マダガスカル ゴキブリ。 アース製薬に聞いた!ゴキブリのオス・メスの違いとは

閲覧注意!まだまだ知らない世界の驚異的なゴキブリ!【n】

マダガスカル ゴキブリ

どうも、爬虫類ブロガーのSHU()です。 爬虫類や両生類と並んで、意外と根強いファンがいるタランチュラ・サソリ・ムカデ・ヤスデなどの奇蟲。 その陰でひっそりとブームになっているのがゴキブリです。 餌用ではないゴキブリでペットローチと言われ、海外ではポピュラーなペットであり愛好家も存在します。 日本でもペット用にさまざまな種が輸入されており、ゴキブリの品評会なども開催されているとのことです。 最初はゴキブリの大きさを競うだけでしたが、次第にゴキブリの艶を競ったり、ゴキブリレースを行うなど年々多様化しているとのことです。 今回は、そんなペットローチの魅力について書いていきたいと思います!• とにかく丈夫• エサ代が安い• エサによくがっつく• 繁殖しやすい• 場所をとらない• 意外と挙動が感情豊か• なんか可愛い• 種類が豊富• コレクション性が高い ローチをゴキブリだという先入観なしで見れば、きっと愛情が湧くはずです!そもそも愛好家からすればゴキブリとローチは別物だとか…一部の爬虫類飼育者の間では餌用に購入したレッドローチを可愛さのあまりペットにする人も結構いるらしく、愛想よくエサに反応しがっつく姿は母性本能をくすぐられるとか…(笑) 私はまだペットローチの世界には足を踏み入れていませんが、餌用にレッドローチ・繁殖用にデュビアの飼育をしています。 レッドローチの小さくて大量にガサガサと素早く動く姿にはまだ慣れていなくてちょっと苦手なんですが、デュビアなんかは「死なない・襲わない・高栄養」と爬虫類や両生類のエサとしても最適な一方で、サイズ感もボリュームがあり動きもゆっくりとしていてカブトムシとかと変わらないくらいペットとしての魅力を感じています(笑) そもそもローチの魅力のひとつに、コレクション性の高さがあります。 種類の多さが半端じゃないですし、愛好家もディープなのでいつの間にか新種が増やされているなんてこともあり魅了されます。 終わりのなさがペットローチ最大の魅力です。 代表的なペットローチ ローチも見た目で結構な違いがあり、全然ゴキブリっぽくないものからいかにもってものまでさまざまです。 いくつか紹介したいと思います! ドミノローチ 引用: テントウムシっぽくて、模様が可愛らしいドミノローチ。 マットな質感と円形のボディはゴキブリっぽくなくて親しみやすいです。 非常に小型の種類で動きもゆっくりです。 繁殖は容易ですが孵化、成長には結構時間がかかります。 立体的な活動を好むので少しレイアウトして飼うと楽しいですが、プラケースなどのツルツルとした壁面も登ることができるので脱走には注意が必要です。 エメラルドジュエルローチ 引用: ゴキブリの常識を覆す美しさで、金属のような質感と色合いで別名ニジイロゴキブリと呼ばれています。 単為生殖の上卵胎生の謎な部分も魅力的です。 ディスタンローチ 引用: パンプキンカラーの頭部と淡いシナモンカラーの翅が絶妙に美しく、壁も登らず飼いやすいです。 クラニファーローチ(ブラックウィング) 引用: 別名ドクロゴキブリと言い、頭部の模様がドクロっぽいのが特徴です。 ブラベルスという有名なゴキブリの仲間で「飛ぶ・速い・齧る」と三拍子揃ったいかにもゴキブリって感じで性格が悪く、愛好家にはそれがまた堪らないとか(笑) ジャイアントウッドローチ 引用: ずんぐりとした体型でかなりの大型種となります。 飼い応えのわりには飛ばず登らずでペット向けです。 マダガスカルゴキブリ 引用: マダガスカル原産のゴキブリの総称で、通称マダゴキと言います。 翅無し系のゴキブリで動きも遅く、ゴキブリ感もなくてビギナー向けのペットローチです。 一般的にマダゴキというと写真のジャイアントヒッシングローチのことを指しますが、その他にも4点のホワイトが可愛らしいフォーススポットヒッシングローチ、妙に薄っぺらくて異質な存在感がある黒と赤の配色がかっこいいインシグニスヒッシングローチ、とにかくでかくウルトラかっこいいオブロンゴナタヒッシングローチなど、何気に種類も多くてコレクション性も高いです。 ヒッシングとは「鳴く」というニュアンスで、実際マダゴキを掴むと「シューフシュー」と音を出します。 ヨロイモグラゴキブリ 引用: 世界最大のゴキブリで、ゴキブリ界の帝王とも言われています。 迫力があり、艶も美しく、渋く、カブトムシにすらも負けず劣らずで最高にかっこいいです!とくに足の太さとトゲトゲが他の昆虫とは一線を画します。 本来ユーカリの落ち葉のみしか食べないという食性で、そのフンで子育てするという社会性とめちゃくちゃユニークで、その飼育方法も独自で完全地中性です。 まとめ いかがだったでしょうか? テントウムシのようなドミノローチから、まるでカブトムシを彷彿させるかのようなヨロイモグラゴキブリ。 そして光り輝くエメラルドジュエルローチなど、全然ゴキブリっぽくないものからいかにもってものまで非常に多種多様なペットローチの世界。 そんなペットローチの世界に皆さんも私と一緒に足を踏み入れて、終わりなきゴキブリ道突っ走ってみませんか? では、みなさんもよいゴキブリライフを!.

