ヨシダ ソース レシピ。 ヨシダソース ヨシダグルメのたれ

コストコのグルメのたれを使った人気レシピ14選!ヨシダソースに合う料理は?

ヨシダ ソース レシピ

ヨシダソース グルメのたれ 1360g 購入時価格 518円 参考価格 748円(2014年12月) 参考価格 768円(2016年4月) ヨシダソースという名称でお馴染みのコストコで販売されている有名な調味料の1つ、 ヨシダグルメのたれです。 ヨシダソースなんて知らないよ!っていう方もおそらく肉付きの良い裕福そうな姿、メガネで、テンガロンハットをかぶって大爆笑している朝青龍似のおっさんの写真は、なんとなく見たことがあると思います。 一度見れば、なぜか頭から離れないおっさんの笑顔・・・ 朝青龍と大橋巨泉を足して2で割ったみたいな、明らかに大物な顔。 彼が、ヨシダソースを生産販売している社長の吉田潤喜氏。 単身アメリカに渡って自家製秘伝のタレをベースにヨシダソースを作り上げた張本人です。 ヨシダソースは日本人が作ったにもかかわらず、海外で空前の大ヒットを記録し、現在は世界各国のレストラン、家庭で使われている定番のソースで、とくにアメリカでは現在も 1日5万本製造されており、めちゃくちゃ売れているそうです。 写真で見る社長もどことなく儲かってそうなドヤ顔をしています。 社長の吉田さん自身も、アメリカじゃイチローなみに有名な日本人らしいのですが・・・こんなにすごい人なのに、私はコストコに行くまではこのソースの存在すらも知りませんでした。 ソースの値段に関してですが、金額だけ見れば激安!ってほどでは無い気がするけど、 量が多いです。 若干収納に困る位のボトルの大きさ。 保存方法は、開栓後は要冷蔵ってことなので、一応冷蔵庫に入れていますがすごい存在感です。 賞味期限も1年半ほど。 それだけあれば十分使い切れるかと。 いや、ちょっとまて、よく見れば公式オンラインショップで販売されているヨシダソースは内容量645gらしい。 それで値段が714円。 コストコで販売されているボトルは1360gと2倍近くの量なのに、それより更に安いじゃないか!何たる失態・・・皆さんスミマセン、コストコはマジでめちゃめちゃ安いです。 特に、 肉料理などに定評のあるソースらしい。 有名な商品ならば、とりあえず買っても失敗はあるまい、と購入を決めました。 まず開封と同時に香ってくる、甘辛くて、どことなくスパイシーな香り。 どこかのお店で嗅いだことあるような・・・どことなく馴染みもあるような不思議な香りです。 どこで嗅いだかな?気取らないステーキハウスとか、ファミレスとか、いつかのバーベキューの時の匂い?高級感、という感じじゃないです、なんというか、もっと 身近な香りです。 お肉に合うソース、ということだったので、勝手にとんかつソースみたいなドロっとしたものを想像していたのですが、思ったよりサラサラしていました。 一見ウスターソースみたいな感じですが、皿に出してみるとソースの色も思ったよりは濃くありません。 口の部分が一般的なソースよりもかなり広めの作りになっているので、ドバっと出てこないように注意してください。 ソース単体で味見してみます。 甘い!いや、醤油辛さもあり、コクがあります。 そしてスパイスの風味と少しピリッとした後口。 なるほど、 万能照り焼きソースみたいな感じですね。 日本人が慣れ親しんだ、醤油に砂糖やみりんを合わせた、昔から知っている味にコクと若干のスパイシーさを加えた、日本人好みの味だと思います。 でも、家庭じゃこのソースを再現するのは難しいかも。 このヨシダソースのパッケージに書かれた説明文を添付しておきますね。 保存料無添加の本醸造の醤油をたっぷり使った、コクのある風味豊かな万能のたれです。 特に、牛・豚・鶏などの肉類のお料理にマリネ用またはバーベキュー用として、また様々なお料理の隠し味としても幅広くお使いください。 確かに、肉類だけでなく魚介や野菜など素材を選ばず、炒め物から煮物、和え物までと幅広く使える 万能調味料です。 普通に肉野菜炒めにちょっと使うだけでも美味しくなりました。 少量だけでも、しっかりと味がつきますし、調理する時間は短くても、きちんと深みある味に仕上げてくれます。 いや、それでもどうやって使えば良いのかわからないよーって方は、ヨシダソースの公式HPに、ヨシダソースの使い方や使用したレシピが多数掲載されていますので確認してみてください。 私はそちらもよく参考にさせてもらっています。 普通に 大根の煮物とかにも使える感じで書かれていますのでビックリですね。 和洋中全てに対応できるソースなんて、なかなか無いので驚きました。 このソース単体で使用するのではなく、色んな調味料をちょい足しすることで、和洋中、色んな料理のアレンジが可能です。 和食の用途としては、グルメたれ大さじ1を醤油大さじ1+砂糖大さじ1. 5 として使用しています。 我が家にとってはグルメたれだけの味付けだと少し甘くなりすぎてしまうので、少しお醤油を足したり、出汁で伸ばしたりして使用しています。 ベースの甘辛味に色んなスパイスが入り交じっていて複雑な味わいを出してくれます。 さっと味を付けることができるので料理の時短にもなります。 ただ若干コゲやすいのでフライパンに投入し味を絡めるときは弱火にするか、火を消してから使用した方が良いと思います。 使い始めの頃は手探りだったのですが、まずは公式HPのレシピを参考にし、使ってみればみるほどこのソースの良さを実感します。 今や和食が多い我が家にはかかせない調味料になってしまいました。 他のお店よりもコストコで購入した方が安く買えてお得ですよ。 味見したことが無かったのですが話題の品だったので買ってみました。 一番最初はお肉を焼いて絡めただけでいただいたのですが甘過ぎる感があり 失敗たったかな と。 コストコは返品OKではあるけれど小心者のせいか返品は気が進まず、とはいえ冷蔵庫の場所を取り過ぎる大きさなのでどんどん使おう!と皆さんのコメントを見たり、クックパッドにもレシピが多数掲載されているので使っているうちに開墾! これはソースそのままでは無くて調味料を足し算したり量を調節する事により和食にも洋食にも中華にも変化するソースなんだ!! と気がつきました。 水・和風ダシと酒みりんを足して煮物 濃度を変えたりショウガを加えたりして照り焼きにも 、ケチャップを足してハンバーグソース、酒・オイスターソースを足してチンジャオロースを作ったりしています。

