艦 これ ss 修羅場。 提督「どんな質問にも素直に答えてしまう薬」【艦これSS】

【艦これSS】提督「ケッコンしても、翔鶴と榛名が鴉天狗みたいな顔をする」

艦 これ ss 修羅場

わざわざ書類と銀色に光る指輪を用意して行われるこの行事は、人間たる我々が行う婚礼の儀と同じものとなっている。 そして今この鎮守府に最高練度に達した艦娘が2人いる。 同時にだ。 演習で上がったんだ。 2人の名はそれぞれ"大井""山城" この2人だった。 この2人は俗に言う"ケッコンお断り勢"と呼ばれる分類だということは他の鎮守府の提督との飲み会で聞いていた。 貴方となら私は本当にいつまでも幸せで居られる・・・。 沖ノ島を攻略し、我が鎮守府も戦力増強が必要だと思い立ち当時秘書艦だった妙高の薦めるレシピで回したのだ。 妖精さんに言われ時間を確認して、1隻は戦艦だと・・・金剛型だと思った。 これで榛名も寂しくはないなぁと思いながら待っていた。 駆逐レシピの方は、変に時間が長かったので駆逐では無いか・・・と諦めていた。 まあ軽巡洋艦も少ないからなーとか漠然と思っていた。 妹の方、山城です。 あの・・・扶桑姉さま知りませんか?」 「こんにちはー。 軽巡洋艦、大井です。 どうぞ、よろしくお願い致しますね。 」 しまった・・・。 この2人は駄目だ・・・ 私はこの時、前の演習の後に舞鶴鎮守府の提督と話をしている時に聞いたことを思い出した。 舞鶴さん「え?戦艦は誰がオススメか?そりゃあれだ。 提督love勢と言われる奴の筆頭、金剛とかだろうな。 大型建造回せるほど余裕があるなら大和や長門とかもいいだろうが・・・は?扶桑型?やめとけやめとけ。 あいつらは不幸姉妹でな・・・出撃すれば入渠の繰り返しで資材が幾らあっても足りんぞ?戦艦なら金剛型のレシピ回しとけ・・・それで大丈夫だから・・・」 あの人は扶桑型に大変な思い出があったらしく、結構言われていたのを覚えており、斯く言う私も資材豊富な方ではないので敬遠していた。 球磨型軽巡洋艦の大井についても、あまり良く言われてはなかった。 「大井ぃ?おま・・・あの艦娘は1番だめだろ・・・。 結婚お断り勢に加えてクレイジーなレズだぞ?しかも最近はサイコ要素まで加わってるんだぞ?あーあ、資材の無駄だったなぁ。 ま、お疲れさん。 頑張れよ!」 と、散々な言われようだった。 ただ、戦力として戦艦と改装することで開幕雷撃が可能である重雷装巡洋艦に私は少しばかり期待していたのだろう。 そう思っていた。 改二後練度90超えて・・・ 大井「提督。 おはようございます。 本日は私が秘書艦を務めさせていただきます。 」 そうやって定時刻に執務室に入ってきたのは、現在改二となり強さを増していった重雷装巡洋艦の大井だ。 提督「あぁ。 おはよう。 本日はよろしくお願いします。 」 彼女は私と居るのがあまり好きではないようだ。 いつも難しい顔と小言も絶えない。 何かに付けて姉妹艦の北上に会いに行きたいから、チラチラ時計を気にしだす始末。 