パナソニック汐留美術館 アクセス。 パナソニック汐留ミュージアムの入館料で割引する方法やアクセスしやすい方法は?

パナソニック汐留ミュージアムの入館料で割引する方法やアクセスしやすい方法は?

パナソニック汐留美術館 アクセス

パナソニック株式会社は、イノベーションの加速を目指し、2018年12月3日(月)、東京都中央区 住友不動産汐留浜離宮ビル(5階・6階)にPanasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京、以下、PLT)をリニューアルオープンします。 PLTは2016年4月に東京都江東区 有明に開設し、AIやIoTなどの先進技術を開発する技術者を中心に、社内外とのコラボレーションを進めてきました。 2018年度からは、同じく共創ラボとして開設しているWonder LAB Osaka(ワンダーラボ大阪)、Panasonic Laboratory Fukuoka(パナソニックラボラトリー福岡)との一体運営を開始し、全社のイノベーションを支援するための活動を進めています。 PLTは開所3年目にあたり、社内外の共創活動をさらに加速するため規模の拡大を図り、オフィス空間のデザイン刷新および工房エリアの新設を行い、当社B2Bビジネスのメイン拠点である汐留浜離宮ビルに移転します。 オフィスエリア(6階)のデザインは、予防医学者・石川善樹氏の監修を受け、また株式会社ジンズの世界一集中できるオフィス「Think Lab」の知見を活用し、『共創と集中の両立』をコンセプトとして設計しました。 多様性や入り交じり加速する共創スペースに加えて、一人で深く集中して思考するための「Deep Think Room」を設置します。 空間設計に自然音や香り、オフィスグリーンや照明といった五感のゆらぎ要素を取り入れ、仕事を開始してから深い集中にいたるまでの動線フローを実現します。 工房エリア(5階)は、株式会社ロフトワークと協働した設計で、将来のソリューションを見立てるための「Mitate HUB」を軸に各テーマの実験スペースを集めています。 また、B2Bビジネス視点からの技術開発テーマの強化も推進していきます。 新たに生まれ変わるPanasonic Laboratory Tokyoを通して、社内外共創を加速し、ユーザー体験を重視した新規事業創出を加速していきます。

次の

【パナソニック汐留ミュージアム】アクセス・営業時間・料金情報

パナソニック汐留美術館 アクセス

パナソニック株式会社は、イノベーションの加速を目指し、2018年12月3日(月)、東京都中央区 住友不動産汐留浜離宮ビル(5階・6階)にPanasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京、以下、PLT)をリニューアルオープンします。 PLTは2016年4月に東京都江東区 有明に開設し、AIやIoTなどの先進技術を開発する技術者を中心に、社内外とのコラボレーションを進めてきました。 2018年度からは、同じく共創ラボとして開設しているWonder LAB Osaka(ワンダーラボ大阪)、Panasonic Laboratory Fukuoka(パナソニックラボラトリー福岡)との一体運営を開始し、全社のイノベーションを支援するための活動を進めています。 PLTは開所3年目にあたり、社内外の共創活動をさらに加速するため規模の拡大を図り、オフィス空間のデザイン刷新および工房エリアの新設を行い、当社B2Bビジネスのメイン拠点である汐留浜離宮ビルに移転します。 オフィスエリア(6階)のデザインは、予防医学者・石川善樹氏の監修を受け、また株式会社ジンズの世界一集中できるオフィス「Think Lab」の知見を活用し、『共創と集中の両立』をコンセプトとして設計しました。 多様性や入り交じり加速する共創スペースに加えて、一人で深く集中して思考するための「Deep Think Room」を設置します。 空間設計に自然音や香り、オフィスグリーンや照明といった五感のゆらぎ要素を取り入れ、仕事を開始してから深い集中にいたるまでの動線フローを実現します。 工房エリア(5階)は、株式会社ロフトワークと協働した設計で、将来のソリューションを見立てるための「Mitate HUB」を軸に各テーマの実験スペースを集めています。 また、B2Bビジネス視点からの技術開発テーマの強化も推進していきます。 新たに生まれ変わるPanasonic Laboratory Tokyoを通して、社内外共創を加速し、ユーザー体験を重視した新規事業創出を加速していきます。

次の

パナソニック汐留美術館のアクセス・キャパ・座席・駐車場・スケジュール等の会場情報

パナソニック汐留美術館 アクセス

パナソニック株式会社は、イノベーションの加速を目指し、2018年12月3日(月)、東京都中央区 住友不動産汐留浜離宮ビル(5階・6階)にPanasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京、以下、PLT)をリニューアルオープンします。 PLTは2016年4月に東京都江東区 有明に開設し、AIやIoTなどの先進技術を開発する技術者を中心に、社内外とのコラボレーションを進めてきました。 2018年度からは、同じく共創ラボとして開設しているWonder LAB Osaka(ワンダーラボ大阪)、Panasonic Laboratory Fukuoka(パナソニックラボラトリー福岡)との一体運営を開始し、全社のイノベーションを支援するための活動を進めています。 PLTは開所3年目にあたり、社内外の共創活動をさらに加速するため規模の拡大を図り、オフィス空間のデザイン刷新および工房エリアの新設を行い、当社B2Bビジネスのメイン拠点である汐留浜離宮ビルに移転します。 オフィスエリア(6階)のデザインは、予防医学者・石川善樹氏の監修を受け、また株式会社ジンズの世界一集中できるオフィス「Think Lab」の知見を活用し、『共創と集中の両立』をコンセプトとして設計しました。 多様性や入り交じり加速する共創スペースに加えて、一人で深く集中して思考するための「Deep Think Room」を設置します。 空間設計に自然音や香り、オフィスグリーンや照明といった五感のゆらぎ要素を取り入れ、仕事を開始してから深い集中にいたるまでの動線フローを実現します。 工房エリア(5階)は、株式会社ロフトワークと協働した設計で、将来のソリューションを見立てるための「Mitate HUB」を軸に各テーマの実験スペースを集めています。 また、B2Bビジネス視点からの技術開発テーマの強化も推進していきます。 新たに生まれ変わるPanasonic Laboratory Tokyoを通して、社内外共創を加速し、ユーザー体験を重視した新規事業創出を加速していきます。

次の