引越し 単身パック おすすめ。 単身引越しパックは安いか料金を比較!単身プランと運べる荷物の違いも解説|引越し見積もりは引越し侍

日通単身パックの引越し料金と評判&ヤマトと比較して安いのは?

引越し 単身パック おすすめ

「単身パック」は1989年に開発された、業界で初めてコンテナボックスを利用した単身者向けの引越しサービスです。 現在では、複数の引越会社がコンテナボックスによる引越しサービスを提供しており、名称も「単身パック」や「単身引越サービスパック」など様々です。 この「単身パック」、引越しを安く済ませたい、という方によく選ばれるプランになります。。 単身パックは運べる荷物の量の上限が決まっています。 このコンテナに乗る前提の料金設定ですので、料金は通常の引越しに比べれば金額は低いです。 また、スタッフによる事前の訪問見積もりも不要なのでお手軽に感じられます。 しかし、そう安易に選択をしてはいけません。 なぜならば、荷物が積みきれず通常の引越しよりも高くなってしまったということがままあるからです。 冷蔵庫は運べるが、洗濯機は運べない 布団は運べるが、ベッドは運べない など、各社サービスにより、コンテナボックスの大きさは異なります。 洋服や身の回りのものなど、必要最低限のものしか持ってかない方であれば問題ないかもしれませんが、大半の方はそうではないと思います。 ですので、ご自身の荷物量に対応したサービスかどうかをしっかりとお調べになることをおすすめします。 ここでは、コンテナボックスのサイズを参考に積込が可能なのかを見て行きましょう。 ここでは具体的にどういった違いがあるかをご紹介します。 積める量 やはり大きな違いは詰める荷物量の違いです。 引越し会社に依頼する場合は、最も小さい車両で「2tショート」1台、一部ではさらに小さい「軽トラック」1台となります。 単身パックではこの「軽トラック」1台よりも積載量は劣ります。 積み日と卸し日 普通の引越でしたら、現住居から荷物を積んだその日に新居に荷物を卸すのが普通です(長距離引越しなど覗く)。 単身パックはコンテナを「荷物」のように扱いますので集荷後、別日に配達されるのが基本的な流れとなります。。 資材の提供 引越し時の荷造りを自身でされる際に、梱包作業に必要な資材として、ダンボールやガムテープ、布団袋や食器の包装紙などがあります。 普通の引越しの場合は、これら資材は引越し会社から提供されますが(一部有料)、単身パックでは資材の提供はなく、自分自身で用意する必要があります。 コンテナボックスに荷物が積込できない人は、通常車両を借り切って運送するチャーター運送です。 荷物の量で車のサイズを決めます。 少量の荷物には軽トラやバンなど、大量の荷物には1. 5tトラックで運送します。 その場合、高さや横幅の規制もないので、単身パックなどコンテナボックスに積込きれない心配はなく、ベッドもマットレスも、最近では単身の方でも多いと思われる20インチ以上TVも普通の引越しであれば可能になるのです。 単身パックに詰込めなかった荷物は、別途サービスで送ったり、コンテナボックスを追加する事になるのです。 そうなると高くついてしまいます。 また、単身パックは段ボールの無料提供サービスがないところも多く、自ら段ボールを探さないといけません。 また、パックの内容によっても距離数の制限(同一都道府県内など)が設けられているものもありますので、注意が必要です。 単身パックの利用でもっとも気をつけなければならないのは「果たして、コンテナに荷物を積み切ることができるか」です。 単身パック利用には、大きく2つのリスクがあります。 一つは、単身パックを選んだ方が引越し代が高くついてしまうというリスク。 もう一つは希望の日に荷物を指定場所に届けられないかもしれないというリスクです。 指定のコンテナに積み込めればお手軽に安く引越しができますが、1つのコンテナには積みきれない場合が大半です。 オプションでコンテナを増やす場合は、当然費用が増加します。 もしコンテナを増やさない(増やせない:当日に発覚など)場合は、残りの荷物を他の方法で運ばなくてはなりません。 自力で運ぶか、宅配便など、別の輸送手段で送るか、別途単身パックを申し込むなどが考えられます。 自力で運ぶ場合は、レンタカー代がかかることが想定されますのでその分の費用が、宅急便の場合は配送料がそれぞれかかります。 また自力はともかくその他の方法では、希望通りの日程に荷物を到着させられるかどうかが不透明です。 新居での新生活が、必需品が欠けた状態でのスタートになってしまうかもしれません。 まず、大前提として「安く済ませたいから単身パックを選ぼう」とお考えになるのは間違いです。 「大型の家具家電を運ぶ予定がない、荷物量が超少ない、だったら単身パックを使って引越し代を節約できる」と自分の荷物量を確認してから考えるが正しいです。 これまでご説明した通り、単身パックひとつのコンテナで詰める荷物量はかなり限定的です。 ではそういった容量でも収まるであろう人はどういう人か。 ・単身赴任 ・家具付き住居への引越し ・シェアハウスへの引越し ・実家からの引越し(新居での家具・家電は新規購入が多い) 単身パックは目的とご自身の荷物をしっかりと把握した上で選択していただければ、想定外の費用がかかることもなく、安心して引越しを行うことができるのでお勧めします。

