蝸牛 症状。 蝸牛型メニエール病の症状と治療方法

耳石が起こすめまい「良性発作性頭位めまい症」とは?

蝸牛 症状

前庭型メニエール病 激しい回転性のめまいの発作を繰り返し起こす前庭型メニエール病の症状、原因、治療方法について説明しています。 前庭型メニエール病の症状 前庭型メニエール病は、難聴や耳鳴りが主な症状である蝸牛型メニエール病と違い、 激しい回転性のめまいの発作を繰り返し起こすことが特徴で、発作はかなり長く続きます。 活動期の回転性のめまいだけではなく、非活動期には横に揺れているような 動揺性めまいや、フワフワと浮いたように感じる 浮動性のめまいを感じることもあります。 そして、1日に何度もめまいを感じているうちに、それがストレスとなり 自律神経失調症のめまいを併発することもあります。 前庭型メニエール病の検査は蝸牛型メニエール病と同じく、まず最初に低・中音域の聴力が低下しているかどうかを調べます。 メニエール病と前庭型メニエール病の発作間隔 メニエール病の発作間隔 2年以上メニエール病にかかっている方の症例数40件を比べてみると、めまい発作の最小発作間隔は7日以内例が多いことが分かっています。 発作間隔とは、めまいの発作が一度起きてから再度発作が起きるまでの間隔のこと。 この結果から、一度発作が起きて再び発作が出るのは、7日以内になりやすいことが分かります。 メニエール病にかかっていた期間が2年未満の場合も、最小発作間隔は7日以内が最多です。 そのため、一度発作が起きたら7日以内に再び発作が起こる可能性があることを知っておきましょう。 前庭型メニエール病の発作間隔 前庭型メニエール病の症例数13件を比較したところ、前庭型メニエール病の最大発作間隔は2年未満が7例、2年以上が6例でした。 前庭型メニエール病にかかっていた年数は、すべて2年以上です。 最小発作間隔は、7日未満が2例、7日以上が11例でした。 7日以上経ってから再び発作が起こる方が多いため、前庭型メニエール病の発作間隔は、7日以上を想定していたほうがよさそうです。 前庭型メニエール病の転帰 転帰とは、病気が進行した後にいきついた結果のことです。 前庭型メニエール病の転帰について調査した論文によると、明らかな前庭型メニエール病と診断された18症例のうち、ほぼ定期的にめまいを反復する群8例,短期間に集中しめまいがなくなった群3例,最近めまいが増加した群2例の結果が分かっています。 前庭型メニエール病が進行しても、めまい発作がなくなる確率は少ないといえるでしょう。 また、2例に左耳の聴力の変動が見られ、メニエール病に移行した可能性があるという結果も。 数は少ないものの、メニエール病に移行する場合があります。 原因 めまいだけが起きる前庭型メニエール病の診断は難しく、かつてはめまいを伴う他の病気と間違われるケースもありました。 現在では、 蝸電図が陽性か半規管麻痺の検査が陽性だった場合、内リンパ水腫が原因の前庭型メニエール病と診断されます。 また、回転性のめまいがあっても、めまい発作の時間が短かったり、蝸電図・半規管麻痺検査が陰性なら内リンパ水腫には問題がないと判断され、 内耳の血流障害など他の原因によって引き起こされていると診断されます。 蝸牛型メニエール病は、内耳に内リンパ水腫が必ず発見されるので 比較的診断しやすいのですが、前庭型メニエール病の場合は内耳性のリンパ腫がみつからないことが多いため、現在でも前庭型メニエール病の診断はなかなか難しいようです。 蝸牛型メニエール病と違って、前庭型メニエール病から一般型メニエール病になることは比較的少ないのですが、その理由は原因が内リンパ水腫以外の原因からなるものが多いからだと言われています。 治療 蝸牛型メニエール病を放置してだんだん悪化していくような、分かりやすい悪化への経緯をたどることは少ないのですが、 内耳疾患は早期の診察と適切な処置が不可欠です。 この病気は治る病気なので、めまいを感じたら放置せずにすぐに診察を受け、適切な処置をしてもらって軽いうちに完治させることが重要です。 治療は蝸牛型と同様に、 安静にして喫煙や飲酒を控えます。 急性期には鎮静剤や制吐剤を用い、慢性期には主に内リンパ水腫の水分を体外へ排出するために 利尿剤(イソバイド)が用いられます。 他にも症状に応じてビタミン剤、精神安定剤、自律神経調節剤、抗ヒスタミン剤、ステロイドホルモン、漢方薬などが使われます。 前庭型メニエール病の治療例 前庭型メニエール病と診断された男性10名、女性34名に浸透圧利尿剤であるイソソルビドを使った治療を行いました。 薬を投与する3ヵ月以上前にめまい発作があり、平均的に発作が確認できた19名に治療を実施しています。 このうち、薬剤の投与中にめまい発作があった7名の治療を無効と判定しました。 治療の結果 イソソルビドを投与して効果が判定できた12例のうち有効は5例 42% であった。 これを,めまい発作の持続時間別に検討すると,発作時間の長い群では8例中5例が有効であり,短い群では4例全例が無効であった。 すなわち,イソソルビドはめまい発作持続時間の比較的長い症例に対してめまい発作の抑制効果が高い傾向を示した。 発作時間の長かった8例に限って見てみると、浸透圧利尿剤であるイソソルビドによってめまい発作が抑制されたのは5例です。 一方、短かった4例すべてに効果は見られませんでした。 めまい発作の持続時問の短い 一過性 症例には,イソソルビドが有効とは言えずメニエール病への移行は観察されなかった。 以上のことから、イソソルビドは発作時間の長い前庭型メニエール病の治療には有効な薬剤だといえるでしょう。 この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注•

