ヴァルハザク 歴戦。 ヴァルハザク

【MHW】歴戦王ヴァルハザク攻略用の装備紹介!

ヴァルハザク 歴戦

2018年6月22日追記 歴戦王ヴァルハザクは頭破壊しないと体に弾丸無敵がついてます 多分 楽に討伐するだけなら拡散弾を使うことを推奨します。 2018年5月9日追記 マムタロト防具と鑑定武器用に装備セットを更新しました。 斬裂弾修正後、弓ソロで歴ハザクを相手に練習してました。 歴ハザク相手にチャーステするのに疲れましたので、 で何も考えずにクリティカル距離を維持してボタンを押すだけにしたくて装備を作りました。 歴ハザクをはじめとする 属性が有効なモンスターに使える文字通り最強の装備セットをご紹介します。 属性弾が有効なモンスター• 火 レウスバスター2 :ヴァルハザク、パオウルムー、ゼノ・ヴァ• 水 シュラムバレット3 :ヴォルカノス、ウラガンキン、トビカガチ、 雷撃弾、氷結弾は武器の性能、有効なモンスターの点から 除外。 属性ライトは現在この2種類以外の選択肢は無し。 必要スキルセットは下記の通りです。 各属性強化Lv3 4以降は不要• 弱点特効Lv3• 渾身Lv2• フルチャージ• 2倍 瘴気耐性Lv3 瘴気を完全無効にする 渾身とフルチャージは所持護石と装飾品を眺めてどちらを護石にするか相談しましょう。 超は属性ダメージの計算に加算されないため、代わりにフルチャージを入れました。 次項に水冷弾装備を記載します。 武器のカスタム強化は攻撃力でもいいんですが、1枠はにした方がいいと思います。 なので、1枠は強化がいいと思います。 火属性強化Lv2も発動していますが、関係ないため割愛。 ちなみに貫通属性弾に貫通弾強化は乗りません。 属性の計算について• 超は物理ダメージ部にしかかからない• 属性上限値が存在しているため、Lv4以上は意味のないスキル• 属性がないと属性ダメージに倍率はかからない この3点だけ気を付けていれば、属性武器を使用する際の防具については問題ないと思います。 乗りませんよ! この装備だったらヴァルハザクはマルチよりソロの方が楽々の楽なのでおすすめです。 弓みたいに指は疲れないです。 マルチだと特別報酬枠にボーナス 人数倍 とかにしてくれれば、歴戦救難=ボランティアっていう悲しみから解放されると思うのですが・・・。 マルチに旨味がなさすぎです。 それでは、あでゅーノシ• オフラインのためランキングが表示できません カテゴリー カテゴリー アーカイブ• 最近のコメント• に より• に いも より• に より• に 匿名 より• に より.

次の

【導きの地】全地帯のモンスター出現条件と素材一覧【アイスボーン】

ヴァルハザク 歴戦

「」や「」などの必須スキルをしっかり搭載しています。 双剣は機動力が高いため、後退ブレスなどの攻撃を安定して避ける事ができておすすめです。 腹下に潜り込んで腹や前脚を攻撃していきましょう。 胞子の塊がボコボコ動いたら大技の合図 「死を纏うヴァルハザク」がうずくまって、体にまとわりつく瘴気の塊がボコボコ激しく動いたら大技の合図です。 飛び上がって瘴気の玉を飛ばしてくるので、なるべく遠くへ離れましょう。 スリップダメージをくらいながら戦うのは非常に危険なので、地面が灰色のところを避けるように「死を纏うヴァルハザク」を誘導しながら戦うようにしましょう。 胞子の塊を破壊し続ければ大技を使われることはないので、胞子の塊を重点的に狙っていきましょう。 後退ブレスは左右に移動して回避しよう 「死を纏うヴァルハザク」から追加された「後退ブレス」は後ろに下がりながら広範囲を瘴気ブレスで攻撃する技です。 後ろに下がられる分、懐に潜り込んで回避するのは難しいですが、後退ブレスのモーションを見たら左右に走るようにすると比較的安定して避けられます。 通常のヴァルハザクと同じ感覚で避けていると被弾しやすいので、必ず死を纏うヴァルハザクの背後や懐に潜り込んで回避するようにしましょう。 立ち上がったら距離をとろう 「死を纏うヴァルハザク」が立ち上がるのは、周囲の広い範囲を瘴気のガスで攻撃する「大瘴気ブレス」の予備動作です。 死を纏うヴァルハザクの足元から前転4回ほどの範囲に攻撃判定があるので、立ち上がる動きをしたら急いで攻撃範囲外に離れましょう。 閃光は頭破壊をしないと効かない 破壊前 破壊後 「死を纏うヴァルハザク」は頭を部位破壊する前は頭部が胞子で守られており「」が効きません。 ただし、死を纏うヴァルハザクには特段スリンガー閃光弾が有効というわけでもありませんので、無理に頭を部位破壊を狙う必要はないでしょう。

次の

【モンハンワールド】歴戦ヴァルハザク周回用のおすすめ防具を紹介!

