人食い闇。 (Keter) SCP

人食いミルドレット (ひとくいみるどれっと)とは【ピクシブ百科事典】

人食い闇

キャラクター概要 ゲーム中のステージ『病み村』を生者状態で歩いていると突如襲ってくる謎の闇霊 敵対NPC。 頭に「ずた袋」を被っているだけで。 指に装備している「錆びた鉄輪」の効果で 汚らしいの中を軽快に走りながら接近してくるうえ、手には と木板の盾を持ち、問答無用で斬りかかってくる。 その姿はまさしく 、あるいは としか言いようがない。 謎すぎるファッションセンスがかえって不気味で、ステージの悍ましさや足場の悪さ、蓄積する毒ダメージと相まってプレイヤーの心をへし折りに来る……が、前述の通り半裸のため 防御力は紙。 水中での戦闘を避けて陸地に誘い出し、ザコ敵に注意しつつ戦えば苦戦することは無いだろう。 出現地点も篝火のすぐ近くなので、たとえ負けても人間性さえあればすぐに再戦を挑める。 冷静になって考えれば、即死級攻撃の飛び交う本作品中、包丁と木の板一枚だけで果敢に挑むその勇姿は、心折れかけたプレイヤーへの叱咤激励と取れなくもない。 撃退すると彼女の得物である肉断ち包丁が入手できるほか、部屋前に彼女の召喚サインが出現、今度は友軍の白霊として召喚することができる。 その際の彼女は半裸とはとても思えないタフネスと、 異様に高い炎耐性で勇敢にボスに斬りかかり、下手するとプレイヤーが何もしなくてもボスを撃破してしまうほどの戦闘能力を誇る。 目移りするような美女 と が揃いぶみの中、完全に影に隠れてしまっているが、 その ……ゲフンゲフン 豊満なボディに見惚れるプレイヤーもいるらしく、pixivにもセクシーなイラストがいくつか投稿されている。 余談 被っているずた袋と肉断ち包丁は、病み村直前のステージ『最下層』に現れた大型女性亡者「亡者コック」の装備でもあり、ミルドレットの装備は彼女らのと思われる。 続編のでは、ミルドレッドと同じくボロ切れ同然の装備を纏った半裸姿にグレートアクスで武装した闇霊「 肉断ちのマリダ」が登場。 足場が悪く薄汚いステージ『クズ底』で襲撃を仕掛けてくるほか、で白霊として召喚可能になる。 続くにもズタ袋の代わりに作業帽子を被り、肉断ち包丁を持ち、 を投げつけてくる同様のNPC「 狂女イザベラ」が登場。 『生贄の道』崖沿いの脇道でプレイヤーを待ち構えている。 残念ながら(?)彼女のみ味方として召喚する機会はない。 更に前作「」では、『腐れ谷2』の毒沼に(半裸ではないが)肉斬り包丁を持った女が出現した。 この黒ファントムはミルドレットと同じく 毒沼にも関わらず軽快なダッシュやローリングで接近してくるうえに攻撃力が高く、状態で斬りかかってくる為、よりも強いと恐れられている(デモンズソウルには「錆びた鉄輪」のような移動補助アイテムがないうえに、毒沼でローリングしようとすると動けなくなるなど移動制限が厳しく、腐れ谷2の陸地は病み村より狭い。 おまけに肉斬り包丁は扱いで魔法攻撃属性まで備わっていた為、より対処が困難だった)。

次の

【人食い〇〇】観光ガイドに絶対載らないフィリピンの闇

人食い闇

しかし、騒動を受けて明景家は手薄な状態でした。 そこにヒグマが襲撃。 明景家三男金蔵と斎藤春義を一撃で撲殺、更に身重だった斎藤タケを惨殺します。 ヒグマは金蔵と春義を一撃で撲殺し、さらに巌に噛みついた。 この時、野菜置き場に隠れていたタケがむしろから顔を出してしまい、それに気付いたヒグマは彼女にも襲いかかった。 居間に引きずり出されたタケは、「腹破らんでくれ!」「のど喰って殺して!」と胎児の命乞いをしたが、上半身から食われ始めた 引用 Wikipedia 騒ぎに気付いた村人達が明景家に辿り着いた時にはまだ肉と骨を咀嚼する音とタケの呻き声が家の中から聞こえていました。 この時も銃を装備しており、射殺を試みましたが失敗に終わっています。 翌11日、もはや自身らの手に負えないと警察へと通報。 ヒグマを退治するべく行政に応援を頼みます。 12日には討伐隊が編成されます。 苦肉の策で犠牲者の遺体を囮に使用しますが、ヒグマは現れませんでした。 13日は陸軍も討伐部隊に加えられます。 一方ヒグマは避難により無人になった村で暴れまわっており、保存食を食い荒らした他女性が使用していた枕などに異常なまでに執着を示していました。 そして、先ずはEが襲われて死亡。 Cはメンバーからはぐれ、鳥取大メンバーの残したテントに逃げ込み一夜を明かします。 翌日早朝、霧で視界の悪い中下山を続けるメンバーをヒグマが襲います。 標的となったAは死亡、B、Dは下山を果たしました。 一方のCは同日午前8時頃、ヒグマに襲われ死亡しています。 彼は死の直前まで、その様子や心境をメモに書いていた。 引用 Wikipedia 生き延びたB、Dの通報による救助隊が編成され、29日にAとEの遺体が発見されました。 また同日午後4時頃、ハンター10人による一斉射撃で件のヒグマは射殺されています。 またCの遺体は翌30日に発見されました。 被害者数.

