石原プロデューサー。 「AKB48 SHOW!」「坂道テレビ」を手掛けた石原真プロデューサーが柿崎芽実のストーカー被害告白を受けてツイート。「いま一度ストーカー対策を考えた方がいい」

石原隆

石原プロデューサー

来歴・人物 [ ] フジテレビ入社後、編成部所属。 の企画、の編成に携わる。 1987年、『』から編成部のプロデューサーになるが、石原が担当になった途端にが3%落ち、シリーズ自体が打ち切りになるなど、当初はなかなか高視聴率番組に恵まれなかった。 1990年の『』のヒットを機に、ジャンルを問わずにヒット作を出し始め、作品、出演のテレビドラマには欠かせない存在。 『』の陰の立役者としても有名で、映画のヒットパーティの際、から感謝の意を伝えられている。 石原のプロデュースしたドラマや映画は、エンターテイメント性に優れフジテレビの局イメージと連動して広く認知されている。 編成制作局が編成局・制作局へと再分割されるのに伴い、付で新設される執行役員編成局長に就任(制作局長は金田耕司、後任の映画事業局長および株式会社FILM代表取締役は1年先輩のが就任)。 6月28日付でフジテレビ取締役に昇進し、編成局・制作局・映画事業局・広報局を統合した新しい編成局の総責任者である編成統括局長 に就任。 4月30日付で編成 統括 局長を塚越裕爾に交代するが、取締役は継続する。 テレビドラマ [ ] 企画 [ ]• (1986年)• (1987年)• (1988年• (1988年)• (1988年)• (1989年)• (1990年)現在は春と秋の改編期で放送している。 (1992年)• 「」(1992年)• (1992年-1993年)• ボクたちのドラマシリーズ「白鳥麗子でございます! 」(1993年)• (1993年)• (1993年)• (1993年)• (1994年)• (1994年-2006年)• (1994年)• (1994年)• (1995年)• (1995年)• 「サラリーマン刑事」シリーズ(主演)• (1996年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1997年)• (1998年)• (1998年)• (1999年)• (1999年)• (2000年)• (2000年)• (2001年)• (2001年)• (2001年)• (2001年)• (2002年)• (2002年)• (2002年)• (2003年)• (2003年)• (2004年)• (2004年)• (2007年) 制作統括 [ ]• (2005年)• (2006年) 制作 [ ]• (2015年) 協力プロデューサー [ ]• (2001年) アソシエイトプロデューサー [ ]• (2003年)• (2004年)• (2005年)• (2006年)• (2008年)• (2008年) 編成 [ ]• (1999年) 特撮 [ ] いずれも企画担当。 (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1989年)• (1990年)• (1991年)• (1992年) 時代劇 [ ] いずれも企画担当。 (2003年)• (2004年) バラエティ [ ]• (副委員長) アニメ [ ]• 映画 [ ] 企画 [ ]• (1995年、日本ヘラルド映画)• (1995年、日本ヘラルド映画、ヘラルド・エース。 出演・、)• (1996年、日本ヘラルド映画、エースピクチャーズ)• (2000年、東宝)• (2004年、松竹)• (2004年、東宝)• (2009年、東映)• (2011年、東宝)• (2011年、東宝)• (2011年、東宝)• (2012年、東宝)• (2013年、東宝) 企画協力 [ ]• (2013年、) スーパーバイザー [ ]• (2009年、アスミック・エース) アソシエイトプロデューサー [ ]• プロデューサー [ ]• スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲(1988年、東映)• (1995年、東映。 主演)• (1996年、東宝)• (1999年、出演・飯島直子、草彅剛、矢部浩之)• (2000年、東宝)• (2000年、東映。 主演)• 協力プロデューサー [ ]• 統括プロデューサー [ ]• (2007年、東宝) エグゼクティブプロデューサー [ ]• (2001年、東宝)• (2006年、東宝)• (2006年、東宝)• (2008年、東宝)• (2009年、東宝)• (2009年、東宝)• (2009年、東宝)• (2009年、東宝)• (2010年、松竹)• (2010年、東宝)• (2010年、東宝)• (2010年、東宝)• (2010年、東宝)• SP 革命編(2011年、東宝)• (2011年、東宝) 製作 [ ]• (2013年、東宝)• (2014年、松竹)• (2014年、東宝)• チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像(2014年、東宝)• (2014年、東宝)• (2014年、東映)• (2014年、東宝)• (2014年、東宝)• (2014年、東宝)• (2015年、東宝)• (2015年、東宝)• (2015年、東宝)• (2015年、東宝)• (2016年、東宝)• (2016年、東宝)• (2016年、ギャガ)• (2017年、東宝)• (2017年、東宝)• (2018年、)• (2018年、東宝)• (2018年、東宝)• (2018年、松竹)• (2019年、東宝)• (2019年、東宝)• (2019年、松竹)• (2020年、) 製作統括 [ ]• (2010年、東宝)• (2015年、東宝) 関連人物 [ ]• (石原入社時のフジテレビ会長)• (上司)• (上司)• (先輩、現・取締役編成局長)• (部下、現・フジテレビ役員待遇編成局制作センター第1制作室GD)• (部下)• (元部下、現・プロデューサー)• (映画監督・共同テレビ)• (映画監督・共同テレビ) 関連文献 [ ]• 脚注 [ ]• - スポーツ報知、2018年4月7日• - スポーツ報知、2018年4月8日• - スポーツ報知、2018年4月8日• - スポーツ報知、2018年4月8日• - スポーツ報知、2018年4月8日• 文化通信. com(2016年05月28日付)• 日刊文化通信速報(文化通信社)2017年6月16日号。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

