鉄のカーテン ダンジョンメーカー。 カーテン

【ダンジョンメーカー攻略】初心者が1週間で挑戦モードを全制覇する簡単な方法

鉄のカーテン ダンジョンメーカー

久しぶりにお勧めのゲームアプリを見つけましたので、レビューと序盤の攻略法を解説したいと思います。 今回ご紹介するゲームは、人気の「ダンジョンメーカー」。 魔王になってダンジョンを作り、勇者達の侵攻を防ぐタワーディフェンス系 ローグライクゲームです。 「ダンジョンメーカー」は人気のあるゲームですが、最近の大型アップデートによってゲームの攻略法のみならず、楽しみ方も大きく変わってきています。 そのため攻略サイトの情報や攻略Wikiですら情報が古く役に立ちません。 また、奥行きが深いゲームなので、進行状況によりゲーム性が大きく変わります。 初心者がいきなり攻略掲示板を読んでも、何の話をしているのかすら全く理解できません。 そのため初心者は、何を参考に、何を目安に進めて良いのか分からないと思います。 そこで今回は、「ダンジョンメーカー」のゲームの基本システムからフェーズ(段階)の解説をまとめてご紹介してみます。 またネタバレにならない程度に、攻略の裏ワザ的なコツを解説します。 このゲームはアプリ内課金はありますが、課金せずともゲームを進めるだけで自然とキャラやアイテムをアンロックする事ができます。 ページコンテンツ• ダンジョンメーカー 開発:GameCoaster 評価: ¥360 ¥310 ゲームの基本ルール ゲームの基本システムは、ダンジョン内のマスに罠や機能、戦闘部屋を配置して、魔物退治に入ってくる勇者達を殲滅します。 ゲームの進行は、カードを引いて進んでゆき20マスごとにボスと対戦します。 それぞれ100階をクリアする事で次のレベルに進む事が可能になります。 難しいレベルの深層階に潜るほど「転生ボーナスの石」をゲットする事ができます。 さらにbuild10080からは「挑戦モード」が実装されました。 挑戦モードには報酬が用意されており、クリアする事で強力な魔王や武器などをゲットできます。 メトロノーム 全ユニットの行動速度が1に固定されます 二者択一 ゲーム内に登場するすべての選択肢が2つに固定されます。 お願い、魔王様 魔王のレベルが1に固定されます。 ベーシックな「オリジナルパック」は石10個で引けますが、現段階で最上級の「冒険パック」は1回引くのに石80個が必要です。 「冒険パック」から出てくるイベント魔物や施設はゲームバランスが崩れる程に強力です。 しかしながら、上位のパックはロックされており、アンロックするには下のパックを指定回数開く必要があります。 また、合成して作り上げる強力な施設やイベント魔物は、下のパックで素材施設をアンロックしておく必要があります。 急いで上位パックを開いても、合成できない事もあります。 開いておくべき基本アイテム パックの中から、ゲームを進める上で重要な開けておくべきアイテムをご紹介します。 とにかく自動機能のオート攻撃は必須! 魔王の「ターニャ」と「エリザベート」は強くて使いところが多いので、早めに覚醒を引いておきたいです 【覚醒パック】 ・ 3倍戦闘:3倍速で戦闘を早送りする事が可能になる ・部屋移動:一度配置した施設同士を入れ替える事が可能になる ・魔界のシャベル 上 下 :一ダンジョンを上下に拡張できるようになる ・魔物継承数が増加:魔物を次のゲームに引き継いで持って行く事ができる ・施設継承数が増加:施設を次のゲームに引き継いで持って行く事ができる 【高級パック】 ・鉄のカーテン、絶対者、血のシールド、鍛冶屋:強力な施設と機能、合成素材も開放しておく必要あり 【堕落パック】 ・むずむずの羽根:阿修羅 やネクロマンサー、武道家など、強い勇者に有効な拷問道具 【冒険パック】 ・ もう一つの夢:好きな施設や魔物・コインが何度でもゲットできるぶっ壊れイベント ・時計職人~第1章~:強力な戦闘部屋「無限の時計 」がゲットできるイベント ・自然の契約~第1章~:強力な魔物「自然の君主」がゲットできるイベント ・光の契約~第1章~:強力な魔物「光の君主」がゲットできるイベント ・魔物継承数が増加:魔物を次のゲームに引き継いで持って行く事ができる ・施設継承数が増加:施設を次のゲームに引き継いで持って行く事ができる 石の稼ぎ方 ログインボーナスや実績解除で、魔界ショップで使ええる「石」をゲットする事ができます。 