マイナビ 保育 士 求人。 マイナビ保育士の口コミ・評判

保育士転職なら求人サイト比較ランキングがおすすめ

マイナビ 保育 士 求人

利用は 無料。 マイナビのノウハウが詰まった保育士専用の転職サイト マイナビ保育士へ登録をして気になった点は以下の5つです。 エージェントの対応力は担当により異なる 2. 求人紹介について自信がない 3. 登録後の電話が遅い 4. 求人紹介の連絡の約束がない 5. 友達を紹介してと営業される では、その理由について書いていきましょう。 アドバイザーの対応力は担当により異なる【質問力が低い】 色々な会社に登録をすると、アドバイザーにすごく差があります。 圧倒的にすごいのは保育士バンク。 質も対応も一番良かったですが マイナビ保育士のアドバイザーは微妙でした。 質問力は低く、ヒアリングについてはこちらが主導で話をしていく感じになりました。 前回もマイナビで転職をしており、かなり対応の良いアドバイザーだったので、人によって差があるという印象です。 求人紹介について自信がない【希望に添えない】 求人紹介については自信がありません。 私は今回大阪で、保育士の求人の中でも数が多い地域です。 そこの条件に見合う(管理職・給料が高め)という条件になると 「ん~難しい」となってしまいました。 他のサイトはすべて「探します」という返事だっただけに残念です。 マイナビだけは 「他のサイトも併用していただいて」という返事になってしまいました。 登録後の電話が遅い【他のサイトと差がある】 登録後に電話がすぐにあったのは、保育士バンク。 日曜日にも関わらず、登録後30分でありました。 それに比べてマイナビ保育士は翌日の夜(19時ごろ)でした。 実は5つ同時に登録をしていたのですが、その中で 一番遅かったのは残念でした。 求人紹介の連絡の約束がない【他のサイトはあり】 次に、求人紹介の約束がないという点も残念な結果です。 5つ中2つは「また連絡します」という返事に対してマイナビは「またメールします」という返事のみ。 マイナビはメールはたしかにくれましたが、求人紹介の約束がない点は少し残念です。 なくても「探します」と言ってほしかったですね。 友達を紹介してと営業される【マイナビ保育士は微妙】 転職のために登録をしているのですが 「友達を紹介してほしい」ということがありました。 これについては残念ですね。 そもそも、自分のことで精一杯なのですが、そこで紹介をしてくれとなると人のことまで気になります。 これについては、落ち着いてから言ってほしかったと思います。 マイナビ保育士の弱点とは?無料相談をして不安になる マイナビ保育士に登録をして、電話がありました。 そのときに希望の条件、給料、保育園の規模、転職に関する疑問質問がありました。 無料相談という形でしたのですが、少し不安にかんじましたね。 マイナビ保育士は全国対応ではない【関東に集中】 全国対応をうたっていますが、マイナビ保育士はどちらかといえば首都圏より。 しかも、 関東に力を入れています。 そのため、地方には少なく、大阪でもネットワークが少ないのかあまり期待できない感じです。 逆に関東に住んでいる保育士さんにとっては、使いやすい保育園だといえますね。 電話はしつこい?連絡がこないこともある? 電話についてはしつこくはなかったです。 とても丁寧で親近感も持てました。 電話というよりはメールでのやりとりが主になっていました。 連絡はきちんとよこしてくれますので、うわさに左右されないようにしましょう。 転職サイトのメインは危険【他のサイトと併用すべき】 使った印象としては、 メインの転職サイトとして使うのは危険です。 マイナビ保育士だけだとリスクがあります。 特に保育士バンクと保育のお仕事は登録をして、情報収集、求人をより多く見るためにも登録をしたほうが良いでしょう。 常時15000件の求人数、エージェントの対応と質はピカイチ。 様々な雇用形態に対応してくれるサイト。 リアルなイベントも開催中。 マイナビ保育士の特徴と口コミ評判【就職セミナーの実施】 マイナビ保育士と使ってみると、さすがという特徴や口コミ評判がありました。 それについて書いていきます。 マイナビのノウハウを活かした転職サイト マイナビ保育士のすごさは、転職に関するネットワークです。 なんといっても、 大手のマイナビですので、そのノウハウは保育士にもあるというのが現状。 併用をするなら、転職サイトとして十分ありだといえますね。 マイナビ保育士は就職セミナーを実施【保育園と出会いあり】 他の転職サイトも保育士フェアなどを実施していますが、マイナビも実施をしています。 就職セミナーという名称で、様々な地域で実施をしており、保育士と保育園の出会いを提供しています。 