労使 協定 方式。 【派遣法改正】労使協定方式の採用に向けた賃金比較の方法

労使協定方式による派遣法対応の5つの重要ポイント|咲くやこの花法律事務所

労使 協定 方式

労使協定方式は、派遣先均等・均衡方式による対応よりも比較的簡便であり、事務手続きの面でメリットがあるといえます。 しかし、労使協定方式での対応に不備があると以下のようなトラブルが想定されます。 労使協定の不備について労働局からの指導の対象になる• 労働者代表の選び方が不適切だと後で指摘され派遣社員から損害賠償請求を受ける• 労使協定の内容を正しく守れておらず派遣者から損害賠償請求を受ける• 労使協定について労働者代表の賛同を得られずに労使協定が締結できない 今回の記事では、 トラブルなくスムーズに労使協定方式による対応をするために、必要な点をご説明いたします。 対応に不安がある派遣会社の方はぜひご参加ください。 「弁護士西川暢春からのワンポイント解説」 労使協定方式での対応の場合、2020年3月までに以下の対応をすべて終わらせる必要があります。 ・労働者代表を選んで労使協定を締結し、その内容を周知すること ・2020年4月時点で契約しているすべての派遣先から派遣先の従業員についての待遇情報(福利厚生施設の利用と教育訓練に関する情報)を受領すること ・2020年4月時点で契約しているすべての派遣先について改正法に対応した派遣契約書を作成し直すか、変更契約書を作成すること 2020年4月以前に契約した派遣契約であっても、2020年4月1日をまたぐものについては、2020年3月までに上記の対応を終わらせる必要がありますので注意してください。 ただし、福利厚生施設の利用(例えば、給食室や休憩室、更衣室の利用など)や教育訓練など賃金以外の待遇面については、同じ事業所に勤務する派遣先の従業員との均等、均衡を確保する必要があります。 労使協定方式と派遣先均等・均衡方式の比較については以下の記事で詳しくご説明していますのであわせてご参照ください。 2,労使協定方式を採用する3つのメリット 労使協定方式を採用する場合、もう1つの対応方法である「派遣先均等・均衡方式」と比べて 以下のメリットがあります。 (1)派遣先からの情報受領項目を減らし書類を簡略化できる 「派遣先均等・均衡方式」の場合、派遣先の労働者との賃金面での均等・均衡が必要になります。 そのため、各派遣先から派遣先の労働者の賃金に関する情報を書面で通知してもらうことが法律上の義務になります。 ところが、この書面の記載事項はかなりの分量に上っており、実務面では苦労することが予想されます。 実際、厚生労働省が、派遣先均等・均衡方式を想定して作成したひな形である「比較対象労働者の待遇に関する情報提供」の書式は、A4サイズ用紙で5枚の分量にのぼっています。 ・ これに対して、派遣先との契約で派遣する社員を労使協定の対象となる派遣社員に限定しておけば、派遣先の労働者の賃金に関する情報の受領の必要がなくなるため、派遣先からの通知項目が大幅に簡略化されます。 (2)派遣先の賃金水準にとらわれずに派遣社員の賃金を決めることができる 「派遣先均等・均衡方式」では、賃金の高い派遣先に派遣する場合は、派遣社員の賃金も高く設定することになります。 しかし、実際には、派遣先はできるだけ安い派遣料金での派遣を希望することも多いでしょう。 この点、労使協定方式では、派遣社員の賃金は労使協定で決まりますので、派遣先の賃金が高いからと言って、派遣社員の賃金を高くする必要がなく、派遣先の要望に応えやすくなります。 (3)派遣先が変更になっても派遣社員の賃金に連続性をもたせることができる 「派遣先均等・均衡方式」の場合、派遣先が変わるたびに、派遣社員の賃金が変わることになります。 しかし、労使協定方式では、派遣社員の賃金は労使協定できまりますので、派遣先が変更になっても派遣社員の賃金に連続性をもたせることができます。 以下では、上記3つのメリットを踏まえたうえで、労使協定方式における重要なポイントとして、5つのポイントをご説明していきたいと思います。 3,労使協定方式における5つの重要なポイントを解説! それでは、 トラブルなくスムーズに労使協定方式による対応をするための5つのポイントを順番にご説明していきます。 