次の

単身パックはどこが安い?オススメ業者5選と一番安いプランの選び方

引越し 単身パック おすすめ

単身引っ越し料金の相場は? あなたはこれから単身での引っ越しをお考えでしょうか。 決して安くはない引っ越し費用、一体どのくらいかかるのか気になるところですよね。 一般的な単身世帯での引っ越しの平均的な値段としては、2万円台~7万円台が相場のようです。 値段の幅に開きがある理由としては、もちろん引越し業者によって値段が異なりますし、 引っ越し先までの距離、荷物の量、サービス内容、日程、時間帯などによっても、値段が変わってくるためです。 引っ越し料金というのは、何か商品を購入するときのような「定価」というのがありません。 形ある商品を購入するわけではなく、引っ越しという無形のサービスを購入するわけですね。 むろんトラック代や人件費などの原価はありますが、それら最低限かかる経費の上に、どれだけの利益を乗せてくるかというのは、引っ越し業者各社によって開きがあります。 繁忙期は利益を多めにし、閑散期は利益を少なめに設定するなど、会社によってまちまちですし、営業担当によっても思惑があるのでしょう。 私たちにとって、どのくらいの値段が相場なのかを知るためには、各引っ越し業者から見積もってもらうことが一番良いです。 引っ越しは、荷物の量や移動距離などの条件によってさまざまですので、ご自身の条件に照らし合わせた値段を、各社から見積ってもらうのです。 見積もり自体はどの会社も無料で行っていると思いますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。 後日営業をかけられるのが面倒かもしれませんが、見積もりをもらうことが一番手っ取り早く、且つ、正確な相場を知る方法だと思います。 必要に駆られて引っ越しをするわけですから、安く済ませられるなら、それに越したことはありませんね。 もし一番安く済ませたいとお考えなら、まずは複数の引っ越し業者から見積もりをとってください。 見積もりをとるには、営業の人から説明を受け、家財全体の内容を見積もってもらうため、1社あたりおよそ1時間かかります。 少々面倒ではありますが、複数の業者から見積もり金額を算出してもらうことで、価格交渉をすることが可能になります。 引っ越しの値段というのは、あるようで無いようなものです。 業者によってはかなり上乗せをした金額を提示してくるところもあります。 相対的に値段をみることで、より自分の希望に合った値段に近づけることができるわけです。 次に日程に関してです。 もし可能であるならば、繁忙期は避けましょう。 3月~4月は新年度を迎えるために、一年のなかで最も引っ越しが多い時期です。 そのために価格設定が必然と高くなってしまいます。 閑散期に引っ越しをすれば、価格交渉もしやすいので、安く済ませることができます。 また、時間帯は午前ではなく午後の枠で、サービス内容は極力控えめにし自分でできることはやる、という具合にやっていけば、かなりお値段を安くすることができます。 もちろん、学校や仕事の関係で都合よくできないケースもあるかと思いますので、ご自身の状況に合わせて検討してみてください。 相見積もりで賢く値段交渉を! 複数の引越し業者から見積もりを提出してもらい、それらを比較することを「相見積もり」と言います。 相見積もりが揃って初めて、安く引っ越すための下準備が整ったことになります。 相見積もりは、低料金の引越しを叶えるための最低条件に過ぎません。 ここから先は、相見積もりを使って、業者とのあいだでの交渉を有利に進めていくコツをお伝えします。 相見積もりで業者を落とす! 業者と値段交渉の段階に入ったら、相見積もりをしていることを伝えましょう。 「相見積もりで、相場と一番安い料金の業者が分かったから、業者に言わなくても良い」と思う方もいるでしょう。 しかし、それではせっかく相見積もりを取った意味が半減してしまいます。 また、「業者が気を悪くするのではないか」と思う方もいるかもしれませんが、その心配は不要です。 相見積もりは引越し業者のあいだでは当たり前のことだからです。 しかも、相見積もりに触れずに話を進めると、ふっかけられる可能性があります。 「相見積もりという引越し業界の慣例を知っていますよ」、「1円でも安いところへ依頼する気持ちでいますよ」と対等な立場であることをアピールするのです。 即決は慎重に あなたが相見積もりのリストを手にしながら引越し業者と交渉しているときに、どこよりも安い料金を提示してきたら、どうすべきでしょうか。 「よし、相見積もりの効き目があった!」と喜んでしまうのも無理はありませんが、その場で契約を決めてはいけません。 これは、引越し業界で働いてきた私でさえ、守っていることです。 私には相場の知識も、値引率もだいたい分かります。 それでも即決はしません。 なぜかというと、その安い料金を他の業者に見せることで、さらに安い金額を提示してもらえる可能性があるからです。 相見積もりを見て業者が値下げをしても、焦らない、慌てない。 いったん保留にして、多角的に検討することを心がけましょう。 会社を切り札に! 学生の方には使えない手ですが、社会人のための最強の切り札があります。 それは、ズバリ「会社」です。 社会人の引越しの多くは、会社からの異動によるものだと思います。 「引越ししろ」と言っている会社を、いわばダシにするのです。 基本は、自分はその値段で良くても会社にOKをもらわないといけない、ということです。 会社を盾に自分の都合の良い交渉へと持っていく作戦です。 まさに万能な切り札ですが、あくまでも切り札ですので、濫用すると効果が薄れます。 使いどころを誤らないようにしましょう。 相見積もりは2〜3社まで 安く引越しをするために相見積もりを取ることが重要だというお話はしました。 しかし、あまり多くの引越し業者から相見積もりを取ると、自分が混乱したりストレスに感じたりするもとになってしまいます。 見積もりをかける業者は2〜3社程度でかまいません。 2〜3社に絞り込むときには、初めから相場よりも高い料金設定をしているところは外しましょう。 こうした業者は値引きに応じる可能性が薄いからです。 一口に一括見積もりサイトといっても、さまざま。 特色もそれぞれですので、複数のサイトに登録しておきましょう。 登録すべき一括見積もりサイトは、ここで紹介するもので、ほとんどの引越し業者を網羅することができます。 そのなかから、安い引越しを叶えてくれる業者を絞り込んでいきましょう。

