猫 複数飼い。 猫を多頭飼いする時の相性や気をつけたこと|ねこねこフェリス

猫の多頭飼いのこつ。猫同士が喧嘩しないで仲良くする方法!

猫 複数飼い

最近はペットブームとなり人気のある猫ですが、あなたは猫は飼っていますでしょうか? 家では昔から猫を飼っています。 初めて飼った猫たちとの運命的な出会いをはたしてからというもの、寿命がくるまで十数年と一緒にいてはまた新たな猫を迎えています。 つい最近里親さんから子猫を譲って頂いたので、今は家に3匹ほど猫がいる状態になります。 このように猫を飼っている方は 複数の猫を同時に育てる「多頭飼い」をしている方は多いのではないでしょうか。 多頭飼いをしているというお話は犬よりも猫を飼っている方からよく聞きます。 普段は多頭飼いはとても賑やかですし仲良くくっついて寝ている姿などは見ていて心が温かくなり癒されます。 ですがもしも 大規模な地震があったらどうしますか?非難しないといけない…となった時はどうされますでしょうか。 もしもの災害時の時に一匹なら楽に運び出す事ができても 複数の猫を見つけ出し、更にキャリーバックにも入れないといけないとなるとかなりの神経を使いますし工夫も必要となります。 そんな時できたら 複数の猫をまとめてキャリーバックに避難させられたら少し荷がおりますよね。 ですが猫も生きた動物です、サイズの合わないものに詰め仕込まれてはストレスが溜まってしまうでしょう。 そこで 「多頭飼いにオススメのキャリーバック」、そして 「多頭飼いをしている時の避難方」などをお書きしたいと思います。 ぜひ多頭飼いをしている猫愛好家の方々は私と一緒にどのようにもしもを切り抜けたらいいか考えてみてください。 まずはこちらのワンちゃんにも猫ちゃんにも使えるカートです。 こちらは4輪タイプのカートなので比較的安定感があると思います。 耐荷重8キロなので 小柄な猫ちゃんであれば2匹ほど乗せることができます。 ストライプ、ブラウン、ブラックの3種類の色から選ぶことができますので猫ちゃんに合った色の、はたまた飼い主さんのお好みの色から選ぶことができます。 ペットを乗せる荷台の部分のメッシュはファスナーにてきちんと開閉できるようになっており、飛び出し防止のリードが2匹分ついている優れものです。 ワンちゃんも性格によりますが猫は特に動きが速いためこのようにリードとメッシュでの2重構成で保護できるのはありがたいですし、カートなので押して避難させることもできる所が魅力だと思います。 続いてはこちらです! 多頭飼い用だと費用がなかなか高くはなってしまうのがネックですが、1度買ってしまえば手間はいくつものキャリーバックを持つのよりもずっと楽になります。 こちらは猫の可愛らしいキャラクターがワンポイントとなっており、とても癒されます。 飛び出し防止のリードもきちんと2本ついていて、小柄な猫ならば2匹程運べるようです。 色はレッドとブラックの二種類あり赤などは女性が持ったらオシャレに見えると思います。 数量限定で底に敷くボアカバーがもらえるようです。 ペット自体もふかふかなのですが、犬や猫もフカフカな物をよく好みます故にこれは可愛い愛猫ちゃんにぜひ使ってあげたくなります。 耐荷重は12キロとなっております。 次は猫ちゃんが可愛らしくこちらを見ている画像のこちらの商品です。 全部で 4種類のカラーから選ぶことができますので可愛らしいですし、少し丸みのある形が猫の居心地の良さそうな造りとなっています。 入口の部分が大きく開くため緊急事態にも猫を入れやすそうな所も魅力的です。 猫などは特にキャリーバックに入れられることを嫌がるんですよね。 急いでいる時などはその分大変になるので飼い主さんの気持ちを汲み取った造りになっていると思います。 こちらもリュック式にもキャリーバックにもなる形式になっています。 耐荷重は10キロになっております。 Sturdi ペットツインカーゴ [キャリー 折り畳み ポータブル 多頭飼い ドライブ] 【スポンサーリンク】 多頭飼いの時の避難方法は? 多頭飼いの猫を避難させる事はとても大変な作業となります。 地震などの場合は猫ちゃんも怖がってしまい隠れてしまう事も多く、 普段どのような場所によく隠れるかを把握しておく必要があります。 そして ベッドの下などの見えにくい部分はなるべく入れないように物で遮っておくなども効果的です。 キャリーバックに入ることを普段から慣れさせる事も、避難しなければならなくなってしまった場合に役立ってきます。 例えば普段からキャリーバックと一緒におもちゃを入れて遊んであげたり、キャリーバックにひざ掛けなどを入れて暖かい環境を作り猫の寝床にしたりしておくのも良いでしょう。 そして1番必要なのは 「もしも」の時に「誰」が「どの子」を避難させるかを話し合っておくことです。 そうしておくだけでパニックを未然に抑えることができますのでご家族でよく相談して非常事態に備えてみてください。 まとめ 多頭飼いの方のためのキャリーバックは探してみたらもっとたくさんの数や種類があります。 それだけペットを飼う方が多く、ペット達が愛されている証なのですね。 ぜひ私のように多頭飼いをしている方々がより良いキャリーバックを見つけることができるように祈っております。

