ゆうちょ ビズ ダイレクト。 料金(ゆうちょBizダイレクト)-ゆうちょ銀行

ゆうちょダイレクトは使いにくい・・・スマホアプリのトークンを用意すべし

ゆうちょ ビズ ダイレクト

ゆうちょ銀行において、2019年4月1日より「ゆうちょBizダイレクト」のサービスが開始されました。 これに伴い、従来の郵便局形式での振込データの取り扱いは2022年3月に終了予定です。 『弥生給与』の設定についても、郵便局の「支局」として登録している内容を、銀行の「支店」として登録し直してご利用されることをおすすめします。 設定の変更方法は次のとおりです。 [金融機関]の登録を変更する 郵便局(赤いポストのアイコン)の支局を、ゆうちょ銀行(銀行のアイコン)の支店として登録し直します。 クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[金融機関]をクリックします。 [金融機関]ウィンドウが表示されます。 「ゆうちょ銀行(銀行のアイコン)」を選択して[支店]ボタンをクリックします。 下階層に支店のアイコンが作成されます。 以下の表を参考に支店の情報を設定します。 項目 説明 支店名 支店の名称を全角10文字(半角20文字)以内で入力、修正します。 フリガナ 支店の名称を入力すると、支店のフリガナが半角20文字以内で自動入力されます。 必要に応じて修正してください。 ゆうちょBizダイレクトのご利用に関する注意事項 『弥生給与』に登録されている銀行および支店のフリガナが全銀協に登録されているフリガナと異なる場合は、ゆうちょ銀行側で送信エラーになります。 この場合は、『弥生給与』の設定を修正してから振込データの出力をやり直してください。 『弥生給与』に登録されているフリガナをそれぞれ「ミズホ」「シンジュク」に修正してください。 全銀協に登録されているフリガナにつきましては、振込先の各金融機関にご確認ください。 略称 支店の略称を全角5文字(半角10文字)以内で入力します。 [事業所]ウィンドウや[従業員<個人別>]ウィンドウなどでは、入力した略称で表示されます。 サーチキー 支店のサーチキーを半角8文字以内で入力します。 支店コード 金融機関が指定する支店コードを半角3文字で入力します。 支店コードについては、取引先の金融機関にお問い合わせください。 従業員の振込先口座の設定を変更する• クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[従業員]をクリックします。 [従業員<個人別>]ウィンドウが表示されます。 [表示]から振込先にゆうちょ銀行を使用している従業員を選択して、[支給]タブをクリックします。 [振込先金融機関]をクリックして、ゆうちょ銀行の支店を選択して変更します。 振込元が「ゆうちょ銀行」になっていることを確認します。 また、必要に応じて振込先口座番号を設定します。 振込先にゆうちょ銀行を使用している従業員が複数いる場合は、上記手順を繰り返します。 ファームバンキングデータの出力 ファームバンキングデータの出力方法は、 を参照してください。 郵便局登録の削除 設定の変更が完了しましたら郵便局(赤いポストのアイコン)とその支局は削除してください。 削除の手順は を参考にしてください。

次の

ゆうちょBizダイレクトとゆうちょダイレクトの違い。ビジネス口座|フリーランスと個人事業主の節約・マネー術

ゆうちょ ビズ ダイレクト

ゆうちょダイレクト+(プラス)は、インターネット上で取引を行います。 よって、ゆうちょダイレクト+(プラス)では、セキュリティ対策をしています。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のセキュリティ対策には、ワンタイムパスワードがあります。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のワンタイムパスワードとは、取引を実行する際に入力する、1回限りのパスワードのことです。 このパスワードは、登録しているメールアドレスで受け取ることもできますが、トークンで表示させることもできるようになっています。 トークンとは、一度しか使えないパスワードの生成機です。 ボタンを押すだけでワンタイムパスワードが表示されるので、取引の際に入力するだけです。 ゆうちょダイレクト+(プラス)のセキュリティ対策には、不正送金対策ソフトPhish Wallがあります。 不正送金とは、インターネット上でユーザーのPCにウイルスを感染させ、虚偽の画面を表示させることで、暗証番号などを盗み不正送金させるサイバー攻撃のことです。 このサイバー攻撃を防ぐために、ゆうちょダイレクト+(プラス)では、不正送金対策ソフトPhish Wallのインストールを推奨しています。 不正送金対策ソフトPhish Walは、無料でインストールできるようになっています。 ソフトをインストールすることで、不正なサイトを確認することができるため、ウイルスに感染することを防ぐことができるのです。 ゆうちょダイレクト+(プラス)への変更方法ですが、ゆうちょ銀行の口座を持っていない場合は、新規で口座開設する必要があります。 ゆうちょダイレクト+(プラス)で新規口座開設を行う方法は、 「ゆうちょ銀行WEBサイト」にアクセスして、 「ゆうちょダイレクト+(プラス)利用申込書」を請求します。 ゆうちょダイレクト+(プラス)の利用申込書が届いたら、 「記入・押印」します。 そして、 「本人確認書類」と一緒に郵送します。 郵送してから2週間程度で、ご利用案内とキャッシカードが届きます。 あとは、ゆうちょダイレクト+(プラス)で、 「パスワード」・ 「メールアドレス」を設定することで利用できるようになります。

次の

ゆうちょBizダイレクトで引き落とし出来なかった謎!

ゆうちょ ビズ ダイレクト

ゆうちょBizダイレクトとは 各種照会・送金等のオンラインサービスや、総合振込・給与振込等の伝送サービスを利用できる、法人向けのインターネットバンキングサービスです。 『弥生給与』で初めて振込データの出力を行う場合([金融機関]を登録していない) 金融機関の登録など事前に設定を行い、データ出力してください。 詳細は を参照してください。 既に[金融機関]を登録している場合 はじめに、以下の手順でゆうちょ銀行の登録状況を確認します。 クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[金融機関]をクリックします。 ゆうちょ銀行の登録状況を確認します。 [銀行等]ボタンで作成した「ゆうちょ銀行」を利用している場合 [銀行等]ボタンで作成したゆうちょ銀行(銀行のアイコン)を登録している場合は、[ファームバンキングデータ出力]の際に[振込先金融機関]を[銀行口座(銀行から銀行へ振り込む)]として出力してください。 詳細は を参照してください。 [郵便局]ボタンで作成した「ゆうちょ銀行」を利用している場合 [郵便局]ボタンで作成したゆうちょ銀行(赤いポストのある郵便局のアイコン)を登録している場合は、[金融機関]の設定を変更してからデータ出力してください。 詳細は を参照してください。

次の