アワビのさばき方。 アワビ(あわび)のさばき方 l 和丸水産

アワビ/鮑/あわびの目利きと料理:旬の魚介百科

アワビのさばき方

・新鮮なアワビほど、肉厚で、コリコリとした独特な食感と磯の旨味がたっぷりつまっている。 など、幅広い世代の男女からたいへん人気があります。 オスの肝 精巣 は、白色をしており、メスの肝 卵巣 は、緑色をしています。 オスに比べて、メスの肝の方が、若干生臭さを感じる方も多いのですが、食感や含有されている栄養成分に大きな違いはありません。 あわびの肝は、風味が独特なので、好き嫌いがハッキリと分かれる食材ではあるものの、フグの白子と同じく、たいへん貴重な珍味のひとつであり、さまざまな健康や美容効果を期待することができるので、健康志向の方や美意識の高い女性におすすめの食材です。 では、さっそくあわびの肝を使ったおすすめ料理を3つご紹介します。 あわびのステーキ~肝ソースがけ~ 活きの良いあわびをほどよく焼き、肝で作ったソースと絡ませたシンプルな料理です。 独特な風味をもつあわびの肝を始めて食べるという方にオススメです。 肝ソースは非常に量が少ないので、あわびの身と絡めるときは、すべて蒸発させないように注意しましょう。 参考: あわびのお造り&肝醤油 グルメ家や食通のあいだで、高い人気を誇る肝醤油を新鮮なあわびのお造りと共にいかがでしょう。 あわび特有の食感と旨味が、肝醤油がもつ独特な風味と相まって、これまで味わったことの無いおいしさを演出してくれます。 ただ、あわびの肝を食べるのが初めての方は、ちょっぴり衝撃を受けるかもしれません。 参考: あわびとレンコンの酒蒸し 肝生姜醤油添え 北海道や東北地方で獲れるあわびは、冬に旬を迎えるため、晩秋から冬にかけて旬を迎えるレンコンと共に酒蒸しにして、お正月のおもてなし料理を、いつもよりグッと豪華にしてみませんか。 しっとりムチムチしたあわびとレンコンのシャキシャキとしたWの食感を楽しむことができる酒蒸しに、カラダを芯からポカポカと温めてくれる肝生姜醤油で味付けした、ほんのりと磯の香りが漂う絶品おかずです。 参考: まとめ これから旬を迎えるあわびの魅力をさらに高めてくれるあわびの肝は、グルメ家や食通をも唸らせてしまう貴重な珍味です。 あわびの肝はクセが強いため、初めは食べることに抵抗を感じる方も多いと思いますが、鮮度の良いあわびから取れる肝は、苦味が少なく、生でも食べることができますので、旬を迎えた新鮮なあわびが手に入ったら、是非あわびの肝のさばき方を参考に、おいしい料理を作ってみてはいかがでしょうか。 スポンサードリンク.

次の

あわびのさばき方 ≫ かつお生節 通販 長崎県五島列島 テル鮮魚|公式通販ホームページ

アワビのさばき方

アワビ さばき方 簡単 アワビのさばき方は実は簡単でした。 まず、アワビに塩をまぶして擦ります。 ヌメリが取れます。 塩をまぶして・・・ 擦ります!! ヌメリが取れたら次は、アワビの身から殻を外します。 アワビを外すときには丸くなっている部分を上に向けて、指のところからスプーンやナイフを入れて貝柱を切ります。 貝柱と殻が離れましたね。 ここまで来たら後はすぐに身は取れます。 ナイフ等を入れたところの反対側からめくりあげると簡単にアワビの身は取れます。 殻には肝とひもがついているので捨てないでくださいね。 続いて、アワビの口を取っていきます。 サザエにもありましたが、アワビにももちろん口があります。 ここに三角になるように包丁を入れて口を取り除きましょう。 ここまで来たらもう完成です。 でも、忘れてはいけないのは肝の部分。 肝醤油にするのなら肝が必須ですよね。 アワビはよけておいて、殻に戻ります。 肝は指で簡単に取れますよ。 ほらね。 それ以外は美味しく食べることができます。 最後はお好みに応じて食べてください。 アワビの刺身を肝醤油につけて食べてもいいですし、バター焼きにしてもいいですしね。 私は断然刺身をおすすめします。 アワビのうまみを惜しみなく楽しむことができますよ。 噛めば噛むほどうまみがにじみ出てきます。

