リーバー ケル コーチ。 米女子フィギュアの注目選手、アリサ・リュウがコーチ変更を発表。宮原知子も師事するバーケル氏に(THE DIGEST) 2022北京五輪で女子フィギュアスケートの…|dメニューニュース(NTTドコモ)

【海外の反応】デールマン、クリケットからグラナイトへ移籍!コーチは現行リー・バーケル

リーバー ケル コーチ

アンゲリク・ケルバー 基本情報 国籍 出身地 旧 ・ 生年月日 1988-01-18 (32歳) 身長 173cm 体重 68kg 利き手 左 バックハンド 両手打ち ツアー経歴 デビュー年 2003年 ツアー通算 12勝 シングルス 12勝 ダブルス 0勝 生涯獲得賞金 29,526,500 アメリカ合衆国ドル 4大大会最高成績・シングルス 優勝(2016) ベスト8(2012・18) 優勝(2018) 優勝(2016) 優勝回数 3(豪1・英1・米1) 4大大会最高成績・ダブルス 1回戦(2008・11・12) 2回戦(2012) 3回戦(2011) 3回戦(2012) 国別対抗戦最高成績 準優勝(2014) 準優勝(2018・19) キャリア自己最高ランキング シングルス 1位(2016年9月12日) ダブルス 103位(2013年8月26日) 獲得メダル 女子 銀 女子シングルス 2019年1月23日現在 目次• 来歴 [ ] 出身の両親の間に生まれたケルバーは3歳からを始め、2003年にプロに転向。 しばらくはITFのサーキット大会での下積みが続いた。 2007年のでに初出場。 第13シードのに、3-6, 2-6 で敗れている。 は、ではとシード選手と対戦し初戦敗退している。 同年7月に日本ので開催されたの「ワールドグループ・プレーオフ」では、に6-4, 4-6, 5-7 、に3-6, 2-6で敗れている。 試合は3勝2敗でドイツが日本に勝利してワールドグループ残留を決めた。 1回戦で、を0-6, 6-3, 6-2で破り4大大会の初勝利を挙げた。 6月のスヘルトーヘンボス大会のダブルスで準優勝した。 2010年2月のボゴタ大会でツアー初のシングル決勝に進出。 地元のに4-6, 3-6で敗れ準優勝となった。 ではランキング92位のノーシードから、2回戦で第12シードのに 6-3, 4-6, 6-3 、準々決勝では第28シードのを6-4, 4-6, 6-3で破るなどして勝ち上がりベスト4に進出する。 全米オープンでのドイツ女子選手のベスト4進出は大会で優勝した以来15年ぶりの快挙であった。 準決勝では優勝した第9シードのに3-6, 6-2, 2-6で敗れ、決勝進出はならなかった。 10月のでもベスト4に進出し、世界ランキング29位となりトップ30入りを果たした。 2012年はでは第30シードとなり初めて4大大会でシード選手になり、3回戦で第4シードのに 1-6, 2-6 で敗れた。 2月のパリ大会では準々決勝でシャラポワを6-4, 6-4、準決勝ではを6-7 2 , 6-3, 6-4で破りツアー2度目のシングルス決勝に進出する。 決勝では地元のを7—6 3 , 5—7, 6—3で破りケルバーはツアー初優勝を果たした。 4月のデンマーク・オープンでも決勝に進出し、地元のを6—4, 6—4で破りツアー2勝目を挙げた。 ではベスト8に進出した。 イーストボーン大会では決勝でに7—5, 3—6, 5—7で敗れ準優勝となった。 ではベスト4に進出。 準決勝でに3-6, 4-6で敗れた。 7月のでオリンピックに初出場した。 シングルス3回戦でに7—6 5 , 7—6 5 で勝利しベスト8に進出し、準々決勝でに 4—6, 5—7 で敗れた。 最終戦のにも初出場を果たしたがラウンドロビンで3連敗して敗退した。 では1回戦でにマッチポイントを握られるも逆転で勝利すると、その後はセットを落とさずに決勝に進出。 決勝でセリーナ・ウィリアムズに6—4, 3—6, 6—4で勝利し、グランドスラム初タイトルを手に入れた。 翌週の世界ランキングで自己最高の2位となった。 でも決勝に進出するが、セリーナに5—7, 3—6で敗れた。 のでは決勝でに4—6, 6—4, 1—6で敗れ、銀メダルを獲得した。 ではセリーナが準決勝で敗退したため、世界ランキング1位になることが確定。 自身は決勝に進出し、に6—3, 4—6, 6—4で勝利し、グランドスラム2勝目を挙げた。 ドイツ選手の女子シングルス世界ランキング1位は以来で、史上2人目である。 連覇を狙ったでは4回戦でに2-6, 3-6で敗れ、優勝したに世界ランキング1位を奪還された。 2017年は優勝はなくランキングも21位まで落とした。 ではベスト4に進出。 準決勝でに3-6, 6-4, 7-9 で敗れた。 2018年全仏オープンでは6年ぶりにベスト8へ進出。 優勝したシモナ・ハレプに7-6,3-6,2-6で敗れ、準決勝進出とはならなかった。 では2年ぶりに決勝進出、決勝で2年前に敗れたに6-3, 6-3で勝利し、ウィンブルドン初優勝、グランドスラム3勝目を挙げた。 また、最終戦のWTAファイナルズにも2年ぶりに出場を果たす。 