次の

猫のトイレを置くべき場所と数。失敗の原因から正しいしつけまで

猫 複数飼い

猫を多頭飼いする時はトイレの数を増やす 猫を多頭飼いする場合、必ず考えておきたいのがトイレの環境設備です。 猫を一匹しか飼っていない場合は、猫用トイレは1~2個置いておけば問題ありませんが、多頭飼いをするなら、トイレの数を増やさなくてはいけません。 猫一匹ずつに専用トイレを準備する• つまり、猫を二匹飼うのであれば猫用トイレをふたつ用意し、一匹ずつ専用で使えるようにしてください。 猫の相性などによっては、においなどを気にせず共用でトイレを使うこともありますが、他の猫のにおいがするトイレを嫌がるケースも多々あります。 そのため、 最低限一匹につき、ひとつトイレを用意しましょう。 二匹飼うのであればトイレを三つ設置して起き、三匹飼うのであればトイレを四つ設置しておくといった感じで用意してあげるとよいでしょう。 トイレの数が足らないとどうなる?• 猫がトイレではない所に粗相する• 猫がトイレを我慢して腎臓病や便秘になる• 猫同士がパーソナルスペースをめぐって喧嘩をする 「猫用トイレを増やすのが面倒だから共用でいいや」という考えから、猫用トイレを共用のまま使わせようとすると、猫にとって大きなストレスとなる可能性があります。 他の猫がした排泄物のにおいを嫌がってトイレを我慢するようになったり、猫用トイレではない場所に粗相することもあるのです。 トイレを我慢すると当然からだにも良くありません。 腎臓に関する病気や便秘になる可能性もあるため、猫の健康管理のためにもトイレの増加は必須です。 また、猫にとってトイレは、自分のにおいがする大切なパーソナルスペースです。 猫用トイレが足りていないと、他の猫に自分のパーソナルスペースを奪われたり、荒らされたりするため、そのせいで喧嘩になることもあります。 多頭飼いをしているのにも関わらず猫用トイレの数が足りていないと、からだだけでなく、精神的なストレスにもなりかねないということを覚えておきましょう。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

