インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい。 インフルエンザ予防接種後の腫れやかゆみ、痛みは冷やす?対処発熱

インフルエンザの予防接種後が痛い!筋肉痛や腫れの原因は?

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

インフルエンザワクチンには重症化を防ぐ効果があります。 ワクチンを接種することでインフルエンザに対する免疫を作っておき、感染による発症を抑えたり、症状を軽くしたりする働きがあります。 感染自体を予防する効果はありませんが、つらい症状を引き起こさないためにもインフルエンザワクチンの接種は重要なものといえます。 接種時期は10月後半〜11月前半がおすすめ インフルエンザワクチンは、接種してから約5ヶ月ほど効果が持続します。 インフルエンザの流行シーズンは12月〜翌年3月といわれているため、流行シーズンに合わせてインフルエンザワクチンを接種すると良いでしょう。 インフルエンザ予防接種の効果の詳細については、関連記事をごらんください。 関連記事 腫れはインフルエンザ予防接種の副反応 インフルエンザの予防接種の目的は、ワクチンを注射することによりインフルエンザウイルスに対する免疫を獲得することです。 しかし、 ワクチンを接種することで免疫獲得以外の反応がおこる場合があります。 これを副反応といいます。 注射した部分が腫れたり熱くなるのはインフルエンザに対する抗体を作る免疫反応が起きているためです。 インフルエンザウイルスへの予防効果を獲得するプロセスであり、正常な反応ともいえます。 腫れ以外にも、むずむずとしたかゆみ、うずくような痛み、注射跡が硬くなる、熱を持つ、赤くなるなどの局所反応が起こることがあります。 なお、インフルエンザの予防接種の副反応は、局所だけではなく全身に現れることもあります。 インフルエンザ予防接種の副反応については、関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザ予防接種後の副反応は、通常2~3日で徐々におさまっていき、長くても1週間というケースがほとんどです。 基本的には、自然と腫れがひくのを待ちましょう。 腫れやかゆみ、痛みが気になるときは、濡れタオルや氷や保冷剤をくるんだタオルで冷やすのがおすすめです。 かく、もむ、直接氷を当てるなど、刺激を与えることはやめましょう。 入浴は可能ですが、温めると症状が強くなりやすいため長風呂は避け、腫れているところは強く洗わないでください。 また、腫れている間は激しい運動は避けましょう。 子どもが腫れた場合は? 子どもに副反応がみられた場合も、対処は大人とほとんど変わりません。 軽い副反応であれば過度な刺激を与えず、経過を見守ることが良いとされています。 ただし、強いかゆみを感じていないか、腫れや赤みが広範囲に広がっていないか、注意しましょう。 13歳未満の子どもは、インフルエンザの予防接種を2回行います。 1回目で腫れた場合、2〜3日で腫れがおさまれば問題ありませんが、心配な場合は医師に相談しましょう。 医療機関を受診した方がよいケース 長期にわたって副反応がおさまらない場合や、腕から肩にかけて腫れていたり、肘よりも下の部位にかけて腫れているなど、広範囲に腫れやかゆみがある場合は医療期間を受診し、医師の指示をあおいでください。 おわりに インフルエンザ予防接種による腫れは、珍しいものではなく、むしろ正常な反応だと言えます。 ただし、長期にわたって副反応がおさまらない場合や、広範囲による腫れやかゆみがみられた場合は、必ず医療機関に相談してください。 また、腫れ・かゆみ・痛み・熱っぽさがワクチンを接種した部分だけでなく全身に起きたり、蕁麻疹のようなアレルギー反応が起きた場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

次の

インフルエンザ予防接種で腫れる場合、冷やすのは効果的?

