お電話にて失礼いたしました。 担当者と話そう! 失礼のない取り次ぎの頼み方【ビジネス電話】

「失礼いたしました」の意味と使い方・敬語・メールでの伝え方

お電話にて失礼いたしました

「夜分遅くに」の夜分とは?何時から? 夜分とは夜の時間帯を幅広く指す言葉 夜分とは、夜の時間帯を幅広く指す言葉です。 夜分という言葉は「夜」という漢字一文字の言葉を丁寧に言い表した言葉であり、意味合いは夜と同じです。 しかしながらこの「夜分」という言葉を使うことで、表現全体にフォーマルで丁寧なニュアンスが滲み出てきます。 ちなみに下記の関連記事は昼下がりという言葉の使い方を紹介しており、夜を示す表現と比較したおすすめの内容となっています。 こちらもこの記事と併せて参考にしてみてください。 こういった細かな表現において、人と違う改まった丁寧な表現が使えると周囲から一目置かれることとなるでしょう。 日が沈んだ時間帯から「夜分」を指すことになりますが、冬に夜6時頃には日が沈んでいたとしても、あまり夜遅い時間だという印象はないでしょう。 夜6時にすでに寝ている、といった人も滅多にいません。 22時という時間帯は様々な業界において深夜料金が発生する時間帯です。 タクシーに乗ってもレストランに行っても割り増し料金が加算される時間帯です。 そのため、この時間帯を境に「夜分遅くに」と使う説が非常に有力とされています。 20時で「夜分遅くに」というのは随分と早いと感じる人も少なくないことでしょう。 しかし、ビジネスマナーの本には「夜20時を過ぎたら夜分遅くにと添えれば間違いはない」と記載されているのです。 これは、人が寝ている可能性がある時間であるからです。 大人になると20時に寝ることは中々ないかもしれませんが、子供やお年寄りは寝ている可能性が高い時間帯となります。 そのため20時を過ぎたタイミングで「夜分遅くに」と添えておけば間違いない、というマナー本の表記は的を射ていると言えます。 「夜分遅くに失礼いたします。 明日早朝の納品時間の変更についてご連絡となります」といった形で使います。 ちなみにご連絡となります、の後に「夜分遅くに申し訳ありません」と付け足すのもOKです。 電話における使い方としては「夜分遅くに失礼いたします。 お休みのところ申し訳ありません。 明日の持ち物の確認でお電話しました」といった形になります。 「失礼いたします」「申し訳ありません」と重ねて謝罪をしています。 このように、「夜分遅くに」というフレーズを添えればそれでOKという話ではなく、例文のように本当に申し訳ないといういう気持ちを込めて相手に電話をすることが大切です。 気持ちが通じれば相手もまったく失礼だとは思わないでしょう。 訪問における使い方は「ごめんください。 夜分遅くに失礼いたします。 ご依頼の水道修理でお伺いいたしました」といった形で使います。 相手から依頼があっても、マナーとして「夜分遅くに」と添えるようにします。 もちろんアポなしで訪問する場合には、より丁寧な表現を使った方がいいでしょう。 電話の例文で紹介したような形で、謝罪の文言を重ねる方法もあります。 また、電話でアポをとってから訪問するといった配慮があってもいいかもしれません。 どんな時もマナーを守るだけでなく、相手への気遣いを忘れないようにしましょう。 基本的にメール等の文章では「申し訳ありません」を使います。 メールで「すみません」という表現を使うと相手に失礼に当たる場合があります。 一方で「申し訳ありません」はメールと会話両方で使うことが可能です。 相手に対してより丁寧に謝罪したい場合には「申し訳ありません」を使用します。 また、謝罪の言葉を添える必要はあるものの、そこまで重い話ではないと判断できる場合には「すみません」を使うようにします。 相手に対して軽すぎず、固くなり過ぎないようこの2つを使い分けることが大切です。 「夜分遅くに大変申し訳ありません。 ご相談があり、ご連絡となります」「夜分遅くにすみません。 もしよかったら今からお茶でもしませんか」といった形で使い分けることができます。 この2つの表現は、会話でもメールでも両方において使うことができますが、「失礼します」は会話において、「失礼いたします」はメールにおいてメインで使用するようにしましょう。 