大井が秘書艦の時には仕事はほぼ・・・いや、仕事なんて私のような無能がやるべきなのだが・・・。 まず他の艦娘よりは効率が落ちてしまう。 提督「なぁ。 大井さん。 本日はこの海域に出撃して欲しいのだが・・・」 大井「提督。 驚いて声に詰まってしまった。 それも良くなかったのだろう。 提督「いや・・・別に。 これは何となくの癖でね。 気を悪くしたならごめん。 ただ、今更呼び捨てにして呼ばれるの嫌じゃないか?大井は男性が苦手なんだろう? だから私は気になっても触ったりとかのスキンシップとかは控えて、北上や球磨とかに用件を伝えたりしていたんだし。 」 大井「何故?私は別に提督のことを嫌ってなんていませんよ?他の鎮守府の私の事は知りませんけど。 」 提督「・・・・・・わかった。 君がそういうふうに望むのであれば呼び捨てで呼ぶ事にしよう。 頑張って・・・」 大井「はい。 山城は別段今日は出撃無しだったような・・・。 山城「提督?いらっしゃいますか?山城です・・・。 」 そのまま放置しておくと泣きそうな声に変わってきた・・・ 仕方ない。 また扶桑のいい所話が始まるんだろうか・・・ そう思いながら立ち上がり、ドアを開けに行こうと踏み出した瞬間。 耳元で聞こえてはならない音が聞こえた。 あと一秒制止するのが遅かったら、山城ごと扉が吹っ飛んでいただろう・・・ ガチャッ 山城「提督!?どうかしましたか?いきなり声を荒らげて・・・って大井さんですか・・・。 一体・・・どういうつもりですか? 私をその砲で撃とうと?やめておいた方が良いですよ ニッコリ。 あなたのその貧相な砲撃で私に傷がつくと?私がいくら不幸だとしても・・・そんなもので傷は付きませんよ。 そんなことより、提督?大丈夫でしたか?この毒婦に何もされませんでしたか?あぁ・・・提督・・・。 」 大井「提督!その手を離してください!この不幸戦艦!私の提督に近づかないで!」 山城「あなたの?・・・いえ"私"の提督ですよ。 他の提督に言われてたことが本当だったら山城や大井は俺のことを嫌っているのではないのか? この2人が俺のことを・・・俺に好意を寄せてくれているとは・・・。 形はどうあれ少しだけ嬉しいものだな。 顔が赤くなる音を聞きながら私は彼女達の方を向く。 提督「山城・・・大井・・・。 仲間同士でいがみ合うのはよせ。 」 大井「なら提督!私かこの不幸戦艦のどちらかを選んでください!!」 山城「提督・・・私もその案に賛成します・・・。 お願いします。 我が鎮守府は軍司令部よりの要請により、現在他の鎮守府が攻略を開始しているMI島への大規模反抗作戦に参加することとなった。 そしてその作戦には私も出陣する。 かねてより私と夕張が共同で考え案を上げていた提督用艤装を納品してもらうことになった。 これで私も君たちと共に戦場を駆け抜けることが出来る。 こんなに嬉しいことは無い・・・。 君たちは絶対沈ませない!すべての弾を俺が受けよう!君たちは我々の誇りだ! この作戦を成功させ!未来の水平線に勝利を刻め!」 おぉぉぉ!!!! 鎮守府のあちこちで艦娘たちの声が響きあがる・・・.