マイナビ保育士の口コミ評判 次にマイナビ保育士の口コミと評判です。 こちらは、良い評判です。 マイナビ保育士の転職サイトからの情報ですが、親身になってくれるという点はかなり魅力的ですね。 ・キャリアアドバイザーの方が親身になって話を聞いてくださり、面接のポイントも教えてくれた。 ・細かい条件まで聞いて下さり、いろいろな提案や相談に乗っていただけた。 ・入社希望日まで日数が少ない中でもサポートをしていただき、仕事が決まった。 (参考:マイナビ保育士公式ページ「」) しかし、それだけではなく、悪い口コミと評判もあります。 ・希望に沿った求人の紹介はなかった。 ・メールの返信が遅く、すぐに聞きたいことが聞けなかった。 ・サイトの検索が使いにくい。 ・転職で必死なのに、友達を紹介してくれと営業された どのサイトも良し悪しがありますので、ノンストレスで行くためには併用が一番おすすめかといえます。 マイナビ保育士の求人募集へ応募する方法5ステップ【登録から退会】 次にマイナビ保育胃の求人へ応募をするステップです。 とても簡単なので、やってみましょう。 マイナビ保育士へ登録をする 公式サイトから質問に順番に答えていくだけです。 私は2分くらいで完了しました。 マイナビ保育士からヒアリングの電話がある マイナビ保育士からヒアリングの電話があります。 平日だと、当日もしくは翌日には電話がありますので、そこで希望を伝えましょう。 その時に、退職の理由を明確にしておくと、転職先がその問題を解決してくれる可能性が高いです。 求人の紹介をうけ採用試験を受けるか検討する 求人の紹介を受けて、試験を受けるか決めます。 条件などを把握して、よく考えましょう。 面接日程の調整をして保育園へ行く 面接の日程やマイナビがしてくれます。 あなたの希望にそった面接日時を依頼し、対応をしてもらいましょう。 内定がでれば書面で契約し終了 内定を勝ち取れば、書面で条件を確認しましょう。 書面で確認をしておけば、あとから条件が違うかったという話もなくなります。 マイナビ保育士を退会する 内定を勝ち取れば、あとは退会するだけです。 しかし、マイナビ保育士の面倒なのは担当者にメールもしくは電話をしなければならない点です。 退会フォームなどもないため、自分から連絡をしましょう。 マイナビ保育士の求人へ応募した実体験【他のサイトと併用しよう】 マイナビ保育士の求人へ登録をして応募しました。 その結果からみると、メインで使うのは危険ですね。 他のサイトと併用をしておき、サブとして使う方が無難でしょう。 私も5つ登録してわかったのですが、メインは大手に限ります。 求人の質、エージェントの対応力、ヒアリング力をみても明らかでした。 マイナビを使った印象は「少し不安」でしたので、他サイトと併用おすすめします。 利用は 無料。 マイナビのノウハウが詰まった保育士専用の転職サイト taka元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka 【経歴】 ・現場の保育士から保育園の園長になった経験 ・子供の教育関係の経験あり。 幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。 今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。 【簡単な紹介】 関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。 趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。 今はサラリーマンをしながら副業を実践中! ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。 個別のブログ運用コンサルも実践中。 【サイトの運営目的】 子育てって難しくて悩みがつきません。 そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。 保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です! 実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

次の

保育士さんのお給料『年代別月収・年収アンケート』|保育士の転職・求人・募集なら【マイナビ保育士】

マイナビ 保育 士 求人

