土地 ランキング。 不動産価格のランキングを知りたい!日本だけでなく世界のランキングもある?

不動産価格のランキングを知りたい!日本だけでなく世界のランキングもある?

土地 ランキング

東京・丸の内。 これらが立つ土地を、企業自身が保有しているケースは多い。 どんな企業がどれぐらいの土地を持っているのか。 世間一般ではあまり認識されていないが、上場企業であれば調べて比べる方法がある。 東洋経済オンラインは上場企業がどのぐらいの土地を持っているのかを調べ、トップ500社をランキングした。 しているが、最新情報に更新した。 原則として直近本決算の数字をベースにした。 1年前との増減額も入れた。 大手不動産、鉄道会社の保有額が圧倒的 1位は三菱地所の2兆5052億円。 東京・丸の内エリアの開発などで知られる、言わずと知れた総合不動産の一角だ。 土地保有額はここ1年で1327億円の増加となった。 2位はJR東海の2兆3562億円、3位には住友不動産2兆3177億円が続いた。 JR東海は東海道新幹線を運営しており、これに関連する駅や線路周辺などの土地が保有額に含まれるとみられる。 土地は頻繁に売ったり、買ったりするものではないので、ランキング上位の顔ぶれは1年前と大きく変化はない。 4位JR東日本(2兆0025億円)、5位三井不動産(1兆8967億円)といった大手不動産、鉄道会社など膨大な土地を保有している企業が上位に並ぶのは当然といえるだろう。 鉄道系はほかにも9位阪急阪神ホールディングス、13位西武ホールディングス、14位近鉄グループホールディングス、15位JR西日本などの姿も見られる。 会計の原則では貸借対照表に計上する土地は、取得価格である簿価を基準にしていることが多いが、著しい時価の下落がある場合などに時価に引き直しているケースもあるようだ。 必ずしも土地の評価額と保有額は一致しないものの、一定の目安となる。 それ以外では6位トヨタ自動車(1兆3529億円)、8位JXホールディングス(9477億円)など、国内外に巨大な工場を構えている大手製造業や、店舗をたくさん持っている大手流通系企業、7位日本電信電話(1兆2732億円)など、いわゆる「オールド」カンパニーが上位に居並んだ。

