株主優待 10月。 株主優待

10月権利確定のおすすめ株主優待5選

株主優待 10月

5月株主優待 最低投資金額10万円以下ランキング 1位 ネクスグループ 優待内容:レジャー 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約18,000円 5月末日、11月末日 - - 「ウェブトラベル」で10万円以上の旅行を申し込むと、5,000円~10,000円割引。 ほかにも指定温泉旅館10%OFF。 2位 メディカルネット 優待内容:クオカード 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約48,000円 5月末日 約0. 04% 500円のクオカード進呈。 3位 大光 優待内容:クオカード、商品券 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約66,500円 5月末日、11月末日 約1. アミカを使う人なら利用したいサービス。 4位 オオバ 優待内容:クオカード、食品 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約71,000円 5月末日、11月末日 約0. 11月は5,000株以上で洋菓子進呈。 5位 Game With 優待内容:クオカード 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約71,000円 5月末日 約1. 6位 毎日コムネット 優待内容:福利厚生サービス 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約91,000円 5月末日 - 約3. レジャー施設や人間ドッグ割引。 7位 イーサポートリンク 優待内容:食品 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約96,000円 5月末日 - 約0. 9位 アイケイ 優待内容:割引券 必要単元数 必要金額 権利確定日 優待利回り 配当利回り 100 約71,000円 5月末日 - 約1. jp」でのお買い物券 2,000円分~。

次の

ハニーズホールディングス、株主優待を変更も、配当+優待利回り4.6%超は維持! 従来は1単元(100株)未満でも優待の権利が獲得できたが、今後は対象外に|株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]|ザイ・オンライン

株主優待 10月

今回のトップ3の株主優待はお惣菜にクオカードと、女性の方必見の株主優待です! 魅力的な利回りはもちろん、業績面も考えて銘柄選出しました! 10万円台から投資可能で、初心者の皆様にもご検討いただきやすい3銘柄と思います! 10月権利確定の株主優待銘柄は32銘柄ありますが、その32銘柄の中で20万円以下で購入できる銘柄は19銘柄あります。 世界的に株価が調整しているなかで日本株も少額で購入できる銘柄が増えてきていますね。 予想配当+予想優待利回りはあくまでも参考としてご覧ください(2019年9月2日の終値で計算しています)。 第3位 ロック・フィールド(東証1部<2910>) 予想配当+予想優待額面利回り:3. 10% 【2019年9月2日株価】 1356円 【株主優待獲得最低投資額】 100株=13万5600円 【予想PER】 21. サラダ主体の高級総菜『RF1』、『神戸コロッケ』などを展開している企業です。 今回は100株を購入し、1000円分のおそうざい券を獲得したケースを想定して利回り計算をしています(つまり株主優待は1000円で評価して利回り計算しています)。 利回りは低いのですが、人気の高いお惣菜チェーンだけに女性の方にも魅力的な株主優待かと思います。 株価は2018年から調整が続き、まだ下落基調が続いているところです。 拡大傾向にあった利益が緩やかな縮小傾向となっていることが背景にあります。 ただ、業績は今後横ばい気味で推移する見込みなので、株価が下げ止まったところでは投資を検討できると思います。 第2位 学情(東証1部<2301>) 予想配当+予想優待額面利回り:3. 75% 【2019年9月2日株価】 1121円 【株主優待獲得最低投資額】 100株=11万2100円 【予想PER】 12. 7倍 【今期予想現金配当 1株あたり)】 37円 【株主優待権利確定月】 10月末 【優待内容】クオカード 100株以上 500円相当のオリジナル・クオカード 第2位は学情(東証1部<2301>)です。 若手向け転職サイト『Re就活』などの運営や合同企業説明会『就職博』を開催している就職情報専業企業です。 今回は100株を購入し、クオカード500円分を年に1回獲得したケースを想定しています(つまり、株主優待は500円として評価し、利回りを計算しています)。 日本企業の人手不足を背景に堅調に業績を拡大させており、今期は過去最高益を更新する見込みです。 株価は2018年から調子が続いているところですが、ようやく底打ちの兆しが見え始めてきたところと思います。 第1位 ファースト住建(東証1部<8917>) 予想配当+予想優待額面利回り:4. 56% 【2019年9月2日株価】 1206円 【株主優待獲得最低投資額】 100株=12万600円 【予想PER】 6. 旧飯田建設加古川支店がのれん分けで独立した企業で、戸建て分譲を行っています。 今回は100株を購入し、500円分のクオカードを2枚獲得したケースを想定して利回り計算をしています(つまり株主優待は1000円で評価して利回り計算しています)。 業績は横ばい基調が続いています。 一方、株価はここ1年は1100~1300円のレンジで推移しています。 できればレンジ下限まで調整したところで購入を検討できるとよいと思います。 予告無く変更される場合があります。 また、資産運用、投資はリスクを伴います。 投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

