僕 の ヒーロー アカデミア 小説。 幼女のヒーロー?アカデミア

ヒロアカのスピンオフっ何があるの?実は沢山あったりします。無料で見れる僕のヒーローアカデミアスピンオフ漫画もあるよ!

僕 の ヒーロー アカデミア 小説

ヒロアカの小説・夢小説は、恋愛成分少なめだから誰でも気軽に読める作品が多いよ! ちなみに夢小説というのは…… 創作小説の一種。 ドリーム小説・ドリー夢小説・名前変換小説などともいう。 略称は夢・ドリーム・ドリー夢・ドリなど。 心理描写が重要なことから、女性向けのものを指すことが多く、男性向けのそれはあることにはあるが数が少ない。 このジャンルを楽しむ人を夢見乙女・夢女子・ドリーマーなどと呼ぶ。 多くの場合は、版権キャラクターとオリジナルキャラクター(夢主人公の略称・夢主と呼ばれる)の交流が書かれる二次創作の一種である(一次創作・完全オリジナルは後述)。 cookieやJavaScriptによって夢主の名前を読者が自由に変換することができるシステムが出来たことにより急激に普及した。 内容としては恋愛が多いが、友情など恋愛以外を題材にした作品もある。 それでは、紹介していきましょう。 爆豪勝己がクッキー屋さんに行くようになるまでの話 タイトル 話数 9ページ ジャンル 日常系 ほのぼの こんな人にオススメ 爆豪・梅雨ちゃん好き こんなおはなし 爆豪が誘拐されたあとの物語。 誘拐されたことに対する後悔と心配させてしまったことに対するクラスメイト(梅雨ちゃん)への心の葛藤を描いた作品です。 夢小説と侮ることなかれ。 ふつーに文章力が高くて、面白いです。 商業用としても通用するんじゃないかな?少なくとも私より文章力が高いことは間違いありませんw 本作が恋愛モノかと問われればそうでもないし、友情モノかと言われてもイマイチしっくりきません。 爆豪に恋愛や友情という青春直球ワードは似合いません。 強いて言えば、日常系でしょうか。 登場人物の個性をしっかりと把握した上で描かれているとっても素敵な私のイチオシ作品です。 実は仲のいい轟と爆豪のLINE タイトル 話数 短編(続編あり) ジャンル 友情 日常系 こんな人にオススメ 轟焦凍・爆豪勝己 推し こんなおはなし 「あぁ、本当にこういうLINEしてそう」って思える作品。 轟と爆豪の個性というか、彼らの関係や距離感を想像しながら読むとニヤニヤできます。 爆豪の理不尽さや自分勝手さと轟の「おれにどうしろと……」といった感じが少ない文字数の中に上手く表現されています。 1,000文字ほどでサクッと読めますが、続編もいくつかあるので、読み進めていくと意外とおなかいっぱいになるスナック菓子みたいな作品です。 母の日。 (ヒロアカ) タイトル 話数 短編 ジャンル ほのぼの 感動 こんな人にオススメ 轟焦凍推し こんなおはなし 轟とお母さんのイイ話。 ふつうにイイ話です。 ちょっとウルっときました。 短編なのにこの威力はすごい。 雨上がりの教室で窓から外を見たら虹が出ていた、というお話なのですが……。 とりあえず読んでみてください!あ、同じ作者さんのもいっしょにどうぞ。 もしも緑谷出久が無個性に見せかけた危険な個性持ちだったら・・ タイトル 話数 全5ページ(続編あり) ジャンル IFストーリー 主人公モノ こんな人にオススメ 緑谷出久推し こんなおはなし 原作の主人公である緑谷出久が「もしも危険な個性を持っていたら」というとIFストーリーです。 