次の

迷った時の参考に!元・不動産業者が選ぶおすすめ土地活用ランキング

土地 ランキング

土地活用プラン別の相談するならどんな会社? 土地活用プランは様々な種類が存在します。 しかし、一般の方にとってどこの土地活用会社に相談すれば一番いいのか非常にわかりづらい部分もあります。 ここでは、土地活用プランごとで相談するべき会社はどんな会社なのかを一目でわかるようにご紹介していきます。 表だけをみてはわからない・相談できるところを探したい そんな方はこちらを利用してみてください!土地活用のベストなプランを見つけることができます! >> また、ゼネコン・ハウスメーカー・工務店以外にも土地活用のプランによっては相談できる会社が多数存在します。 その会社については、ゼネコン・ハウスメーカー・工務店の特徴のあとにご紹介しています。 次にゼネコン・ハウスメーカー・工務店の特徴についてご紹介していきます。 ゼネコンの特徴を知る ゼネコン(ゼネラルコントラクター)とは「総合建設業者」のことです。 マンションやビル、その他の大きな商業施設を含めた「建物」を建てる会社の総称になります。 各種土木・建築工事を発注者から一括で請負、工事全体をまとめる建設業者です。 日本を代表するゼネコンをスーパーゼネコンといいます。 清水建設• 大林組• 鹿島建設• 大成建設• 竹中工務店 このスーパーゼネコンと呼ばれる5つの企業は1年間の受注高が1兆円を超えます。 スーパーゼネコンと呼ばれる企業に建物を建ててもらう場合の基準は「工事費10億円」が1つの基準と言われています。 一般的な土地活用の場合は、スーパーゼネコンなどに依頼する方は中々いないのが現実です。 レベルが違いますよねw また、ゼネコンと言っても「スーパーゼネコン」だけではありません。 「準大手ゼネコン」「中堅のゼネコン」ももちろん存在しています。 準大手ゼネコンと売上高ランキング 売上高が1000億円のゼネコンを準大手ゼネコンと言います。 日本のゼネコンの中でも2017年度は26社がこの準大手ゼネコンと呼ばれており、準大手ゼネコンは以下の通りです。 長谷工コーポレーション• 五洋建設• 前田建設工業• 戸田建設• 三井住友建設• NIPPO• 安藤・間(旧間組)• 熊谷組• 東急建設• 西松建設• 前田道路• 奥村組• 東洋建設• 鉄建建設• 福田組• 東亜建設工業• 青木あすなろ建設• 大豊建設• 淺沼組• 日本道路• 東鉄工業• 飛鳥建設• 錢高組• ピーエス三菱• ナカノフドー建設• ライト工業 引用:帝国データバンク: このほかにも準大手ゼネコンと呼ばれる企業はありますが、2017年度の売上高から1000億を超えている企業だけを抜粋しています。 中堅ゼネコン 100億円~1000億円までの売上高を持つ建設会社を「中堅ゼネコン」と分類します。 中堅ゼネコンには、土地活用したいと考えている土地所有者が15戸~20戸ほどの鉄筋コンクリート造(RC)の賃貸マンションなどを建設する際にこのような建設会社に依頼することになります。 中堅ゼネコンと呼ばれる建設会社は、全国展開ではなく特定の地域を中心に建物を建てることが多く、大手や準大手のゼネコンと比べフットワークが軽いのが特徴と言えます。 ゼネコンの選び方• スーパーゼネコンは10億円規模の建物からの受注• 準大手ゼネコンは工事にもよるが1億円~5億円以上の規模からの受注• 一般的なマンションなどの建設依頼は、中堅ゼネコンへの依頼となる• 建設会社に依頼する場合は建築工事費の見積もりを複数社からとること• 工事費が安く、信頼できる会社を選択できると良い• 建築費だけでなく、管理費・修繕費など将来のコストも比較することが大切 ハウスメーカーの特徴を知る ハウスメーカーもゼネコンのように大手・中堅と別れます。 大手ハウスメーカーは以下の通りです。 受注金額順に紹介しています。 積水ハウス• 大和ハウス工業• 積水化学工業• 旭化成ホームズ• 住友林業• ミサワホーム• パナホーム• 三井ホーム 以上が大手のハウスメーカーと呼ばれる企業です。 