ポイント1: 派遣社員の賃金項目を確認する 労使協定方式での対応をするためには、まず派遣社員の賃金項目を確認する必要があります。 特に重要になるのは以下の点です。 派遣社員に通勤手当を支給するかどうか• 派遣社員に賞与を支給するかどうか• 派遣社員に退職金を支給するかどうか 今回の改正により、派遣社員に通勤手当や賞与、あるいは退職金を支給することが義務付けられるわけではありませんが、これらを支給するかどうかにより労使協定の内容が変わってくるため、確認が必須となります。 「弁護士西川暢春からのワンポイント解説」 前述の通り、派遣法上は派遣社員に通勤手当を支給することは必須ではありません。 しかし、パートタイム・有期雇用労働法により、特に通勤手当については、派遣会社内での通常の労働者と派遣社員の同一労働同一賃金の観点からの検討が必要になることにも注意しなければなりません。 派遣会社内で通常の労働者に通勤手当を支給している場合、有期の派遣社員や所定労働時間が短い派遣社員についても通勤手当を支給しなければ、パートタイム・有期雇用労働法に違反するおそれが高いです。 この点は、下記の事務取扱要領にも記載されている点ですので注意してください。 1,厚生労働省のひな形の注意点 労使協定については厚生労働省のひな形も発表されています。 賞与や退職金を派遣社員に支給しない場合は、このひな形をそのまま使用することはできませんので注意してください。 2020年3月までに労使協定を締結しなければならないことを踏まえると、早めに自社にあった労使協定案の作成にとりかかることが重要です。 2,労使協定の記載事項 労使協定の記載事項は派遣法や派遣法施行規則で定められており、法律上の記載事項を網羅したものを作成する必要があります。 記載事項は以下の通りです。 (1)労使協定の対象となる派遣労働者の範囲 一部の職種の派遣社員や一定の年数未満の派遣社員についてのみ労使協定方式で対応し、残りの派遣社員は派遣先均等・均衡方式で対応することも可能です。 ただし、その場合、労使協定を適用しない派遣社員について、派遣先均等・均衡方式による対応が煩雑となるため、筆者としてはすべての派遣社員を労使協定の対象とすることをおすすめしています。 (2)派遣労働者の賃金の決定方法 労使協定対象となる派遣労働者の賃金の決定方法と、その比較対象となる一般労働者の賃金水準の額を記載することが必要とされています。 派遣労働者の賃金が一般労働者の賃金水準と比較して同等以上になっていることがわかるように記載することが必要です。 一般労働者の賃金水準とその計算方法については、以下で詳しく解説していますのでご参照ください。 (3)就業の実態に関する事項の向上があった場合の具体的な措置の内容 労使協定方式では、派遣社員の能力向上などがあったときに、「能力手当を追加支給する」あるいは「新たな派遣就業の機会を提示する」などの措置をとる必要があり、その内容を労使協定に記載することが必要です。 ただし、「新たな派遣就業の機会を提示する」というのは、派遣中の派遣社員に新たな派遣先を提案するという内容になるため、派遣先とのトラブルが起きる懸念があることに注意する必要があります。 (4)派遣労働者の評価方法 労使協定方式では、派遣社員について公正な評価を行い、賃金の改善に反映されるよう、適切な評価方法を労使協定で定めることが必要であるとされています。 例えば、「半年ごとに面談して成果目標を設定し、一定期間後に達成状況について改めて面談を行って評価を決める」などの方法を記載することになります。 (5)賃金を除く待遇の決定方法 労使協定に、賃金以外の待遇(福利厚生施設の利用や教育訓練)について派遣元の通常の労働者との間に不合理な待遇差を設けないことを記載する必要があります。 (6)段階的かつ体系的な教育訓練 2015年9月の派遣法改正で定められた段階的かつ体系的な教育訓練を実施することを労使協定にも記載する必要があります。 (7)労使協定の有効期間 労使協定の有効期間は2年以内にすることが望ましいとされています(労働者派遣事業関係事務取扱要領2020年4月1日以降版192ページ)。 