大社 高校。 大社高校 甲子園全成績

大社高校の進学実績

大社 高校

このページの見出し• 井上の怪我 大会8日目の第3試合は、観衆が5万8000人とこの日ピークを迎えた。 その要因は何と言ってもダントツの優勝候補である池田高校の登場であろう。 これまでの2試合の闘いぶりも高校野球ファンの期待を裏切ること無い猛打、いわゆる山びこ打線を見せ、そして昨年夏のエース畠山以上のピッチングを披露する水野に観衆は魅了されていた。 堅実な闘いぶりでベスト8に進出してきた大社高校であるが、やはりここは池田高校に胸を借りる格好となった。 試合前のピッチング練習で今日は球が走っていないと感じた水野は、コントロールに気をつけて丁寧に投げることを決めたという。 また、初戦の帝京高校戦でキャッチャーの井上が中指を負傷していた為にフォアボール等で余計なランナーを出すと盗塁される危険性があった。 しかし、バッティングに支障は無いための井上の先発である。 それほど井上のバッティングは良かった。 完全なる池田ペース さて1回の表の大社高校の攻撃、水野の調子は本人曰くの出来とは違って見える素晴らしい快速球。 これの何処が球が走ってないのか。 1番坂本、2番槙野、3番石飛は手も足も出ず3者三振に斬られ、観衆から拍手が沸いた。 これには大社高校エース森井としてはこの試合、勝つには点を先には与えれないプレッシャーとなった。 しかし、先頭の1番坂本にセカンドへの強襲ヒットを打たれると2番金山が送ってワンアウト2塁のピンチ。 このチャンスに3番江上がさすがのセンター前ヒットで池田高校が先制点。 これに飲まれたか森井は簡単に江上に盗塁を許す。 そして4番の水野がレフトへタイムリーヒットを放ち、2点目を追加する。 2回にも池田高校はツーアウトから8番松村がデッドボールで出塁すると9番井上がライト前ヒット。 そして1番坂本に左中間に2点タイムリーツーベースが飛び出し、2回終わって早くも4vs0とする。 丁寧に投げる水野は快調で、凡打の山を築かせる。 圧巻なのは、4回5回と6人連続でショートゴロに打ち取ったこと。 なんと遊撃手の松村の忙しいことか。 なるかパーフェクト 毎回安打を浴びながら3回4回を凌いだ森井は5回、この回先頭の2番金山にフォアボールを与えると3番江上がライト前ヒット。 続く4番水野のファーストゴロの間にそれぞれ進塁した後、5番吉田の内野安打で1点追加。 続く6番上原のセンターフライが犠牲フライとなり、6vs0となると観衆の目は勝敗よりも水野のピッチングに関心が高まる。 5回を終わって水野はパーフェクトに抑えていたためだ。 6回にも7番勝部を三振、8番佐藤をショートゴロ、9番長岡を三振とまるで寄せ付けないとはこの日の水野を言うのだろう。 その裏に大社高校の森井もエースの意地を見せ、ノーアウト満塁のピンチを併殺打で切り抜けた。 貫禄勝ち 7回表、水野はこの回先頭の1番坂本、2番槙野を連続三振。 これはひょっとするかと思った矢先、3番石飛が真ん中に入ってしまったスライダーを叩き付け、センター前ヒット。 ため息が舞う場内の中、パーフェクトは叶わなかった。 8回の裏に池田高校はツーアウトランナー1塁から3番江上がこの日4本目となるタイムリーツーベースをレフトへ放つ。 続く4番水野がライトへタイムリーヒットを放ち、ダメ押しの8点目。 17安打の猛攻にお手上げといった所であった。 大社高校は9回表、ツーアウトから1番坂本がライト前ヒットで意地を見せる。 しかし2番の槙野がライトフライに倒れゲームセット。 水野はスピードが出ないと言いながらも2安打完封、11奪三振の快投を見せた。 2本のヒットを含めても外野に飛ばされた打球は6本だけ。 そしてあの山びこ打線。 いったい池田高校を止めるチームはあるのだろうか? 池田高校が8vs0でベスト4進出を決めた。 文 山口 元樹 高校野球好きの一人言 とにかく池田は強かった。 その一言に尽きる試合運びでしたね。 もう少し慎重に行けば完全試合になってたと今でも思ってます。 この試合で夏春連覇の偉業が見えた、と思った方が多いかも知れませんね。 - , ,.