1勝2敗でラウンドロビン敗退となるが、昨年末の21位から大幅に順位を戻し、世界ランキング2位で2018年のシーズンを終えた。 2019年は2大会で決勝進出するも、優勝はなく、グランドスラムも良い成績を残せず、年間最終ランキングは20位に後退。 WTAツアー決勝進出結果 [ ] シングルス: 28回 12勝16敗 [ ] 大会グレード 3—1 0-1 0—1 0—0 0-4 7—5 2—4 結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア 準優勝 1. 2010年2月21日 クレー 4—6, 3—6 優勝 1. 2012年2月12日 ハード 室内 7—6 3 , 5—7, 6—3 優勝 2. 2012年4月15日 ハード 室内 6—4, 6—4 準優勝 2. 2012年6月23日 芝 7—5, 3—6, 5—7 準優勝 3. 2012年8月19日 ハード 6—1, 3—6, 1—6 準優勝 4. 2013年4月7日 ハード 6—4, 2—6, 4—6 準優勝 5. 2013年9月28日 ハード 2—6, 6—0, 3—6 優勝 3. 2013年10月13日 ハード 室内 6—4, 7—6 6 準優勝 6. 2014年1月10日 ハード 4—6, 4—6 準優勝 7. 2014年2月26日 ハード 2—6, 3—6 準優勝 8. 2014年6月21日 芝 3—6, 6—3, 5—7 準優勝 9. 2014年8月3日 ハード 6—7 1 , 3—6 優勝 4. 2015年4月12日 クレー 6—2, 4—6, 7—5 優勝 5. 2015年4月26日 クレー 3—6, 6—1, 7—5 優勝 6. 2015年6月21日 芝 6—7 5 , 6—3, 7—6 4 優勝 7. 2015年8月9日 ハード 6—3, 5—7, 6—4 準優勝 10. 2015年10月18日 ハード 6—3, 6—7 4 , 1—6 準優勝 11. 2016年1月9日 ハード 3—6, 1—6 優勝 8. 2016年1月30日 ハード 6—4, 3—6, 6—4 優勝 9. 2016年4月24日 クレー 6—4, 6—0 準優勝 12. 2016年7月9日 芝 5—7, 3—6 準優勝 13. 2016年8月13日 ハード 4—6, 6—4, 1—6 準優勝 14. 2016年8月21日 ハード 3—6, 1—6 優勝 10. 2016年9月10日 ハード 6—4, 3—6, 6—4 準優勝 15. 2016年10月30日 ハード 室内 3—6, 4—6 準優勝 16. 2017年4月9日 ハード 4—6, 6—2, 1—6 優勝 11. 2018年1月13日 ハード 6—4, 6—4 優勝 12. 2018年7月14日 芝 6-3, 6-3 ダブルス: 2回 0勝2敗 [ ] 結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア 準優勝 1. 2008年6月20日 芝 3—6, 2—6 準優勝 2. 2016年1月 ハード 5—7, 1—6 4大大会優勝 [ ] 女子シングルス [ ]• :1勝(2016年)• :1勝(2018年)• 大会 2007 2008 2009 通算成績 LQ 29—11 LQ 17—12 LQ 31—11 LQ 25—11 脚注 [ ]• 1975-1985 計260週• 1976 計2週• 1980 計22週• 1987-1997 計377週• 1995 計12週• 1997-2001 計209週• 1998-2006 計98週• 2001-2002 17週• 2002 計11週• 2002-2017 計319週• 2003-2011 計20週• 2003-2008 計117週• 2004-2006 計39週• 2005-2012 計21週• 2008 計12週• 2008-2009 計18週• 2009 計26週• 2010-2018 計71週• 2012-2013 計51週• 2016-2017 計34週• 2017 計8週• 2017 計4週• 2017-2019 計64週• 2019 計25週• (1968年)• (1969年)• (1970年)• (1971年)• (1972年・73年)• (1974年)• (1975年)• (1976年)• (1977年)• (1978年・79年)• (1980年)• (1981年)• (1982年-87年)• (1988年・89年)• (1990年)• (1991年-93年• (1994年)• (1995年・96年)• (1997年)• (1998年)• (1999年)• (2000年・01年)• (2002年・03年)• (2004年)• (2005年)• (2006年)• (2007年・08年)• (2009年・10年)• (2011年)• (2012年)• (2013年)• (2014年)• (2015年)• (2016年)• (2017年)• (2018年)•