次の

アワビの捌き方と美味しい食べ方4選

アワビのさばき方

アワビ/鮑/あわび:目利きと料理 アワビ/鮑/あわびの選び方、目利きや美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。 そして、元気に動き回る物が良いです。 脚を触った時に反応が鈍いものはやめておきましょう。 また、脚の部分を見て、ふっくらとしているものが良いです。 また、クロアワビの殻がやや細長い卵型なのに対し、メガイアワビはふっくらと丸みがある幅広の卵型で、マダカアワビはさらに丸く、出水口が際立って高く盛り上がっています。 どのアワビを選ぶかは料理によって決めるといいでしょう。 コリッコリの食感を刺身でというのであればクロアワビや、煮アワビや蒸しアワビにするなら身が柔らかいメガイアワビがお勧めです。 これは春先、2~5月頃のアワビの中腸線に餌となる海藻のクロロフィルに由来する毒素が溜ることがあり、これを大量に食べると極まれに光過敏症という中毒を起こすことがあり、古くら産地ではこの時期のアワビの肝は食べるなという警鐘として語り継がれてきたもののようです。 そのことから、この時期、2~5月にアワビを食べる機会があれば注意した方がよさそうです。 有毒な中腸腺は黒っぽい濃い緑色なのに対し、無毒な物は灰緑色か緑褐色なのでこの中腸線の色で見分けられるそうです。 先の見分け方のところでも紹介したように、用途や料理によってアワビの種類を使い分ける、もしくはアワビによって適した料理に用いるのがベストです。 とはいっても超高級食材であり普通はそうそう買ってきて食べることも無いと思われるのであくまでも好みを優先しましょう。 どのアワビであっても同じ料理に使うことはできます。 硬い食感が好みならクロアワビやエゾアワビ、そこまで硬くない方がいい方はメガイアワビがお勧め。 身が柔らかいメガイアワビでも刺身は薄く切ることをお勧めします。 コリッコリの食感と磯の風味、貝らしい甘味が堪能できる。 養殖物も多いが、稚貝放流された後は自然の中で育つので天然物と大きな違いはないのではないだろうか。 サイズが1個70g程の小さなものだったが、食感や風味は十分に美味しかった。 (写真はクロアワビの握り)のせている黒いものは、さっと湯引きしてスライスしたアワビの肝。 殻から外し、肝やワタを取り除いて、足の裏に何筋か十字に切り込みを入れてから焼く。 焼き上げたフライパンに醤油を振って香りを立て、そこに酒と裏ごしした肝を加え、仕上げにバターを溶かし込んで肝バターソースを作る。 アワビをたわしなどで砂やぬめりを落としてからアワビを殻を下にして鍋に入れ、酒と水3:7から5:5で殻の高さより低いくらいに注ぎ、塩を軽く振って、蓋をして火をつけ、沸騰し始めてから7~8分蒸すだけ。 箸を刺してみてスッとっ刺されば蒸しあがっています。 蒸し過ぎると逆に硬くゴムのようになってしまうので注意してください。 刺身とは全く違った食感が楽しめるので、そこそこ厚めに切っても大丈夫です。 大根に含まれる酵素によって身が柔らかく仕上がります。 そうして蒸したものを刺身としてわさび醤油などで食べてもとても美味しい。 中途半端に1時間煮たりすると身が縮み硬くなってしまいます。 そして、煮上がったら煮汁に浸った状態のまま冷めるまで鍋ごとおいておき、アワビに味を染み込ませます。 程よい歯触りが心地よく、味わいも良かった。 手ごろな価格で贅沢な気分が味わえた。 参考にされると良いでしょう。

次の