ハウスメーカーの事業は、• 注文住宅の引き受け• 建売住宅の分譲• 賃貸住宅の受注・管理• マンション分譲事業• ロードサイド店舗事業• 海外展開 などそれぞれの会社によっても変わってきますが、このような事業を多岐にわたって展開しています。 中堅ハウスメーカー• アイフルホーム• タマホーム• アエラホーム• アキュラホーム• 菊池建設• クレバリーホーム• サンヨーホームズ• スウェーデンハウス• セルコホーム• 大成建設ハウジング• 土屋ホーム• 東急ホームズ• トヨタホーム• 日本ハウスホールディングス• フジ住宅• 三菱地所ホーム• ヤマダ・エスバイエルホーム• ユニバーサルホーム などが中堅ハウスメーカーと呼ばれています。 工務店の特徴を知る 基本的には、ハウスメーカーと工務店などの違いははっきりと定義されてはいません。 工務店の定義も実際はないに等しいとも言えます。 ただ、世間一般的なイメージとしては、ゼネコンやハウスメーカーと比べ、一番身近な建物を作る会社と言えます。 (竹中工務店などは例外ですがw) 工務店の仕事 工務店は、個人やメーカーからの• 戸建住宅建設工事を引き受け• 職人手配• 建設工事全体の監理監督する 役割を持っています。 まだまだある土地活用を相談する会社 土地活用には建物を建てる以外にも様々な土地活用の種類が存在します。 ですので、ゼネコンやハウスメーカー・工務店以外にも土地活用で相談できる会社があります。 コインパーキングについて相談できる会社• 株式会社• タイムズ24株式会社• 株式会社• 株式会社 などは、コインパーキング事業でも有名な会社になります。 トランクルームについて相談できる会社• 投資用の太陽光発電を相談できる会社• コインランドリーについて相談できる会社• 定期借地について相談できる会社• ここまでコインパーキング・トランクルーム・アパート・マンション経営など様々な土地活用方法を紹介してきました。 しかし、実際何をするのが一番なのか、また複数の会社に相談するのも面倒だし億劫だと感じる人もいると思います。 そこで、 一度の問い合わせで複数の土地活用のプロへ相談できるサービスがあります。 それが「」です。 >> 土地活用の全てを安心して相談できるので是非活用してください! 土地活用の建設会社を選ぶときの基準 建築工事費用で考える 建築費用は、主に坪単価いくらで計算されます。 建設会社によってこの「坪単価」はバラバラで、坪単価20万円の会社もあれば、坪単価50万円~90万円する会社もあります。 建物を建てる際、面積によって建築費が高くなりますが、面積は3つの種類が存在ます。 施工床面積• 延べ床面積• 容積対象床面積 各建築会社は、最も自社の都合の良い坪単価の計算で見積もりを出してくるので判断が難しい部分ではあります。 注意すべきは、坪単価の安さを前面に押し出す建設会社は気を付けるようにしましょう! 建設会社には倒産リスクがあることを知る どの会社にも倒産のリスクはつきものです。 しかし、賃貸マンションなどの建設を依頼し、「着手金」などを払った後に建設会社が倒産すると建設工事は一時中断することになります。 また、別の会社に工事を引き継いでもらえないこともあるので、「倒産する子のない会社」を選ぶことは非常に重要だといえます。 できれば会社の財務状況をチェックし依頼したいところですね。 土地活用の相談は信頼できる企業を選ぶことから 土地活用を行うえでもっとも重要なのは「会社と担当者」選びだと私は考えます。 しかし、不動産の知識があまりない方にとってどの土地活用会社が信頼できるのか全く判断できないと思います。 そこで私がおすすめするのが、あなたが所有している土地の収益化を最大化する土地活用のプランを提案してくれる「一括資料請求」サービスです。 収益最大化プランを提案してくれる土地活用サイトランキングTOP4 ここからは、 土地活用方法の相談を無料できる土地活用が得意な業者を探し出すための便利なサービスを紹介します。 土地活用サイトを利用することで、どんな土地活用方法がベストなのか、信頼できる土地活用会社に相談したい、どこに相談したらいいのかもわからない、複数の企業に土地活用を相談したいけど面倒、などと感じている方には非常におすすめのサイトです。 