40代以上の保育士も求人はあるので転職可能 「少しでも経験のある人材(保育士)を採用したい」との思いから、年齢層が高い保育士をターゲットにして求人を行なう保育園も少なくありません。 特に担任ができる保育士はもちろん、副園長候補や園長候補といった、役職あるポジションでの募集については、やはり経験のある40代以上の保育士が採用されることが多くあります。 また、40代以上で、たとえば「子育てが一旦落ち着いたので復職したい」と考えている人も、働きやすいと感じるような環境を整えている保育園もあります。 そのような保育園の場合は実際に40代以上の保育士が活躍していたり、求人を出す場合でも「ブランクOK」としていることが多いです。 このため、40代以上の保育士でも転職することは可能です。 未経験でも資格を取得すれば転職可能 保育士として勤務した経験がなくても、保育士の国家資格を取得すれば転職することが可能です。 保育士の国家資格の取得方法は2通りあります。 1つ目は、保育士を要請するための課程がある教育機関を卒業するという方法です。 2つ目は、1年に2回行われている保育士の国家試験に合格するという方法です。 2つ目の国家試験に合格するという方法ですが、これは自分で通信教育などを活用して勉強するか、もしくはハローワークが主催する職業訓練に申し込み、2年間受講をしてから国家試験を受験するという方法があります。 ちなみに保育士の国家試験を受験するのに年齢制限はありませんが、学歴などは一般社団法人全国保育士養成協議会による取り決めがあります。 パートとして働くのも選択肢に入れよう 保育士という仕事は、正社員という働き方だけではなく、実はパートという働き方ができる職種でもあります。 たとえば、子育てをしたり介護をしたりと、仕事以外に時間をかける必要がある場合、どうしても勤務時間に制約があるということもあるでしょう。 その場合は、フルタイム勤務の正社員ではなく、パートとして勤務するということも選択肢にいれて転職を考えるのも一つの方法だといえます。 保育士不足と言われている今、正社員での勤務が難しいという人のために、パートでの勤務も可能としている保育園も多くありますし、中にはパートとして勤務をするという場合も、時間外手当や、福利厚生面は正社員とほぼ同等に整えているという保育園もあります。 管理職としてキャリアアップすることもできる 経験を積んだ40代以上の保育士であれば、主任や副園長など、管理職としてキャリアアップすることも可能です。 今までの経験を生かしてリーダーシップをとったり、保護者対応や子供の対応をしたりといったことにも慣れていると判断されることが多いですから、保育士にとって40代以上で転職するというのは、キャリアアップのための強みになるでしょう。 また各自治体や、民間企業全体で、保育園を新設しようという動きが広まってきています。 このため、たとえば新しい保育園が開園するための管理職として勤務することができることもあります。 このため、40代以上で転職する際は今までの経験や人生経験をアピールポイントに、管理職を目指すことも可能です。 40代保育士はこれまでの経験と実績をアピールしよう 保護者対応や子供たちへの対応一つとってみても、経験を積んだ40代の保育士だからこそできる対応があるのではないでしょうか。 子育てを経験していれば、保護者が抱える子育て全般に対しての悩みや不安、心配事を聞くことができます。 また、子供一人ひとりへの対応方法に慣れているということもあります。 そのため、まだ経験が浅い、若い保育士に教育を行なうことができるということも言えるでしょう。 また、保育園行事の際にどのような役割を引き受けて、どのようなアイデアで行事を盛り上げたなど、具体的なエピソードを織り交ぜてアピールすると、入職後に具体的に活躍する様子がイメージしやすくなります。 エピソードを伝える場合は、自慢話となってしまうことの無いように注意が必要です。 数字や具体的なエピソードで実績をアピールしよう ただ単純に、「12年保育士として勤めています」というだけだと、具体的にどのような経験があるのか、採用する側にうまく伝わるとは言えません。 保育士として勤務した12年間の間に、たとえば保護者の不安を取り除き、安心感を与えられることができたと感じられたエピソードがあれば、具体的に伝えましょう。 保護者対応のエピソードは、若い保育士にはない経験ですから、高評価を得やすいと言えます。 また、子供同士のトラブルなどの際に対応したエピソードなども、具体的に伝えられるとよいでしょう。 そして、以前の保育園では何歳児を見ていたのか、特にどのようなことに気を付けていたのかなど、具体的な数字や、保育に対する自身の考えなども織り交ぜながらアピールするのも評価を得やすくなります。 年下の保育士とも上手くやれることをアピールしよう 40代の保育士を採用しようと考える保育園が心配する点が、若い年下の保育士と上手に関係を築いていくことができるかという点です。 