次の

ゴキブリの飼育方法|ペットで飼える種類は?

マダガスカル ゴキブリ

ゴキブリの鳴き声について まず一番に思ったのは、 「ゴキブリって鳴くの!? 」 ではないでしょうか。 実は、ゴキブリは鳴くんです。 もともと、虫には体から音を発する機能が備わっている種類が大勢います。 ゴキブリの鳴き声もその一種なんです。 主にゴキブリがその鳴き声を活用するのは• 危機に直面した時• 仲間を呼ぼうとしている時• オスがメスに求愛している時 の3つに分けられます。 確かに、 この3つのシーンで鳴き声を出す生物って多いですよね。 これらは、ゴキブリの種類によって行う種と行なわない種があるようなので、一概にすべてのゴキブリが鳴くとは言えません。 ですが間違いなく、日本国内に鳴くゴキブリは生息しているのです・・・ 実際、 「ゴキブリの鳴き声を聞いたことがある!!」 と言う方は意外と多くいるようです。 人が聞いたことのある鳴き声は、やはり 圧倒的に危機に瀕した時=ゴキブリを家で退治しようとして追い込んだ時、なんだとか・・・ ある意味、ゴキブリの断末魔の叫びと言えるのかもしれません ・・; 鳴き声ですが、もちろん• ワンワン• コケコッコ~!! 何て鳴くことはありません 笑 ゴキブリの場合、鳴き声は体、特に羽をこすり合わせるなどして発しています。 そのため、喉から発生するような音ではなく、 「キィキィ」 「ギィ、ギィー」 といった、まさに虫が発する音を出します。 あなたがもし家でゴキブリを見つけて退治しようとしたときこの音を聞いたなら、 おそらくそのゴキブリは死ぬ覚悟を決めたという事です・・・ 一思いにとどめを刺してあげましょう 笑 とはいえ、文章だけではいまいちイメージが湧かないかと思いますので、ゴキブリの鳴き声動画を紹介しておきます。 当然寿命は存在しています。 日本で多く見られるゴキブリは全部で4種類と言われています。 ここからは、 各ゴキブリの寿命についてみていきます。 「え、この前見かけたうちのゴキブリまだこれだけ長生きするの!? その寿命についてですが、• 卵を産んでから孵化するまでかかる日数が20日~40日前後• 幼虫として過ごす期間が1年~1年半ほど• そして、成虫になってから約200日、7カ月ほど生きるそうです。 ・・・ 200日!? あの小さな体にも関わらず、なんと成虫になってから200日も生きるというのです! しかもこれは成虫になってからの日数です。 もし仮に、 卵からずっと自分の家で生活していた場合、最長で2年以上もの月日を共にすることになるのです。 こちらは茶色っぽい、やや小ぶりなゴキブリとなります。 関西以北に生息しており、関西~東北と幅広い地域で見られる種となります。 チャバネゴキブリの寿命ですが、• 卵を産んでから孵化するまでかかる日数が約40日• 幼虫として過ごす期間が1~2年• そして、成虫になってから約5カ月 となっています。 こちらは幼虫として過ごす期間がやや長いようですね。 