次の

★【要拡散】 エリザベス女王が人間の血を好む理由 ※悪魔崇拝者達はソマチット依存症 : 世界の真実や報道されないニュースを探る ■地球なんでも鑑定団■

人食い闇

まず、天皇家や皇室についてあまりご存じない方のために、闇やタブーの前に天皇家についてご紹介したいと思います。 天皇とは日本ではその国、国を統治する者の象徴とされる人物の事を指します。 このことからもわかるように、天皇は日本の中も出最高位権力者で、他の国では大王や皇王といった称号に当たる人の事を指します。 その天皇の親族や配偶者などを皇族と呼ばれますが、この天皇や皇族をまとめて指すことを「皇室(こうしつ)」と言います。 このような皇室ですが、家系を細かくするとさらに呼び方が変わり、天皇の后に当たる人を皇后(こうごう)、その子供を皇太子、皇太子妃と呼びます。 さらに皇族の男性の事を「親王、王」、皇族の女性の事を「親王妃、王妃」とも表します。 このような様々な皇室の地位などがありますが、一般の女性は皇太子などと結婚することによって、皇室の一人、後続になることができます。 一方、皇族の親王妃、王妃などといった、皇族の女性は、皇族でない方と結婚する場合には、この皇室、皇族から外れないといけないとされています。 このことからもわかるように、旧名、紀宮清子のように今度ご結婚される秋篠宮家の眞子様は一般の人になります。 皆さんも財閥と言えば、ご存知なのが4大財閥だと思います。 この4大財閥は三菱財閥、三井財閥、住友財閥、安田財閥からなっていますが、この4大財閥は日本でも知らない人がいないほどの財閥かと思われます。 しかし、この財閥などが動けば日本の経済面は大きく動くと言われているほどなのですが、実はこの4大財閥よりもさらに上に行く財閥が存在すると言われています。 それが、天皇家一族、皇室が所有する「天皇財閥」と言われるもので、この天皇財閥の規模はものすごいものとされていました。 その規模は普通の人が想像する4大財閥の規模を遥かにしのぐもので、財閥解体時に調査されたところ、天皇財閥は4大財閥のおよそ10倍以上の規模とされていたのです。 このことからもわかるように、天皇財閥は圧倒的な規模の財閥で君臨していたのです。 天皇財閥の凄さについて先ほどご紹介しましたが、天皇家一族は財閥所だけじゃなく、もちろんかなりの資産を持っていると言われています。 このことは天皇財閥を説明する以前に薄々感じている人も多かったのではないかと思いますが、資産はまさに普通の日との考えれないぐらい所有しているとされています。 特にそのことが分かるのが、天皇家一族の決まりとされている、一般の方と結婚されるときに発生する一時金で、旧名、紀宮清子様が皇族から離れるときに支払われた一時金が1億円以上とされています。 それ以外は援助を受けることができないのですが、この額を見るだけでも資産をとても所有していることが分かり、天皇家一族は日本に資産を貯めているだけでなく、海外にも資産を貯めているとされています。 噂では天皇家の総資産額およそ16億とされていますが、この謎についてはいまだ真実が明かされてなく、海外の資産を含めればまさに天文学的数字になるとも言われています。 このことからもわかるように、天皇系一族は日本随一の資産家だということが真実として分かります。 天皇家の謎はさらに深まります。 というのも、天皇一族には実はすり替え説があり、これが真実だった場合、ほとんどの人間が天皇家の血筋ではないという謎です。 その謎とされるすり替え説があるのが「明治天皇」の頃とされています。 明治天皇が即位される前と、即位される後には写真で人が違うと大きく話題になっているのです。 その理由となっているのが骨格や体型と言われ、即位前では髭もはやしてなかったのに、即位後には髭を生やし、体格も大きくなっていたとされています。 さらに、皇室は左利きはあまりよくないとして右利きに矯正させられるはずで、即位前には右利きだったはずなのに、即位後には左利きになっていたとされています。 このことからもかなりこの謎は怪しく、明治天皇とすり替わったのは「大室寅之祐」ではないのかという事が大きく挙げられています。 この真実が本当ならばやはり大変な事なので、今後もぜひ文献にて歴史の解明が進んでいただけたら分かるかと思います。 次に皇室、天皇家一族のタブーとされているのが、大正天皇の体質です。 大正天皇自体、あまり印象が強い人は少ないと思いますが、大正天皇は生前の頃から非常に病弱とされ、政務すらあまりこなすことができなかったとされています。 