次の

内耳性めまい

蝸牛 症状

蝸牛型メニエール病 発症年齢は30歳代後半から40歳代前半がピークと言われるメニエール病ですが、高齢になってもこの病気で悩んでいる方は多いのが現状。 難聴や耳鳴りが主な症状である蝸牛型メニエール病の症状、原因、治療方法をについて説明しています。 蝸牛型メニエール病の症状 蝸牛型メニエール病の特徴的な症状は、 キーンとした音が聞こえる耳鳴りと、人の話し声の周波数よりも低い周波数がはっきりと聞き取りにくくなる 低音難聴です。 さらに耳が詰まったような感じがしたり、音が歪んで聞こえることもあり、状態がよくなっても再発を繰り返すことが多いようです。 蝸牛の不調が原因で低音域がよく聞こえなくなる 低音障害型感音難聴と症状が似ているので、しばしば間違えられることもあります。 蝸牛型メニエール病の場合、メニエール病特有の激しい回転性のめまいを起こすことはほとんどないので 比較的軽症といえます。 ただし、そのまま放置していると症状が悪化し、耳鳴りや難聴が進んで 高度難聴になる場合もあるので、放置せずに耳鼻科の診察をうけてください。 原因 内耳の中にある 「蝸牛(かぎゅう)」という感覚器官は、とても複雑な仕組みを持っていますが、この「蝸牛」にリンパ液が溜まって水腫ができてしまうことによって音の信号が歪み、低音の音波がこもった音になり、逆に高音は突き抜けた不快な音に感じるようになります。 蝸牛型メニエール病はメニエール病の前段階と呼ばれますが、治療をせずに放っておくと 発作が慢性化して症状も重くなっていきます。 吐き気やめまいを伴う一般型メニエール病まで進行してしまうと、長い時間をかけて治していくしかありませんし、完治も難しくなります。 軽いうちほど早く良くなるので、蝸牛型のうちに できるだけ早く医師の診察を受けましょう。 治療方法 治療には一般的メニエール病と同様に、まず外界の刺激をシャットアウトして安静にし、耳鼻科から処方された 内服薬を服用します。 オーソドックスな治療薬としては「 イソバイド」がありますが、その他に内耳の血液循環改善薬が処方されます。 ストレスが原因である場合には、 精神安定剤が処方されることがあります。 蝸牛型メニエール病の症例 症例1• 性別…女性• 年齢…25歳• 主に訴えられた症状…左難聴 平成7年1月末頃より何となく聞こえが悪く,またフワーッとした感じのめまい感があった. 左耳鳴(ゴーッ)も続いていた. 2月27日に回転性めまい出現. 自覚的に聞こえは変わらず. 初診時、左側に低音障害型の感音性難聴を認めた. また,フレンツエル眼鏡下に右向き自発眼振をみとめた. イソソルビド90ml/日,他の内服治療にてめまいは軽快,聴力も除々に回復した. 途中,軽いめまいが一度あったが,すぐに消失. 9ケ月後には聴力は完全に正常に復し,治療を打ち切った. 平成10年3月20日,左耳鳴,左難聴にて再診した. 今回はめまいの自覚はなかった. 再診時の聴力はやはり低音障害型の感音性難聴であった. フレンツエル眼鏡下,ENG 記録下,いずれにおいても自発眼振・頭位眼振などは認められなかった. イソソルビド90ml/日から内服開始. 途中,一時聴力の悪化を認めたが徐々に回復. 現在ほぼ正常に復し,なお経過観察中である. 症例2• 性別…女性• 年齢…49歳• 主に訴えられた症状…左耳鳴り 平成7年9月中旬より左耳鳴(ブーン)が出現. また,今朝クラッとする軽いめまいがあった. 6~7年前の健康診断で左難聴を指摘されたことがある. また,年に何回か左耳鳴を自覚することはあったが,気にとめずにいた. 初診時聴力は水平型,やや低音障害が強い感音性難聴であった. ENG記録下,右向き自発眼振を認めた. めまいは初診時に訴えたが,以後しばらくはなかった. しかし,最初の頃の聴力変動は激しく,本人の自覚でも日内でも時間帯によって聞こえが良くなったり悪くなったりするということであった. 聴力の最大悪化時は約40週頃で,この時は軽いめまいを訴えた. その後,聴力は比較的落ち着いていたが,70~100週にかけて再び聴力が悪化,この時はめまいも何回か出現していた時期であった. 以後は次第に落ち着いているが聴力は若干低下したまま経過している. 全経過3年以上にもわたっている. 最大悪化時と回復時の聴力変動は低音部で約50dBであった. 症例3• 性別…女性• 年齢…32• 主に訴えられた症状…右聴覚過敏 平成9年7月初旬より時々,自分が回る感じのめまいが出現していたが,寝込むほどではなかった. 8月12日頃より他人の声,自分の声が右耳に異常に響いて聞こえるようになった. 徐々に増強している感じがあり当科初診した. 初診時,低音障害型の感音性難聴を認めた. また,ENG記録下に左向き自発眼振を認めた. めまいは途中一度だけ軽いふらふら感を訴えたのみである. 聴力は最初のうちは,多少の変動はあるもののあまり変化がなかったが,28週過ぎから回復傾向を示し,34週には一旦正常に復した. しかし,その後,めまいの出現なしに再び悪化した. 以 後は徐々に回復し,現在は正常近くにもどっている. 治療はイソソルビド内服90~60ml/日を聴力変動に応じて投与し,聴力が落ち着いた54週から内服を中止して経過観察中である. 聴力の最大悪化時と回復時の差は低音部で約50dBであった. 症例4• 性別…男性• 年齢…43歳• 主に訴えられた症状…左耳鳴り 2週間前から耳に水が入ったような,ボワーッとした感じの左耳鳴が出現してきた. こちらから問いただすと,軽いフワーッとするめまいがあるという. 2年前に同様の左耳鳴と回転性めまいが出現し,1週間ほどで良くなった. 初診時,左側の低音障害型感音性難聴を認めた. ENG記録下,右向き自発眼振を認めた. 26 週まで軽いめまいを3回ほど訴えたが,聴力変動と一致するものではなかった. それ以後はめまいは訴えず,聴力変動のみを繰り返し,全体としては悪化の傾向にある. 最も聴力が悪かった83週に点滴静注でハイドロコーチゾン600mg/日からの漸減療法を 2週間行ったが効果はみられなかった. 悪化時と回復時の変動幅は低音部で約50dBであった.