しかしながらログインボーナスは14日がマックスで、リセットされず終了です。 実績解除でゲットできる石も限定的で、あまり数を期待できません。 追記:アップデートで更に14日間のログインボーナスが追加されました ずばり!このゲームで石をゲットする方法は、魔王の転生ボーナスです。 とにかく深く潜って、試練ポイントを稼いで転生ボーナスを手に入れます。 試練や伝説の数千階の深層に潜ると、数百~数万単位の石をゲットする事もできます。 攻略用 小技・裏ワザ ダンジョンメーカーは、石を貯めてパックを引いて、強い魔物や施設をアンロックする事が攻略のポイントです。 その後、次へ魔物や施設を引き継いでゲームを始める事で、深層階は無双常態で進める事が可能になります。 しかしながら攻略法を全く知らずにコツコツと進めても、上級者のレベルまでの道のりは長く険しいです。 そこで知っておくと反則的にサクサクと進める事ができる小技・裏ワザをご紹介します。 卵部屋レベリング 機能の「孵化場」は、新しくゲットする魔物の初期レベルを上げる効果があります。 その孵化場を大量に敷き詰める事で、高レベルの魔物をゲットする事ができるようになります。 その高レベルの魔物を魔王や魔物と合成する事でレベリングが捗ります。 ただし深層階まで潜る時には、「孵化場」を間引きながら有用な施設や機能に切り替えないと詰んでしまいますので注意! 孤独・待ち伏せ部屋 通常、強い施設は合成しないとゲットできませんが、ノーマル戦闘部屋の「待ち伏せ」と「孤独」がぶっ壊れ性能で並べるだけで深層階まで潜ることができてしまいます。 罠ダンジョンは「待ち伏せ」、卵(孵化場)ダンジョンは「孤独」、自分のダンジョン構成に合った方を敷き詰めると無双できます。 待ち伏せ(戦闘部屋):ダンジョンに配置された罠部屋1つにつき、この部屋に配置された魔物の攻撃力がxxx増加します。 孤独(戦闘部屋):ダンジョンに配置された非戦闘部屋1つにつき、この部屋に配置された魔物の攻撃力がxxx増加します。 上で紹介した「待ち伏せ」「孤独」部屋に、リザードマンを並べると非常に強力です。 ボス戦では、リザードマン孤独部屋だけが最後まで残っている事も多い程です。 パックで「魔王の開始レベル」を上げておいて、上でご紹介した「孤独」「待ち伏せ」リザードマン戦法でクリアできてしまいます。 使った魔王は「お願い、魔王様」はターニャ、他は適当で乗り切れました(詳細は覚えてません.. 中級者 ~ 試練10 「試練」からは、勇者を堕落させて引継ぐ楽しみも加わります。 強力な堕落勇者を取り込みつつ深層へ潜る! ダンジョンを改良しつつ、堕落勇者を次々と味方にしながら深みを目指します。 魔王イレアなど「挑戦モード」の重要報酬はゲット済み 上級者 ~伝説 5 阿修羅やヘビーガンナーなど、「伝説勇士」を堕落させて引き継ぐ。 「冒険パック」もボチボチ引いて、強力な君主も数体ゲット ベテラン ~伝説10 「冒険パック」のコンプを目指しながら、深層へ潜り最高得点を叩き出す。 次のアップデート待ち まとめ 今回は「序盤攻略」と題して、ベーシックなゲームの流れと概要をザックリご紹介しました。 私はまだ「冒険パック」を開き始めたばかりで、上級者に足を踏み出したばかりのレベルです。 それでも「伝説」の3程度までなら、確実に2,000階以下まで潜れるようになりました。 「中級編」「上級編」と、堕落方法や施設の並べ方、戦略、お勧め魔物、イベント魔物、なども記事にまとめてみたいですね。 ダンジョンメーカーは、有料アプリですが追加の課金要素もあります。 魔王のコスプレ課金は好みで、ゲーム進行では課金の必要はありません。 かなり優良な運営だと思います。