経験があるからと言って、「若い保育士は自分が考えるとおりに動けばいい」という傲慢な考え方では、入職したあとにスムーズに仕事を進めることが難しいでしょう。 伝え方としては、今まで保育士として勤務してきた経験があるからこそ、若い保育士の悩みにアドバイスできるという伝え方が良いでしょう。 加えて、これからは若い保育士を育てていく必要があるので、若い芽を伸ばすために自分ができることをしっかりサポートしていきたい、という意思を伝えると、年下の保育士とも上手くやっていけると感じてもらうことができます。 40代保育士の転職で実際に使える志望動機と自己PR 40代の保育士が実際に転職するとなったときに経験が武器になることは説明してきました。 次に「今まで保育士として勤務してきた経験をどのように書いたら良いアピールができるのかわからない」という場合や、「多くの保育園の中で、志望する保育園で働きたいと考えていることはどうやったらしっかり伝わるかわかららない」という場合に効果的な、志望動機と自己PRの例文を記載します。 志望動機も自己PRも、今まで培ってきた経験や、自分自身の保育に対する考え、またこれからどのような考え方をもって保育士として働きたいかを記載します。 ポイントとしては、具体的にそして数字を織り交ぜながら相手にわかりやすく伝わるように記載するということです。 志望動機の例 自分が子育てを経験しているということもあり、保護者の方への対応はそれなりにできるのではと考えています。 8年前まで保育士として勤務していたころは、子育ての経験がなかったために保護者の方からの相談に適切なアドバイスができていなかったように感じます。 一方、現在は子育てをしながらの勤務となりますので、保育園に居る年齢の子どもの子育てについては悩み、考えたと思います。 このことから、保護者の方や、職員の方の悩みも聞くことができる、相談役のような存在になれるのかなとも考えています。 40代保育士におすすめの転職先の選び方 40代の保育士が活躍できる転職先は、どのような転職先なのでしょうか。 年齢的にも、そう何回も転職できるというわけではありませんから、じっくりと腰を据えて働くことのできる保育園を探したいものです。 ポイントは、管理職登用があるかどうか(キャリアアップできる環境があるかどうか)、また幅広い年代の職員が働いている保育園であるかどうかという点です。 せっかく転職するのですから、経験を生かせる環境で働きたいですよね。 そうなると、キャリアアップできる環境であるかどうかというのは転職先を決めるうえでとても大切な要素になります。 また、幅広い年代の職員が働いている保育園というのは、長く働き続けている人が多いという証にもなりますから、その点も確認したいポイントです。 管理職登用がある求人を探す 経験を生かして転職し、入職するというわけですから、当然、主任や、副園長などの管理職を目指したいところです。 最近は保育施設を増やそうとする動きが広く広まっていますから、管理職登用がある求人も増えてきています。 管理職登用ありの求人で核にしたいポイントは、なぜ管理職登用が可能か、という点です。 たとえば、職員全体の年齢層が上がっているという理由であれば、長く続ける人が多いということの表れでもありますから、安心して選ぶことができます。 そして、新しい保育施設を開園したいから、という理由であれば、即戦力として活躍したのち、管理職になれる機会も巡ってきやすくなるはずです。 このように、管理職登用がある求人を探し、さらになぜ管理職登用が可能なのか、というところまで抑えておきましょう。 職員の年代の幅が広い保育園を探す たとえば専門学校や大学などを卒業したばかりの若い世代、そして30代や40代のベテラン・中堅世代、そして50代、60代の超ベテラン世代など、幅広い年代の職員が活躍しているということも、保育園をおすすめする理由になります。 幅広い年代の職員がいるということは、それだけ人間関係も良好であると感じている職員が多く、その保育園に勤めている職員が「長く働きたい」と考えているという何よりの証拠になります。 年代が上の人が若い世代を相手にしなかったりという保育園には、若い世代の保育士は定着しません。 また、ベテラン世代が若い世代をしっかりと教育できる体制をとれていない保育園も、若い世代の定着は難しいでしょう。 このため、幅広い世代の保育士が活躍している保育園をおすすめします。 民間よりも公立保育園の方が年代は高め 公立保育園に勤務している保育士の方が、民間の保育園に勤務している保育士よりも年齢層は高めです。 これは、公立保育園に勤めている保育士の場合は産休や育休などの制度が徹底されていることが理由の一つとしてあげられます。 また、保育園は公的な福祉施設という立ち位置でもあります。 