次の

万能BBQソース、ヨシダソースを徹底研究

ヨシダ ソース レシピ

豚バラ肉500g• ねぎの青い部分1本• ショウガスライス1かけ• ゆで卵2個• ヨシダソース大さじ3• 水6カップ• 醤油大さじ1• 豚肉を5cm角に切ったら、鍋に入れてねぎの青い部分、しょうがとたっぷりの水を入れたら、中火にかけます。 煮立ったらアクを取って、お湯を足しながら30分ほど茹でます。 豚肉は取り出して水気を拭き、ゆで汁も2カップ分取っておきましょう。 鍋にゆで汁2カップ、ヨシダソース、酒、水4カップ、ねぎの青い部分、ショウガスライスを入れたら2を加えて一煮立ちさせ、火を弱めたらアクをとりつつ30分ほど煮ます。 3に醤油大さじ1を加えたら、煮汁が少なくなるまで煮て完成です。

次の

ヨシダソース ヨシダグルメのたれ

ヨシダ ソース レシピ

ヨシダソース グルメのたれ 1360g 購入時価格 518円 参考価格 748円(2014年12月) 参考価格 768円(2016年4月) ヨシダソースという名称でお馴染みのコストコで販売されている有名な調味料の1つ、 ヨシダグルメのたれです。 ヨシダソースなんて知らないよ!っていう方もおそらく肉付きの良い裕福そうな姿、メガネで、テンガロンハットをかぶって大爆笑している朝青龍似のおっさんの写真は、なんとなく見たことがあると思います。 一度見れば、なぜか頭から離れないおっさんの笑顔・・・ 朝青龍と大橋巨泉を足して2で割ったみたいな、明らかに大物な顔。 彼が、ヨシダソースを生産販売している社長の吉田潤喜氏。 単身アメリカに渡って自家製秘伝のタレをベースにヨシダソースを作り上げた張本人です。 ヨシダソースは日本人が作ったにもかかわらず、海外で空前の大ヒットを記録し、現在は世界各国のレストラン、家庭で使われている定番のソースで、とくにアメリカでは現在も 1日5万本製造されており、めちゃくちゃ売れているそうです。 写真で見る社長もどことなく儲かってそうなドヤ顔をしています。 社長の吉田さん自身も、アメリカじゃイチローなみに有名な日本人らしいのですが・・・こんなにすごい人なのに、私はコストコに行くまではこのソースの存在すらも知りませんでした。 ソースの値段に関してですが、金額だけ見れば激安!ってほどでは無い気がするけど、 量が多いです。 若干収納に困る位のボトルの大きさ。 保存方法は、開栓後は要冷蔵ってことなので、一応冷蔵庫に入れていますがすごい存在感です。 賞味期限も1年半ほど。 それだけあれば十分使い切れるかと。 いや、ちょっとまて、よく見れば公式オンラインショップで販売されているヨシダソースは内容量645gらしい。 それで値段が714円。 コストコで販売されているボトルは1360gと2倍近くの量なのに、それより更に安いじゃないか!何たる失態・・・皆さんスミマセン、コストコはマジでめちゃめちゃ安いです。 特に、 肉料理などに定評のあるソースらしい。 有名な商品ならば、とりあえず買っても失敗はあるまい、と購入を決めました。 まず開封と同時に香ってくる、甘辛くて、どことなくスパイシーな香り。 どこかのお店で嗅いだことあるような・・・どことなく馴染みもあるような不思議な香りです。 どこで嗅いだかな?気取らないステーキハウスとか、ファミレスとか、いつかのバーベキューの時の匂い?高級感、という感じじゃないです、なんというか、もっと 身近な香りです。 お肉に合うソース、ということだったので、勝手にとんかつソースみたいなドロっとしたものを想像していたのですが、思ったよりサラサラしていました。 