次の

引っ越しの単身パックの料金相場など徹底比較。ヤマト、日通などまとめ

引越し 単身パック おすすめ

単身長距離引越しを安くする方法 単身赴任や大学への進学、上京、転職など、男女問わず単身者でも長距離引越しをすることは多いでしょう。 短距離引越しであれば、相見積もりを取るだけで簡単に安くすることができますが、 単身者の長距離引越しでは、原価の高さから値引き交渉を渋られ、相見積もりを取るだけではあまり安くならない傾向にあります。 そのため、単身者の長距離引越しの場合は普段とは違う見積もりの取り方をしないといけないので注意しましょう。 混載便を利用する• 運送業者の単身パックを利用する• なぜなら、一人でトラックを貸し切っておこなう「チャーター便」と違い、複数の顧客でトラック一台をチャーターしている形になるため、一人分の負担は軽減でき、チャーター便の約半額程度まで値引くことができます。 ただし、複数の顧客の家財が一台のトラックに積み込まれるということは、家財が混同してしまう恐れや新居への到着日が異常に遅くなる可能性もあります。 混載便を利用するには信頼のおける引越し業者を利用しないといけません。 近距離引越しであれば、引越し業者に値引きをする余裕があるため、単身パックを利用するよりも値引き交渉をする方が引越し料金が安くなると言えます。 しかし長距離引越しの場合は原価の高さから引越し業者に値引きをする余裕がない点、長距離引越しを契約したら手配をかける引越し業者と違い全国への輸送ラインが年中途切れることがない点から、長距離引越しは単身パックの方が断然安くなります。 さらに、輸送方法は混載便と同じであるものの、家財はかご台車と呼ばれる台車で区切られているため、余程のことがなければ他の人と家財が混ざるということはありません。 ある意味、長距離引越しの単身パックは「365日混載便でありながら、輸送ラインが確立してるためすぐ新居に到着する」という痒い所に手が届くプランであると言えるのです。 しかし 都会から地方へ引越しをする場合は相見積もりによる値引きを期待することはできません。 長距離引越しを業者が手配する仕組みは、あなたの見積もりを担当した支社が、新居の近くにある支社に お金を払って「新居で作業員を貸してください」とお願いする必要があります。 同じ会社同士であっても、地元での引越し件数が少ない地方の支社は、この手配代で利益を上げているようなものなので、長距離引越しを手配する支社は高額な料金を請求されることになるのです。 そのため、地方の支社への手配代を計算すると、引越し業者としては「 無理に値引きするよりも退いた方がよい」となるため、短距離引越し時のような値引き競争が起きにくいと言えるのです。 単身長距離引越しの場合は単身パックや混載便で値引き交渉をしつつ、相見積もりで品質面を吟味するようにするとよいでしょう。

次の