ホップポケモンうざい。 ホップ

ビート(ポケモン)

ホップポケモンうざい

概要 でやばかりでパーティを組んで使用してくるプレイヤー層を言う。 ここで言う伝説ポケモンは 「」の枠に入るポケモンのことである。 4世代のバトレボ時代では、通常のフラットルールにおいてやなどのや、やのような強力な一般ポケモンに混じって通常大会使用の制限がかかるやなどが使えてしまった為、これらを投入したパーティーがたびたび見られた。 これらの使用者の層としては、主に小中学生の子供である事が多い傾向があった。 もちろん個体値や性格などを厳選してから使ういい歳したにも居ない訳ではなかった というかむしろそちらの方が多いのではないか?という噂もあった。 なお、何体投入すれば伝説厨と呼ばれるのかは人によって意見が分かれる。 とはいえ、誰でも一度はやってみたくなる行為であるのは事実であり、ポケモン慣れしていない初心者と、伝説ポケモンなしでゲームをあっさりクリアできる上級者の穴が埋まる手段でもあるため、もし遭遇しても、優しいプレイヤーは大目に見てあげたいところ え?もしも初心者で伝説ポケモンを使用していないプレイヤーとで伝説ポケモンを使用しているプレイヤーが当たってしまったら?その場合は…まあ…。 しかし、当然ながら伝説ポケモンばかりでパーティを組むことを良しとせず、 伝説厨というものを激しく嫌っているプレイヤー達も多い。 そこはやはり人それぞれなのだろう。 5世代ではルールが整備され、前述の禁止級に属するポケモンはWi-Fi対戦では使用できなくなり、幻のポケモンや禁止級ポケモンを含んだPTを見る事は無くなった。 なお、公式大会で使用が認められている、、etc…も「1セーブデータにつき1匹しか入手できないポケモン」ではあるのでそれらすべてで固めてしまえば「伝説厨」と呼ばれる事もあるのだが、 大会でも制限がかからず、ルール上認められているポケモンを使用する事に文句を言うほうがおかしいので慎むべきであるといえる。 しかし全くWi-Fi対戦で使用できなかったのはまずいと思ったのか、第6世代では戦績がつかないフリーバトルでのみ解禁されることとなる。 フリーバトルで満足したい人にとっては大迷惑でもあったが、 「整備されたルールがしたければレーティングをやりましょう」で話がついてしまうので、何とも言えない悔しさを感じているプレイヤーも多い。 また、禁止伝説が使用可能な大会前だと、実力者による禁止伝説入りのパーティの試運転が見られるのでやりごたえもあるといえよう。 一般ポケモンのみのパーティで伝説厨に勝利するのもWi-Fi対戦の楽しみの一つである。 何より一般ポケモンのみで組んだパーティで伝説厨に勝利した時の満足感は普通のバトルとは段違いだろう。 そして、勝った側にとっても負けた側にとってもいい経験となる。 ただし、前述のように伝説厨には低年齢のプレイヤーが多いため、勝利したと思ったらいきなり通信を切断される可能性も確かにある 当たり前のことであるが、例え伝説ポケモンを使われたからといって全く勝機が無いわけではない 確かに不利になることはあるかもしれないが。 なので、 伝説厨を嫌っているプレイヤー達は、伝説厨を責めるばかりではなく是非今自分が使用しているポケモン達で伝説厨に勝利できるように頑張ってもらいたい。 スマホ向けアプリのでは事情が異なる。 本作ではそもそも通信対戦そのものがなく(一応、今後実装される予定ではあると発表されているが)バトルも原作のようなターン制ではなく、技同士の激しい応酬になるため、原典とは異なり 純粋に火力の高いポケモンの方が重要視されやすい。 さらに、元々専用技の類が非常に少ないことに加え、ポケモン1体あたりが習得できる技のバリエーションが 通常技とゲージ技の2つのみと非常に少ないことから、必然的に 伝説ポケモンと一般ポケモンの技の組み合わせが完全に被ってしまうことが多くなる。 、基本的に伝説ポケモンは攻撃の種族値の高い種が多いため、習得できる技の限られた現状では、寧ろ 伝説ポケモンの入手・育成は可能であるならば極力行っておくべきという風潮が強い。 寧ろ本作では、 タイプや技の相性を考慮せずにポケモンを繰り出すプレイヤーの方が問題視されており(特に制限時間の短いレイドバトルではタイプや技もきちんと考慮した上でポケモンを繰り出さないと大幅なタイムロスにつながってしまい、他のプレイヤーに迷惑をかけてしまうことになる)、上記の事情も相俟って、伝説ポケモンを中心としたPTを組んでいるユーザーがいたとしても現状ではあまり白眼視されないことが多い。 こちらの記事も併せて参照されたい。 公式の伝説厨• とを使用。 全てダークポケモン• まさかのとを使用。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ビート(ポケモン)