一見ウスターソースみたいな感じですが、皿に出してみるとソースの色も思ったよりは濃くありません。 口の部分が一般的なソースよりもかなり広めの作りになっているので、ドバっと出てこないように注意してください。 ソース単体で味見してみます。 甘い!いや、醤油辛さもあり、コクがあります。 そしてスパイスの風味と少しピリッとした後口。 なるほど、 万能照り焼きソースみたいな感じですね。 日本人が慣れ親しんだ、醤油に砂糖やみりんを合わせた、昔から知っている味にコクと若干のスパイシーさを加えた、日本人好みの味だと思います。 でも、家庭じゃこのソースを再現するのは難しいかも。 このヨシダソースのパッケージに書かれた説明文を添付しておきますね。 保存料無添加の本醸造の醤油をたっぷり使った、コクのある風味豊かな万能のたれです。 特に、牛・豚・鶏などの肉類のお料理にマリネ用またはバーベキュー用として、また様々なお料理の隠し味としても幅広くお使いください。 確かに、肉類だけでなく魚介や野菜など素材を選ばず、炒め物から煮物、和え物までと幅広く使える 万能調味料です。 普通に肉野菜炒めにちょっと使うだけでも美味しくなりました。 少量だけでも、しっかりと味がつきますし、調理する時間は短くても、きちんと深みある味に仕上げてくれます。 いや、それでもどうやって使えば良いのかわからないよーって方は、ヨシダソースの公式HPに、ヨシダソースの使い方や使用したレシピが多数掲載されていますので確認してみてください。 私はそちらもよく参考にさせてもらっています。 普通に 大根の煮物とかにも使える感じで書かれていますのでビックリですね。 和洋中全てに対応できるソースなんて、なかなか無いので驚きました。 このソース単体で使用するのではなく、色んな調味料をちょい足しすることで、和洋中、色んな料理のアレンジが可能です。 和食の用途としては、グルメたれ大さじ1を醤油大さじ1+砂糖大さじ1. 5 として使用しています。 我が家にとってはグルメたれだけの味付けだと少し甘くなりすぎてしまうので、少しお醤油を足したり、出汁で伸ばしたりして使用しています。 ベースの甘辛味に色んなスパイスが入り交じっていて複雑な味わいを出してくれます。 さっと味を付けることができるので料理の時短にもなります。 ただ若干コゲやすいのでフライパンに投入し味を絡めるときは弱火にするか、火を消してから使用した方が良いと思います。 使い始めの頃は手探りだったのですが、まずは公式HPのレシピを参考にし、使ってみればみるほどこのソースの良さを実感します。 今や和食が多い我が家にはかかせない調味料になってしまいました。 他のお店よりもコストコで購入した方が安く買えてお得ですよ。 味見したことが無かったのですが話題の品だったので買ってみました。 一番最初はお肉を焼いて絡めただけでいただいたのですが甘過ぎる感があり 失敗たったかな と。 コストコは返品OKではあるけれど小心者のせいか返品は気が進まず、とはいえ冷蔵庫の場所を取り過ぎる大きさなのでどんどん使おう!と皆さんのコメントを見たり、クックパッドにもレシピが多数掲載されているので使っているうちに開墾! これはソースそのままでは無くて調味料を足し算したり量を調節する事により和食にも洋食にも中華にも変化するソースなんだ!! と気がつきました。 水・和風ダシと酒みりんを足して煮物 濃度を変えたりショウガを加えたりして照り焼きにも 、ケチャップを足してハンバーグソース、酒・オイスターソースを足してチンジャオロースを作ったりしています。

次の