法律上2年という制限があるわけではありませんが、労使協定の期間が長すぎると労働局からの指導の対象となることが予想されますので注意してください。 (8)労使協定対象派遣労働者を派遣労働者の一部に限定する場合はその理由 労使協定対象派遣労働者を派遣労働者の一部に限定する場合はその理由を記載しなければならないことになっています。 派遣労働者全員に労使協定を適用する場合は記載は不要です。 (9)特段の事情がない限り、「1」の労働契約の期間中に派遣先の変更を理由として協定対象派遣労働者であるか否かを変更しないこと 派遣会社が派遣社員と締結している雇用期間の途中で、その派遣社員を労使協定対象から外したり、あるいは逆に労使協定対象でなかった派遣労働者を途中から労使協定対象とすることは、特段の事情がない限り、禁止されています。 これに関連して、労使協定に、「特段の事情がない限り、「1」の労働契約の期間中に派遣先の変更を理由として協定対象派遣労働者であるか否かを変更しないこと」を記載することが義務付けられています。 以上が労使協定の記載事項です。 ポイント3: 過半数代表者を選ぶ 従業員の過半数を組織する組合がないときは、労使協定案ができたら、労働者代表(過半数代表)を選ぶことが必要になります。 労使協定方式での対応では労働者代表の選び方も重要になります。 以下のルールをおさえておきましょう。 過半数代表者の選出は会社単位でも事業所単位でも可• 過半数代表者は、派遣労働者を含む全ての労働者から選出することが必要• 派遣法第30条の4第1項の協定締結のための過半数代表者の選出であることを明示して選出してもらうことが必要• 労働者の過半数の支持が明確になる民主的な方法での選出が必要 このうち特に重要になるのが、「労働者の過半数の支持が明確になる民主的な方法での選出が必要」という部分です。 この点がきちんとできていない場合、労使協定が無効になり、派遣先均等・均衡方式が強制適用されます。 その結果、派遣先の通常の労働者との待遇差があれば、派遣社員から待遇格差について差額を賠償請求される危険がありますので、過半数代表者の選出手続を適切に行えるように十分注意してください。 1,過半数代表者の選び方の例 派遣会社で過半数代表者を選ぶ場合、候補者と面識がない人や、そそも無関心な人も多いと思われるため、どのように過半数の賛成を確保するかが重要な課題になります。 過半数代表者を選ぶことができなければ、労使協定が締結できないことにもなりかねません。 この点については工夫が必要ですが、例えば以下のような方法が想定されます。 ポイント4: 派遣契約書のひな形を変更する 2020年4月の改正で、これまでの派遣契約書の記載事項に以下の2点が加わりました。 1,派遣社員が従事する業務に伴う責任の程度 例えば、派遣先でチームリーダー、副リーダー等の役職につける派遣労働者についてはその具体的な役職名を記載する必要があります。 一方、派遣先で役職をつけない派遣労働者であれば「役職なし」と記載すれば問題ありません。 (事務取扱要領137ページ) 2,派遣する社員を労使協定方式の対象となる派遣社員に限定するかどうか この点は筆者としては、「限定する」と記載することをおすすめしています。 派遣する社員を労使協定方式の対象となる派遣社員に限定することを記載することで、派遣先から比較対象労働者の情報や派遣先の賃金等に関する情報などの情報を提供してもらう必要がなくなり、大幅に事務を簡略化することができるためです。 なお、契約書の記載事項の変更については、前述の通り、2020年3月以前の派遣契約についても、2020年4月1日をまたぐものについては対応が必要です。 具体的には、施行日までに派遣契約書を作成しなおすか、派遣契約書を変更することが必要とされていますので注意してください。 3,2020年4月派遣法改正に対応した派遣契約書のひな形ダウンロード ・ ポイント5: 派遣先からの情報受領に対応する 労使協定を締結した場合でも、教育訓練や福利厚生については、派遣先の従業員と均等・均衡が義務付けられます。 そのため、派遣会社は、派遣契約の締結の前に、派遣先から、従業員の教育訓練、福利厚生について情報の提供を受けることが義務付けられています(改正派遣法第26条第7項)。 