公立保育園で勤務するということは、その自治体の公務員という扱いになりますから、勤務年数によって給与がきちんと上がっていくという仕組みがあることも理由の一つです。 保育士で公務員という扱いになりますから、「長く勤めたい」と考える人が多いために、民間の保育園よりも公立の保育園の方が保育士をはじめとした職員の年代は高いという傾向にあります。 40代保育士におすすめの転職サイト 40代が転職サイトを利用するメリットとしては、2点あります。 1点目が、キャリアアップができる保育園かどうか、というのが明確にわかるところです。 求人情報のなかに、「管理職登用可能」や「管理職登用実績あり」などの文言がある場合、その保育園ではキャリアアップができる可能性があります。 2点目は、雇用形態や給与、勤務時間、福利厚生制度などが一目でわかるようになっているところです。 面接時に「思い描いていた雇用条件ではない」とならないよう、予め記載されている条件は良く読んでおくことをおすすめします。 マイナビ保育士 「マイナビ保育士」は、株式売社マイナビが運営する保育士の求人に特化した転職サイトです。 マイナビ保育士の特徴は2点あります。 1点目が検索条件をかなり細かく設定できるという点です。 こだわり条件では、保育園の定員数を絞ることができるほか、エリアマネージャーや主任、園長などのポジションの求人があるか、細かく条件を設定することができます。 2点目は、求人数が豊富にあるという点です。 マイナビといえば人材業界でも大手企業ですから、扱う案件数も数多くあります。 これにより、自分にあった保育園を選ぶことが可能です。 保育ひろば 保育士のための転職支援サービス「保育ひろば」は、全国にある保育士の求人を探すことが可能です。 サイトの登録後、すぐにキャリアコンサルタントから電話がかかってきます。 その際に、希望年収や希望勤務エリア、またそのほか希望する条件などを丁寧にヒアリングしてくれると評判です。 また、応募前に、ミスマッチを生まないように転職を希望する保育園の様子を細かく教えてくれたりと、転職が成功するよう、きめ細やかなサポートをしてくれる体制が整っている点も評価できます。

次の

東京都で保育園の求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】

マイナビ 保育 士 求人

40代以上の保育士も求人はあるので転職可能 「少しでも経験のある人材(保育士)を採用したい」との思いから、年齢層が高い保育士をターゲットにして求人を行なう保育園も少なくありません。 特に担任ができる保育士はもちろん、副園長候補や園長候補といった、役職あるポジションでの募集については、やはり経験のある40代以上の保育士が採用されることが多くあります。 また、40代以上で、たとえば「子育てが一旦落ち着いたので復職したい」と考えている人も、働きやすいと感じるような環境を整えている保育園もあります。 そのような保育園の場合は実際に40代以上の保育士が活躍していたり、求人を出す場合でも「ブランクOK」としていることが多いです。 このため、40代以上の保育士でも転職することは可能です。 未経験でも資格を取得すれば転職可能 保育士として勤務した経験がなくても、保育士の国家資格を取得すれば転職することが可能です。 保育士の国家資格の取得方法は2通りあります。 1つ目は、保育士を要請するための課程がある教育機関を卒業するという方法です。 2つ目は、1年に2回行われている保育士の国家試験に合格するという方法です。 2つ目の国家試験に合格するという方法ですが、これは自分で通信教育などを活用して勉強するか、もしくはハローワークが主催する職業訓練に申し込み、2年間受講をしてから国家試験を受験するという方法があります。 ちなみに保育士の国家試験を受験するのに年齢制限はありませんが、学歴などは一般社団法人全国保育士養成協議会による取り決めがあります。 パートとして働くのも選択肢に入れよう 保育士という仕事は、正社員という働き方だけではなく、実はパートという働き方ができる職種でもあります。 たとえば、子育てをしたり介護をしたりと、仕事以外に時間をかける必要がある場合、どうしても勤務時間に制約があるということもあるでしょう。 その場合は、フルタイム勤務の正社員ではなく、パートとして勤務するということも選択肢にいれて転職を考えるのも一つの方法だといえます。 保育士不足と言われている今、正社員での勤務が難しいという人のために、パートでの勤務も可能としている保育園も多くありますし、中にはパートとして勤務をするという場合も、時間外手当や、福利厚生面は正社員とほぼ同等に整えているという保育園もあります。 管理職としてキャリアアップすることもできる 経験を積んだ40代以上の保育士であれば、主任や副園長など、管理職としてキャリアアップすることも可能です。 