次の

【海外の反応】デールマン、クリケットからグラナイトへ移籍!コーチは現行リー・バーケル

リーバー ケル コーチ

2022北京五輪で女子フィギュアスケートのメダル候補と期待される14歳、アリサ・リュウが、新しいコーチとともに新シーズンに挑むことを決断。 アメリカ・フィギュアスケート協会が公式HP上で、同選手がコーチを変更することを発表した。 リュウは、昨年12月に行なわれたISUジュニアグランプリシリーズで2度の優勝を果たすと、ファイナルでSP首位で好発進を見せて銀メダルを獲得。 翌1月には、前年に史上最年少13歳で優勝を飾った全米フィギュアスケート選手権にディフェンディングチャンピオンとして出場し、見事に2連覇を達成するなど、今後の活躍に大きな期待が集まる選手だ。 同協会は6月22日、「全米選手権2連覇のアリサ・リュウが、リー・バーケル、ローリー・ニコルとマッシモ・スカリを含む新チームのコーチ陣の下で、練習を開始することを発表しました。 バーケル氏以外のコーチ陣は、同選手の以前のチームメンバーです」と、伝えると同時にその詳細を明らかにした。 バーケル氏は、昨年9月から宮原知子が濱田美栄氏との師弟関係を継続しながら指導を受けている人物だ。 発表に際してリュウは、「とてもワクワクしている」とコメント。 「何人かのコーチはそれぞれ別の国にいるけれど、コーチ陣全員と一緒に努力することを楽しみにしています」とコメントしている。 その愛らしさからファンが急増しているリュウの武器は何と言っても高難度ジャンプ。 史上最年少で国際大会におけるトリプルアクセル成功(2018アジアオープン)、米国人選手として国際大会で初のクワッドルッツを成功(2019ジュニアグランプリシリーズ2大会)させるなど、昨シーズンの勢いは目を見張るものがあった。 その技術を1から教えてくれた元コーチのローラ・リペツキー氏について、リュウは、「私がキャリアをスタートさせた時からこれまで、リペツキー氏が私のためにしてくださったすべてのことに感謝しています。 いつも近くにいてともに努力してきた。 今の私があるのは、元コーチのおかげなの」と、自身の思いを述べた。 コーチ変更は、新シーズン幾度となく表彰台に立つであろう有力選手、紀平梨花とアレクサンドラ・トゥルソワに続いて3人目。 まだ開幕は少し先になるが、何かが起こる可能性があるシーズンになりそうだ。