土地活用サイトには、大手の土地活用会社から身近な地域密着の土地活用会社まで様々な会社は参加しています。 また、複数の土地活用会社に相談することで最適な土地活用プランを知ることができ、比較することができるので、すぐにでもベストな土地活用の方法を知りたい場合は一度利用してみてください。 また、当サイト【不動産王. com】では、信頼できるサイトのみを紹介していますので安心してご利用ください。 土地を持ってるけど土地活用よりもできれば売却を考えているという人はこちらの記事もおすすめです。 土地活用の相談先ランキング1位【土地活用のHOME4U】 NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイトでも有名な「 HOME4U」です。 あなたの土地にあったベストな土地活用方法を提案してくれる企業を紹介してもらうことができます。 土地活用はどうしても失敗する可能性もありますので、まずは信頼できる土地活用に詳しい企業に 相談することをおすすめします。 そこで、最も信頼できる土地活用サイトが【 HOME4Uの土地活用】です。 利用者数はなんと700万人以上という実績もあるので、土地活用の相談を初めておこなう方には安心して利用してもらうことができます。 また、不動産投資についても相談することができるので、幅広い土地活用の提案を受けたいのであれば一番おすすめと言えます。 土地活用サイトランキング2位【リビンマッチ】 土地活用サイトのおすすめ第3位は リビンマッチ土地活用です。 『 リビンマッチ土地活用』に登録している 土地活用会社は、 150社を超えています。 『リビンマッチ 土地活用』で、資料請求することができる土地活用のプランは、• 「 賃貸アパート建築」• 「 賃貸マンション建築」• 「 高齢者向け賃貸住宅建築」• 「 駐車場経営」• 「 戸建賃貸」• 「 資産活用の相談」 の6種類あります。 さらには、太陽光発電の投資について相談することが可能です。 アパート・マンション経営や駐車場経営など賃貸経営をご検討の方や、プランは未定だけど土地活用をしたいとお考えの方におすすめのサービスです。 土地活用サイトランキング3位【タウンライフ土地活用】 第4位はタウンライフ土地活用です。 土地活用について相談できる会社は全部で200社以上!! 「 タウンライフ土地活用」では、• アパート建築• マンション建築• 駐車場経営 など各企業ごとの、「活用プラン」「見積もり・収支計画書」「市場調査書」を無料でお受取りいただけます。 通常の一括資料請求サイトのような資料が届いて終わりではなく、あなたのニーズや目的に一番最適なプランの提案してくれます。 しかし、実際何をするのが一番なのか、また複数の会社に相談するのも面倒だし億劫だと感じる人もいると思います。 そこで、 一度の問い合わせで複数の土地活用のプロへ相談できるサービスがあります。 それが「」です。 >> 土地活用の全てを安心して相談できるので是非活用してください! 土地活用で役立つおすすめの記事 土地活用の流れをわかりやすく詳しく解説しました。 土地活用する前に土地活用の流れ・方法を知りたいと思っている方は是非参考にしてください。 土地活用のサイトでNTTデータグループが運営するHOME4Uの特徴・メリット・デメリットについてまとめました。 HOME4Uの土地活用を利用したいけど本当に信用できるのか気になっている方は是非参考にしてみてください。 土地活用の種類とおすすめの活用法をランキング形式で紹介するとともに、土地活用の相談先のランキングについても紹介しているので、土地活用の種類と相談先について知りたい方にはおすすめの記事です。 土地活用は不動産売買よりも難しく感じてしまいます。 しかし、うまく活用すれば毎月毎月の収入を生み出すことができる仕組みを構築することが可能です。 リビンマッチは不動産売買のサービスを20年以上やってきている実績もあり現在土地活用のプロを紹介するサービスも提供しています。