「失礼します」をメールで使うと丁寧さに欠ける表現だと感じる人もいますし、「失礼いたします」と常に会話で使うと、堅苦し過ぎると思われる傾向にあります。 そのためライトな表現は口頭で、そして堅いフォーマルな表現はメール等の文章で使うようにしましょう。 この使い分けはしっかり認識しておきましょう。 「夜分遅くのメール、失礼いたします」「夜分遅くに失礼します。 ちょっと近くを通ったものでして」といった形で使い分けるようにします。 前者がメールの例文で、後者が訪問した際の例文です。 「夜分遅くまで本当にお疲れ様です。 おかげ様で何とか目処が立ちそうです」といった使い方をします。 相手を労う際に使う表現であり、相手との信頼関係を深めることができます。 「夜分遅くに」という表現を使う場合には謝罪を添えるのが一般的になりますが、労いやお礼を添えることができる夜分遅くまでという表現も使いこなせると、今後良好なコミュニケーションの維持が期待できることでしょう。 「夜分遅くにすみません」「夜分遅くに失礼します」と、謝罪の言葉を添えるのは常識であり「夜分遅くのご連絡となります」などと、堂々と連絡や訪問をしたら、この言葉を使う意味がなくなります。 本来は夜分遅くに連絡をすることは失礼にあたるため、このような表現を使って失礼であることを詫びた上で本題を切り出すのが筋であると言えます。 「夜分遅くに」という表現は「申し訳ありません」「失礼いたします」と謝罪する理由を説明する添え言葉となります。 本来、夜に連絡をすることは避けるべきことなのですが、必要があるので連絡をするために「夜分遅くに失礼いたします」などと断っています。 そのため、手短に話をして早めに切り上げるなどの気遣いが非常に重要となります。 また、電話や訪問をするにしてもまずはメールをして、電話や訪問をしていいかどうか確認をしてからにするなど、相手に対してどうしたら極力迷惑にならないかを考えて対応する必要があります。 夜分には特に配慮や気遣いが必要になると認識しておきましょう。 「夜分遅くに申し訳ありません」と添えれば、夜に連絡をしてもOK、ということにはなりません。 基本的にはマナー違反だからこそ謝罪を伝えつつ連絡しているのです。 そのため、基本的にはどうしてもその日のそのタイミングで連絡しなければならない事項以外は、翌日以降に回すのがマナーです。 夜分にする連絡は、必要最小限にとどめるようにしましょう。 夜分の連絡は極力控えることが大前提になります。 その物事を堂々と伝えることがはばかられるような状況においては、「申し訳ございませんが」と前置きをして要件を伝えることで、非常に控え目で丁寧な印象を相手に与えます。 ビジネスでは多用したい表現です。 ただしことあるごとに「申し訳ございませんが」と添えていると、低姿勢過ぎて頼りなく見えることもあるため注意が必要です。 「申し訳ございませんが」という表現はここぞという時に何か大切なことを切り出す時の表現として、とっておくようにするのが無難です。 この表現は「恐れ入りますが、間もなく閉店となりますのでお帰りのご準備をお願いできますでしょうか」といった形で使うことができます。 「申し訳ございませんが」という表現と同じような形で使えます。 ただし「恐れ入りますが」の方が「申し訳ございませんが」よりも軽い表現であり、「申し訳ございませんが」よりも幅広いシーンにおいて使うことができます。 この表現は会話でもメールでも、ビジネスにおいてあらゆる場面においてよく見かける表現です。 この言葉は相手に手間やお手数をかけさせるような時に使う表現です。 相手にとっては、自分を理解してくれている、という印象を与えることができるので非常に好印象を与える表現であると言えます。 目標に対して何かをしてもらった時には「お手間を取らせて申し訳ありませんでした」となり、人や自分に対して苦労を賭けさせた場合には「お手数をおかけしました」「お手間をおかけしました」という言葉遣いをするのが一般的です。 細かい使い分けですが、覚えておきましょう。 夜分遅くにという表現をうまく使っていこう! 夜分遅くにという表現をうまく使うことで、相手に対しての気遣いや配慮を示すことができます。 それはビジネスにおいて非常に重要なことです。 ここで紹介した知識を、今日今から早速活用してもらえたらうれしいです!.

