大島 てる 北海道。 高額で成約したマンションを『大島てる』に事故物件扱いされるの巻

「女性が殺害されたホテルを買い取ったのは……」大島てるが見た“事故物件史上最強のリフォーム”

大島 てる 北海道

当記事は2015年7月13日の記事を最新の状況を反映し改稿したものです。 不動産業者の仕事は、取引が終わったからといって完全に終わる訳ではありません。 買主側に付いた場合は、当然その不動産と長く関わって行くことになります。 買主様がお住まいになったり、事務所にしたり、賃貸アパートなら管理受託したり… お客様との付き合いが続く限り、その不動産とも付き合ってゆくことになります。 最終的には、その不動産を手放す時も、売却を依頼して頂けるなら、 大変光栄なことで、不動産屋冥利に尽きるというものです。 売主側に付いた場合、一旦その不動産とは直接関係が無くなるとはいえ、のちのちのトラブル発生を予見しておく必要があります。 とはいえ、買主側にも業者がいる場合には、こちらから積極的に接触は取りません。 土地を売却した後は、無事に建物が建ってゆくかを見守ります。 建物を売却した場合には、その後問題なく、居住・運営・賃貸しているか、定期的に確認します。 買主側にも売主側にも立つ、『両手』取引の場合には、この両面があるので責任も重大です。 ・・・と、 毎度毎度前置きが長いですね。 『大島てる』というウェブサイトがあります。 事故物件の情報を広く募っているサイトで、Googleマップから事件事故の情報を閲覧する事が出来ます。 誰でも簡単に投稿出来る為、Wikipediaや2ちゃんねるのようなもの、と言えば分かりやすいでしょうか。 事件事故の情報というのは不動産取引上、不動産屋としては知っておかなければならない事項ですから、 不動産を売買する場合には、出来るだけ見ておくようにしています。 勤め先で管理しているアパートで火災があり、不幸にも入居者が亡くなってしまった事がありましたが、 火災が起こったのが明け方で、朝9時頃にはもう事故情報が登録されていました。 新聞やニュースに掲載された情報に関しては、ほぼ確実に反映されると考えて良いようです。 しかし、事故物件の情報を気軽に投稿出来るという事から、 たとえ情報が真実であっても、 不動産価値の下落に繋がる為、掲載して欲しくないという批判もありますし、 何より、誰でも投稿出来るため、 デマやいい加減な情報が多いのも事実です。 既にタイトルに結論は書いてしまっているんですが、 先日、『大島てる』を閲覧していた処、 過去に取引したマンションが掲載されていました。 (改めて当時の流通履歴を見直しましたが、その時期に他に売りに出た部屋はありませんでした。 ) その物件は、付き合いの古いお客様が所有していたマンションで、 私がこの職業に就いて初めて売却したマンション、かつ、初めて『両手』で成約した物件でした。 (それまでに中古マンション以外の土地や建物の取引経験はありました。 ) かなり独特な販売戦略が見事に『当たった』、 非常に思い出深い物件の一つです。 では、本当に事故物件だったのかと言えば 当然、事実無根 です。 まず、前の所有者が貸していた入居者の方は確かにお亡くなりになっていたのですが、 ご病気で病院に入院してでの事ですから、事故物件ではありません。 (通常、事故物件というのは『建物内で』、『自殺、他殺、事故死』されたものを指します。 ) また、 『格安』というのも大きな誤りで、かなり高額での成約でした。 恐らく、同じマンションの住人が広告を見て 相場も分からずに 『安い、事故物件に違いない!』と、 『大島てる』に投稿したものと思われますが、 非常にタチが悪いですね。 『大島てる』は、誤情報で事実確認が出来た場合には削除に応じる事もありますが、ある種の炎上商法で、ないものをないと証明する『悪魔の証明』をわざわざしてゆくのも、火に油を注ぐ行為になりかねないと考え、現在のところ、静観しています。 (時期だけで、号室が明示されていない為、無いものを無いと示しづらい、という面も…) また 賃貸物件の募集広告で 『告知事項あり』と記載されていたことを根拠に、 『大島てる』への登録を行なっている方もいるようですが、 『告知事項あり』は必ずしも事件事故による心理的瑕疵物件に限られた記載ではありません。 『大島てる』は、非常に意義があるサイトだと考えていますが、 このように、 利用する際には、インターネットリテラシーが必要になりますね。 一般の方が不動産の購入をする際に参考にすることも多々あるとは思いますが、 せいぜいWikipediaや2ちゃんねる程度の信憑性、と考えておきましょう。 (まー、Wikipediaの信憑性についてもかなり誤解している方も多いようですが…) 平成27年8月30日追記 『大島てる』氏からの当記事へのコメントでの申し出により、 先方へメールにて物件情報を送信したところ、 該当する投稿は削除されました。 削除されるまでにコメントで『大島てる』を名乗る方とやりとりしましたが、 メールとコメントで矛盾する部分が多くあり、 実際に本人だったのか否か、また複数の運営者がいるのか等、 私には判然としない部分が多かったように思われます。 当時非公開だったメールでのやりとりを含め、に掲載しています。

