ピル 休薬期間 妊娠可能性。 ピルを飲んで妊娠反応が陽性が出ました。

ピルを飲んで妊娠反応が陽性が出ました。

ピル 休薬期間 妊娠可能性

22731] ピルの休薬中の間にSEXをし、中だしした場合妊娠する可能性はあるのでしょうか。 彼は子供を望んでいるので、避妊には積極的ではありません。 私自身は、うつ病を持っていて妊娠はまだ考えられないのですが・・・。 かかり付け医が遠方なため、受診の際の聞き忘れが多く、質問申し訳ありません。 もう一つすみません。 今までも、うつ病の治療のため薬は飲んでいてピルも服用していたのですが、しばらくピルは辞めていましたが、避妊のためにも再開しました。 現在、セルシンとリチウムを内服しています。 併用は大丈夫でしょうか。 色々と不安で、ネットで調べ過ぎてさらに不安になってしまっています。 67046] 長くなりましたがお付き合いください。 私はずっと子宮内膜症を改善する為にファボワールを使用してました。 先日、休薬期間7月14日 月 ~をきっかけにピルやめました。 妊娠希望もあり何度か仲良ししました。 7月15日 火 性交為 7月16日 水 月経スタート 7月18日 金 性交為 7月23日 水 性交為 7月24日 木 性交為 7月30日 水 性交為 すべて中だしです。 その後、通常だと生理予定日は8月13日 水 ですがまだ来ていません。 もしかしたらと思い8月10日 日 にフライングしましたが陰性でした。 体の症状としては超初期ですが、吐き気、下痢、水みたいなオリモノ、が日常生活の中でいつもと違うことです。 妊娠してますでしょうか?初めてなので全く分からず申し訳ございません。 よろしくお願いします。 69177] れいさん、ご自身の質問は過去ログに付け足さず、新規投稿からお願い致します。 飲み始めて14錠目までは気をつける様にと当院でも指導しておりますが、一般的には7錠服用すれば大丈夫とされています。 今更緊急避妊の適応にもならないのでそのまま継続服用し、経過観察して下さい。 不安な行為があった時は超音波検査を受ければ避妊効果があるのかないのかその場で診断可能です。 又無駄な膣内射精をすると、坑精子抗体が作られ将来の不妊の要因になる事もあるので避けて下さい。 では、ご参考にして下さい。

次の

至急 妊娠の可能性について 彼女がピルを服用しているから中に...