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

そういうと、又問題はありますが。 私は、例年、自分の疲労度に関係なく、必ず受けていました。 人を相手にする仕事なので、うつすかもしれませんから。 疲れが出る季節で辛かったですね、精神的にも。 毎年、改良されているそうです。 今年は、私は腕も余り腫れませんでした。 予防接種というのは、その病気の免疫を付けるという事で、本当にその病気になる過程で起こる事を、表に出ないように処理工夫して起こすという事です。 ですから、その病気のまんまとはいかなくても、人によっては、副作用は無いわけではないでしょう。 免疫ができるまでに2週間ほどだそうですから。 その間に注意するだけでは。 風邪を引く季節でもありますから、何でも予防注射のせいにしても何だかなあと思います。 妊娠関係は、産科の先生のお尋ねになるのが一番でしょう?既にかかりつけはあるのでは?でないとその方が心配です。 私は、見えない所で罪を犯したくないという気持ちで予防接種を受けます。 どうしても無理な人もいるでしょう、体質とかはありそうですね。 自分がどうなのか、という事は、ご自分で確かめるべきではないでしょうか?毎年変わるし。 ユーザーID: 1811395033• 熱が出て腫れました 今までインフルエンザの予防接種など受けた事なかったのですが、主人の転勤で誰一人頼る人もいないとこに来たもので今年初めて受けました。 家族3人全員で受けました。 私たちの場合3人とも夜頭痛がひどくて、夕飯もそこそこに寝るくらいでした。 でも起きた時はなくなってました。 後、私と娘だけ3〜4日腕が腫れてました。 頭痛がひどい間は受けた事後悔しましたが、実際私などは絶対寝込めないのでこれから毎年受けるつもりです。 妊娠中などの時はかかり付けの産科の先生に相談されては?? 確か友達は初期でないとき接種した気が?でも確かではないので病院に確認したほうが確実ですね。 事前に問診もありますし。 ユーザーID: 5154756414• 発熱します 実はここ何年もトピ主さん同様、予防接種したことで具合悪くなったらイヤだな、身体弱ってるときに接種するとそのまま風邪ひいちゃうって聞いたことあるし、と悩みに悩んで受けない人でした。 でも今年、小学生以来ぶりに受けました。 覚悟はしていましたが、翌日風邪のひきはじめみたいになりましたよ。 ちなみに注射した腕は、腫れは全くなし、赤くもならず、逆に青くなってだんだん黄色くなって治りました。 腕自体は痛みは全くなかったです。 ただ身体症状が。。。 金曜日の午後に打ったのですが、打って数時間は全く平気でしたが入浴後だるくなって、翌日は身体に悪寒がはしり、ふしぶしが痛くて、頭痛もして家でダルダル状態でした。 そしてその翌日はむしょうにくしゃみが出て、ヤバイ、このまま風邪になってしまうのか!?とちょっとびくびくしました。 でも悪寒はするのに熱を計ると平熱でした。 でも3日目には全く普通に戻っていました。 打ったのが金曜日でよかったです(土・日でダラダラできたので)。 来年受けるとしても、生理中とかははずして、元気な時期に受けようと改めて思いました! ユーザーID: 0961864512• 体質によりますよね 人によっては頭痛がしたり、だるくなったりすることもあるみたいですよね。 あと、卵アレルギーが強い場合は、ワクチンでもアレルギー症状が出る可能性があるようです。 ただ、インフルエンザのワクチンは不活化ワクチンなので、ワクチンを接種したからといって インフルエンザ発症することはありません。 当然、もし妊娠中だとしてもお腹の赤ちゃんが インフルエンザにかかるなんてことはありません。 妊娠の初期は避けたほうがいいでしょうけれど、中期以降なら副作用などもとくに 心配ないと聞いたことがあります。 でも、もちろん妊娠の可能性がある場合はきちんと相談したほうがいいですが。 私は頭痛等の症状はありませんが、ものすごく腫れます。 直径10センチくらい真っ赤になって熱をもち、数日経つとすごくかゆくなります。 これは、子どものころからの症状なので、体質なんだと思います。 でも今年はとくに腫れがひどく、その腫れのせいで肘が曲げにくくなったり、 腕全体が重く痛くなりました。 ちょっとつらかったです。 これでワクチンが効かなかったらガックリです。 ユーザーID: 4424962498• 妊娠中 わたしは妊婦ですが、インフルエンザの予防接種をすすめられて受けました。 初期の10週だか15週だか忘れましたが、そのころまでは絶対接種してはいけないそうです。 しかし、その後は受けておいたら、胎児にも抗体ができてよいとのことです。 何週までは接種しちゃいけないのか、とてもだいじなことなので、産婦人科の先生にたずねてください。 わたしは、内科に行って接種してもらいましたが、内科の先生に「産婦人科の先生が受けてよいといったのか」とさんざん聞かれましたから。 初期はだめということなので、これから授かりたい方は受けないほうがよいのかもしれませんし、万全を期して、接種の前にはかならず産婦人科でえおたずねください。 ユーザーID: 5511216973• 私も悩みました。。。 私も受けようか迷いまして、インフルエンザ予防接種、副作用でネット検索してみたら、すぐヒットしたのが >たとえば、2007年冬からのインフルエンザワクチンは、3種混合のため、例年よりも体に負担がかかるので要注意です。 毎年している人でも、予防接種の後、「今回は初めて腕が腫れた」、「すごく疲れた」、「体調を崩した」、「咳喘息で苦しんだ」などの声を聞きます。 