次の

【艦隊これくしょんSS】提督「ああ?やっぱり嫌だった?」

艦 これ ss 修羅場

最近提督の様子が可笑しい。 艦娘の誰もがそう思い始めたのは今から実に一週間前の事。 以前ならば一日に何度も鎮守府に訪れていた提督が、今ではその頻度も大きく減ってしまった。 幸い毎日鎮守府に着任こそするものの、以前と比べれば鎮守府にいる時間も短く出撃と遠征によるデイリー任務と演習が終われば直ぐに何処かへと行ってしまうようになった。 そして先日、慌てた様子で鎮守府に着任したかと思えばその格好はいつも身に纏っている軍服ではなく西洋の騎士が纏うような鎧兜と剣で武装した、全く不相応な格好で着任したのだ。 その時は「これは、その……そう! ちょっとこう言う感じの集まりがあったから参加してたんだよ!」と供述していた。 実際に騎士甲冑を纏って戦う甲冑格闘技なるものが存在していると知り、艦娘達は特に気に留めず萩風は「さすしれ!」と感心していた。 しかし今まで置く事のなかった花……花菖蒲を執務室に飾っては一人優しい笑みを浮かべたりとしている。 乱暴に机の上に叩きつけられた一枚の写真には提督と腕を組みこれでもかと身体を密着させ幸せそうな笑みを浮かべている女性の姿が一緒に映されている。 これを盗撮した青葉は鎮守府に帰還するや否や、瞳を深淵の闇の如く濁らせながら笑みを浮かべ壁を殴り破壊した。 写真に映っている提督の顔はだらしなく緩みきり、その顔は艦娘達を大いに苛立たせた。 「この女は誰ですか提督。 幾ら提督でも流石に頭にきます」 「お、落ち着け加賀……艤装を展開しないでくれ、マジで危ないから」 「なんなの提督! 提督はこんな和風の女が好みなの!? だったら次から出撃する時は着物を着るわだから私と結婚しましょう!」 「いや別に着物がいいとかじゃないから! つーかここで服脱ごうとするな足柄!」 「じゃあこの女が誰かさっさと白状するネー提督! 早くこの女をGo to hellしないと気が収まらないヨ!」 「榛名……大丈夫じゃありません」 「お、落ち着けお前ら!」 怒号にも似た艦娘達の声が作戦会議室に飛び交う。 彼女達からすれば今まで同じ時を過ごし苦楽を乗り越えてきたたった一人の大切な提督が、外の訳のわからない女と交際していると言う事実は決して許されるものではない。 提督を奪われたくない、誰にも渡したくない。 例えそれが、提督が心から愛している女性であるとしてもだ。 現れたのは一人の女性。 しかし彼女はこの鎮守府に所属もしていなければ艦娘でも、郡の関係者でもない。 [newpage] 提督として勤めてから早一年と半年が経過する。 多数の艦娘が所属し、練度が限界へと達した艦娘から次々とケッコンカッコカリを行い、次は自分が指輪を貰うのだと命令無視で深海棲艦を狩りに出掛ける姿が今となっては日常茶飯事と化している。 いつもが騒がしくも楽しい毎日を過ごしているが、俺はある不満を抱いていた。 幾らケッコンをしたとしても所詮は能力向上の為の仮初のもの。 大本営から艦娘との過度のスキンシップ……早い話が夜戦(意味深)を行う事を固く禁止されている。 その事に不満がない訳ではないが、人類に代わり深海棲艦と言う未知の侵略者と戦ってくれている彼女達の事を想うと大本営が下した軍法に逆らう気も起きず。 しかし女性ばかりの鎮守府に男は自分ただ一人。 ただでさえ魅力的であるにも関わらず、中破して帰ってきた時に彼女達と遭遇した場合露出した肌を見れば性欲が湧き上がるのは無理もない、同性愛者でもない限り男ならば誰しも同じ事を思うだろう。 提督が本職であり団長としての仕事はあくまで副業程度に思っていた……そう、最初こそは。 「あ、貴女は……!」 「ばっ! お前どうしてここに!?」 「団長さんこんな所にいらしたのですか。 そして団長さんとは……男と女の仲ですわ」 頬を赤らめながら簡潔に名乗ったハナショウブ。 その言葉に作戦会議室の空気が一瞬で凍り付く。 殺意、嫉妬、驚愕、絶望、憤怒、軽蔑……負の感情オンパレードに染まった百を超える視線がハナショウブではなく俺へと向けられている。 そのストレスから胃が激しく痛み始めた。 そんな俺を他所に、ハナショウブは見せつけるように抱き着いてくる。 豊満なおっぱいの柔らかい感触と心を落ち着かせる香りに普段なら思いっきり甘えるが……今は深海棲艦へとジョブチェンジしそうな勢いでいる艦娘達の手前我慢する。 こんな所で深海棲艦堕ちされたら洒落にならん。 「どうされたのですか団長さん。 いつもみたいに私の胸で思いっきりスリスリ甘えて下さっていいのですよ? それとも、ベッドの上の方がよろしいですか?」 