ピル 休薬期間 妊娠可能性

5月7日から初めて低用量ピル(ルナベル)を飲み始めました。 生理は5月4日から始まっていたので、4日目に飲んだことになります。 その前に5月5日(生理2日目)に性交がありました。 生、膣外射精です。 その後1日もかかさず、一時間以上のずれもなく毎日飲み続け、27日に1シート目を飲み終えて、今、休薬期間2日目です。 昨日と今日、つまり休薬期間1日目と2日目に性交がありました。 膣外射精です。 今日あたり生理が来ると思うのですが、なにぶん、ピルが初めてなので避妊できているのか不安です。 コンドームつけろよ、って話なのですが今は置いておいて下さい…。 5月5日の性交についてはピルの効果が問題外なのは分かっています。 生理中でも妊娠の可能性があることも承知です。 ただ、ピルを飲むまでは基礎体温をつけており、低温期に入ったばかりで排卵も終わっていたと思います(そんなの確実じゃないですが)。 ピルを飲んでいると副作用で体調が悪いこともあるため、妊娠に気付きにくいと聞きました。 実際吐き気や頭痛、胸の張りが時々あります。 今も若干の吐き気と、猛烈な眠気があります。 質問は、一般的に休薬期間の何日目頃に生理は来るのか。 休薬期間中に生理が来なかったら妊娠しているということなのか、です。 バカなことをしたと思いますが、罵倒ではなく、妊娠の可能性について、よろしければ回答お願いします。 ピルを飲む前に説明を受けていないのですか? 飲み方には不備はありませんが あなたの知識には不備があるようですね。 まず、5月5日生理日ですね。 その日の性交ではまず妊娠は無理でしょう。 というのも卵子は生理が始まってから排卵準備を始めます。 2日では整いません。 通常14日程度かかります。 次に、ピルは卵子の成長を妨げます。 体が妊娠状態になるので卵子は温存されます。 つまり飲んでいる間は卵子は成長できません。 21日ピルを飲んだ後でピルをやめるとホルモン値が急激に下がります。 すると脳は今回は妊娠が成立しなかったとみて子宮内の経血を流します。 つまり赤ちゃんのためのベッドが無くなるので妊娠は不可能です。 ピルのせいで量が少なかったりダラダラと続くことも最初のうちはありますし 休薬期間中に消退出血がない事もあります。 それでも次のシートは7日後から飲むように説明されていると思いますので その通りにされるのが良いでしょう。 また、ピルは精子の侵入を阻害する働きもあります。 このようにいくつかの理由でピルを飲むことによって妊娠を妨げているのです。 基礎体温を付けていたならわかると思いますが 体温が下がる日~2. 3日以内に生理が始まることが多いと思います。 同じように消退出血もピルをやめて2. 3日以内が多いでしょう。 21日飲んだ後の休薬期間の性交ですが ピルをやめてすぐではやはり卵子は成長しきっていませんので妊娠は難しいと思います。 つまり、妊娠の可能性は低いです。 消退出血はない事もあります。 悪阻のような症状はピルを飲むとある人もいます。 自分で早期に妊娠を知るにはピルを飲んでいようがいまいが検査薬で検査するか 受診するしかありません。 気になるなら検査薬を使いましょう。 5日の性交が原因ならすでに結果が出ます。 休薬期間の性交は今回の吐き気とは全く関係ありません。 妊娠成立までには10日以上かかりますから。 ピルを飲むにしてももう少し知識を付けるか納得するまで医師に説明してもらったほうが良いのでは? なんとなくで妊娠したくないからと安易に飲むものではないと思います。 他の方が、キッチリ、ビッシリ答えているので、質問内容につて回答します。 >一般的に休薬期間の何日目頃に生理は来るのか。 個人差があります。 休薬期間中でも生理(消退出血)が起こらな女い人もいます。 >休薬期間中に生理が来なかったら妊娠しているということなのか、です。 同上ですので、妊娠していると捉えるのは早計でしょう。 避妊目的でピルを服用する場合、お医者さんは月経初日から服用するように説明します。 月経困難症の治療の場合は、質問者さんのように月経初日から5日目までに服用するように勧めます。 ましてやルナベル配合錠は月経困難症の薬として、厚生労働省は認可しています。 どうみても月経困難症の治療のためにピルの服用を開始したのではありませんか!? バカなことをしたのは、避妊目的で服用したのでもないのに、避妊効果を期待していることではないでしょうか・・・ PS; >ピルを飲むまでは基礎体温をつけており、低温期に入ったばかりで排卵も終わっていたと思います(そんなの確実じゃないですが)。 低温期に入ったということは月経が開始したと言うことです。 排卵はこれから起こります。 確実じゃないのは、やはり、質問者さんの知識でしょう。

次の

ピルの休薬日になっても出血がないのは異常なの?