次の

蝸牛型メニエール病の症状と治療方法

蝸牛 症状

「めまい」とは? 「めまい」とは、「グルグル回っているように感じる(回転性めまい)」「フワフワしたところを歩いているように感じる」「頭がグラグラする」といった症状の総称です。 その原因はいろいろあります。 自分もしくは周囲が回っているように感じる回転性めまいを起こす代表的な病気に「メニエール病」があります。 内耳(ないじ)の膨張によって起こり、耳鳴りや難聴などの耳の症状を伴います。 内耳は、バランス感覚を調整する機能を持つため、内耳の異常が「めまい」という症状を引き起こすことがあります。 めまいの種類 めまいには大きく分けて「末梢性めまい」と「中枢性めまい」がありますが、「頸性めまい」も分類のひとつとしている場合もあります。 1.末梢性(耳性)めまい 下を向いた時のめまいの原因として、まず考えられるのは良性発作性頭位めまい症です。 症状として、このめまいはごく短時間(数秒~数十秒)のめまいを起こすことで突然起こるのではなく下を向いたときなど頭の位置を変えたときに誘発されるめまいです。 一般的には吐き気やおう吐といった症状や聞こえない、耳鳴りといった蝸牛症状を伴う事はありません。 めまいの病気の中では一番多いめまいです。 さらに下を向いた時以外にもパソコンやスマホ画面を見られないくらい、ぐるぐると視界が回るようなめまいがして何度も繰り返し発症するような重い症状がある場合はメニエール病の疑いがあります。 めまいといえば、良性発作性頭位めまい症(耳石が三半規管へ落ちてめまいが起こる)やメニエール病(めまいや吐き気の発作がくり返し起こる病気で一般的には耳鳴りや難聴を伴う)といった診断が下されるのが一般的です。 2.中枢性めまい ふらつき、失神感、不快感、歩行障害などの症状があり、めまいの症状は軽くても脳卒中、脳腫瘍など、致命的な脳疾患が原因となっている場合もありますので注意が必要です。 中枢性めまいの特徴は、めまい以外の神経症候(構音障害や複視など)を伴う視覚や深部感覚による補正が効きづらいという点に要約されます。 主に脳幹・小脳の障害(神経内科、脳神経外科)によるもので、めまいは軽く、フワフワ浮いた感じ、ふらつき、動揺感などがあります。 舌のもつれ、物が二重に見える、意識消失、強い頭痛などの症状があります。 頭の位置を変えてもめまいの程度は変わらず、目をあいていても体のバランスがとりにくくなります。 症状の自然軽快は少なく、長引くことがあります。 3.頸性めまい 首がこると首の筋肉の緊張が強くなり、周囲の血管や自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)を圧迫し刺激します。 自律神経が圧迫されるとそのバランスがくずれ、首の血流が滞ります。 これにより耳への血流も悪くなり、平衡感覚をつかさどる三半規管が正常に働かなくなり、めまいを引き起こす可能性があります。 良性発作性頭位めまい症とは? 良性発作性頭位めまい症はめまいの中ではよくみられる病気で頭の位置が変化して内耳にある後半規管が刺激されると反応して、短時間の回転性めまい(動いたり回転したりしているような感覚)が生じます。 症状としては頭を動かしたときに自分自身か周囲のものが動いたり回転したりしているかのような感覚が短時間生じます。 (長くても1分程度)また、吐き気を感じて嘔吐することもあり、眼球の動きが異常になることもあります。 診断は症状の内容と症状が起こる状況および身体診察の結果に基づいて下され、ほとんどの場合は、エプリー法を1回または2回行うことで症状が和らぎます。 