ハナショウブがばくだんはつげんをしかけた! カンムスたちはあぜんとしている! 「……どう言う事か説明して頂けますか提督」 「え、えぇっと……なんて言えばいいのかぁ」 加賀が滅茶苦茶怒っている。 普段無表情であり自分でも感情が乏しいと口にしているが、今でははっきりと怒りを浮かべている事が手に取るように伝わって来る。 赤城が大破させられ深海棲艦に向けた怒りをも超えていると断言してもいい。 言える訳がない。 皆可愛くて純情で、一緒に過ごしていく内に好意を抱かれ、誘われるがままホイホイと彼女達の寝室に向かい、何度も何度も激しく求め合う程の関係を気付いてしまったと口が裂けでも言える訳がない。 ハナショウブはそんな中でも俺の初めてを優しく包み込んでくれた女性だ。 今までこの鎮守府で発散出来なかった分ハナショウブにぶつけ、そのままギンランやワレモコウと……沢山の花騎士達と肉体関係を持ってしまった。 ……だって皆可愛いんだもん。 純粋に甘えに来てくれて肉体関係を迫られたら、俺だって男だから我慢出来なかった。 「提督……君には失望したよ」 「ちょ、ちょっと待って下さいよ時雨さんや! これには海よりも深~い訳が……!」 「ねぇ団長さん、早く行きましょう。 ね?」 「て、提督さんは渡さないんだからね!」 瑞鶴がハナショウブに食って掛かる。 顔を真っ赤にしながら瑞鶴が艤装を展開し弓を構え、それを姉の翔鶴が必死に止める中でハナショウブは静かに口を開く。 「私は団長さんに身も心も捧げた身……その想いは海よりも深いと断言しても構いません。 貴女達も団長さんに好意を寄せているようですが、女として愛されていない貴女達では私のこの想いには到底勝てませんよ」 「そんなのこっちが聞きたいですよ! 毎日毎日料理とかお茶に媚薬を入れてるのに!」 「おい明石、お前今なんつった?」 「Hey提督! 今から夜戦(意味深)しに部屋まで行くネー!」 「胸が熱いな」 「いや駄目だから! 皆に手を出したら俺首になっちゃうから!」 「じゃあ早く辞任して本格的に我々の団長さんとなって下さいな」 「頼むからハナショウブ! 今は挑発的は発言は控えてくりゃれ!」 抱いてもらったと言うステータスで完全に上から目線のハナショウブに、艦娘達はただ歯を食いしばり悔しそうに見上げている。 皆の気持ちは充分理解している。 けれども大本営と言う障害がある以上俺はその想いを全て受け止められる事が出来ないのだ。 恨むのなら大本営を恨んでくれ。 こんな所にいたんだぁ」 聞き覚えのある声に背中に悪寒が走り抜け、抜き身の刃の如き殺気に肌が粟立つ。 作戦会議室へと現れた第三の乱入者。 それは俺にとって今もっとも現れて欲しくない人物でもある。 例えるなら燃え盛る炎の中に大量の火薬をブチ込むのと同じ程ヤバい。 その手には禍々しい形状をした愛剣がまるで血を欲しているかのように、照明を浴びて不気味に輝いている。 「ねぇあなた。 私言ったよね……私以外の女としちゃ、絶対に許さないですよ……って」 「えっ? いや、その……え~と……」 彼女との付き合いは今から一年前程になるのか。 これもまたとある切っ掛けで傭兵団の団長を副業としてやる事になり、その中でアリエルが一番最初の相手でもあった。 だってヤンデレ属性好きだもん。 病んでしまうぐらい愛してくれる女性から肉体関係を迫られたら、俺だってオタクだから我慢出来なかった。 「……団長さん。 どう言う訳か説明して頂いてもよろしいでしょうか?」 「何よ貴女。 あんたみたいな猫かぶり女が彼と一緒にいて許されると思ってるのかしら? 年増は早くどっかに消えれば?」 「だ、誰が年増だコラァッ!」 「ってなんでお前まで一緒になって怒ってるんだよ足柄!」 「どうでもいいわ。 それよりあなた、早く私達だけの愛の巣に行きましょう? ゆっくりとお話を聞かせてもらいたいし……大切なあなたの身体に染み付いた雌豚の臭いを上書きしないと」 「ハルナハ……モウダイジョウブジャアリマセン」 艦娘達は艤装を展開し、ハナショウブは得物の苦無を取り出す。 俺は咄嗟に窓を突き破って逃げた。 この後何が起きるのか、もう確認するまでもない。 窓を突き破ってから僅かに遅れて、俺が着任している鎮守府が半壊した。 後日、クーデターを起こした艦娘達が大本営を襲撃し提督とケッコンカッコカリしなくても夜戦(意味深)しても構わない許可を受理させて俺は晴れて皆と……夜戦(意味深)する事が出来ず、アリエルに薄暗い部屋へと監禁され繋がり続ける事を強要されていた。