【猫の多頭飼い注意】喧嘩やストレスを防ぐための事前準備

猫 複数飼い

先住猫との相性 できれば、先住猫と仲良くしてほしいですよね?もちろん 100%の保証付ではありませんが、一般的に言われている相性を確認してみましょう。 注意としては、 避妊、去勢していることが前提となります。 性別からみる相性 「 オス&メス」が 相性が良いとよく言われます。 オスが先住猫の方がうまくいくようです。 「 メス&メス」は トラブルが多いそうです。 メスの方が友好度は低いそうです。 年齢からみる相性 先住猫が7歳(いわゆるシニア)になる前に新しい猫を迎え入れた方が良いそうです。 先住猫が歳を取ってから新しい猫を迎えると、かなりのストレスになります。 特にメスはお年寄りになると気難しくなるようです。 年齢が近い方が良いそうです。 我が家はこの理由で、新しい仔猫がほしいなって思うこともあるのですが、ルビーはおばあさん猫なので何らかの事情がない限り、迎えないことにしています。 兄弟かどうか 兄弟の方が仲良くなりやすいらしいです。 兄弟だと同時にもらわれる場合が多いからかも?でも、一概には言えませんけどね。 相性は変わっていく場合も 我が家のネルとルビーは同じ母親から生まれた姉弟で、比較的仲良くしていたと思いますが、若干後からきたネルは先住猫のルビーに気を使っていた様子もあります。 ルビー優位の立場で仲良しでした。 しかし、老齢化するにつれて逆転してしまいました。 そうなると、喧嘩も多く、あまり仲良しには思えませんでした。 年齢と共に立場が変わったり相性が変わることは仕方ないのかもしれません。 オスのネルが先住猫だったら、うまくいってたのかもしれませんねぇ。 相性のまとめ 先住猫が7歳までに、近い年齢で、異性同士になるよう迎えたら良い。 理想は、兄弟の仔猫2匹で異性同士になっているといいのでしょうね。 でも、これでも、我が家を見ると100%じゃないなって思いますけど(笑) 新しく迎えるときの準備 動物病院へ連れて行く あらかじめキャリーを用意しておき、動物病院へ連れて行きます。 ノミ取りや、病気の有無を確認、ワクチン接種をしてもらう必要があります。 また、後日、 避妊・不妊手術をしていない猫は必要になります。 フードやトイレ、ケージの準備 フードは先住猫と同じぐらいの年齢や健康状態が同じであれば同じ物を与えたら良いですが、年齢が違っていたり、病気の有無などによりフードは異なるでしょう。 トイレは、頭数+1個以上が望ましいと言われています。 ご対面• 別々の部屋で様子を見ます。 いきなり同じ部屋だと喧嘩する可能性があります。 新しい方の猫をケージに入れて、対面させます。 新しい方の猫をケージに入れて、同じ部屋で過ごさせます。 様子を見ながら同じ部屋で過ごさせます。 仲良くならない時 どうしても、仲良く過ごせない場合もあるようです。 その場合は、別々の部屋で過ごさせる方が良いでしょう。 多頭飼いに関する注意 先住猫を優先にする 撫でてあげるのも、膝にのるのも、食事も、 先住猫を優先します。 これは猫の習性によるもので、優先権があるからです。 状況にもよりますが、基本は先住猫が優先です。 これが覆されると、先住猫の引きこもりや問題行動が起こる場合があります。 トイレの数 上記でも書きましたが、 トイレは頭数+1個以上が望ましいと言われています。 しかし、我が家の場合は、2頭のとき、同じトイレを2個置いていましたが、なぜか1個しか使ってくれず、1個で済ませていました。 そんな場合は、頻繁にトイレ掃除して下さい。 外に出ることがある猫の場合 完全室内飼いが望ましいのですが、もし、外へ行く場合、病気をもらってきたりすることがあります。 移る病気もあるので注意が必要です。 もし、移る病気にかかってしまったら、部屋を隔離する等の対応が必要になってきます。 予防接種も健康管理ももちろん1頭のときと変わらず重要になります。 年齢や体系、病気の有無の違いがある場合の食事 1頭だったり、同じような体系や年齢、健康であれば、食事管理は簡単なのですが、違ってくると別々に食事する必要があります。 例えば、普通の体系の猫と肥満の猫がいた場合、肥満の猫が肥満猫用のフードを食べていても、普通の体系の猫のフードの余りを食べてしまったりして、さらに肥満につながることもあります。 きちんと食べたか確認し、余ったら見つからない場所や届かない場所へ移動させるなどの工夫が必要です。 多頭飼いになるだけで、いろいろ気をつけるべきことが増えますが、楽しく過ごせるといいですね。

次の