ハイエース サイド オーニング。 ハイエースにサイドオーニングを取り付けてみた!

Dometic オーニング

ハイエース サイド オーニング

キャンピングカーには必須の床張りキット 床張り前はこんな感じでした。 ハイエースは貨物車だけあって、中古で購入すると後部の荷室の汚さは半端ではありません。 また、床板がない場合は床がかなりデコボコしていて、掃除も大変です。 勿論、車中泊をしようと思っても、床板がこのようではかなりきついものがあります。 そこで一石二鳥なのが、この床張りキットです。 ハイエースに床を張ればキレイに、しかも完全にフラットになります。 床張りキット装着直後の全体写真がないので、ちょっと分かり辛いかもしれませんが、 あなたのハイエースの雰囲気がガラッと変ります。 室内がキレイに、そして床がフラットになるので、キャンピングカーらしく、非常に快適になります。 自作でも取り付けは簡単 このキットがあれば、簡単に取り付けることができてしまいます。 しかも、丈夫できれいです。 特に優れている点は軋みのなさです。 これが非常に厄介な物で、夏の停車時には高温になってしまい、しかも走行時にはかなり揺れてしまいます。 それにハイエースは乗用車と違い、貨物車ですので、ちょっとした穴があったりすると、振動というより衝撃が激しいです。 そんな状況でも、軋まないようにするには、色々な工夫が必要です。 この床張りキットは一見単なる合板の板に見えますが、床が軋まないようにする工夫で一杯です。

次の

トランスポーターのプロショップ「オグショー」 / FIAMMAサイドオーニング

ハイエース サイド オーニング

キャンピングカーには必須の床張りキット 床張り前はこんな感じでした。 ハイエースは貨物車だけあって、中古で購入すると後部の荷室の汚さは半端ではありません。 また、床板がない場合は床がかなりデコボコしていて、掃除も大変です。 勿論、車中泊をしようと思っても、床板がこのようではかなりきついものがあります。 そこで一石二鳥なのが、この床張りキットです。 ハイエースに床を張ればキレイに、しかも完全にフラットになります。 床張りキット装着直後の全体写真がないので、ちょっと分かり辛いかもしれませんが、 あなたのハイエースの雰囲気がガラッと変ります。 室内がキレイに、そして床がフラットになるので、キャンピングカーらしく、非常に快適になります。 自作でも取り付けは簡単 このキットがあれば、簡単に取り付けることができてしまいます。 しかも、丈夫できれいです。 特に優れている点は軋みのなさです。 これが非常に厄介な物で、夏の停車時には高温になってしまい、しかも走行時にはかなり揺れてしまいます。 それにハイエースは乗用車と違い、貨物車ですので、ちょっとした穴があったりすると、振動というより衝撃が激しいです。 そんな状況でも、軋まないようにするには、色々な工夫が必要です。 この床張りキットは一見単なる合板の板に見えますが、床が軋まないようにする工夫で一杯です。

次の

ハイエース自作キャンピングカー|ルーフテントとサイドオーニングの専門店

ハイエース サイド オーニング

キャンピングカーには必須の床張りキット 床張り前はこんな感じでした。 ハイエースは貨物車だけあって、中古で購入すると後部の荷室の汚さは半端ではありません。 また、床板がない場合は床がかなりデコボコしていて、掃除も大変です。 勿論、車中泊をしようと思っても、床板がこのようではかなりきついものがあります。 そこで一石二鳥なのが、この床張りキットです。 ハイエースに床を張ればキレイに、しかも完全にフラットになります。 床張りキット装着直後の全体写真がないので、ちょっと分かり辛いかもしれませんが、 あなたのハイエースの雰囲気がガラッと変ります。 室内がキレイに、そして床がフラットになるので、キャンピングカーらしく、非常に快適になります。 自作でも取り付けは簡単 このキットがあれば、簡単に取り付けることができてしまいます。 しかも、丈夫できれいです。 特に優れている点は軋みのなさです。 これが非常に厄介な物で、夏の停車時には高温になってしまい、しかも走行時にはかなり揺れてしまいます。 それにハイエースは乗用車と違い、貨物車ですので、ちょっとした穴があったりすると、振動というより衝撃が激しいです。 そんな状況でも、軋まないようにするには、色々な工夫が必要です。 この床張りキットは一見単なる合板の板に見えますが、床が軋まないようにする工夫で一杯です。

次の