卵が家にあった場合、最長で2年半以上もの月日をゴキブリと共に過ごす羽目になるかもしれないというわけです。 ちなみにこちらのゴキブリ、日本では上の方に多く存在しているだけで、寒いところでしか生きられないなどと言ったことはありません。 ゴキブリも常に進化しているという事なんでしょうね・・・ ヤマトゴキブリ 『ヤマト』の名前から分かるように、なんと 日本の在来種ゴキブリです。 特徴しては真っ黒の外見と、やや小ぶりな体があげられます。 なんとなく、在来種と聞くと守ってあげたくもなりますがヤマトゴキブリは・・・ねえ。 このゴキブリも成虫になってから約5カ月ほど活動するそうです。 やっぱり約半年は生きるというわけですね。 しかもその半年足らずの間で平均7回以上も産卵するそうです。 吸収や沖縄といった日本列島の中でもかなり南側に生息している種類となります。 なんと、 触覚まで合わせたらその体長は優に5センチを超えます。 しかも恐ろしいことに、 段々と日本全体が温暖化してきたこと等が原因で、今では沖縄~北海道まで日本全国どこででも目にすることができるようになってしまったそうです・・・ ちなみに多い個体で、一生涯のうちに84回卵を産んだ記録が残っているそうです。 もうここまで来たら嫌悪感通り越して素直にその繁殖力に凄いと思ってしまいます 笑 そして肝心の寿命ですが・・・ なんと成虫になってからだけでも500日をこえる猛者が続出しているそうです!! 今回は 人類最強のライバルにしても地球の大先輩、ゴキブリの鳴き声と寿命についてお伝えしていきました。 はっきり言って、知らないほうが良かった情報かもしれませんね、寿命とか特に 笑 とはいえ、 こうした一見何の役にも立たない知識程ちょっとした時の暇つぶしの話題にはぴったりと言うものです。 一見すると邪魔でしかないゴキブリも、話のタネになってくれるなら中々ありがたいと思えるようになるのではないでしょうか? ゴキブリは鳴く• 鳴き声は「キィキィ」や「ギィ、ギィー」で、実際には鳴いているのではなく羽などをこすり合わせて音を出している• ゴキブリの寿命は成虫だけなら約半年• ワモンゴキブリは成虫になってから500日以上生きる場合も• 卵から合わせると最低でもどの種も2年は生きる といった所です。 長生きですね、やっぱり。 最後に、 日本中にゴキブリが発生するようになった原因を紹介します。 「ゴキブリは北海道などにいなかったにもかかわらず、なぜ今は日本全国にいるのか。 」 と思う方も多いと思います。 実はこれ 、他ならぬ人間が連れていっていたんです!! 引っ越し道具(冷蔵庫などのモーターの裏側)等にゴキブリ本体やその卵がくっついており、引っ越し先までついていきそこで生活を開始していたのです。 最初は当然寒さに対応できなかったわけですが、建物に隠れるなどして暖を取り、生き延びたのです。

次の

マダガスカルオオゴキブリ(マダガスカル・ヒッシング・コックローチ)