次の

米女子フィギュアの注目選手、アリサ・リュウがコーチ変更を発表。宮原知子も師事するバーケル氏に(THE DIGEST) 2022北京五輪で女子フィギュアスケートの…|dメニューニュース(NTTドコモ)

リーバー ケル コーチ

photo• スポーツ 新鍋理沙「1年はとても長く感じた」引退理由明かす []• バレーボール [6月29日 14:44]• 東京オリンピック2020 [6月29日 14:09]• スポーツ [6月29日 11:48]• スポーツ [6月29日 10:22]• バレーボール [6月29日 10:00]• スポーツ [6月29日 9:55]• 柔道 [6月29日 9:29]• フィギュア [6月29日 9:00]• テニス [6月28日 20:03]• 東京オリンピック2020 [6月28日 18:50]• テニス 西岡良仁が苦言「早すぎる」テニス世界ツアー再開 []• テニス [6月28日 20:03]• テニス [6月28日 9:58]• テニス [6月27日 17:54]• テニス [6月27日 17:47]• テニス [6月27日 17:33]• テニス [6月26日 8:09]• テニス [6月25日 10:00]• テニス [6月25日 8:27]• テニス [6月25日 8:27]• テニス [6月24日 19:35]• 陸上 棒高跳の松沢ジアン、小柄でも五輪へ大ジャンプ []• 陸上 [6月27日 23:17]• 陸上 [6月25日 18:55]• 東京オリンピック2020 [6月25日 17:05]• 陸上 [6月24日 10:00]• 東京オリンピック2020 [6月23日 18:21]• 陸上 [6月23日 16:44]• 陸上 [6月23日 8:44]• 陸上 [6月22日 19:29]• 陸上 [6月22日 15:52]• 陸上 [6月22日 14:52]• フィギュア 羽生結弦、最優秀選手賞など2部門でノミネート []• フィギュア [6月29日 9:00]• フィギュア [6月27日 7:01]• フィギュア [6月24日 18:09]• フィギュア [6月24日 16:02]• フィギュア [6月24日 10:46]• フィギュア [6月23日 10:22]• フィギュア [6月20日 10:03]• フィギュア [6月20日 1:28]• フィギュア [6月19日 17:16]• フィギュア [6月19日 14:37]• バレー 新鍋理沙「1年はとても長く感じた」引退理由明かす []• バレーボール [6月29日 14:44]• バレーボール [6月29日 10:00]• バレーボール [6月26日 15:14]• バレーボール [6月21日 8:17]• バレーボール [6月20日 19:12]• バレーボール [6月20日 17:32]• バレーボール [6月14日 9:09]• バレーボール [6月13日 20:09]• バレーボール [6月13日 19:16]• バレーボール [6月11日 19:45]• バスケ JBA新体制発表「身引き締まる」三屋会長3期目へ []• 東京オリンピック2020 [6月28日 18:50]• バスケットボール [6月27日 14:47]• バスケットボール [6月27日 11:38]• バスケットボール [6月27日 10:22]• バスケットボール [6月26日 19:41]• バスケットボール [6月26日 14:00]• バスケットボール [6月26日 10:35]• バスケットボール [6月26日 8:09]• バスケットボール [6月25日 17:25]• バスケットボール [6月25日 13:21]•

次の