例年は1〜2種類ですから、今回は流行するタイプの予測が絞り込めていないということです。 という情報でした。 これでかなりビビリ、かかりつけの整体の先生に相談したところ、インフルエンザのワクチンは防腐剤に水銀を利用していて、それがまた良くないことがあると聞きました。 私は水銀アレルギーがあるので、これでさらに怖くなって今回は接種を断念しました。 実は昨シーズンかかっているので一応免疫あるかなーとも思いまして・・・ 水銀を使わないタイプのワクチンを開発中らしいので、それができたら受けたいと思います。 ユーザーID: 3398638708• 私は不妊治療中で、来年からステップアップ 体外受精 希望の為、予防注射しました。 大事を取って生理中にです。 確かに体はダルかったですね〜。 腫れはそれ程でもなかったけど、風邪を引いたみたいに節々が痛かった 他にも持病があり、そこの先生曰く「注射の副作用だね。 でも大丈夫だよ」と言ってました。 2・3日で治まっちゃいましたが 笑 でもインフルエンザになるよりマシだったので、受けてよかったです。 万が一掛かっても重症化しないらしいし。。 気をつけないといけないのは卵アレルギーの方だと思います。 因みに、妊娠28週以降の妊婦さんにも予防注射は勧めてるんですよ? 病院によってはもっと早まるかも 妊婦さんがインフルエンザに掛かると重篤化しやすく、胎児にも影響があるからです。 昔は良くないといわれてたけど今は不活性化ワクチンらしいので大丈夫らしいです。 でも今妊娠したばかりならば、担当のお医者さんと相談してみてください。 ユーザーID: 7338480131• 毎回ダルダル 先日やっと予定が立って高校生の息子と接種して来ました。 二人とも今回は接種後5センチくらい赤く腫れて、翌日はだるくて普段昼寝をしない息子も帰宅後夕方ちょっと寝ました。 5日後の今は腫れは引いたけど痒いです。 去年はそんな事なかったと思うんですが・・。 でも過去に一度インフルエンザに掛かってしまい本当に大変な目に遭ったので、毎年受ける事にしています。 クリニックでも殆どが予防接種を受けに来た人でしたよ。 掛かってしまっても軽症で済みますし、子ども同士でも学校で話題になるそうです。 予防接種しない主義のご家庭もあるので、去年は一学年上ではしかとインフルエンザが流行りました。 正直ビクビクです 息子は持病があるので逆に予防接種しない方が命取りです。 予防接種は主に内科診療所でやっていただくと思うのですが、母体に付いての影響は婦人科の医師に聞かないと安心出来ないと思います。 経験上、普通の内科の医師は婦人科に相談してからにして下さい・・とお答えすると思います・・。 最寄の婦人科で予防接種出来れば一度で済みますから、問い合わせしたらいいと思います。 ユーザーID: 9467582322• 妊娠希望で接種済です。 生理中に接種しました。 しかも風邪ひいていたけど、熱はないんで受けました。 接種したことで具合がわるくなったりはしませんでした。 妊娠希望の生理中だと看護師に伝えたら、大丈夫だと言われ受けました。 但し、うちは妊婦には接取しないけど今生理中なら受けれますね、と言われましたよ そもそもインフルエンザの菌をころしてあるものを接種するわけですから、接種後の副作用は卵アレルギーのある人だったり、接種部位が腫れたり…ということはあるみたいですけどね。 妊娠希望なら、心配しますよね。 病院に電話して妊娠希望の旨を伝えたうえで接種してみてはいかがですか? ユーザーID: 0217033993• やっぱり自分の周囲でかかりつけに確認を やっぱり少しあれっと思う情報が出てきました。 感染症情報センターのホームページです。 で見られれば、少なくとも2001年からワクチン株が載っています。 A が2種、Bが1種、考えられています。 当然、毎年 AB 2種は私の周囲でも流行っていますから、できれば全部ならないで済んで欲しいですから。 私は、熱を出す方が恐いです。 子供の頃は、隣りの家のお子さんがはしかになったという話題が出た日には、もう熱を出していたりしました。 すぐ何でももらって来る子、っていう感じでした。 私は、大人なのに注射が嫌いなの、とぶつぶつ言いながら毎年予防注射を受けています。 40度の熱なんて絶対嫌ですから。 たまたま受けなかった年が阪神大震災で神戸にいました。 恐かったです。 ユーザーID: 5019167529• うちました 過去に3回予防接種受けていますが。 3回とも副作用が出ました。 注射後2〜3時間後には、頭痛、ひどい咳、ものすごい関節痛、寒気、震え、発熱は42度ぐらいになります。 それが2,3日続きます。 前にインフルエンザを患ったときと、全く同じ症状でした。 最初の2回目までは、まさか副作用とは知らずに、偶然インフルエンザにかかってしまったのだと思いました。 でも、3回目の時に主治医に相談したら、「まれにアレルギーでそういう人もいるけど、ワクチンが機能するまで数週間かかるから、本当にインフルエンザにかかったのかもしれないし、何とも言えない。 また、万が一その症状が出ても、それはワクチンの菌と体が闘っているためで、タミフル(当時)は効かない。 薬を飲んでしまうと抗体が出来ないから、ひたすら我慢してください。 」と言われました。 で、もう一度だけ予防接種を受けました。 一応副作用で仕事が出来ないことも考えて、金曜日に注射しました。 結果、同じ副作用で苦しみました。 それ以来、予防接種は受けていません。 でも、こういう人は本当にまれらしいです。 ユーザーID: 8959540776• そりゃ.