斬新な設定で物語の引き方も上手く、次の話がとても気になる構成でした。 文字数も2018年11月時点で15万文字以上あるのでとても読み応えがありますが、なんだかんだで最新話まで完読。 2人の天然事情について タイトル 話数 短編(1万文字程度) ジャンル ギャグ 土星人 こんな人にオススメ 路地裏組が好き(緑谷出久・飯田天哉・轟焦凍の三人組) こんなおはなし 路地裏組に焦点を当てたギャグ作品。 「土星人」というパワーワードが光ります。 ページ数は1ページしかありませんが、作品自体は1万文字以上あります。 内容も3人ともが天然もしくはボケなので、ツッコミ不在のなか、どうやって話をまとめるのかとヒヤヒヤしながら読みました 笑 せんせいあのね、ほんとはね タイトル 話数 2話 ジャンル 先生と生徒の悩み相談 こんな人にオススメ 相澤消太・轟焦凍 推し こんなおはなし 時間軸はUSJよりも前で入学して一ヵ月くらい。 完全下校を過ぎたのに教室に残っていた轟くんと相澤先生のやり取りを描いた作品です。 不器用な相澤先生と同じように不器用な轟。 シンと静まった夜の学校は二人にピッタリの舞台です。 不器用なもの同士、通じるものがあるのか。 行間の間の沈黙にも物語があるかのような、まさしく心の声が聞こえてくるような非常に心に残った作品です。 白と青のフローライト。 サイト名 ジャンル ヒロアカ転生オリジナル こんな人にオススメ 男主 オリ主 転生トリップ こんなおはなし 転生トリップもので第1章では転生前・転生後の状況説明が主になります。 なのでヒロアカの世界に転生してからの生活は第2章から。 現在pixivでは第5章まで連載されています。 ヒロアカの登場人物実際に登場するの第3章からになります。 物語の流れは原作の展開に沿っており、原作を読んでいる人ならニヤリとできることでしょう。 【短編集】日曜日のヒーローたち タイトル 【短編集】 話数 短編集 ジャンル オリ主 恋愛 日常系 こんな人にオススメ オールマイトが好き! こんなおはなし 全5編からなる短編集。 オリ主はオールマイトの後輩という設定です。 『日曜日のヒーロー』という作品に焦点を当てて紹介すると、仕事から離れたオールマイトとオリ主(ヒロイン)の休日の一コマを描いています。 ヒーローの普段は見られないプライベートな部分をオリ主を通して垣間見られる、これぞ夢小説な短編集です。 風向きが変わったら タイトル 話数 765ページ ジャンル オリ主 原作沿い 恋愛あり こんな人にオススメ 長大作が読みたい こんなおはなし 相澤先生が格好良すぎてヤバい。 これまでは生徒たちばかりに目が行って、あまり相澤先生に焦点を当てていなかったのですが、この夢小説で推しの一人になったほどです。 A組のキャラの濃さがよく出ていて、一人で夜中クスクスと笑っていました 笑 原作沿いだからグダグダになるかな?って心配しながら読んでいましたが、作者さんの文章は読みやすく才能を感じます。 夢主の個性も物語の中で徐々に明らかになっていきます。 また見出しが面白いので、その辺りも注目です! まとめ キャラクターへの愛の数=作品数 キャラクターへの愛の数だけ作品は存在し、読み手それぞれによって最高の作品は違うと思います。 この記事が、好きな作品を探す手助けになってくれたら、とても嬉しいです。