次の

大島てるの絶対に借りてはいけない事故物件TOP15

大島 てる 北海道

引越しをしたことがない人やあまり事件などをご存知ない方は知らないかもしれませんが「大島てる」とは情報サイトです。 何の情報を掲載しているサイトなのかというと「事故物件」の情報を掲載してくれている情報サイトで、事故物件を避けたい人や、やばい物件の周辺に住みたくない人などに使われる機会が多いです。 事故物件では自殺や殺人・火災などでもそうですが、極稀に心霊現象などを感じた場合なども状況が酷いようであれば心理的瑕疵で心霊現象による事故物件になる可能性もあります。 ですが、大島てるでは心霊現象が原因からなるやばい物件などの訳ありは掲載されていませんのでご注意ください。 心霊系が苦手な方は直接不動産会社に問い合わせたほうが間違いないです。 事故物件という言葉はよく耳にすると思いますが、事故物件のようなやばい物件・訳あり物件はどのような定義で決められているかご存知ですか? 事故物件とは主に次に該当するものが事故物件扱いになります。 殺人事件や自殺者などによる物件などはわかると思いますが、心霊現象が起きたぐらいで事故物件になるのかと驚く方もいると思います。 この心霊現象については、心霊現象があるという噂だけでは事故物件対象にはならず、心霊現象が起きたとうわさになって異常なまでの定着率の悪さが生じた場合に「心理的瑕疵」として事故物件扱い・訳あり物件扱いされることが多いです。 「大島てる」に掲載されているやばい物件・訳あり物件を検索したり、普通のGoogle上でやばい物件・訳あり物件を検索したら「心理的瑕疵」という言葉がよく出てくると思います。 このような検索したら出てくる「心理的瑕疵」とは心理的にもここに住みたいと思いにくい出来事があったという意味で、やばい物件や訳あり物件によくつけられます。 心理的瑕疵以外にも物理的瑕疵や環境的瑕疵なども存在しますが、主に欠点として捉えて頂けたらとわかりやすいと思います。 そのため先ほどの事故物件の所でも紹介したように、自殺他殺などは当然だと思いますが、暴力団が住んでいる所や心霊現象が起きて周りの人が異常に引っ越すような賃貸などの物件などには住みたくないですよね。 そのような住みたいと思いにくい心理的瑕疵があるやばい物件は極稀に悪徳不動産会社なら隠してくる可能性があります。 不動産会社も入居者をつけて初めて収益が入る所が多いので、法律に引っかからない程度の隠ぺい工作は平然と行ってきます。 このようなことが後からわからないように大島てるでは心理的瑕疵があるやばい物件・訳あり賃貸などを紹介してくれています。 次は実際に絶対に借りてはいけない事故物件などをご紹介したいと思います。 まず最初にご紹介するのは神奈川県の横浜市で殺人事件が起きた事故物件です。 坂本堤弁護士一家殺害事件とは1989年に起きた事件で、当時、オウム達が行っていた宗教に入っていた家族の人たちがオウム真理教から脱退したいという依頼を坂本弁護士にしたことから始まったとされています。 坂本弁護士はオウム真理教について色々調べて記事にもしてメディアなどでも取り上げられたことか信者の人たちから当然いいように思われていない状況でした。 そのため、この事件では旧オウム真理教の幹部だった6人がこの坂本弁護士と家族三人を手にかけたことによって起きた事件となっています。 事件が起きてすぐに問題になるかと思われていましたが、事件は綺麗に処理されていたためすぎには判明せず、一家失踪事件として処理されていました。 しかし、事件から7年経った後に岡崎の自供によって事件が明確なものとなりました。 