は性能が高い製品ほど発熱量と消費電力が大きいです。 トップクラスの性能を持つ製品だと、省スペース型にとって発熱量と消費電力が大きすぎるため搭載できません。 内蔵ストレージや内蔵光学ドライブは、PC ケース内のドライブベイに搭載しますが、省スペース型は内部スペースが狭くドライブベイが少ないので、多くても内蔵ストレージと光学ドライブは、それぞれ2つ程度までしか搭載できません。 サイズが大きいビデオカードを搭載できない事と内容が重複しますが、省スペース型はロープロファイル対応の拡張カードしか搭載できません。 拡張カードには、ビデオカードに限らずビデオキャプチャーカードやサウンドカード、インターフェースカード等がありますが、ロープロファイル対応ではないサイズが大きい拡張カードは搭載できません。

次の

【2020】デスクトップパソコンおすすめ18選|初心者の選び方&人気メーカー特集

パソコン デスクトップ 省スペース おすすめ

アプリなどを利用する場合の快適さや、起動、動きなどががメモリの容量によって変わります。 デスクトップパソコンではCPUが頭脳のような役割を果たしデータの処理を行いますが、メモリーが少なければCPUの作業低下に繋がるのです。 少ないメモリーには、データが置けない、順番待ちという状態になってしまうため、起動が遅い、動作が遅いという状態にしてしまいます。 特に画面を開く時に数十個タブを開いている人や、重いスプレッドシートやエクセルファイルを開くという人はメモリを多めに積んだ方が良いでしょう。 メモリーも自分でカスタマイズすることは可能ですが、初めからメモリーが多いに越したことはありませんよね。 基礎知識4. グラフィックボードについて 最新モデルでも紹介した、中国生まれのパソコンメーカー「エイサー」の商品です。 最新モデルよりもメモリーが少ない点などが、安価で購入できる理由といえます。 省スペースで使うことができ、エイサーのロゴが入ったスタートボタンがおしゃれです。 Wi-Fiや、Bluetooth内蔵なのもポイント。 有線ではなく、インターネットはWi-Fi接続にしたいと考えている人にも人気の一台です。 Bluetooth接続でスマホの音楽などをパソコンと簡単に共有できたり、無線スピーカーと連携も可能に。 とにかくコンパクトなのに、見た目よりもダイナミックな働きをしてくれるのも1つの魅力。 普段はあまり使わない、とにかく安くてコンパクトなデスクトップパソコンをお探しの方におすすめな商品です。 商品ステータス 新たなスマホモデルを出す度にニュースなどでも話題になる、Apple社のデスクトップパソコンです。 アップルはコンパクトなノートパソコン「MacBook」も人気ですが、今どきなデザインのデスクトップパソコン「iMac」も人気です。 今回紹介するiMacは5Kディスプレイ搭載の新型モデル。 薄型なのに迫力のあるデザインは、最先端な雰囲気で圧倒的な独自ラインが光ります。 裏側に接続コネクションが付いており、「USB 3」ポートが4つも付いているので、プリンタ、iPhone、USBメモリなど、 一気に多くの機器を繋ぐことができ、作業効率が格段にアップします。 少々金額は張りますが、ビジネスでパソコンを日常的に使用する方に特におすすめの商品です。 商品ステータス 優れたサウンドで映画やゲームを楽しみたい人に特におすすめな、「デル」のデスクトップパソコンです。 「非光沢液晶」で映り込みが少ない設計で、目に優しくつくられているので、 長時間の使用でも目が疲れにくいです。 ビジネスでパソコンを長時間使用する人や、ゲームに集中する人にぴったりな液晶。 有線、無線ランのどちらも対応なので、ワイヤレスネットワークが可能で使用する場所を選びません。 メモリカードを読み書きできる4-in-1マルチカードリーダーで、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真の取り組みが簡単です。 ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスがついて安価な価格設定。 届いてすぐに使えるので、デスクトップパソコン初心者にもおすすめできる商品です。 商品ステータス 電気通信機器を扱いコンピューターの販売を行う「エヌ・イー・シー」は日本電気(日電)の略称です。 日本で初めて個人用パソコンを発売した会社としても有名で、歴史ある会社からの商品は安心感がありますね。 こちらの商品は23. 8インチの液晶サイズでテレビ映像を楽しむことができます。 ダブルチューナーで、「地上デジタル」「BSデジタル」「110度CSデジタル」放送対応。 ブルーレイもみることができます。 テレビ番組は観たいけど、テレビは購入したくないという人におすすめのデスクトップPCになります。 デスクトップパソコンにしてはややお高めですが、 地デジだけではなく、BS、CSもみれるお買い得な商品です。 商品ステータス.

次の