次の

僕のヒーローアカデミアとは (ボクノヒーローアカデミアとは) [単語記事]

僕 の ヒーロー アカデミア 小説

「あれ、今日は蕎麦じゃないんだね。 」 待ちに待った昼食の時間。 食堂では 緑谷、麗日、飯田、八百万、耳郎、上鳴の6人が集まって食事しようとしていた。 と、そこに通りかかった轟も輪に入れようと思い緑谷が声をかけ轟が八百万の隣に座ったとき、彼のトレーにのっているのがいつもとは違うものだと気づいた。 確か蕎麦は彼の好物のはずだが。 「今日は麺類はやってないんだと。 」 そう、不機嫌気味な彼は答えると天ぷら定食に箸をつけた。 「いっつも蕎麦だったらあきるだろ。 たまにはいいんじゃねぇの?」 上鳴はハンバーガーを頬張りながら轟にそういうが、 「飽きねぇからたべてんだろ。 」 と、彼は上鳴を見ず答えた。 「あんたは人の好み云々いう前に好き嫌いなくしなくせよ。 電気だけ食べてれば良い訳じゃないだろ。 ほら、玉ねぎださない。 」 「そうだぞ、上鳴君!野菜を嫌っていては大きくならないぞ!」 耳郎と飯田に続けていわれて上鳴は嫌なもんは嫌なの!と子供じみた発言をして皆を笑わせていた。 その横で、 「……。 」 「どうした?八百万。 」 「えっ、あ、いえ別に。 その、杏仁豆腐も頼んだのですか?」 八百万は、轟のトレーにのった美味しそうな杏仁豆腐を見つめていた。 「いや、定食についてきた。 」 「そ、そうですか。 」 そういうと少し残念そうな顔をみせ、食事を再開した。 それをみた緑谷は(ああ、食べたいんだろうな)と瞬時に察したが(でも、彼女は他の人から食べ物ねだったりしないよなぁ。 )と同時に思う。 育ちの良い彼女は、他の人の食べ物を欲しがるなんて!と欲望を押し殺してるかとだろう。 大人びた彼女も、やはり年相応なのだと感じて親近感をいだく。 ふと横をみると麗日も耳郎達と話を盛り上げていたが八百万の声をきき会話を耳に挟んだのだろう、彼女もまた轟達をみていた。 その時だった。 轟はスプーンで杏仁豆腐をすくうと 「八百万。 口開けろ。 」 「えっ?」 パクッ 緑谷は信じられないものをみた。 というか緑谷だけじゃなく轟を除いた全員が驚愕の表情を浮かべていた。 轟の持つスプーンが八百万の口におさまっている。 これが何を意味するのか、思春期の高校生が知らぬはずがない。 「………おくちに、あーん?」 そう、小さく上鳴の口から零れる。 八百万はスプーンを口に入れられたまま、 目を見開きかたまっていた。 「結構、甘いか?」 轟は、八百万の口からスプーンを引き抜くと尋ねた。 「は、い………」 呆然とした八百万が杏仁豆腐を飲み込みながら答える。 「そうか。 俺、あんまり甘いの好きじゃないから、食ってくれると助かる。 」 そう、何でもないようにいうと轟は杏仁豆腐を八百万のトレーにのっける。 そこまでの一連の動作を画面の向こう側のことのように、ただぼーっとしてみていた八百万。 そしてもう一度轟の顔をみると、 …彼の左側と同じ色に染まった。 「とっととと轟さん!みみみ皆さんの前で何を…!!!」 「え?食べたくなかったか?」 「そういうことではなくて…!!!!」 鈍感すぎる轟とこれでもかというくらい顔を真っ赤にさせる八百万。 これをみた2人の行為にショートしている飯田以外の4人とも、全員同じことを感じた。 …お腹いっぱいです。 [newpage] 「…そうそう、思い出した!A組の八百万!」 自分の耳に聞き慣れた名前が飛び込んできた。 男子生徒の声だった。 「ああ!確か推薦で入った奴だろ。 」 「そう!顔もふつーにかわいくて、スタイルもいいから結構他のクラスの奴も目ぇつけてるらしいんだよ、」 へぇ、そうなのか。 入ってきた情報は初耳だった。 まぁ確かに顔は綺麗だと思うが。 「でも、いかにもお嬢様ってかんじで、なんつーか、偉そうじゃね?」 「でも、実際あんま目立った結果だしてねぇしそこまでじゃないんじゃねえの?それに、 …案外軽いかもよ?」 「軽いってなにがよ?」 「弱みでもつけば、ヤらせてくれっかもよ、ってことさ」 バキバキバキッ 2人の男子生徒は、数秒たってからようやく氷づけにされていると気づいた。 「うっ、うわぁぁぁ!?!?」 「お前らさ」 極度の冷たさに驚き慌てふためく2人の前に、二色の髪色を持つ少年が色の違う瞳で少年等を見下ろす。 その眼球に光は宿っていなかった。 「どうせヒーロー科に受からなかった奴らだろ。 くだらねぇこと話す前にもっと努力してろよ…………劣等生」 そういうと彼ー轟焦凍は2人の前から消えた。 氷づけにされた少年等に残されたのは恐怖と寒気だけだった。 (…どうしてここまでいらついてんだ、俺。 ) 轟の頭の中には、そんな疑問と八百万の顔が浮かんでいた。