次の

「メールにて失礼いたします」って本当に失礼なのか?

お電話にて失礼いたしました

挨拶をしたい場面でも「メールにて失礼いたします」を使用することができます。 挨拶をする内容によって「メールにて失礼いたします」を使うことができるタイミングが変わってくることになります。 ビジネスの場面で非常に多く見られる新年の挨拶をする時に「メールにて失礼いたします」をどのように使用することができるのか詳しく紹介します。 新年の挨拶で 新年の挨拶では「あけましておめでとうございます」などの決まった挨拶を送ることになります。 本当はハガキで取引先の人に新年の挨拶をすることができたら良いものの、送らなければならない件数が非常に多いためメールで新年の挨拶を済ませている企業もあります。 しっかりと新年の挨拶を本文で記入した後「メールにて失礼いたします」をメールの最後の部分に記入することによって「本当はハガキで送りたいと思いましたが、メールで送らせてもらいました」という丁寧な意味を相手に伝えることができています。 相手が不在の場合 連絡を取っている相手の人が不在の場合にも「メールにて失礼いたします」を使用することが可能です。 しかし「何度かお電話させていただきましたが、出てくださいませんでしたのでメールにて失礼いたします」という文章だと、相手に非があるようなイメージを与えてしまうため失礼には値する可能性があります。 言葉上の失敗を避けるためにも、相手が不在の場合の「メールにて失礼いたします」の使い方について詳しく紹介します。 「つながらない」で代用する 取引先の人に対して何度も電話をしたのに出てもらえなかったとします。 そんな場面であったとしても「何度かお電話を差し上げましたがつながらないようですので、誠に失礼とは存じますがメールにて失礼いたします」というフレーズを使用することができます。 悪い例で取り上げられていた「出てくださいませんでしたので」が「繋がらないようですので」に置き換えられていることがわかります。 電話に出ることができなかった相手に不快感を与えずに済むため、円滑なコミュニケーションを役立つ実用的なフレーズです。 「メールにて失礼いたします」の例文 「メールにて失礼いたします」は使用する場所によって使い方が若干異なってきます。 「メールにて失礼いたします」を正しい仕方で使用するためにも、文頭、結びでどのように使用することができるのか詳しく紹介します。 必要最低限のビジネスマナーとして身につけることができるでしょう。 文頭での使い方 冒頭の部分で「メールにて失礼いたします」を使用したいのであれば、一番最初の部分に挨拶を含めると感じが良くなります。 具体的には「初めまして。 メールにて失礼いたします。 私は〇〇です」という文章を作成することができます。 当然のことながら、例文の〇〇の部分には自己紹介として自分の名前を入力できます。 自分の会社について紹介したいのであれば、会社名について記入することができます。 突然「メールにて失礼いたします」というフレーズでメールが届くよりも「初めまして」のように挨拶が含まれることによって親近感が増す文章になります。 結びや文末での使い方 結びや文末で「メールにて失礼いたします」を使用するためには、本文で言及されている内容をしっかり理解していることも重要です。 例えば、急ぎのメールで取引先の人に対して謝罪のメールを送っているとします。 本来なら実際に顔を見せて謝罪をしたいものの、一刻も早く謝るためにメールで連絡をしていることになります。 そんな緊迫した状況のメールを送っているのであれば、謝罪の文章について書いた後に「取り急ぎ、メールにて失礼いたします」という文章を結びや文末の部分で使用することが可能です。 急いでメールを相手に対して送っていることを、この文章によって伝えることができます。 「メールにて失礼いたします」を上司に対して使用する時には、正しいビジネスマナーで使用することができるように工夫する必要があります。 普段から面識のある上司に不快感を与えてしまうことを避けるためにも「メールにて失礼いたします」の正確な使い方について詳しく紹介します。 上司に感謝する時にも便利 例えば、会社の課長や部長が食事に誘ってくれたとします。 後日職場の上司に対してしっかりとお礼をしなければなりません。 実際に顔を合わせる機会があるのであれば問題はないものの、普段から接する機会が少ない上司にお礼を伝えたいのであれば、メールで感謝の表現を送らなければならない場合もあります。 そんな時には、感謝の表現を本文で書いた後に「メールにて失礼いたします」という1文を添えることができます。 そうすれば「本当は直接会って感謝を表現したいけど、そうする機会がなかったのでメールで感謝をしています」という意味を誰もが理解できます。 「メールにて失礼いたします」が使われていなかったら、めんどくさくてメールで感謝をしていると思われてしまうこともあるため、十分注意する必要があります。 「メールにて失礼いたします」で気遣いを示そう ビジネスマナーとして「メールにて失礼いたします」をメールの中で上手に取り入れることができるようになれば、メールを受け取っている人に対して深い気遣いを示すことができるようになります。 「メールにて失礼いたします」を使えなかったとしても問題はありません。 しかし、場合によってはメールで用件を済ませていることから、めんどくさいからメールで連絡を取っていると勘違いされてしまうこともあります。 ぜひ、相手が自分の意図を誤解してしまうことがないためにも「メールにて失礼いたします」や「メールにて失礼いたします」と一緒に使うことができるフレーズを覚えて、率直なコミュニケーションをとることができるようになりましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