情報提供を受けることが義務付けられる内容は以下の通りです。 教育訓練の実施の有無及び具体的な内容• 給食施設、休憩施設、更衣室のそれぞれの利用の機会の付与の有無及び利用時間等の具体的な内容 派遣する社員を労使協定の対象となる派遣社員に限定する場合、以下の参考書式のように、福利厚生施設の利用(例えば、給食室や休憩室、更衣室の利用など)や教育訓練など賃金以外の待遇面についてのみ情報を受領すれば問題ありません。 (1)労使協定の作成についてのご相談 労使協定方式では、労使協定をどのように作るかというのが重要なポイントです。 また、過半数代表の選出も重要なポイントになります。 咲くやこの花法律事務所では、派遣法に精通した弁護士が、労使協定の作成や過半数代表の選出に関するご相談をお受けいたします。 労使協定を作っても不備があると無効になり、派遣先均等・均衡方式が強制適用されます。 その結果、派遣社員から派遣先との賃金の待遇差分を過去にさかのぼって損害賠償請求されるリスクがあります。 派遣社員の人数が多いと賠償額が多額になる恐れもありますので、労使協定の手続きを万全にする必要があります。 労使協定の作成や過半数代表者の選出に不安があるときは必ずご相談いただくことをおすすめします。 同一労働同一賃金についての派遣法改正への対応方法のご相談• 派遣契約書や就業規則の作成、その他派遣業で使用する各種書類についてのご相談• 派遣社員の労務管理や派遣社員とのトラブルに関するご相談 派遣法のルールを守れていない場合、労働局から指導を受けるなどのおそれがあり、場合によっては次回の許可が得られないこともありますので、確実な対応が必要です。 また、派遣社員とのトラブルについても深刻なものに発展するケースが増えており、弁護士に相談したうえで正しい対応をしていくことが必要です。 咲くやこの花法律事務所では、派遣会社の顧問先も多く、これまでの対応経験も豊富なため、安心してご相談いただけます。 咲くやこの花法律事務所では、これらの問題についてスムーズにいつでもご相談いただくことを可能にするために、顧問契約をおすすめしています。 顧問契約をしていただくと、派遣法、労働法に強い弁護士によるサポートを24時間365日受けることが可能です。 咲くやこの花法律事務所では顧問契約をご希望の派遣会社の方に対して、無料で弁護士が面談して顧問契約のご案内を差し上げています。 ぜひ咲くやこの花法律事務所の顧問弁護士サービスをご利用ください。 ・ ・ また、派遣会社における顧問弁護士の役割について以下の動画や記事で詳しくご説明していますのであわせてご参照ください。 また、契約書の整備などについても派遣会社からご依頼いただき、実施してきました。 以下では 咲くやこの花法律事務所の派遣業に関する実績の一部を紹介しておりますのであわせてご参照ください。 ・ ・ 弊事務所の顧問先派遣会社様と担当顧問弁護士の対談動画もアップしておりますので、もしよろしければご覧ください。 ・ 6,労使協定方式による派遣法対応について「咲くやこの花法律事務所」に問い合わせる方法 労使協定方式による派遣法対応に関する相談は、下記から気軽にお問い合わせください。 今すぐのお問い合わせは以下の「電話番号(受付時間 9:00〜23:00)」にお電話いただくか、メールフォームによるお問い合わせも受付していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 7,派遣法対応に関するお役立ち情報も配信中(メルマガ&YouTube) 派遣法対応に関するお役立ち情報について、「咲くや企業法務. NET通信」のメルマガ配信や「咲くや企業法務. TV」のYouTubeチャンネルの方でも配信しております。 以下よりメルマガ登録やチャンネル登録をしてください。 (1)無料メルマガ登録について 上記のバナーをクリックすると、メルマガ登録ページをご覧いただけます。 (2)YouTubeチャンネル登録について 上記のバナーをクリックすると、YouTubeチャンネルをご覧いただけます。 記事作成弁護士:西川 暢春 記事更新日:2020年01月24日.

