自転車 ブレーキ 片効き。 自転車のVブレーキを上手に調整する方法

ロードバイクのキャリパーブレーキを図解で解説!ブレーキシューの交換方法・片効き調整・走行前チェックポイントまで完全ガイド

自転車 ブレーキ 片効き

もくじ• ママチャリの前ブレーキ キャリパーブレーキ 調整 自転車でホイールが重かったり、ブレーキが効きにくかったりするのはブレーキシューがリムに当たっている状態になっていることが考えられます。 なので、まずはキャリパーブレーキのシューの位置が適正な間隔に調整する必要があります。 調整するのに必要な工具• 10ミリスパナ• 10ミリメガネ• 15ミリの薄型レンチ• マイナスドライバー• 薄型10ミリスパナ ブレーキレバーの遊びが大きい ワイヤーの張り直し ブレーキレバーの遊びが大きくなってブレーキをかけたときにレバーをグリップ付近まで握らないとブレーキがかからない場合はワイヤーを張り直して調整をします。 10ミリスパナでワイヤーを固定しているボルトを緩めます。 このとき完全にボルトを抜き取ってしまわない。 ボルトが緩まればブレーキが広がります。 ワイヤーの張り方はブレーキシューを片手でリムに当てた状態でワイヤーを引っ張ります。 ブレーキレバーにワイヤーが外れていないかも確認してください。 ブレーキレバーからワイヤーが外れていたら調整できません。 そのあとリムとシューの間隔を開けてワイヤーを固定します。 ブレーキをかけて片利きしてないか確認。 他のシュートとホイールの間隔の出し方 片手で挟んで少し緩まして間隔を開ける方法は、人によってはやりにくく感じることがあります。 隙間を開けていてもスパナでナットを締めることに意識が行って思ったよりもシューの間隔が広くなってしまうこともあります。 なので、シューをリムに当て続けることだけを意識すれば、シューがリムから離れすぎることを防げます。 簡単なやり方は、• 最初にワイヤーを通すところの張りを調整するねじをちょっと緩めておく• シューとリムの間に段ボールか何かをかました状態でワイヤーを固定する この二つの方法はどちらも固定ボルトを締めるときも挟むことだけに指の力を使えるので、 スパナを使ってボルトを締める作業も楽です。 ワイヤーの張りを調整ねじを緩めて固定した場合には、最後に調整ねじを締めることでシュートリムの間隔を作ることができます。 調整が出来たら、前輪を回してリムにシューが接触していないか確認してください。 シューがリムに当たる ブレーキの方利き調整 ブレーキの方効き調整のやり方は、• 後ろの固定ボルトを緩めてブレーキを指で挟みシューをリムに当てる。 当てたままボルトを固定する。 薄型15ミリのスパナを真ん中の部分に差し込み角度を調整する。 上の画像では泥除けの窪みが邪魔でメガネとスパナが平行になっていませんが、本当は平行にして一緒にスパナとメガネを動かしてブレーキの角度調整をしてあげます。 デュアルピポッドの場合 デュアルピポッドの場合は後ろの固定ネジを緩めてシューを挟み正しい角度に調整出来たらボルトを固定。 それでもシューが当たっている場合にはブレーキ本体にあるネジを回すことでブレーキのセンターを調整することができます。 前ブレーキのキーキー音解消 トーインを出す キャリパーブレーキの制動力あっぷと音鳴りを防止のためにトーインも出しておきましょう。 トーインはブレーキシューにハの字に角度つけることです。 ママチャリなどのブレーキのトーインの出し方は、シューを固定いている部分の隙間にマイナスドライバーを突っ込んでてこの原理で角度を付けます。 ただこれだけなので難しくないです。 ブレーキの戻りが悪い ダブルナットを調整する ダブルナットはブレーキの重さを調整するためのネジです。 ブレーキ本体に近いほうのナットを締めこめば締めこむほどブレーキの動きが重たくなります。 訳も分からず適当に締めこんでいるとブレーキが動かなくなりますし緩すぎてもだめです。 ブレーキの動きがキビキビと動くところまで締めて二個目のナットを締めこんでいきます。 最初のネジが一緒にしまっていかないように薄型10ミリのスパナで固定したまま二個目のナットを締めます。 薄型スパナを用意せずに厚みのある10ミリで手前のナットを固定しようとすると二つ目のナットが固定する方のナットに干渉してしまうので、ダブルナットの調整をするなら薄型スパナを用意しておくことをお勧めします。 シューの位置がずれていたらシューのナットを緩めてブレーキがかかった時にリムに当たる位置で固定。 シューの溝がなくなっていたら早々に交換しましょう。 固定するときは気持ち前下がりに固定する。 ブレーキをかけたときにシューがタイヤに干渉しないか、しっかり固定されて簡単に動くことがないか確認してください。 ホイールが振れている ホイールが振れてシューが方当たりする 長いこと乗っているとホイールはだんだんと振れてくるものです。 振れがひどい時には自分で触れ取りするか自転車屋さんに持って行って振れを取ってもらうかしてくださいね。 ホイールのセンター調整 ホイールが振れてなくてもホイールのセンターが出ていないとリムがブレーキシューに接触します。 ホイールとリムの間に両方に指を入れて間隔を確認する同じぐらい指が入るならセンターが出ています。 センター出しができていないといくら調整してもブレーキが方効きしてしまうのでご注意を。 片方の指だけがすっぽり入って片方は入りにくならセンターがズレていることになりますので、 ホイールのナットを緩めてホイールのセンター調整をしてください。 まとめ ブレーキの制動性能は命に関わる重要な部分です。 ママチャリだからとほったらかしにせずに適度にメンテナンスしたほうがより安全に、長い期間その自転車に乗ることができます。 じぶんでブレーキのメンテナンスをするにしても注意深く行わなういとテキトウにやってしまうと危険でもあります。 不安がある人は自転車屋に持ち込んだほうが無難ですよ。 ではまた。

