インサル と オーダー 藻 消し。 HTCVive プラグイン関連

HTCVive プラグイン関連

インサル と オーダー 藻 消し

コメント AGH. exe 17. zip 10. Demosaic. zip 10. Demosaic. zip 4. Demosaic. zip 3. Demosaic. zip 3. Demosaic. zip 2. VD環境ファイル. zip 11. planetarium. vde 27.

次の

インサルトオーダーで禁断の藻消しを実現するMODの導入方法。

インサル と オーダー 藻 消し

MODのダウンロード先。 いわゆる「藻消し」を実現してしまうためのMODが、上記のダウンロードにて配布されていました。 いろんなツイートを巡って上記のリンクだけが見つかったので、サイトの本家や公開者は、申し訳ありませんが不明です。 Demosaic. zipと書かれたもののうち、もっとも新しいものをダウンロードしましょう。 導入方法。 同梱のテキストファイルを見ればすぐにわかると思いますが、いちおう写真も添えて説明しておきます。 まずは上記のサイトから、 BepInExの最新版をダウンロードしましょう。 コイカツでMODを導入している人ならば、充分に使い慣れたツールなので、すぐにわかると思います。 そのBepInExが、インサルトオーダーでも使えるようです。 注意点として、x64とx86の2種類がありますが、たとえ64bitOSだったとしても、 x86の方をダウンロードしましょう。 次に、インサルトオーダーのフォルダの中にある GameDataフォルダに、BepInExのフォルダをコピーします。 そして、MODの圧縮ファイルの中にある、 Demosaic. dllをBepInExのフォルダにコピーすれば準備OKです。 あとは起動ですが、ランチャーからではなく、 ゲーム本体であるio. exeから起動しましょう。 初めのランチャー画面が省略され、いきなりゲームが開始されますが、こうしないとMODが効かないようです。 これで禁断の、モザイクの向こう側へ…。

次の

COM3D2で藻消しを導入後、おまたのすじやくぱぁも実現できるプラグインの紹介。

インサル と オーダー 藻 消し

別のところで回答したものを、そのままコピペ(汗 1.Windowsのエクスプローラの使い方を覚える。 ファイルのコピーや移動などで使用するので必須です。 間違えてCOM3D2のデータを消してしまう危険性もあるので、いつでも再インストールできるように心がけておきましょう。 2.下記のものをダウンロードします。 ・しばりすVer2. 2 パッチあてのための主幹プログラム。 ・Reipatcherレス化プラグイン いろいろと拡張してくれるプラグイン集 ・YASDminusプラグイン 藻消し1。 プログラムで行うものをオミットする ・肌テクスチャファイル 肌のデータにも直接藻が書き込んであるため、別のテクスチャを準備する。 一部、7zというアーカイブを使用していることがあります。 これはMelticeFamilyで解凍できます。 これはそのほか色々なものにも対応できるので、お勧めです。 4.解凍したものには説明書きファイルがあるので、それを参照にしながらCOM3D2へコピーします。 5.COM3D2を起動、しばりすが正しく導入されていれば、背景黒画面の文字情報ウィンドウが表示されます。 これは停止したらダメです。 主なダウンロード先 「もちもち3D」 「3Dゲームうぷろだ」 「MelticeFamily」 最初のうちは難しいかもしれませんが、ぜひトライしてみてください。

次の