ホップポケモンうざい

注意: 以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。 ご理解の上ご利用ください。 幼少期のトラブルにより養護施設育ちで暮らしていた。 他人と馴染めず孤立していたが、施設を訪問したローズからポケモンを貰ったことをきっかけにトレーナーとしての才能を開花させた。 そのため、ローズのことを信頼していた。 信頼するローズのためにに協力してねがいぼしを各地で集めていたが、そのためには周りを顧みない節があり、ある時ついにローズから借りたダイオウドウを使ってラテラルタウンの遺跡を破壊してしまう。 ローズはビートが自分のために行動している事は理解していたものの、それ以前にあまりに「ガラルを愛していない」というビートの現状に失望し、ジムチャレンジの資格を剥奪する失格処分を科す。 その後、高齢故に跡取りを探していたポプラに勧誘され、再起の道を図る。 セミファイナルトーナメントに乱入し、ポプラの後継のジムリーダーとして主人公と対戦。 ラテラルタウンの遺跡の件もあって主人公に敗北したら引退するつもりでいたが、観客から称賛を受けたことで引退は撤回した。 エンディング後の事件ではアラベスクスタジアムのダイマックスポケモンを単身で抑え、チャンピオンとなった主人公と改めて勝負する。 この戦闘では素直に主人公を称賛するなど性格が丸くなっており、自分の道を模索している。 元々はの使い手であったが、ポプラの後継者として選ばれた過程でタイプの使い手となった。 ガラルギャロップとブリムオンが共通しているので極端に変わったという印象は受けないが、それ以外のポケモンは一新されている。 ちなみにシナリオにおける男性のフェアリータイプのエキスパートはポケモン史上初。 ポプラのレアリーグカードにもビートの姿があるが、座るポプラの横で直立不動の真顔のビートという構図。 ジムリーダー後継の指導が厳しかったことが類推できる。 エンディング後にシュートスタジアムに行くと挑戦できるチャンピオンカップ再戦トーナメントでは、正式にジムリーダーとして出場してくる。 手持ちポケモン はすべて15となっている。 ビート 1920円 1回目・ Lv. サーナイトとブリムオンのとくぼうが高めなので物理技が有効。 エスパー複合が多いのでどくタイプは避けたい。 チャンピオンカップではブリムオンがキョダイマックスするため、キョダイテンバツによる混乱には注意されたし。 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ビート Betys Beta vulgaris 学名:ビート Bede 日本語名より? 戦闘時のBGMには決勝戦のフレーズが使用されている。