次の

#25 修羅場の極み

艦 これ ss 修羅場

vip2ch. 62 ID:rYGai4dD0 加賀「はい。 とは言っても、空母専用のシステムなのですが」 提督「空母専用?艦種限定とは珍しいな。 どんなものなんだ?」 加賀「まずは空母を一隻用意……今回は私にしますね」 提督「ああ、じゃあ頼もうか」 加賀「それと資材を用意、ね」 提督「資材?まあ初めてでよくわからんし適当に決めるか。 52 ID:rYGai4dD0 提督「ちょ、え!?何が!?何で!?」 加賀「あなたの子よ」サスサス 提督「ナンデ!?ニンプナンデ!?」 加賀「ケッコンカッコカリに続いてニンシンカッコカリ、だそうです」サスサス 提督「俺まだケッコンもしてないのに!」 加賀「そういえばそうでしたね」サスサス 提督「夜も共にしてない清い関係だってのに!」 加賀「処女受胎ね。 奇跡です」サスサス 提督「上は!何を!考えてるんだっ!」 加賀「あまりうるさくしないで。 34 ID:rYGai4dD0 加賀「以上がニンシンカッコカリの内容よ」 提督「待って、もうちょっと詳しく説明して……」 加賀「空母一隻が一定時間出撃不能になるかわりに、レア度の高い艦載機が開発できます」 加賀「あくまで開発の延長ね。 ニンシンの気分を味わえるだけ、だそうよ」 提督「うん、端的でわかりやすい。 提督のような素敵な方が私のような欠陥品を好きになるなんて……」 提督「……山城?」 山城「大丈夫、不幸だなんて思っていませんから。 57 ID:rYGai4dD0 提督「いよっしゃー!ロリ妊婦!ロリにん……」カチッ、カチカチッ、カチカチカチカチッ! 提督「っええい!何故だ!何故龍嬢をニンシンさせることができんのだ!?」カチカチカチカチッ! 49 ID:rYGai4dD0 鳳翔「ふふ……」サスサス 電「あれ、鳳翔さんもニンシンなのです?」 提督「ああ、そうなんだよ。 ほら、お腹が大きくなってるだろう」 電「ほえー……あれ?でもニンシンって確か……」 憲兵「Wasshoi!」ガシャーン! 電「はわっ!?憲兵さんが窓を突き破ってきたのです!?」 憲兵「ドーモ、クソ提督=サン、憲兵です」 提督「ど、どうも憲兵さん……なぜ貴様がここに!?」 憲兵「愚問だな。 部下に手を出しておきながら憲兵にしょっぴかれる理由が解らぬなどとは」 提督「こ、これはニンシンカッコカリシステムで……」 憲兵「なるほど、鳳翔=サンの艦種が何だかわからないほどに耄碌したといいたいのか。 12 ID:rYGai4dD0 憲兵「しばらく営倉行きだ。 22 ID:rYGai4dD0 提督「……で、結局ニンシンカッコカリシステムは廃止か」 加賀「残念です。 擬似的なものとはいえ、子供ができる喜びが味わえたのに」 提督「なぁ加賀、それなんだが……ニンシンカッコカリで作られるのって艦載機だけだよな?」 加賀「ええ、そうね」 提督「……お前、少なくとも数機が撃ち落されるのをわかってて、気分だけとはいえ腹を痛めて産んだ流星改を深海棲艦相手に放てるか?」 加賀「あっ……」 提督「……この流星改はしまっておこうか」 加賀「……そう、ね……」 道徳的に問題が多く、ニンシンカッコカリシステムはお蔵入りとなった。 21 ID:rYGai4dD0 また別の鎮守府 長門「うむ……」 提督「む……どうした、書類を前に難しい顔などをして」 長門「いや、以前にあったニンシンカッコカリシステムの書類を読み返していたのだが」 提督「ああ、アレか。 問題が多くて廃止されたにもかかわらず、今なお一部の艦娘や提督が復活を待ち望んでいるという」 長門「ああ。 子を産むことができるというのは、それほど魅力的なのだろうな」 提督「所詮、装備の開発に過ぎないとしてもか?」 長門「だとしても、お腹を痛めて産んだ子は愛おしいのだろうな」 提督「聞くところによると、愛おしいからこそ戦場で使うのを躊躇う者まで出たそうだな。 72 ID:jAoX7iBY0 長門「駆逐艦を産めばいいと思う」 提督「……」 長門「うむ、いや、それがいいな。 母娘揃って出撃などすれば戦意も高翌揚するというものだ」 提督「長門、長門」 長門「『ママといっしょにパパのお手伝いをしような』と言うと無垢な顔で『うん!』と返してきたりな。 かわいいものじゃないか。 間違いなく私の戦意は高翌揚するな、いやこの可愛さならまわりも……」 提督「落ち着け長門。 30 ID:jAoX7iBY0 なお、 ニンシンカッコガチを行い自ら解体を希望、普通の女の子に戻って提督とケッコンカッコガチした艦娘が大量に発生し国の戦力が大幅に低下したことが 最も深い爪痕だったという…… おわり 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の