オウム真理教はこのような事件以外にも大きな事件ばかり起こして事件が薄くなってしまっていますが、非常に多くの人を震撼させた事件とされています。 次にご紹介するのは福岡県筑後市にて福岡リサイクルショップ殺人事件が起きた事故物件です。 このリサイクルショップの事件も多くの人がメディアの報道にて知った事件だと思いますが、まさに恐怖しか感じない事件とされています。 このリサイクルショップ事件とは福岡でリサイクルショップを経営していた夫婦による犯行による事件で、住み込みで働いていた従業員を次々と殺めて行った事件とされています。 当時は10年前から行方が分からなくなった男性が白骨化された状態で見つかりましたが、この男性以外にも殺害していたので従業員を雇っては次々と手にかけていたのです。 この殺人現場はGoogleマップでも周辺が観ることができますので、実際にどのような場所か見たい方はGoogleマップで検索していただけたらと思います。 次にご紹介するのは神奈川県相模原市にて相模原障害者施設殺傷事件が起きた事故物件です。 これは最近起きた事件なので多くの方もご存知だと思いますが、この事件は賃貸住宅などではなく、障碍者施設にて起きた大量殺人事件です。 この事件の被害者は19人が犠牲となり、26人が負傷した事件となっています。 この大量殺人事件を起こした男は逮捕されてからの供述で、犯行理由を障害者は人々を不幸にするからという勝手な考えから起こした事件でこれこそ人格を疑うような事件で知られています。 こちらも最近起きた事件とあって事件があった津久井やまゆり園はGoogleマップ上でも出てきます。 気になる方はGoogleマップで検索していただけたらと思います。 次にご紹介するのは東京都江東区にて江東マンション神隠し殺人事件が起きた事故物件です。 この東京都で起きた事件も2008年と割かし最近起きた事件で、凶悪犯だったので非常に有名です。 というのも、この東京の江東区で起きたマンション神隠し殺人事件は名前の通り賃貸住宅にて犯罪を起こしているのですが、賃貸住宅から女性が一歩も外出していないように見えることから神隠しという名前がついた事件です。 この犯人は同じ東京の賃貸に住んでいた住民で、隣の部屋だったそうです。 犯人は殺害した女性を性奴隷目的で監禁しようとしたが被害者の女性の姉がすぐに異変に気付いたことから手にかけています。 さらに、女性を殺害するだけでなく、殺害が分からないようにバラバラにまでしているため、犯行が分かるのが送れたとされています。 東京以外でも賃貸住宅では隣の日とは全く知らない赤の他人なので、賃貸住宅の恐ろしさが際立った事件となりました。 次にご紹介するのは神奈川県座間市にて座間市事件が起きた事故物件です。 これはごく最近おきた猟奇的な殺人事件なので多くの方がご存知だと思います。 賃貸のクーラーボックスから複数の遺体の頭部が出てくるといった事件で、複数の遺体と一緒に過ごしていたことから犯人は異常であるとしか言いようがない事件です。 この事件に対してどう賃貸に住んでいた人は大島てるにもコメントを残しており、すぐに大島てるに載った訳あり物件とされています。 しかし、実はこの訳あり物件は実は大島てるに掲載されたのは今回だけでなく、事件が起きる以前にもGoogleマップで出てきたり、大島てるに掲載されていたりしたのです。 そのため心理的瑕疵がある物件として出され、家賃が以上に安く、多くの人が不信がっていたそうです。 このような点を考えると心霊現象などで不信がっている方がまだ優しいことが分かります。