次の

自転車のブレーキシューがリムに当たる!解消法を知りたい

自転車 ブレーキ 片効き

Vブレーキは片効きの頻度が高い まずはVブレーキに起きやすいトラブルをみていきましょう。 自転車のVブレーキに発生するトラブルとして「片効き」があります。 片効きとは左右にあるブレーキシューが片側しかホイールのリムに当たっていない状態のことです。 片効きはVブレーキに限らず、リムブレーキで発生する自転車のポピュラーなトラブルです。 片効きはブレーキの効きが悪くなったり、ブレーキシューが偏摩耗してしまうために早めの対処が必要です。 リムブレーキの場合はブレーキを握って、シューとリムの隙間が均等になるようにするだけですが、Vブレーキの調整はちょっと特殊な調整となります。 Vブレーキの片効き解消法としては、左右のブレーキの取り付けボルト付近にある、調整ボルトを使います。 まずはブレーキを握ったときにリムに接している方の調整ボルトを右に90度回して締めます。 次に逆側の調整ボルトを90度緩めます。 この作業を片効きが解消されるまで繰り返します。 ブレーキの鳴きを調整 ブレーキの鳴きはVブレーキに限らず自転車のブレーキではよくあるトラブルです。 Vブレーキの鳴きの調整は、ブレーキシューに角度をつけてあげることで解消されます。 ブレーキシューが自転車の進行方向に向かってハの字になるように、少しだけ角度をつけてあげます。 角度をつけるといっても1~2度程度です。 ブレーキシューの片端に紙などを挟んで、リムに押し付けながら取り付けると理想的な角度ができます。 Vブレーキのワイヤー交換 Vブレーキのワイヤー交換は自転車のブレーキの中でも比較的簡単な部類と言えます。 Vブレーキのワイヤー交換は古いワイヤーを外した後、ブレーキを手で直接握ってリムとブレーキシューが接する状態にして、ブレーキ用のワイヤーを取り付けるだけです。 ワイヤーを取り付けたあとにブレーキレバーを何回か握ってあげると、リムとブレーキシューの間に2ミリほどの隙間が空いてくれます。 もし隙間が狭い場合は、一度ワイヤーを緩め、リムとブレーキシューの間に厚さが1ミリくらいの紙を挟んで締めなおすとちょうどよいワイヤーの張りになります。 Vブレーキの調整まとめ Vブレーキは自転車のブレーキの中でも調整にそこまで手間がかかりません。 ワイヤーの交換は少々難易度が高いかもしれませんが、片効きの調整や鳴きの調整などはさほど難しくありません。 自転車ショップなどでもブレーキの調整程度であればそこまで料金をとられることはありませんが、せっかくなので自分で調整に挑戦してみてもよいでしょう。

次の

【すぐできる】Vブレーキの片効き調整

自転車 ブレーキ 片効き

使う道具• 10㎜のレンチ• 10円玉2枚~4枚くらい• セロハンテープ• 軍手 ちなみに10円玉じゃなくても、100円でも500円でも1~2㎜程度のものがあれば代用可能です! 調整スタート 前輪ブレーキを調整するためにはの工程としては以下のような感じです。 ちなみに外さなくて大丈夫です! このボルトを緩めると左右のブレーキシューが広がり、また手で動かすことができるようになります。 片方だけでは意味がないので、左右どちらもやりましょう! ちなみにブレーキシューとリムの間隔は1㎜~3㎜がよいとネットで書いていたので、厚みが1㎜の10円玉を選びました。 上記の写真は10円玉がないですが、 本来であれば10円玉を挟んだ状態で挟みます。 上手いこと行くとこんな感じで、ブレーキシューとリムの間になんとなくこのように隙間が空きます。 そのままにしておくと常にブレーキがかかっている状態になってしまうので、無駄にこぐ力を使いますし、片方のブレーキシューだけ消耗してしまします。 まとめ:ブレーキ…大切! 自転車の中で最も重要ともいえるブレーキですが、ちゃんと効かないと意味がありません! 自分で調整できるのであれば、自分で調整するに越したことはないと思いますが、もしできないのであれば、事故を起こす前に、自転車屋さんにお任せしてちゃんとブレーキが効くようにしましょうね~(笑).

次の