今までの経験を生かしてリーダーシップをとったり、保護者対応や子供の対応をしたりといったことにも慣れていると判断されることが多いですから、保育士にとって40代以上で転職するというのは、キャリアアップのための強みになるでしょう。 また各自治体や、民間企業全体で、保育園を新設しようという動きが広まってきています。 このため、たとえば新しい保育園が開園するための管理職として勤務することができることもあります。 このため、40代以上で転職する際は今までの経験や人生経験をアピールポイントに、管理職を目指すことも可能です。 40代保育士はこれまでの経験と実績をアピールしよう 保護者対応や子供たちへの対応一つとってみても、経験を積んだ40代の保育士だからこそできる対応があるのではないでしょうか。 子育てを経験していれば、保護者が抱える子育て全般に対しての悩みや不安、心配事を聞くことができます。 また、子供一人ひとりへの対応方法に慣れているということもあります。 そのため、まだ経験が浅い、若い保育士に教育を行なうことができるということも言えるでしょう。 また、保育園行事の際にどのような役割を引き受けて、どのようなアイデアで行事を盛り上げたなど、具体的なエピソードを織り交ぜてアピールすると、入職後に具体的に活躍する様子がイメージしやすくなります。 エピソードを伝える場合は、自慢話となってしまうことの無いように注意が必要です。 数字や具体的なエピソードで実績をアピールしよう ただ単純に、「12年保育士として勤めています」というだけだと、具体的にどのような経験があるのか、採用する側にうまく伝わるとは言えません。 保育士として勤務した12年間の間に、たとえば保護者の不安を取り除き、安心感を与えられることができたと感じられたエピソードがあれば、具体的に伝えましょう。 保護者対応のエピソードは、若い保育士にはない経験ですから、高評価を得やすいと言えます。 また、子供同士のトラブルなどの際に対応したエピソードなども、具体的に伝えられるとよいでしょう。 そして、以前の保育園では何歳児を見ていたのか、特にどのようなことに気を付けていたのかなど、具体的な数字や、保育に対する自身の考えなども織り交ぜながらアピールするのも評価を得やすくなります。 年下の保育士とも上手くやれることをアピールしよう 40代の保育士を採用しようと考える保育園が心配する点が、若い年下の保育士と上手に関係を築いていくことができるかという点です。 経験があるからと言って、「若い保育士は自分が考えるとおりに動けばいい」という傲慢な考え方では、入職したあとにスムーズに仕事を進めることが難しいでしょう。 伝え方としては、今まで保育士として勤務してきた経験があるからこそ、若い保育士の悩みにアドバイスできるという伝え方が良いでしょう。 加えて、これからは若い保育士を育てていく必要があるので、若い芽を伸ばすために自分ができることをしっかりサポートしていきたい、という意思を伝えると、年下の保育士とも上手くやっていけると感じてもらうことができます。 40代保育士の転職で実際に使える志望動機と自己PR 40代の保育士が実際に転職するとなったときに経験が武器になることは説明してきました。 次に「今まで保育士として勤務してきた経験をどのように書いたら良いアピールができるのかわからない」という場合や、「多くの保育園の中で、志望する保育園で働きたいと考えていることはどうやったらしっかり伝わるかわかららない」という場合に効果的な、志望動機と自己PRの例文を記載します。 志望動機も自己PRも、今まで培ってきた経験や、自分自身の保育に対する考え、またこれからどのような考え方をもって保育士として働きたいかを記載します。 ポイントとしては、具体的にそして数字を織り交ぜながら相手にわかりやすく伝わるように記載するということです。 志望動機の例 自分が子育てを経験しているということもあり、保護者の方への対応はそれなりにできるのではと考えています。 8年前まで保育士として勤務していたころは、子育ての経験がなかったために保護者の方からの相談に適切なアドバイスができていなかったように感じます。 一方、現在は子育てをしながらの勤務となりますので、保育園に居る年齢の子どもの子育てについては悩み、考えたと思います。 このことから、保護者の方や、職員の方の悩みも聞くことができる、相談役のような存在になれるのかなとも考えています。 40代保育士におすすめの転職先の選び方 40代の保育士が活躍できる転職先は、どのような転職先なのでしょうか。 年齢的にも、そう何回も転職できるというわけではありませんから、じっくりと腰を据えて働くことのできる保育園を探したいものです。 