次の

大島てるが語る事故物件の怖い話。最凶で最悪の恐怖

大島 てる 北海道

この記事は2018年2月13日に 新規に書き下ろしたものです。 前回『』の最後は、このような締めくくりをしました。 平成27年8月30日追記 『大島てる』氏からの当記事へのコメントでの申し出により、 先方へメールにて物件情報を送信したところ、該当する投稿は削除されました。 削除されるまでにコメントで『大島てる』を名乗る方とやりとりしましたが、 メールとコメントで矛盾する部分が多くあり、 実際に本人だったのか否か、また複数の運営者がいるのか等、 私には判然としない部分が多かったように思われます。 当時非公開だったメールでのやりとりを含め、次の記事に掲載予定です。 当時はこの件について、あまり突っ込んで記載はしていませんでしたが、 元の記事を書いて 2年半、物件が成約してからかなり経ちますから、この際、『大島てる』氏とのやりとりを直接送ったメールも含め公開し、この件についての私の見解を記述したいと思います。 ブログへのコメントについては従来公開していたもので、私からのメールへの返信はなく、私のメールのみの掲載ですので、文章の使用許諾や著作権云々という問題にはならないものと判断しています。 文書については原文ママですが、着色や下線・強調は私によるものです。 = = = 以下、引用部分 = = = 大島てる 2015-08-27 18:02:28 >細丼 善太郎 【この道なぁに?in札幌】さん では, 公開できる範囲内でヒントをお願いします。 7月13日付ブログ記事の内容も参考にさせて頂いた上で物件の特定を試みてみます。 細丼 善太郎 【この道なぁに?in札幌】 2015-08-30 20:15:30 >『大島てる』様 先に述べた通り、本件については コメント欄で物件名を明示する事はございません。 当然、検索してすぐに引っかかるようでは、物件名を秘匿しても無意味ですから、 貴サイトへの書き込みの内容についても主旨はそのままに言い回しを変更しています。 現状では、 貴方様が大島てる様ご本人であるのか、 私には特定出来ない状況でございますので、 貴社のメールアドレス宛に、 物件を特定の上、 当ブログのURLを明記し、メールをお送り致しました。 ご参照の上、ご対応頂けますようお願い申し上げます。 今後とも何卒宜しくお願い致します。 【このコメントの直前に後述するメールを送信しています。 】 大島てる 2015-08-30 21:48:43 >細丼 善太郎 【この道なぁに?in札幌】さん 「変更」ということは そのような書き込みはそもそもないということでしょうか? 大島てる 2015-08-30 21:53:16 >細丼 善太郎 【この道なぁに?in札幌】さん 存在しない書き込みの訂正は致しかねます。 細丼 善太郎 【この道なぁに?in札幌】 2015-08-30 21:53:40 >大島てるさん いいえ、ございます。 『言い回しを変更』と言うのは、 まったく同じ文言で検出されないよう、 同義語で置き換えたという意味でご理解下さい。 貴サイトの該当物件のURLについては、 info oshimaland. jpへ明示した上でお送り致しましたので、 そちらをご参照の上ご対応下さいませ。 実際にご確認頂ければ、 『言い回しを変更』という表現についてもご納得頂けるものと存じます。 細丼 善太郎 【この道なぁに?in札幌】 2015-08-30 22:13:47 >大島てる様 該当物件の記事を削除頂き、ありがとうございました。 また、本件に関しては、数日に渡り返信が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。 当ブログは不動産実務に関する実体験を開示することで、 不動産取引を検討する方や同業者の生きた資料とすべく執筆しておりますが、 なにぶん個別の事象に関してはすべてを開示する訳にもゆかず、 物件名を明示して回答する事が出来なかった件についてもお詫び致します。 もし、大島てる様さえよろしければ、当記事でのコメントのやりとり並びに、 私から先般お送りしたメールをまとめて、どのような経緯があったか、 一つの記事としてブログで公開させて頂ければと存じます。 もし了承を頂けるのであれば、再度コメント頂ければ幸いでございます。 コメント頂けない場合には、了承がなかったものとして、記事には致しません。 どちらにせよ今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 = = = 以上、引用部分 = = = ・・・と、 ここで『大島てる』を名乗る人物との交信は途絶えます。 このやりとりで私は『コメントがなかった場合には記事にはしない』と書いています。 今回記事にしたのは、このやりとりと矛盾するメールの内容や、この1年半後、『』の経緯から、 私とやり取りをした『大島てる』氏はなりすましだったと判断した為です。 というか、 『記事にしない』というのは 私の一方的な宣言であって、 大島てる氏からの意思表示があって何か約束をした訳ではありませんからね。 まず、やりとりの途中で私から送ったメールを見てみましょう。 = = = 以下、引用部分 = = = 弊ブログへのコメントについてのご確認 2015年8月30日 20:06 株式会社大島てる 代表取締役 大島 学様 いつも貴サイトを利用させて頂き、ありがとうございます。 