キャットウーマン。 新キャットウーマンがゾーイ・クラヴィッツに決定!歴代女優と新キャットウーマンに迫る!

バットガール:キャットウーマンの餌食(1)

キャットウーマン

キャットウーマンのネタバレあらすじ:起 化粧品会社の広告デザイナーとして働くシャイで平凡なペイシェンス。 仕事に情熱も持てずに日々を過ごし、新製品のデザインは社長であるジョージに酷評され、やり直しをすることに。 意気消沈するペイシェンスでしたが、ひょんなことから誠実でハンサムな刑事トムと出会います。 お互いに惹かれ合うもののペイシェンスは自信が持てずなかなかアピールできずにいます。 そんな中ペイシェンスは遅くまで残って完成させたやり直しのデザイン案を持ってジョージのもとを訪ねます。 しかしそこでジョージと彼の妻ローレルが新商品ビューリンの恐ろしい副作用について話しているのを聞いてしまいます。 立ち聞きしているのに気付かれたペイシェンスは彼らの部下に殺されてしまいます。 しかし彼女のもとに1匹の猫が現れペイシェンスを生き返らせ、彼女にキャットウーマンとして力を与えます。 キャットウーマンのネタバレあらすじ:承 復活を遂げたペイシェンスは自分自身に何が起こったのかわからず不安定な日々を過ごします。 以前のように引っ込み思案ではっきりと物事を言えない自分。 かと思うとはっきりと主張し、ボスであるジョージに対する鬱憤を本人に言葉にしてしまう自分。 自分の中に2人の人間がいるようで戸惑います。 そして彼女は自身の周りをうろついていた猫エジプシャン・マウの飼い主の女性のもとを訪れます。 彼女から不思議な力の話を聞きそのの能力を自覚しキャットウーマンとして自分が何故命を落としたのか調べ始めます。 断片的な記憶を辿り彼女はジョージとローレルの部下を捕らえ自分の死とビューリンが関係していることを聞き出します。 そしてビューリンの秘密を探るべく研究所に潜入するとそこにはすでに殺された開発者の姿が。 そしてその現場を通報され彼女は人殺しの濡れ衣を着せられてしまいます。 キャットウーマンのネタバレあらすじ:転 自分が死んだ日のことを思い出したペイシェンスはビューリンの発売を阻止しようと動きだします。 ジョージのもとへと向ったペイシェンスはそこで出動したトムと対峙します。 なんとかトムと警察から逃げ切ったペイシェンス。 彼女はこの秘密を抱えたまま彼とデートをします。 そして2人はペイシェンスの部屋で一夜を過ごすもののトムはそこでキャットウーマンの武器の爪を発見し部屋を後にします。 そしてペイシェンスとキャットウーマンが同一人物であることを確信します。 キャットウーマンの結末 一方ペイシェンスはローレルの罠にはまりローレルがジョージを殺したその罪を着せられ、トムに逮捕されてしまいます。 彼女はトムに自分を信じてほしいと話しますが、留置所へと連れて行かれます。 一人思いに耽るペイシェンスはなんとしてもビューリンの発売を阻止するべく留置所を抜け出し、ビューリンを乗せたトラックを破壊します。 一方トムはローレルのもとへと行きます。 そして彼女から自白を取るものの銃を向けられ追い込まれてしまいます。 しかしそこでキャットウーマンに助けられ彼女に謝りますが、キャットウーマンは人違いだ、と残しローレルのもとへとむかいます。 死闘の末キャットウーマンはローレルを倒します。 しかしトムの前に姿を現すことなく彼女は自由を力に新たな道を進んで行くのでした。 以上、映画キャットウーマンのあらすじと結末でした。

次の

キャットウーマン (きゃっとうーまん)とは【ピクシブ百科事典】

キャットウーマン

Catwoman キャットウーマン バットマンの物語に様々な形で登場してきたキャットウーマンことセリーナ・カイルだが、変わらぬは彼女のファム・ファタール的な魅力。 心も財布も持っていかれてしまうので、用心することだ。 「BATMAN」 1で初登場以来、コミックシリーズに頻繁に登場するキャラクターで、2度にわたりアカデミー賞ノミネート女優が扮している。 1作目はティム・バートンによる名作、『バットマン リターンズ』のミシェル・ファイファー、2作目はクリストファー・ノーランによる大ヒット好評作『ダークナイト ライジング』のアン・ハサウェイ。 キャットウーマンはまたバットマン関連のアニメーションやビデオゲームのほとんどでフィーチャーされている。 ゴッサムのドヤ街で育った孤児のセリーナは生き抜くために、そして友達を助けるために犯罪に手を染めていった。 快活な女怪盗は必要なものなら何でもくすね、時には必要のないものまですっと盗むなどして、泥棒を芸術に域にまで高めていった。 猫のマスクとスーツを身にまとい、ゴッサムの金持ちや悪徳者を狙う。 素手の格闘や曲芸においては名人級。 忍びのワザも忍者のごとく、不法侵入のエキスパートである。 盗人で出自も怪しいキャットウーマンだが、根っからの悪人ではなく、不純な行動の裏には真っ当な動機があったりする。 善と悪のなんとも微妙な境界線上で活躍するセリーナの世界観は白か黒かというものではなく、様々なグレーゾーンが存在するものである。 だがそれでも自分なりの信条を貫いており、バットマンの味方になることもある。 バットマンとは複雑な関係で、お互いに対する恋心が二人をあり得ない方向に向かわせ、居心地が悪くなったりすることもある。 何せキャットウーマンはいつか悪への境界線を超えてしまう危険性をはらむ存在だからである。 そうなったらバットマンはキャットウーマンを投獄せざるをえなくなるだろう。 キャラクター情報 特殊能力 卓越した武術、格闘術、身体能力 本名 セリーナ・カイル 職業 怪盗 初登場 BATMAN 1 1940 NEW 52初登場 CATWOMAN 1 2011 関連キャラクター.

次の

キャットウーマン (きゃっとうーまん)とは【ピクシブ百科事典】

キャットウーマン

から出版されている『』のキャラクターのひとりを主人公としているが、本作はとの接点は無い。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年9月)() ペイシェンス・フィリップスはシャイで感じやすい芸術家タイプのグラフィックデザイナー。 ある日、ペイシェンスが働いている巨大な化粧品会社「ヘデア・ビューティー社」が革命的な老化防止商品の発表を控えていた際、彼女はその商品に関する驚くべき秘密を知ってしまい、暗殺される。 しかし彼女はエジプトの猫神「マオ・キャット」の力によって蘇り、猫の強さやスピード、俊敏さ、そして超人的な鋭い感覚を持って生まれ変わった。 テレビ朝日版 - 初放送2008年2月17日 『』 スタッフ [ ]• 監督:ピトフ• 撮影:• 美術:ビル・ブルゼスキー• 編集:シルビー・ランドラ• 音楽:• 製作:• 視覚効果: 備考 [ ]• 『』43話「怪人マチス・マローン」の冒頭は、キャット・ウーマンが蘇りの能力を持つエジプトの秘宝を狙う話となっている。 脚注 [ ].

次の