ポイントは、管理職登用があるかどうか(キャリアアップできる環境があるかどうか)、また幅広い年代の職員が働いている保育園であるかどうかという点です。 せっかく転職するのですから、経験を生かせる環境で働きたいですよね。 そうなると、キャリアアップできる環境であるかどうかというのは転職先を決めるうえでとても大切な要素になります。 また、幅広い年代の職員が働いている保育園というのは、長く働き続けている人が多いという証にもなりますから、その点も確認したいポイントです。 管理職登用がある求人を探す 経験を生かして転職し、入職するというわけですから、当然、主任や、副園長などの管理職を目指したいところです。 最近は保育施設を増やそうとする動きが広く広まっていますから、管理職登用がある求人も増えてきています。 管理職登用ありの求人で核にしたいポイントは、なぜ管理職登用が可能か、という点です。 たとえば、職員全体の年齢層が上がっているという理由であれば、長く続ける人が多いということの表れでもありますから、安心して選ぶことができます。 そして、新しい保育施設を開園したいから、という理由であれば、即戦力として活躍したのち、管理職になれる機会も巡ってきやすくなるはずです。 このように、管理職登用がある求人を探し、さらになぜ管理職登用が可能なのか、というところまで抑えておきましょう。 職員の年代の幅が広い保育園を探す たとえば専門学校や大学などを卒業したばかりの若い世代、そして30代や40代のベテラン・中堅世代、そして50代、60代の超ベテラン世代など、幅広い年代の職員が活躍しているということも、保育園をおすすめする理由になります。 幅広い年代の職員がいるということは、それだけ人間関係も良好であると感じている職員が多く、その保育園に勤めている職員が「長く働きたい」と考えているという何よりの証拠になります。 年代が上の人が若い世代を相手にしなかったりという保育園には、若い世代の保育士は定着しません。 また、ベテラン世代が若い世代をしっかりと教育できる体制をとれていない保育園も、若い世代の定着は難しいでしょう。 このため、幅広い世代の保育士が活躍している保育園をおすすめします。 民間よりも公立保育園の方が年代は高め 公立保育園に勤務している保育士の方が、民間の保育園に勤務している保育士よりも年齢層は高めです。 これは、公立保育園に勤めている保育士の場合は産休や育休などの制度が徹底されていることが理由の一つとしてあげられます。 また、保育園は公的な福祉施設という立ち位置でもあります。 公立保育園で勤務するということは、その自治体の公務員という扱いになりますから、勤務年数によって給与がきちんと上がっていくという仕組みがあることも理由の一つです。 保育士で公務員という扱いになりますから、「長く勤めたい」と考える人が多いために、民間の保育園よりも公立の保育園の方が保育士をはじめとした職員の年代は高いという傾向にあります。 40代保育士におすすめの転職サイト 40代が転職サイトを利用するメリットとしては、2点あります。 1点目が、キャリアアップができる保育園かどうか、というのが明確にわかるところです。 求人情報のなかに、「管理職登用可能」や「管理職登用実績あり」などの文言がある場合、その保育園ではキャリアアップができる可能性があります。 2点目は、雇用形態や給与、勤務時間、福利厚生制度などが一目でわかるようになっているところです。 面接時に「思い描いていた雇用条件ではない」とならないよう、予め記載されている条件は良く読んでおくことをおすすめします。 マイナビ保育士 「マイナビ保育士」は、株式売社マイナビが運営する保育士の求人に特化した転職サイトです。 マイナビ保育士の特徴は2点あります。 1点目が検索条件をかなり細かく設定できるという点です。 こだわり条件では、保育園の定員数を絞ることができるほか、エリアマネージャーや主任、園長などのポジションの求人があるか、細かく条件を設定することができます。 2点目は、求人数が豊富にあるという点です。 マイナビといえば人材業界でも大手企業ですから、扱う案件数も数多くあります。 これにより、自分にあった保育園を選ぶことが可能です。 保育ひろば 保育士のための転職支援サービス「保育ひろば」は、全国にある保育士の求人を探すことが可能です。 サイトの登録後、すぐにキャリアコンサルタントから電話がかかってきます。 その際に、希望年収や希望勤務エリア、またそのほか希望する条件などを丁寧にヒアリングしてくれると評判です。 また、応募前に、ミスマッチを生まないように転職を希望する保育園の様子を細かく教えてくれたりと、転職が成功するよう、きめ細やかなサポートをしてくれる体制が整っている点も評価できます。

次の