次の

【労働者派遣法改正2020】派遣先均等・均衡方式と労使協定方式【同一労働同一賃金】

労使 協定 方式

大手の派遣業者は置いといて、派遣業の知識が不十分な 中小の派遣事業所様は、顧問の優秀な社労士さんに丸投げで 任せて作成していただいていることと思います、 中身は行政がサンプル(基準?)としている書式に 合わせて作られている社労士さんが多いと思います。 問題は賃金テーブルのサンプル(行政)内容をよく見ていると 驚くような数字が表記されているんです。 例えば、職業安定業務統計の求人賃金を基準とした・・・ 別添資料の中で、基準値0年で時給が1156円と記載された項で 1年経過で16%アップされた時給1341円と記載されています、 2年経過で9.5%アップされた時給1467円、 3年経過で4%アップされた時給1525円と記載されています。 、 これに従って賃金テーブルを作ろうものなら 派遣業者は派遣スタッフに対して、この数値に合わせて賃金を 支払うこととなります。 派遣会社は派遣先に同じ比率で取引賃金を請求したならば 派遣先は応じてくれるでしょうか? 派遣先は消費税のように一律に皆が支払う法制度ではないので 派遣会社に法外な取引賃金をアップを要求されても 支払う根拠が曖昧なので支払ってくれるか否か? つまり、行政が奨励している賃金テーブルの作成に従うと 派遣会社は利益も出ずに赤字で派遣スタッフを雇用することになり 挙句の果てに、倒産せざるを得なくなると思います。 弊社はこの問題に対処できる賃金テーブル作成の方法を 社会通念上のベースアップに準じた内容で作りましたので きっと喜んでいただけると思います。 お困りの派遣事業所様には弊社の労使協定書・賃金テーブル作成書式を 是非使っていただき解決してください。 重ねて、6月1日~6月30日までに管轄の需給調整室へ 派遣事業報告書を提出するまでに準備してください。 その際は、派遣先の所在地(市名称)業務の内容、他 必須事項を申込み備考欄に記載願います。 申込は「かんたん派遣経営サポートパック」の窓口から お願いします。 労使協定書作成ひな形と賃金テーブル作成ひな形セットで 1職種:1万5千円~ x 職種数 (消費税は別途) 最低価格は3万円(労使協定書の文章+1職種の賃金テーブル) USBに入力して全国に送付させていただきます。

次の

【派遣法改正】労使協定方式の採用に向けた賃金比較の方法

労使 協定 方式

大手の派遣業者は置いといて、派遣業の知識が不十分な 中小の派遣事業所様は、顧問の優秀な社労士さんに丸投げで 任せて作成していただいていることと思います、 中身は行政がサンプル(基準?)としている書式に 合わせて作られている社労士さんが多いと思います。 問題は賃金テーブルのサンプル(行政)内容をよく見ていると 驚くような数字が表記されているんです。 例えば、職業安定業務統計の求人賃金を基準とした・・・ 別添資料の中で、基準値0年で時給が1156円と記載された項で 1年経過で16%アップされた時給1341円と記載されています、 2年経過で9.5%アップされた時給1467円、 3年経過で4%アップされた時給1525円と記載されています。 、 これに従って賃金テーブルを作ろうものなら 派遣業者は派遣スタッフに対して、この数値に合わせて賃金を 支払うこととなります。 派遣会社は派遣先に同じ比率で取引賃金を請求したならば 派遣先は応じてくれるでしょうか? 派遣先は消費税のように一律に皆が支払う法制度ではないので 派遣会社に法外な取引賃金をアップを要求されても 支払う根拠が曖昧なので支払ってくれるか否か? つまり、行政が奨励している賃金テーブルの作成に従うと 派遣会社は利益も出ずに赤字で派遣スタッフを雇用することになり 挙句の果てに、倒産せざるを得なくなると思います。 弊社はこの問題に対処できる賃金テーブル作成の方法を 社会通念上のベースアップに準じた内容で作りましたので きっと喜んでいただけると思います。 お困りの派遣事業所様には弊社の労使協定書・賃金テーブル作成書式を 是非使っていただき解決してください。 重ねて、6月1日~6月30日までに管轄の需給調整室へ 派遣事業報告書を提出するまでに準備してください。 その際は、派遣先の所在地(市名称)業務の内容、他 必須事項を申込み備考欄に記載願います。 申込は「かんたん派遣経営サポートパック」の窓口から お願いします。 労使協定書作成ひな形と賃金テーブル作成ひな形セットで 1職種:1万5千円~ x 職種数 (消費税は別途) 最低価格は3万円(労使協定書の文章+1職種の賃金テーブル) USBに入力して全国に送付させていただきます。

次の