失礼します・失礼いたしますの意味と使い方の違いは?ビジネスで役立つ例文も紹介

お電話にて失礼いたしました

挨拶をしたい場面でも「メールにて失礼いたします」を使用することができます。 挨拶をする内容によって「メールにて失礼いたします」を使うことができるタイミングが変わってくることになります。 ビジネスの場面で非常に多く見られる新年の挨拶をする時に「メールにて失礼いたします」をどのように使用することができるのか詳しく紹介します。 新年の挨拶で 新年の挨拶では「あけましておめでとうございます」などの決まった挨拶を送ることになります。 本当はハガキで取引先の人に新年の挨拶をすることができたら良いものの、送らなければならない件数が非常に多いためメールで新年の挨拶を済ませている企業もあります。 しっかりと新年の挨拶を本文で記入した後「メールにて失礼いたします」をメールの最後の部分に記入することによって「本当はハガキで送りたいと思いましたが、メールで送らせてもらいました」という丁寧な意味を相手に伝えることができています。 相手が不在の場合 連絡を取っている相手の人が不在の場合にも「メールにて失礼いたします」を使用することが可能です。 しかし「何度かお電話させていただきましたが、出てくださいませんでしたのでメールにて失礼いたします」という文章だと、相手に非があるようなイメージを与えてしまうため失礼には値する可能性があります。 言葉上の失敗を避けるためにも、相手が不在の場合の「メールにて失礼いたします」の使い方について詳しく紹介します。 「つながらない」で代用する 取引先の人に対して何度も電話をしたのに出てもらえなかったとします。 そんな場面であったとしても「何度かお電話を差し上げましたがつながらないようですので、誠に失礼とは存じますがメールにて失礼いたします」というフレーズを使用することができます。 悪い例で取り上げられていた「出てくださいませんでしたので」が「繋がらないようですので」に置き換えられていることがわかります。 電話に出ることができなかった相手に不快感を与えずに済むため、円滑なコミュニケーションを役立つ実用的なフレーズです。 「メールにて失礼いたします」の例文 「メールにて失礼いたします」は使用する場所によって使い方が若干異なってきます。 「メールにて失礼いたします」を正しい仕方で使用するためにも、文頭、結びでどのように使用することができるのか詳しく紹介します。 必要最低限のビジネスマナーとして身につけることができるでしょう。 文頭での使い方 冒頭の部分で「メールにて失礼いたします」を使用したいのであれば、一番最初の部分に挨拶を含めると感じが良くなります。 具体的には「初めまして。 メールにて失礼いたします。 私は〇〇です」という文章を作成することができます。 当然のことながら、例文の〇〇の部分には自己紹介として自分の名前を入力できます。 自分の会社について紹介したいのであれば、会社名について記入することができます。 突然「メールにて失礼いたします」というフレーズでメールが届くよりも「初めまして」のように挨拶が含まれることによって親近感が増す文章になります。 結びや文末での使い方 結びや文末で「メールにて失礼いたします」を使用するためには、本文で言及されている内容をしっかり理解していることも重要です。 例えば、急ぎのメールで取引先の人に対して謝罪のメールを送っているとします。 本来なら実際に顔を見せて謝罪をしたいものの、一刻も早く謝るためにメールで連絡をしていることになります。 そんな緊迫した状況のメールを送っているのであれば、謝罪の文章について書いた後に「取り急ぎ、メールにて失礼いたします」という文章を結びや文末の部分で使用することが可能です。 急いでメールを相手に対して送っていることを、この文章によって伝えることができます。 「メールにて失礼いたします」を上司に対して使用する時には、正しいビジネスマナーで使用することができるように工夫する必要があります。 普段から面識のある上司に不快感を与えてしまうことを避けるためにも「メールにて失礼いたします」の正確な使い方について詳しく紹介します。 上司に感謝する時にも便利 例えば、会社の課長や部長が食事に誘ってくれたとします。 後日職場の上司に対してしっかりとお礼をしなければなりません。 実際に顔を合わせる機会があるのであれば問題はないものの、普段から接する機会が少ない上司にお礼を伝えたいのであれば、メールで感謝の表現を送らなければならない場合もあります。 そんな時には、感謝の表現を本文で書いた後に「メールにて失礼いたします」という1文を添えることができます。 そうすれば「本当は直接会って感謝を表現したいけど、そうする機会がなかったのでメールで感謝をしています」という意味を誰もが理解できます。 「メールにて失礼いたします」が使われていなかったら、めんどくさくてメールで感謝をしていると思われてしまうこともあるため、十分注意する必要があります。 「メールにて失礼いたします」で気遣いを示そう ビジネスマナーとして「メールにて失礼いたします」をメールの中で上手に取り入れることができるようになれば、メールを受け取っている人に対して深い気遣いを示すことができるようになります。 「メールにて失礼いたします」を使えなかったとしても問題はありません。 しかし、場合によってはメールで用件を済ませていることから、めんどくさいからメールで連絡を取っていると勘違いされてしまうこともあります。 ぜひ、相手が自分の意図を誤解してしまうことがないためにも「メールにて失礼いたします」や「メールにて失礼いたします」と一緒に使うことができるフレーズを覚えて、率直なコミュニケーションをとることができるようになりましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の