次の

「スポーツ」関連の株主優待人気ランキング

株主優待 10月

今回のトップ3の株主優待はジェフグルメカードにクオカードと、女性の方必見の株主優待です! 魅力的な利回りはもちろん、業績面も考えて銘柄選出しました! 10月権利確定の株主優待銘柄は32銘柄ありますが、その32銘柄の中で30万円以下で購入できる銘柄は26銘柄あります。 世界的に株価が調整しているなかで日本株も少額で購入できる銘柄が増えてきていますね。 予想配当+予想優待利回りはあくまでも参考としてご覧ください(2019年9月2日の終値で計算しています)。 第3位 泉州電業(東証1部<9824>) 予想配当+予想優待額面利回り:3. 10% 【2019年9月2日株価】 2599円 【株主優待獲得最低投資額】 100株=25万9900円 【予想PER】 9. 5倍 【今期予想現金配当(1株あたり )】70円 【株主優待権利確定月】 10月末 【優待内容】クオカード 100株以上 1000円相当のオリジナル・クオカード 第3位は泉州電業(東証1部<9824>)です。 オーナー経営の電線専門商社となります。 今回は100株を購入し、1000円分のクオカードを獲得したケースを想定して利回り計算をしています(つまり株主優待は1000円で評価して利回り計算しています)。 株価は2018年から調整が続いていましたが、ようやく底打ちをしたところと思います。 業績についても建設用ケーブルの需要拡大などで堅調な業績推移となってきており、株価的にも割高感がなくなってきた様子です。 市場全体が調整したところなどで購入を検討できるとよいでしょう。 第2位 オリバー(名証2部<7959>) 予想配当+予想優待額面利回り:3. 27% 【2019年9月2日株価】 2110円 【株主優待獲得最低投資額】 100株=21万1000円 【予想PER】 12. 業務用主体の家具・インテリア大手企業です。 今回は100株を購入し、ジェフグルメカード1000円分を年に2回獲得したケースを想定しています(つまり、株主優待は2000円として評価し、利回りを計算しています)。 業績ですが、売上は拡大傾向にあるのですが、利益は横ばい~やや縮小傾向にあります。 一方ここ2年程の株価は2000~2400円のレンジを中心に動いており、時折大きく上昇したり、下落したりしています。 株式市場全体が調整した時などに大きく下がったところで投資を検討できればよいと思います。 第1位 パーク24(東証1部<4666>) 予想配当+予想優待額面利回り:5. 24% 【2019年9月2日株価】 2192円 【株主優待獲得最低投資額】 100株=21万9200円 【予想PER】25. 24時間無人時間貸し駐車場タイムズを運営している企業です。 今回は100株を購入し、2000円分の駐車サービス券を2回獲得したケースを想定して利回り計算をしています(つまり株主優待は4000円で評価して利回り計算しています)。 業績は拡大基調が続いており、法人利用が増えているカーシェアが成長エンジンになっている様子です。 ただ、株価は2018年後半から調整基調が続いているところです。 2000円前後で踏みとどまる可能性も出ているところですが、株価の下げ止まりを確認してから購入を検討できれば良いでしょう。 予告無く変更される場合があります。 また、資産運用、投資はリスクを伴います。 投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

次の