次の

インフルエンザ予防接種をしたら腕がだるい!腫れがひどい時の対処・対策も確認

インフルエンザ 予防 接種 腫れ ひどい

〈インフルエンザ予防接種の有効性〉 インフルエンザ予防接撞の有効性は世界的にも認められています。 我が国においても高齢者の発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されています。 65歳以上の高齢者に対して行った調査では、予防接種を受けないでインフルエンザにかかった人の34%〜55%は、予防接種を受けていればインフルエンザにかからずに済んだこと、また予防接種を受けないでインフルエンザにかかって死亡した人の82%は、予防接種を受けていれば死亡せずに済んだことが報告されています。 〈インフルエンザ予防接種の副反応〉 予防接種の注射の跡が、赤みを帯びたり、はれたり、痛んだりすることがありますが、通常2〜3日のうちに治ります。 また、僅かながら熱が出たり、寒気がしたり、頭痛、全身のだるさなどがみられることもありますが、通常2〜3日のうちに治ります。 また、接種後数日から2週間以内に発熱、頭痛、けいれん、運動障害、意識障害の症状が現れる等の報告があります。 非常にまれですが、ショックやじんましん、呼吸困難などがあらわれることがあります。 〈次の方は、接種を受けるにあたり医師とご相談ください。 (接種要注意者)〉 健康状態及び体質を勘案し、次のいずれかに該当すると認められる場合には、注意して接種しなければいけません。 1. 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障害等の基礎疾患を有することが明らかな人 2. 前回の予防接種で2日以内に発熱のみられた者または全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある人 3. 過去にけいれんの既往のある人 4. 過去に免疫不全の診断がなされている人 5. 本剤の成分に対して、アレルギーを呈するおそれのある人 〈インフルエンザ予防接種後の注意〉 1. 予防接種を受けた日は、過激な運動を避けてください。 2. 予防接種をうけた部位が赤くなったり、痛んだり、軽い発熱などが起きることがあります。 しかし、局所の異常反応や体調の変化が生じた場合には速やかに医師の診察を受けてください。

次の