ヴァルハザク 歴戦

ビルドの方針としては歴戦王ヴァルハザクで最も厄介な瘴気の 高いスリップダメージへの対策として 武器に回復カスタムを施し 体力回復量UPで回復量を上げた。 あとはヴァルハザクのブレスをガードする為に ガード強化を付けて、以下必要そうなものをワチャワチャと付けてみた感じ。 ついでになるべく制作難易度も低めな範囲で組んでみた。 武器としてイビルジョー素材から作られる龍属性ランスのアトロシスタワーを使っており、ヴァルハザクの弱点属性の一つにも龍が挙げられるが、 ヴァルハザクに対する龍属性攻撃は屍肉を纏っている部位(頭や腕、胸など)に対しては部位破壊をしないと龍属性が通らない点には注意。 なおアトロシスタワーを選んだ理由としては単純に物理火力が高いこと と防具と同様に入手難易度を低くまとめてみたかったから 使ってみて思った欠点は 火力スキルの乏しさと 切れ味がすぐ落ちることくらいである。 王ハザクが再配信されていて暇だったので上のランス装備を組んで実際に戦ってみたところ、火力スキルがないので時間こそ多少掛かってしまったものの まるで危なげなく勝ててしまった。 不安要素と言えば中層辺りをウロウロして突然横から咆哮したり参戦してくるオドガロンくらいだったので、どうしても 王ハザクが苦手という人はランスで行ってみると良いでしょう。 王ハザク配信当時の弓の採用理由 歴戦王ハザクに弓を担いでいきましたが、理由としては単純に ・ハザクに対して(少なくとも個人的には)ガンナーの方がやりやすい ・ボウガンより弓の方が火力が出る(これも少なくとも個人的には) からです。 歴戦王ハザク用の弓装備を組んだのが歴戦王ヴァルハザクが実際に来る直前なのですが 実際に行ってみると歴戦王ハザクは瘴気纏い中は矢を弾くので 「エンプレスシェル・冥灯」辺りの斬裂ライトボウガンの方が楽ではあるとは思ったのですが 「せっかく装備を組んだんだから」ということで弓で攻略しました。 ハザクに担いでいった弓は ハザクの弱点の火属性弓である「ジャナフアルカウス」。 アンジャナフの素材から作る弓です。 カスタム強化は「会心強化・スロット強化・回復能力付与」の三つを付けていきました。 歴戦王ハザクは 瘴気が本体纏っている瘴気によるスリップダメージがひどいので、回復手段が大いに越したことはありません。 というわけでいよいよ本題に入っていきたいと思います。 俺が歴戦王ハザク攻略用に組んだジャナフアルカウス装備は以下の通り。 作成難易度はどれも高くないはず。 ヴァルハザクは咆哮の頻度が高めなので、耳栓を付けることによって事故率は格段に下がります。 しかし注意しないといけないのは 咆哮の為に立ち上がった上半身が地面に着く際に強い風圧が発生するということ。 咆哮を防げても風圧に引っかかったら意味がないので相手の咆哮を確認したらその隙に下半身側に回り込むか、一旦距離を置きましょう。 弓必須スキルの一つである「溜め段階解放」が入ってないのは単純に強弓珠を持っていなかったから。 エンプレス装備のセットスキルでスタミナを多めに確保することで手数も結構増える。 歴戦王配信前に普通の歴戦ハザクで調整していたのでかなり攻撃的な構成となってしまった。 ハザクの咆哮がうざかったので最終的に上で紹介した耳栓装備に切り替えたが、咆哮が気にならなかったり不動の装衣やフレーム回避で十分という人はこっちでいい。 痛撃珠が足りない場合は体術珠を二つ埋めてやると体術Lv5となり強走薬がいらなくなる。 また強弓珠が足りない場合は 通常弾・連射矢強化や 散弾・剛射強化等を代わりに付けよう。 なお高級耳栓付き装備の項目で「強弓珠を持っていない」とかいいながらすぐ上の画像で強弓珠を付けているのは 単純に この記事を書いた遥か後に撮った画像だから当時は無かった強弓珠を後に拾っただけである。 そして当時は持っていなくても強弓珠は入れた方がいいということで強弓珠付きの装備として紹介していた。 ぶっちゃけどちらの装備も今となっては組み直した方がいいが「当時はこれで倒した」という記録も兼ねてこのまま紹介し続けたいと思います。 ぶっちゃけた話 瘴気纏い中は弾丸や弓矢が弾かれるし瘴気でゴリゴリ削られていく中で一発の被弾が即死に繋がりかねないという状況なので、ぶっちゃけやっている内に ランスやガンランス(ガード強化はほぼ必須)にカスタム強化で回復付けるのが一番安定するなと思いました。 途中でランスかガンスに変えたくなりましたが、俺はガード強化用の装備が組めなかったので泣く泣く弓でチケット集めてました。 また、PTプレイ中は自分は大丈夫でも他の人が力尽きて失敗になったり、攻撃が他人を狙っているのが理由で妙な方向から攻撃されるといったことが多々あるので 対ハザク戦に自信があるならPTで狩るよりソロの方が安定することもあります。 前のシリーズからそういう部分はあるのですが、MHWではソロプレイ時とマルチプレイ時で敵の強さが違うから過去作以上にそれがわかりやすい。 もしマルチプレイで中々攻略出来ないとしたらソロでの攻略を試してみるのもいいかもしれません。 あとがき 正直まだまだMHWでは装備が整っているとは言い難いくらいの状況ではありますので胸張ってすごいと自慢できるほどの装備でもないかもしれませんが、 そこそこ組みやすいけれど十分歴戦王ヴァルハザクを狩れるような装備じゃないかと思ってます。 今見返すと王ハザク配信当時の自分の装備がクソザコナメクジだな~なんてことを思い出したりしますが、そういうのも日々の記録も残るブログの醍醐味って感じがして楽しいものです(笑).

次の