自分がいいと思うものを、自分のやり方で伝える。

石原プロデューサー

柿崎芽実 8月11日に開催された個別握手会にて、日向坂46の柿崎芽実が最後の挨拶時にストーカー被害を告白したことについてネット上では様々な議論が巻き起こっている。 「実はストーカーにあっていた。 」や「坂道テレビ」を手掛けたNHKの石原真プロデューサーもこの柿崎の最後の挨拶を受けてツイートを投稿。 ストーカー対策について触れている。 日向坂46の柿崎芽実さん、今日最後の挨拶をしたんですね。 これまでおつかれさまでした。 普通の女の子として新たな人生を歩んでください。 柿崎さんの卒業理由について、運営もアイドルもファンもメディアも一体となって、いま一度ストーカー対策を考えた方がいいと思います。 「世の中にはおかしい奴がいるもんだ」では済ますことができない問題でしょう。 アイドルはストーカーに狙われやすいですが、一般の方でも悩んでいる人は多いと思います。 」とツイートを投稿した。 石原Pが「あなたの推しも誰にも言えずストーカーに悩んでいるかもしれません。。。 」とつぶやいたように、ストーカー被害は柿崎だけの問題ではない。 さらに「アイドルはストーカーに狙われやすいですが」としつつ、「一般の方でも悩んでいる人は多いと思います。 」とこの点を強調した。 (せっかく石原pが問題を広げてくれたところだが)坂道シリーズでも乃木坂46の橋本奈々未がストーカー被害を告白。 欅坂46の志田愛佳や佐藤詩織がファンとの距離感やプライベートに対しても苦慮していることをメッセージアプリで明かすなど今に始まった問題ではない。 警察が関与する事件になっても、平手と柿崎のレーンに並び、ナイフと発煙筒を手に握手会を襲撃した犯人はすでに刑期を終えて出所している。 ファンとの繋がりが問題視されたNGT48は今月8月18日に劇場公演を再開することが報じられた。 日向坂46をはじめとする坂道シリーズもこのまま何事もなかったかのように活動を続けてもいいのか。 ストーカー行為をやめるように繰り返し発言した柿崎の最後の挨拶が、一つの契機になることを願ってやまない。

次の

ウマ娘コンテンツプロデューサー退任のお知らせ|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト|Cygames