次の

カーテン

鉄のカーテン ダンジョンメーカー

意外にクリアが難しい挑戦モード。 難易度「伝説」を500日生き残らなければいけないのだが、 テキトーにモンスター部屋を作っているだけではなかなかクリアできない。 2時間かけてようやく400日までたどり着いたのに、 一般戦闘などで、ふらっと敗北してしまうとダンジョンメーカーが嫌いになること間違いなし。 だが安心してほしい。 挑戦モードはちゃんと準備すれば簡単に制覇できる。 始めたばかりの初心者でも1週間もあればすべての挑戦モードがクリアできるだろう。 本記事は攻略に必要なものや、注意点などをまとめていく 参考動画 本記事の内容はオリジナルの内容ではない。 伝説1までは解放しておこう そこまでやれば魔石が1000くらいはたまっていると思うので、パックで引いて必要なものを手に入れる 今回の攻略で必要なものは オリジナルパック 魔王エマの解放 早めに欲しい ダンジョン拡張 自動権能使用 搾取 覚醒パック 3倍速戦闘 部屋移動 魔界のシャベル 上、下 骨の槌 1000個あれば、オリジナル50パックと覚醒パックが30パックは引けるので、なんとかなるだろう エマを引いたら、エマのレベルを上げておく必要があります。 権能3を打つために、レベル10以上が必要なので、レベル10までは上げておきましょう 罠部屋「搾取」とエマを使って、挑戦モードをクリアする手順 色々設定があるので、一つづつ述べていく 継承モンスター おすすめは特になし。 ランクが高いモンスターを継承しておけばいいでしょう 継承施設 特になし。 搾取、孤独、待ち伏せが継承できるならそれで 保管モンスターと施設 今回のダンジョンでは使わないが、ダンジョンに行ったら消えてしまうのは嫌だと思うものをテキトーに入れる 禁止魔物、遺物 高級パックで、禁止系を引いた場合の設定。 テキトーに。 禁止しなくてもいい 禁止施設 禁止できるなら、「搾取」が出やすいようにしたい。 左の施設は、テキトーに5つ禁止。 右側の施設は、「搾取」以外の5つ禁止 禁止魔物装備 禁止できるなら「骨の槌」が出やすいよう、骨の槌以外全部禁止。 スキル、イベント 特に指定しなくていい 難易度 伝説1 挑戦モードは一気に全部やると難易度が高くなるので、2回に分けるといいだろう。 お願い、魔王様! 壊れた幻想 見えない運命 の組み合わせと、 メトロノーム 二者択一 原始戦闘 大地震 の組み合わせがおすすめ。 壊れた幻想をクリアすると、「超越エマ」が手に入るので、前者の組み合わせを1回目にやって、2周目は超越エマを選択してまわると少しだけ効率がいい 戦闘開始 自動権能はONにしておく。 前方2~3マスは搾取 後方3マスは戦闘部屋 戦闘部屋は「孤独」、「待ち伏せ」がおすすめ 一般戦闘で受け取る報酬の優先度 本「マナの理解」>装備「骨の槌」>「搾取」,「孤独」、「待ち伏せ」>その他の施設>卵>魔王強化カード 権能3をいかに早く打てるかが、500日攻略の安定性にかかわるので、マナを早く回復させるべく、「マナの理解」の本があれば見逃さずにとっておきたい 装備の骨の槌は、終盤の強くなった敵に有効。 踏んだ際は、やばい選択肢だけは選ばないようにしましょう。 神檀関係、ランダム施設、魔物消去関係、効果が「???」関係を避けておけば大体大丈夫 〇試練 試練は3択あるので、できるだけ敵の強化が勝敗に影響のないものを選びたい お勧めしない試練は 緊急武装 神檀強化 特に神檀強化だけは選んじゃいけない。 あと強そうなモンスターにも装備させるといいでしょう。 自分は心配性なので、10体くらいのモンスターに骨の槌を持たせました 500日目は目を離さずに 500日のボスは意外に強かったりするので、目を離さず見ていよう もし 勇士がボス部屋に到達しだしたら、敗北の可能性があるのでいったんタイトルバックしてやり直してみよう。 次はあっさり勝てたりする。 戦闘速度を3倍速から、等速に変えたりしても勝ちやすくなったりする。 エマでの攻略で、施設を禁止していたら以下のものが禁止されていないかチェック。 防壁 若葉 瞑想 剣と盾 孵化場 休憩所 墓場 毒 爆発 作戦室 待ち伏せ 疫病を4つ。 鉄のカーテンを1つ作る。 もしくは疫病3つ、鉄のカーテン、特殊作戦室でもOK 施設づくりの難易度はなんでもいい。 作り終えたら、放棄。 これで、施設が引き継がれる 覚醒フロリアを使って、挑戦モードをクリアする手順 設定についてだが、特に設定することはない。 禁止系も全然気にしなくていい。 難易度は伝説1. 挑戦モードは、貧困な間借人&決められた運命 開始。 ダンジョンはこんな感じ。 鉄のカーテンにはモンスターは置かないようにしましょう 残りのマスは、罠施設をテキトーに配置しておく。 施設は手に入れたら、疫病や鉄のカーテンの強化に使う。 以上で終わり。 挑戦モードクリアすると、いろいろやれることが増えて楽しくなりますんで是非。 美少女が「働かない方法」をめっちゃ説いていくチャンネルを作ってます。 動画にも力を入れていきますので、良ければ見てやってください lazyandshortest.