ピル 休薬期間 妊娠可能性

避妊以外にもピルは活用できる 妊娠を望まない女性が服用するピル 経口避妊薬。 その働きゆえに「ピルを長く服用していると不妊になるのでは? 」と誤解している人もいるだろう。 しかし、「ピルが開発された歴史を知れば、それがいかに誤った認識であるかが分かります」と日本家族計画協会理事長である北村邦夫先生は言う。 そこで今回、ピルと妊娠の関係について話をうかがった。 ピルの成分は4日で体内から消える 結論から言うと、コンドームよりも高い避妊効果を期待できるピルの働きは蓄積されるものではなく、不妊どころか妊娠の可能性を高めてくれると北村先生は言う。 その理由は、ピルを構成している成分とその働きに関係している。 ピルには、妊娠時に多く分泌される女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」が製剤として配合されている。 このピルを服用することで脳が「妊娠している」と勘違いすることで、排卵が抑制される。 もちろん、妊娠中ほどの高いホルモン量ではなく、むしろ排卵後の黄体期程度の量であり、1錠のピルの成分は4日ほどで体外に排出されるため、ピルの服用を止めて2~3日もすればまた生理 月経 が起こる。 ただし、ピルの休薬期間であるにも関わらず、月経=消退出血がこないという場合もある。 これを"消退出血の欠如"と呼ぶ。 これはピルによって子宮内膜の増殖が抑えられるからであり、出血量が少なかったり消退出血自体がこなかったりする。 ピルは高い避妊効果を認めるが、それでも2度月経が来なければ、妊娠を疑う必要があると北村先生は指導している。 仮に妊娠をしているにも関わらずピルを飲んでいたとしても、今のピルが胎児に与える影響は皆無に等しいという。 不妊女性が妊娠できたきっかけにも ピルに避妊効果があることが分かったとしても、なぜ妊娠の可能性を高めるのか、と疑問をもつ人もいるだろう。 そもそもピルは1960年に世界に先駆けて米国で承認された薬だが、この開発は動物学者であるグレゴリー・ピンカス氏が不妊治療の専門家であったジョン・ロック氏を通じて、不妊女性50人が臨床試験に協力した。 この50人の不妊女性に当時のピルを服用してもらったところ、服用を中止した後に7人が妊娠したという。 不妊女性が妊娠できた理由としては、ピルによって排卵が抑制されたためその反跳現象としていい排卵が起こったのではないか、または、女性ホルモンが安定することによって生殖器の成熟が図られたのではないか、などと諸説ある。 実際の理由は定かではないが、ピルの開発経緯から見ても、ピルには妊娠に対してポジティブな影響があると考えることができるだろう。 「卵子というのは、実はお母さんのお腹の中にいる時から卵子の元が既に備わっており、その後、卵子の数はどんどん減っていきます。 ピルを飲んでいた人の方が卵子の減り方が少ないのでは、と考察している論文もあります。 実際デンマークでは、ピルを使用している人とそうでない人の卵巣の予備能力をはかるAMH 卵巣年齢 を見てみると、ピルを使用している人の方が高い数値になっていたという調査もあります。 もちろん、ピルをやめなければ妊娠しませんが、ピルを飲んで身体を保護するという考えもあるでしょう。 妊娠は相手があってのことですし、その人自身の卵管や卵巣も含めて身体の状態にも関係します。 そのため、AMHが高いから妊娠するとは言い切れませんが、ピルの服用をやめることで、きちんと排卵が起きて月経周期が整うということは言えます」 北村先生。 妊娠はいろんな環境が整うことが前提となるため、一概に「ピルをやめると妊娠できる」とは言えないが、長期間ピルを服用していたとしても、それが妊娠に対してネガティブに作用するのではなく、妊娠に向けた環境を整える手助けになるとは言えるだろう。 自治医科大学を一期生として卒業後、群馬県庁に在籍するかたわら、群馬大学医学部産科婦人科教室で臨床を学ぶ。 昭和63年 1988 から所長。 現在、日本家族計画協会理事長・家族計画研究センター所長、日本思春期学会監事、日本母性衛生学会常務理事など。 『ティーンズ・ボディーブック 新装改訂版 』 中央公論新社 、『入門百科プラス 女の子、はじめます。 』 小学館 など著書多数。 現在、毎日新聞で「Dr北村が語る現代思春期」、中央公論新社web KERAKUにおいて「Dr北村の人"性"相談」を連載中。 予めご了承ください。 関連記事•

次の