次の

千葉県の土地価格相場・公示地価ランキング・基準地価・坪単価

土地 ランキング

29%で、変動率の順位は12位/47都道府県です。 75%で、変動率の順位は0位/47都道府県です。 22倍です。 20倍です。 千葉県の土地価格変動要因 千葉県全体の人口は増加傾向であり、流山市がもっとも増加数が多く、船橋市、市川市、柏市、千葉市と続いています。 東京へ通勤する世帯のベッドタウンとしての住宅需要は根強く、東京近郊の市の住民数が増え、連動して地価も上昇しています。 ただし柏市については東武野田線沿線および駅徒歩圏外のエリアの地価は下落基調となっています。 流山市はつくばエクスプレス沿線の流山おおたかの森駅エリアの開発が続いており、地価が上昇し続けています。 松戸市はJR常磐線沿線エリアを中心に地価動向は堅調です。 浦安市、鎌ケ谷市、習志野市も都内通勤者に需要があり堅調です。 東京湾東岸の木更津市、君津市、袖ケ浦市、市原市は東京湾アクアライン開通と三井アウトレットパーク木更津による生活利便性の向上の好影響が継続しており、地価上昇傾向が続いています。 一方で、銚子市、旭市、匝瑳市などの房総半島東部エリア、勝浦市、鴨川市、南房総市、館山市などの房総半島南部エリア、香取市、印西市などの千葉県北部は下落傾向です。 千葉市の土地価格変動要因 千葉県の県庁所在地である千葉市の地価は上昇傾向です。 千葉市中央区・花見川区・稲毛区のJR総武線沿線は利便性が高く上昇幅が拡大しています。 しかし駅徒歩圏外の住宅地には地価が下落する土地もあります。 千葉市美浜区もJR京葉線沿線を中心に地価上昇が続いています。 千葉市湾岸地区は東日本大震災(2011年[平成23年])により液状化現象が起き、翌年に美浜区の住宅地の地価は大幅下落しましたが、千葉市は千葉市液状化対策推進委員会を設置して液状化現象の調査と対策に取り組んでおり、震災のマイナス影響は一段落して地価上昇に転じています。 千葉市中心部の商業地も地価上昇が続いています。 オフィスの新規供給は乏しく賃貸料は横這い気味です。 JR千葉駅は駅舎・駅ビルの建て替えが行われ、2018年[平成30年]に新駅ビル「ペリエ千葉」がオープンしました。 千葉県の高速道路整備 千葉県内では高速道路網の建設工事が続いています。 建設が進められている圏央道(首都圏中央連絡自動車道)に関して、2013年[平成25年]に東金-木更津東間が開通し、東京湾アクアラインへ直接接続しました。 同区間内に市原鶴舞IC、茂原長南IC、茂原北ICが新設されました。 2014年[平成26年]に稲敷-神崎間が開通しました。 2015年[平成27年]に神崎-大栄間が開通しました。 これに伴い圏央道を経由して常磐自動車道と東関東自動車道が結ばれました。 残る区間である大栄-松尾横芝は2024年度に開通予定です。 外環道(東京外環自動車道)に関しては、2018年[平成30年]に三郷南-高谷間が開通しました。 これに付随して松戸IC、市川北IC、市川中央IC、京葉ジャンクション、市川南IC、高谷ジャンクションが新設されました。 千葉市の液状化対策事業 2011年[平成23年]発生の東日本大震災は千葉市にも強い揺れをもたらしましたが、特に千葉市美浜区において地盤の液状化現象が起こり、地面が隆起したり陥没したりしたため建物も損壊や傾斜をするなど大きな被害が発生しました。 政府が定めた復興交付金制度には都市防災推進事業(市街地液状化対策事業)が対象となっており、千葉市は同制度を用いて市街地液状化対策事業を実施しています。 千葉市はまず液状化対策事業計画を策定し、有識者からなる千葉市液状化対策推進委員会を設置しました。 千葉市美浜区幕張西、磯辺、真砂を計画区域とし、住民の同意を得た磯辺3丁目、磯辺4丁目に液状化対策工事を行っています。 液状化対策工法として、自然流下方式による地下水位低下工法が採用されました。 浦安市の液状化対策事業 東日本大震災は浦安市に大きな被害をもたらしました。 浦安市の面積のじつに86%が液状化現象にみまわれたのです。 地盤から土砂が噴き出し、道路は寸断され、電気・水道・ガスといったインフラ設備も損壊しました。 家屋は約8700戸が被害を受けました。 浦安市は元町地域、中町地域、新町地域、アーバンリゾートゾーン、工業ゾーンの5地域からなりますが、元町地域を除き埋立地であるため、液状化しやすい地盤構造となっていました。 浦安市では浦安市液状化対策技術検討調査委員会を設置し、その検討結果を踏まえ液状化対策実現可能性技術検討委員会を新たに設置し、液状化対策事業の工法やリスクを検討してその実現可能性を検討しました。 各地区の被害状況を調査し、住民説明会をひらき、対策工事について住民の同意を得ようとしています。 しかし住民の同意を取り付けることは容易ではなく、難航しています。 工事費の自己負担額が約100万~400万円と高額であることもネックになっています。 工事の実施が決まったのは当初の予定の1割にすぎない3地区で、弁天2丁目、舞浜3丁目、東野3丁目です。 工事が決まった地区でも問題が噴出しており、舞浜3丁目では地中から多量の布製の排水材がみつかったため工事が中断に追い込まれました。 弁天2丁目では一度は同意していた住民が、同意書を無効とする文書を浦安市長に提出しました。 ペリエ千葉 JR千葉駅の駅ビル建て替え計画が東日本旅客鉄道株式会社 千葉支社と株式会社千葉ステーションビルにより行われ、新駅ビル「ペリエ千葉」が2018年[平成30年]にグランドオープンしました。 ペリエ千葉は地下1階(ペリチカ)~地上7階で構成されます。 テナントには東急ハンズ、成城石井、くまざわ書店、JTB、マツモトキヨシ、パンダ薬局、コンタクトのアイシティ、ラフィネ(リラクゼーション)、ほけん百花、千葉駅総合クリニック、千葉駅すばるクリニック、アイクリニック千葉、スターバックス、タリーズコーヒー、京都 宇治茶 錦一葉、PABLO mini(焼きたてチーズタルト専門店)、AKOMEYA TOKYO(食品・雑貨)、BIRTHDAY BAR(生活雑貨)、丸亀製麺、マクドナルド、魚力、澤光青果、TAKAGIFOODS、農家の家せんのや、すし天(寿司・天ぷら)などが入っています。 7階のペリエホールは多目的ホールになっています。 75%.

次の