次の

僕のヒーローアカデミア 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

僕 の ヒーロー アカデミア 小説

「あれ、今日は蕎麦じゃないんだね。 」 待ちに待った昼食の時間。 食堂では 緑谷、麗日、飯田、八百万、耳郎、上鳴の6人が集まって食事しようとしていた。 と、そこに通りかかった轟も輪に入れようと思い緑谷が声をかけ轟が八百万の隣に座ったとき、彼のトレーにのっているのがいつもとは違うものだと気づいた。 確か蕎麦は彼の好物のはずだが。 「今日は麺類はやってないんだと。 」 そう、不機嫌気味な彼は答えると天ぷら定食に箸をつけた。 「いっつも蕎麦だったらあきるだろ。 たまにはいいんじゃねぇの?」 上鳴はハンバーガーを頬張りながら轟にそういうが、 「飽きねぇからたべてんだろ。 」 と、彼は上鳴を見ず答えた。 「あんたは人の好み云々いう前に好き嫌いなくしなくせよ。 電気だけ食べてれば良い訳じゃないだろ。 ほら、玉ねぎださない。 」 「そうだぞ、上鳴君!野菜を嫌っていては大きくならないぞ!」 耳郎と飯田に続けていわれて上鳴は嫌なもんは嫌なの!と子供じみた発言をして皆を笑わせていた。 その横で、 「……。 」 「どうした?八百万。 」 「えっ、あ、いえ別に。 その、杏仁豆腐も頼んだのですか?」 八百万は、轟のトレーにのった美味しそうな杏仁豆腐を見つめていた。 「いや、定食についてきた。 」 「そ、そうですか。 」 そういうと少し残念そうな顔をみせ、食事を再開した。 それをみた緑谷は(ああ、食べたいんだろうな)と瞬時に察したが(でも、彼女は他の人から食べ物ねだったりしないよなぁ。 )と同時に思う。 育ちの良い彼女は、他の人の食べ物を欲しがるなんて!と欲望を押し殺してるかとだろう。 大人びた彼女も、やはり年相応なのだと感じて親近感をいだく。 ふと横をみると麗日も耳郎達と話を盛り上げていたが八百万の声をきき会話を耳に挟んだのだろう、彼女もまた轟達をみていた。 その時だった。 轟はスプーンで杏仁豆腐をすくうと 「八百万。 口開けろ。 」 「えっ?」 パクッ 緑谷は信じられないものをみた。 というか緑谷だけじゃなく轟を除いた全員が驚愕の表情を浮かべていた。 轟の持つスプーンが八百万の口におさまっている。 これが何を意味するのか、思春期の高校生が知らぬはずがない。 「………おくちに、あーん?」 そう、小さく上鳴の口から零れる。 八百万はスプーンを口に入れられたまま、 目を見開きかたまっていた。 「結構、甘いか?」 轟は、八百万の口からスプーンを引き抜くと尋ねた。 「は、い………」 呆然とした八百万が杏仁豆腐を飲み込みながら答える。 「そうか。 俺、あんまり甘いの好きじゃないから、食ってくれると助かる。 」 そう、何でもないようにいうと轟は杏仁豆腐を八百万のトレーにのっける。 そこまでの一連の動作を画面の向こう側のことのように、ただぼーっとしてみていた八百万。 そしてもう一度轟の顔をみると、 …彼の左側と同じ色に染まった。 「とっととと轟さん!みみみ皆さんの前で何を…!!!」 「え?食べたくなかったか?」 「そういうことではなくて…!!!!」 鈍感すぎる轟とこれでもかというくらい顔を真っ赤にさせる八百万。 これをみた2人の行為にショートしている飯田以外の4人とも、全員同じことを感じた。 …お腹いっぱいです。 [newpage] 「…そうそう、思い出した!A組の八百万!」 自分の耳に聞き慣れた名前が飛び込んできた。 男子生徒の声だった。 「ああ!確か推薦で入った奴だろ。 」 「そう!顔もふつーにかわいくて、スタイルもいいから結構他のクラスの奴も目ぇつけてるらしいんだよ、」 へぇ、そうなのか。 入ってきた情報は初耳だった。 まぁ確かに顔は綺麗だと思うが。 「でも、いかにもお嬢様ってかんじで、なんつーか、偉そうじゃね?」 「でも、実際あんま目立った結果だしてねぇしそこまでじゃないんじゃねえの?それに、 …案外軽いかもよ?」 「軽いってなにがよ?」 「弱みでもつけば、ヤらせてくれっかもよ、ってことさ」 バキバキバキッ 2人の男子生徒は、数秒たってからようやく氷づけにされていると気づいた。 「うっ、うわぁぁぁ!?!?」 「お前らさ」 極度の冷たさに驚き慌てふためく2人の前に、二色の髪色を持つ少年が色の違う瞳で少年等を見下ろす。 その眼球に光は宿っていなかった。 「どうせヒーロー科に受からなかった奴らだろ。 くだらねぇこと話す前にもっと努力してろよ…………劣等生」 そういうと彼ー轟焦凍は2人の前から消えた。 氷づけにされた少年等に残されたのは恐怖と寒気だけだった。 (…どうしてここまでいらついてんだ、俺。 ) 轟の頭の中には、そんな疑問と八百万の顔が浮かんでいた。

次の