その大正天皇が病弱でもある理由の一つが「白痴」ではないのかと言われておりました。 白痴とはご存じない方も多いかと思いますが、「知能指数がきわめて低い状態にある」ことを表し、知能障害の一つであったのではないかと言われています。 しかし、そのような大正天皇ですが、大正天皇自体は非常に気さくな人で、周りの人とも明るく話していたとのことです。 この件については多くの人から白痴であると言われており、真実かと思われます。 次にご紹介する謎、タブーとされるのが貞明皇后のついてです。 貞明皇后は大変聡明な方と記録されていることが多く、黒姫様と呼ばれるほどだったそうです。 しかし、この貞明皇后についてもタブーとされているのが、貞明皇后は実は不倫や他の人との間に子供をもうけたのではないかという説です。 この説も真実であった場合大変な事ですが、この話は貞明皇后が勝気な性格であったり、皇室ながらも自分で周りの事をしていた様子からも皮肉が混じっている可能性もあります。 さらに、貞明皇后で言われているのは大正天皇の奥様であるのですが、大正天皇には子種がなく、子供をもうけれない危機を感じて貞明皇后が判断して他の人と子供をもう受けたという話です。 しかし、これは子どもが大正天皇に似ていないといったことなので、本当に貞明皇后がこのようなことをしたのかは謎のままとなっています。 しかし、先ほどもご紹介したように、貞明皇后は大変しっかりしていた女性とされていますので、この真実か?や謎については都市伝説の一部となっていますので、真実かどうかは正確には分かりません。 次に、天皇一族、皇室のタブー、秘密とされているのが、昭和天皇の責任転嫁です。 これは何かというと、昭和天皇は若い頃に宮中にナポレオンの胸像を飾っていたほどで、ナポレオンの姿や生き方などをこよなく愛していたのにも関わらず、終戦の頃にはナポレオンではなく他の国に崇拝していることを見せるためにリンカーンに変えたとされているのです。 さらに、敗戦した理由が海軍である事にも関わらず、自分が指揮していたことを隠すために、忠実である陸軍の軍人に全て指揮があったかのようにし、陸軍の軍人である、東条英機が東京裁判で収監されました。 天皇は自分を指名されないように裁判にきている検事に対しても工作を図り、上流の女性を検事に送って裁判中自分の名が上がらないようにしたとされています。 この謎、タブーが真実だった場合は大変悪質な行為をしているということが分かります。 次に挙げられている天皇家のタブー、秘密とされているのが愛子様の影武者についてです。 現在ネット中でも愛子様の影武者疑惑が大きく浮上して騒がれています。 というのも、上記の画像を観て頂いてもわかるように、耳の高さが全然違ったり、顔や雰囲気が違うといった内容で、テレビに登場する愛子様は愛子様本人ではないと言われているのです。 昔では、愛子様は学校に入学して学生生活を送っている際に、いじめを受けているといった報道が流れましたが、この報道以来、実際に愛子様がテレビに出ることが少なくなったとされています。 しかし、愛子様も今では思春期とも言えるので、愛子様自身がテレビに出るのが恥ずかしいので出ていないのではという見解もあります。 ですが、愛子様影武者については影武者出会った場合に影武者を立てるほどの事なのかどうかはわかりかねます。 ひょっとしたらまだまだこの天皇家の秘密だけでなく、愛子様にも秘密があり、影武者を立てることによって秘密を隠されているのかもしれません。 藤原家と聞けばピンと来る人とピンとこない人もいらっしゃると思いますが、藤原家は日本最高の貴族とされています。 中でも藤原家は天皇家と深い関りがあり、天皇家は日本の最高神である、天照大御神の子孫とされていますが、藤原家は天照大御神が岩戸隠れをした際に登場する天児屋命の子孫とされています。 このころから天皇家と藤原家は深い関りがあると言われ、その関係は今もなお色濃く続いているとされています。 というのも、天皇家と藤原家が関りがあり、藤原家の子弟が現在の今上天皇にあだ名付けたりいじめたりしていると言われているのです。 実際に、藤原家があだ名付けたことは事実とされており、いじめているかどうかはわかりませんが、藤原家はこのよういずっと天皇家の近くにおり、天皇家をいじってきたとされています。 藤原家の人物は何卒身分が高い貴族とされ、雅子様や愛子様がいじめにあっていると報じられましたが、このいじめた人物も藤原家の人物ではないのかと言われています。 こういったことからも今もなお藤原家の天皇家との深い因縁が未だに続いていることが分かります。

次の