次の

チャンピオン ダンデ

ホップポケモンうざい

概要 でやばかりでパーティを組んで使用してくるプレイヤー層を言う。 ここで言う伝説ポケモンは 「」の枠に入るポケモンのことである。 4世代のバトレボ時代では、通常のフラットルールにおいてやなどのや、やのような強力な一般ポケモンに混じって通常大会使用の制限がかかるやなどが使えてしまった為、これらを投入したパーティーがたびたび見られた。 これらの使用者の層としては、主に小中学生の子供である事が多い傾向があった。 もちろん個体値や性格などを厳選してから使ういい歳したにも居ない訳ではなかった というかむしろそちらの方が多いのではないか?という噂もあった。 なお、何体投入すれば伝説厨と呼ばれるのかは人によって意見が分かれる。 とはいえ、誰でも一度はやってみたくなる行為であるのは事実であり、ポケモン慣れしていない初心者と、伝説ポケモンなしでゲームをあっさりクリアできる上級者の穴が埋まる手段でもあるため、もし遭遇しても、優しいプレイヤーは大目に見てあげたいところ え?もしも初心者で伝説ポケモンを使用していないプレイヤーとで伝説ポケモンを使用しているプレイヤーが当たってしまったら?その場合は…まあ…。 しかし、当然ながら伝説ポケモンばかりでパーティを組むことを良しとせず、 伝説厨というものを激しく嫌っているプレイヤー達も多い。 そこはやはり人それぞれなのだろう。 5世代ではルールが整備され、前述の禁止級に属するポケモンはWi-Fi対戦では使用できなくなり、幻のポケモンや禁止級ポケモンを含んだPTを見る事は無くなった。 なお、公式大会で使用が認められている、、etc…も「1セーブデータにつき1匹しか入手できないポケモン」ではあるのでそれらすべてで固めてしまえば「伝説厨」と呼ばれる事もあるのだが、 大会でも制限がかからず、ルール上認められているポケモンを使用する事に文句を言うほうがおかしいので慎むべきであるといえる。 しかし全くWi-Fi対戦で使用できなかったのはまずいと思ったのか、第6世代では戦績がつかないフリーバトルでのみ解禁されることとなる。 フリーバトルで満足したい人にとっては大迷惑でもあったが、 「整備されたルールがしたければレーティングをやりましょう」で話がついてしまうので、何とも言えない悔しさを感じているプレイヤーも多い。 また、禁止伝説が使用可能な大会前だと、実力者による禁止伝説入りのパーティの試運転が見られるのでやりごたえもあるといえよう。 一般ポケモンのみのパーティで伝説厨に勝利するのもWi-Fi対戦の楽しみの一つである。 何より一般ポケモンのみで組んだパーティで伝説厨に勝利した時の満足感は普通のバトルとは段違いだろう。 そして、勝った側にとっても負けた側にとってもいい経験となる。 ただし、前述のように伝説厨には低年齢のプレイヤーが多いため、勝利したと思ったらいきなり通信を切断される可能性も確かにある 当たり前のことであるが、例え伝説ポケモンを使われたからといって全く勝機が無いわけではない 確かに不利になることはあるかもしれないが。 なので、 伝説厨を嫌っているプレイヤー達は、伝説厨を責めるばかりではなく是非今自分が使用しているポケモン達で伝説厨に勝利できるように頑張ってもらいたい。 スマホ向けアプリのでは事情が異なる。 本作ではそもそも通信対戦そのものがなく(一応、今後実装される予定ではあると発表されているが)バトルも原作のようなターン制ではなく、技同士の激しい応酬になるため、原典とは異なり 純粋に火力の高いポケモンの方が重要視されやすい。 さらに、元々専用技の類が非常に少ないことに加え、ポケモン1体あたりが習得できる技のバリエーションが 通常技とゲージ技の2つのみと非常に少ないことから、必然的に 伝説ポケモンと一般ポケモンの技の組み合わせが完全に被ってしまうことが多くなる。 、基本的に伝説ポケモンは攻撃の種族値の高い種が多いため、習得できる技の限られた現状では、寧ろ 伝説ポケモンの入手・育成は可能であるならば極力行っておくべきという風潮が強い。 寧ろ本作では、 タイプや技の相性を考慮せずにポケモンを繰り出すプレイヤーの方が問題視されており(特に制限時間の短いレイドバトルではタイプや技もきちんと考慮した上でポケモンを繰り出さないと大幅なタイムロスにつながってしまい、他のプレイヤーに迷惑をかけてしまうことになる)、上記の事情も相俟って、伝説ポケモンを中心としたPTを組んでいるユーザーがいたとしても現状ではあまり白眼視されないことが多い。 こちらの記事も併せて参照されたい。 公式の伝説厨• とを使用。 全てダークポケモン• まさかのとを使用。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の