マダガスカル ゴキブリ

2018. 7 マダガスカルゴキブリ ポルテントーサ この種類に関しては、いろいろな説がある種類です。 オーディール血統のマダゴキと、普通のノーマルタイプのマダゴキを飼育しています。 ノーマルタイプとは、普通の背中がオレンジ色のものです。 一方で、オーディール血統とは、マダゴキの黒ばかりを集めて、累代飼育で、中途半端な色のものは排除して、黒い血統を意図的につくりだしたものです。 最近では、黒血統というのをめっきりみなくなりましたが、入手先がないので、かなり貴重かもしれません。 私が飼育しているオーディールはほぼ9割は黒がでますし、残りの1割は、若干黒系のシマシマといったところでしょうか。 ノーマルタイプが出現することは一切なくなりました。 かなり貴重かもしれません。 一方で、マダゴキは、黒は別の種類だと主張する方々もおられます。 日本に入ってくるときに、混合されて入ってきたせいでマダゴキに別の地が混じったようで。 仮説を立てている方には、バンワエレベキやラビエガータとの混血もあるという方もいますが、これらは、実際、異属間交配になりますので、100%ありえません。 もしありえるなら、オプロンや、グランディエリなどの混血です。 私が思うに、オブロンは、全く特徴が異なるので、違う種類と考えてもよいのですが、グランディエリのほうが、実は、ポルテントーサと同一ではないかと思っています。 または、ポルテントーサとグランディエリは同じ種類なのかもしれません。 明確な区別がわからないところです。 そもそも、この属の分類自体、本当に正しいのかどうかさえ分かりません。 特に、この分野を真剣に研究者はいないようで、未解明な部分の割合のほうが大きいと思われます。 2018. 8 マダガスカルゴキブリ ポルテントーサ 幼虫 成虫と幼虫は区別していますが、2日に一回、かるく餌をやります。 というのも一度にやって腐らせると衛生的に悪いので、少しずつといったところです。 ただいつも思うことは、マダゴキ系の幼虫は、幼虫だけでは、区別できないことです。 脱走したら、何の種類か分かりません。 しかし、ある程度大きくなったら判別可能な場合もあります。 2018. 9 マダガスカルゴキブリ ポルテントーサ やはり大きくなるのが早いです。 デュビアと比べると2~3倍は早い。 ただそれも夏だけです。 冬は加温しないといけないので、あまり増やしすぎてもスペース的にやばくなるので、スペースのない方は、ほどほどにしたほうがよいでしょう。 オーディル系と、ノーマルを区別して管理していますが、中途半端なカラーのものは、除外しています。 また、それらが増えてくると、管理するのも大変なので、だれかにお譲りしたりしています。 2018. 9 マダガスカルゴキブリ黒系 マダガスカルゴキブリ黒系の子供です。 おおまかに100パーセントは黒系がでますが、若干、シマシマがでます。 特に、この種類に限ったことではありませんが、多頭飼育していて、水分を切らすと、共食いします。 なので、水分は切らさないようにしたいところですが、あまり水分が多すぎるものを連続して与えると、湿気が強くなり、粉ダニがわくので、乾燥気味に飼育しています。 2018. 10 マダガスカルゴキブリノーマル 8月頃に生まれた、マダガスカルゴキブリノーマルの幼虫ですが、脱皮をして、背中に色がでてきました。 個人的には、幼虫の頃の色がかなり好きで、鮮やかなように思えます。 写真でみると、そうは見えないのですが… マダガスカルゴキブリのノーマルの幼虫は成虫と見分けがつきますが、ブラック系の大きめの固体は、成虫なのか幼虫なのか区別できないときがあります。 ずっと黒なので、色に変化がないのも、区別するのに困ります。 成虫だと思っていた6センチほどの固体が、さらに脱皮して7センチくらいになりました。 区別しても、こういうことが起こります。 なにかよい方法はないものなのか… 2018. 11 マダガスカルゴキブリ黒系 流産 少し放置ぎみになっていましたが、久しぶりに見てみると流産してました。 特に、最近、気温が下がってきたので、その影響と思われます。 特に、他の種類でもこのような現象が見られます。 そろそろ加温の時期です。 特に、ゴキブリ全般に言えることですが、増えすぎても冬に温室スペースの確保に悩みます。 スペースは限られていますし、増設するのもコストがかかりますし、このあたりが悩み所です。

次の