突然メールを差し上げる事をお許し下さい。 私は札幌市で不動産業を営む傍ら個人ブログを運営している者です。 先月、 貴サイトへの投稿内容について触れた記事をブログに掲載したとこ ろ、 『大島てる』様を名乗る方から、 ブログで触れた物件はどの物件なのか、 削除をするために教えて欲しいという旨の書き込みを頂きました。 私と致しましては、 事実関係無根の事とはいえ、 インターネット上で物件名を明示する事で、 お客様にご迷惑をお掛けする可能性がある以上は、 お答えできませんと回答したにも関わらず、 『大島てる』を名乗る方からは繰り返しコメントを頂いております。 該当記事 ご本人であるのか特定出来ない状況でこのようなメールをお送りす るのは非常に恐縮ですが、 もし、 弊ブログにコメント頂いている『大島てる』 様がご本人であった場合には、 ブログにて触れた物件は下記の物件となりますので、 記事の削除を頂ければと存じます。 もし、 弊ブログへのコメントがなりすましであって、 本メールにお心当たりがないという事であれば、 大変申し訳ございませんが、 本メールについては無視頂ければと存じます。 突然の不躾なメール、大変失礼致しました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 細丼 善太郎 = = = 以上、引用部分 = = = (元記事のURLは現在リンク切れとなっています。 ) ・・・これは次回の記事とも絡んでくる内容なのですが、 このメールをして、コメントでもメールを送った旨を明示しているのに、 その2時間後も執拗な・・・というか、 ある種感情的なコメントをされています。 『「変更」ということはそのような書き込みはそもそもないということでしょうか?』 『存在しない書き込みの訂正は致しかねます。 』 どうもしっくり来ない、というのが正直なところです。 また、 大島てる氏本人も8月30日以前の27日時点で、 私の記事を『大島てる』名義のTwitterとFacebookでシェアしています。 — 大島てる 祝殺害予告犯福寿洋輔(昭和52年5月26日生)容疑者逮捕 Oshimaland この記事に関する大島てる氏のフォロワーの人々の感想は非常に好意的でした。 大島てる氏によるこのシェアの仕方やコメントの様子を見るに、 もしかして炎上させようとしたのかな?と思わなくもないですし、 『大島てる』氏は 複数人いて、統制が取れていないのかな?とも思うのですが、 それを主張する根拠はどこにもありませんし、邪推をするのは止しましょう。 (炎上させようとしたのかな、とは今も少し思っています。 と、言うのは、次の記事『中の島』の時にはシェアされず、 何のコメントもなしに即座に該当の物件が削除されて終わった為です。 自身に関する記事を必ずシェアする方針であれば、そのようにはしないはずです。 ) まー、このようにして自分の中で釈然としないなーという想いがあり、 総合的に判断をして、コメントの『大島てる』氏に対して一方的に宣言した、 『記事にしない』という前提を破って今回の記事をまとめる事にしました。 もし、 これらすべての『大島てる』氏が同一人物だったとしたら、 てんでバラバラで一貫しないこれらの対応について公開する事を『大島てる』氏は嫌がるかもしれません。 しかし、ご本人が 『他人 ひと の嫌がる事をやる』事を次世代の創業者へのメッセージとして送っているそうなので、 まー、たぶん大丈夫でしょう。 次回は、このやりとりの1年後に書いた記事、 『』を再録します。 札幌市に生まれ、18歳から10年ほど東京にいました。 税理士事務所、不動産会社勤務を経て、現在は不動産仲介・管理会社、コンサルティング会社等を経営しています。 様々な業種の法人や個人事業主の方と関わる事で、色々と興味深い経験を積んで来ました。 不動産に関して売買、賃貸、管理を含む総合的なコンサルティング、相続対策や事業承継、法人経営のコンサルティングを得意としています。 ウェブ上では『札幌の不動産』に関する諸事情を取り上げて来ました。 不動産調査や取引の実際や札幌近郊での実例や、自宅の購入や不動産投資に関する記事のほか、札幌の歴史に関してもマクロ的に各論で紹介しています。 また、処理困難な相続案件の取りまとめ、市街化区域・原野、違法建築物の処分などのなかなかプロフェッショナルのいない分野も得意としています。 日本の地方都市における『新しい枠組み』を模索しています。 <略歴> 昭和60年 札幌市南区に生まれる。 平成16年 私立北海高等学校卒業。 学習院大学法学部政治学科入学。 平成17年 宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士)試験合格。 平成19年 都内税理士事務所に勤務。 平成20年 学習院大学法学部政治学科卒業。 平成24年 税理士事務所退職。 札幌へ帰郷。 不動産コンサルティング業に従事。 平成25年 ブログ『この道なぁに?札幌』開設。 平成29年 ウェブサイト『BEHEMOTH』開設。 平成29年 某社代表取締役就任。 令和元年 本名での活動を開始。 <資格等> 宅地建物取引士、税理士試験科目合格ほか。 たいした資格は持っていませんが、税務・法務の実務経験や、他のコンサルタントとは異なった切り口から提案をするのがモットーです。 カテゴリー• 100• 36 最近の投稿•

次の