石原プロデューサー

2019年5月8日、『 ウマ娘』のコンテンツプロデューサーを務めていた 石原章弘氏がCygamesを退職したことを発表され、ファンの間では衝撃が走りました! 以外と知られていないのですが、 彼はどう言う人物なのでしょうか。 バンダイ時代の公式ブログは有名でしたが、 現時点でのwikiプロフィールや公式Twitterはあるのでしょうか。 そして、何よりも気になる突然の退任理由が何なのか!? そこで、この記事では、『ウマ娘』のコンテンツプロデューサーを務めていた石原章弘氏のwikiプロフィールやTwitter、 突然のCygames退任理由など、気になる情報をお届けしていきます。 名前:石原章弘(いしはら あきひろ)• 職業:日本のゲーム制作者(2019年4月までCygames所属) Cygamesでは[『 ウマ娘』プロジェクトを担当。 それ以前は、2016年1月まで バンダイナムコエンターテインメント 旧バンダイナムコゲームス に所属していました。 バンダイでは、『アイドルマスター』 シリーズの総合ディレクターとしてご活躍されていたようです。 『ディレ1』とも言われる程、 ゲームファンの間では有名でしたね。 ツイッターやインスタなどSNSはある? BURNOUT SYNDROMESの熊谷くんが上京してきたので、石原章弘氏と会食! 音楽の話で盛り上がりました! そっち方面はまったく詳しくないのでなにをきいてもおもしろいなぁ……。 また機会があればぜひぜひ! — 重馬 敬 しげま けい shigema 石原章弘氏のプロフィールは余り情報がありませんでした。 そこで、ご本人の TwitterやFacebookなど公式のものがあるのかリサーチしてみたのですが、それも 見当たらず。 バンダイ時代からの コアなファンのみぞ知る人物になってしまったのでしょうか。 彼の今後が発表されていないだけに、次はいつどこで会えるのか、言葉を聞くことが出来るのか寂しく感じるファンは多いと思います。 Cygamese公式ページには、以下のようにご本人のコメントが掲載されています。 ウマ娘コンテンツプロデューサーの石原です。 4月をもちまして、石原は株式会社サイゲームスを退社、ウマ娘コンテンツプロデューサーからも退かせて頂くことになりました。 この馬・・・いえ、この場をお借りして、ウマ娘ファンの皆様にお礼を申し上げます。 沢山の声援、ありがとうございました!勿論、ウマ娘というコンテンツはまだまだ続きます。 今後ともお引き立ての程、よろしくお願いいたします。 中略 コンテンツプロデューサーとは、車のエンジンを始動させる際のバッテリーみたいなモノです。 ウマ娘はもう立ち止まることなく、走り続けることが出来ます。 ウマ娘の良い未来が見えたからこそ、このタイミングでコンテンツプロデューサーを退かせて頂くことにいたしました。 我が儘を聞いて頂きましたサイゲームスの皆様には感謝申し上げます。 『 ウマ娘 プリティーダービー』の主要メンバーが突如退任発表です。 しかも、発表は5月8日なので既に退任日を過ぎてのもの…。 株式会社Cygamesとの喧嘩別れ、 不祥事があったのかなど詳細は不明ですが、何となく円満でないことは雰囲気として感じてしまいます。 現に、2016年1月まで勤務していたバンダイナムコエンターテインメント 旧バンダイナムコゲームス は 円満退社だったようで、その時とはファンやご本人のテンションが全く違う空気を醸し出しています。 バンダイナムコエンターテインメントの退社時には、ファンからも労いの言葉が以下のように続々とツイートされていましたよ。 身を切る渾身のギャグとは、さすがだな〜。 さて、もう「出来てる」状態のアプリを今後どうするか。 次の発表を待ちましょ。 サイゲさん頑張ってくれ。 ここまで来たらいくらでも待ち続けます😌 — あめあられ シンデレラ7th開催決定おめでとうございます! umamusuameara ただねー 石原が4月まででサイゲ辞めるのに、CAはこの前の四半期報告ではウマで特損出さないし、むしろ来年までの新作リストに載せてんのよな となると、石原の首で社台に詫び入れた説も全くのありえない話とも言い切れないんじゃないかなって — しさく 439yonsaku 石原P「闇に飼い慣らされている…」 — 鞍馬 通販よろしくお願いいたします。 kurakurama ファンの間では、ただ事ではなく 会社と石原章弘氏との関係を勘繰るコメントがたくさん…。 ウマ娘の今後に安心が出来たようなコメントをしていますが、それはあくまで表向きで…。 ファンにはそのような 子供騙しは勿論通用しません。 一体何があったのでしょうね。 いかがだったでしょうか。 これまでゲーム業界の トレンドの先頭を走り続けるために奮闘してきた 石原章弘氏の突然の退任発表でファンには衝撃が走りました。 そして、その退任の理由も以前のバンダイの時とは明らかに空気感が違いすぎますし。 しかし、既に退任してしまったことを嘆いて、もう 時を平成に戻すことは出来ません。 令和時代に入り、石原章弘氏にとってもリスタートの年となったのです。 必ずいつかどこかでお目にかかれることを期待しながら、彼の 新たな道でのご活躍を祈念したいと思います。

次の