次の

ヨドバシ.com

鉄のカーテン ダンジョンメーカー

それぞれ多様な国情、特殊性を掘り下げることによって、ソ連支配の方法と各国の抵抗の姿がまざまざと見えてくる。 政治指導者を中心とした大きな物語だけにとどまらず、各国の当局や市民、労働者の本音にも目を配り、「鳥の眼・虫の眼」で対象を捉えている。 支配と被支配、体制と反体制の二元論ではなく、「面従腹背」の構造にも着目し、したたかで、人間臭い側面も興味深い。 本書は、著者が『グラーグ ソ連集中収容所の歴史』(ピュリツァー賞受賞)で示した問題意識を東欧に移し、その「全体主義」の実態を暴いた現代史だ。 その一方で、ポスト冷戦期を支えた価値観が揺らいでいる現在にあって、「警鐘」としても受け止められるものだ。 全米図書賞最終候補作品。 アントニー・ビーヴァー推薦。 口絵写真多数収録。 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) アン・アプルボーム アプルボーム 1964年生まれ。 米国出身の歴史家、ジャーナリスト。 『ワシントン・ポスト』のコラムニスト。 『グラーグ ソ連集中収容所の歴史』(白水社)でピュリツァー賞受賞。 本書で全米図書賞の最終候補、クンディル歴史賞受賞。 山崎 博康 ヤマザキ ヒロヤス 1948年、千葉県生まれ。 東京外国語大学卒業、共同通信社入社。 ワルシャワ支局長、モスクワ支局長を歴任。 現在、共同通信社客員論説委員。 法政大学非常勤講師。 主要著書:『東欧革命』(岩波新書、共著)、主要訳書:『新しい東欧』(共同通信社、共訳)、『東欧革命1989』(共訳)『スターリンの子供たち』『ヒトラーが寵愛した銀幕の女王』(以上、白水社。

次の