次の

【1983年春センバツ】準々決勝 大社高校vs池田高校|白球の足あと

大社 高校

What's new? 2019. 5 2018秋・2019春の県大会決勝ハイライト動画をアップしました。 2019. 2 春季県大会および中国大会の動画をアップしました。 「過去の試合動画」ページからご覧下さい。 2019. 1 春季中国大会、1回戦で惜しくも敗退しました。 ご声援ありがとうございました。 2019. 3 しました! 2019. 3 ページを設置しました。 「野球研究室」と同じパスワードで入室できます。 2018. 30 を更新しました。 28 を更新しました。 『神奈川で打ち勝つ!超攻撃型バッティング論』の著者・佐相真澄氏が大社高校に いらっしゃいます!奮ってご参加ください!! 2018. 16 を立ち上げました。 日々進化する大社高校野球部をご覧下さい! 2018. 11 、大盛況でした!ご来場誠にありがとうございました!! 2018. 6 お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!! 2018. 27 2018. 16 を掲載しました! 2018. 3 しました! 2018.

次の

大社高校野球部情報

大社 高校

このページの見出し• 井上の怪我 大会8日目の第3試合は、観衆が5万8000人とこの日ピークを迎えた。 その要因は何と言ってもダントツの優勝候補である池田高校の登場であろう。 これまでの2試合の闘いぶりも高校野球ファンの期待を裏切ること無い猛打、いわゆる山びこ打線を見せ、そして昨年夏のエース畠山以上のピッチングを披露する水野に観衆は魅了されていた。 堅実な闘いぶりでベスト8に進出してきた大社高校であるが、やはりここは池田高校に胸を借りる格好となった。 試合前のピッチング練習で今日は球が走っていないと感じた水野は、コントロールに気をつけて丁寧に投げることを決めたという。 また、初戦の帝京高校戦でキャッチャーの井上が中指を負傷していた為にフォアボール等で余計なランナーを出すと盗塁される危険性があった。 しかし、バッティングに支障は無いための井上の先発である。 それほど井上のバッティングは良かった。 完全なる池田ペース さて1回の表の大社高校の攻撃、水野の調子は本人曰くの出来とは違って見える素晴らしい快速球。 これの何処が球が走ってないのか。 1番坂本、2番槙野、3番石飛は手も足も出ず3者三振に斬られ、観衆から拍手が沸いた。 これには大社高校エース森井としてはこの試合、勝つには点を先には与えれないプレッシャーとなった。 しかし、先頭の1番坂本にセカンドへの強襲ヒットを打たれると2番金山が送ってワンアウト2塁のピンチ。 このチャンスに3番江上がさすがのセンター前ヒットで池田高校が先制点。 これに飲まれたか森井は簡単に江上に盗塁を許す。 そして4番の水野がレフトへタイムリーヒットを放ち、2点目を追加する。 2回にも池田高校はツーアウトから8番松村がデッドボールで出塁すると9番井上がライト前ヒット。 そして1番坂本に左中間に2点タイムリーツーベースが飛び出し、2回終わって早くも4vs0とする。 丁寧に投げる水野は快調で、凡打の山を築かせる。 圧巻なのは、4回5回と6人連続でショートゴロに打ち取ったこと。 なんと遊撃手の松村の忙しいことか。 なるかパーフェクト 毎回安打を浴びながら3回4回を凌いだ森井は5回、この回先頭の2番金山にフォアボールを与えると3番江上がライト前ヒット。 続く4番水野のファーストゴロの間にそれぞれ進塁した後、5番吉田の内野安打で1点追加。 続く6番上原のセンターフライが犠牲フライとなり、6vs0となると観衆の目は勝敗よりも水野のピッチングに関心が高まる。 5回を終わって水野はパーフェクトに抑えていたためだ。 6回にも7番勝部を三振、8番佐藤をショートゴロ、9番長岡を三振とまるで寄せ付けないとはこの日の水野を言うのだろう。 その裏に大社高校の森井もエースの意地を見せ、ノーアウト満塁のピンチを併殺打で切り抜けた。 貫禄勝ち 7回表、水野はこの回先頭の1番坂本、2番槙野を連続三振。 これはひょっとするかと思った矢先、3番石飛が真ん中に入ってしまったスライダーを叩き付け、センター前ヒット。 ため息が舞う場内の中、パーフェクトは叶わなかった。 8回の裏に池田高校はツーアウトランナー1塁から3番江上がこの日4本目となるタイムリーツーベースをレフトへ放つ。 続く4番水野がライトへタイムリーヒットを放ち、ダメ押しの8点目。 17安打の猛攻にお手上げといった所であった。 大社高校は9回表、ツーアウトから1番坂本がライト前ヒットで意地を見せる。 しかし2番の槙野がライトフライに倒れゲームセット。 水野はスピードが出ないと言いながらも2安打完封、11奪三振の快投を見せた。 2本のヒットを含めても外野に飛ばされた打球は6本だけ。 そしてあの山びこ打線。 いったい池田高校を止めるチームはあるのだろうか? 池田高校が8vs0でベスト4進出を決めた。 文 山口 元樹 高校野球好きの一人言 とにかく池田は強かった。 その一言に尽きる試合運びでしたね。 もう少し慎重に行けば完全試合になってたと今でも思ってます。 この試合で夏春連覇の偉業が見えた、と思った方が多いかも知れませんね。 - , ,.

次の