回転性めまいがある人は自分自身か周囲のもの、またはその両方が動いたり回転したりしているように感じます。 大半の患者はこの不快な感覚を「めまい」と表現しますがふらつきなど他の感覚に対しても患者が「めまい」という言葉を使うことがよくあります。 「頭位性」めまいとは、たとえば、ベッドに横になったときや首を回したときなど、頭の位置を変えたときに回転性めまいが起こるという意味です。 「良性」とは、この病気が危険なものではないという意味です。 良性発作性頭位めまい症は、年齢が高いほど発生しやすく、平衡感覚に大きな影響が起こることがあり、転倒やケガに至る場合があります。 メニエール病とは? メニエール病の原因は内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)です。 その原因はストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられています。 内耳には聞こえの細胞が詰まっている蝸牛と平衡機能を司る三半規管と耳石器があります。 この両方もしくはどちらか一方が強く水ぶくれになるかにより症状が異なります。 蝸牛が強く水ぶくれになれば、めまいは感じず難聴だけを自覚します。 水ぶくれが弱ければ難聴を自覚せず、「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」、「音が響く感じ」のみ出現する場合もあります。 一方、三半規管・耳石器が強く水ぶくれになれば、難聴や「耳が詰まった感じ」などは感じず、めまいのみを自覚します。 めまいの強さも「グルグル回転する激しい」ものから、「フワフワ雲の上を歩いている感じ」のものまでさまざまです。 めまいの持続時間は10分程度から数時間程度であることが多くあります。 めまいが起きたら めまいが起きたら、安静にしてしばらく様子を見ましょう。 症状がおさまらなかったり、気が遠くなったり、頭痛がしてきたり、物が二重に見えたりしてきたら、早めにかかりつけ医の診察を受けてください。 耳鼻咽喉科を受診すべきか神経内科や脳神経外科なのかなどを判断してもらいましょう。 特に抹消性めまいの発作のときに自動車に乗ると内耳に刺激が加わって症状が悪化するので注意が必要です。 症状が落ち着いてから病院に行きましょう。 お得な情報をおひとつ! 銀行に現金を預けても利息がほとんどつかない世の中で、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。 特にやらないと絶対に「損」をするのが、ポイント制度の活用です。 インターネットでショッピングをするとき、ショッピングサイトのポイントだけでなく、ポイントサイトを経由してショッピングサイトで購入することでポイントサイトのポイントも貯められることを知っていますか。 しかも、その支払いをクレジットカードでチャージした電子マネーで行うことで、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントも貯めることができます。 いわゆるポイントの4重取りが可能になります。 今後、モノやサービスの決済の電子化(キャッシュレス化)が普及していくことが予想されます。 電子決済に慣れておくと、今後、よりお得な決済手段を選ぶことができるようになるでしょう。 なお、ポイントの4重取りの詳しい内容については、別の記事で紹介していますので、興味のある人はをご覧ください。

次の