ポケモン 個体 値 チェッカー。 GBA共通データベース|ポケモン徹底攻略

【ポケモンUSUM】個体値の確認方法・見方・解放条件まとめ【ジャッジ機能とは】

ポケモン 個体 値 チェッカー

ですので、「Poke Genie」はサクサク動きます。 ウェブサイトの個体値計算ツールは、ブラウザ経由なのでどうしても動きのモッサリ感があります。 また、スマホアプリと言ってもときどきある「ウェブサイトをそのまま埋め込みました」みたいな作りではない ネイティブアプリなので、これも キビキビ動く良さにつながっています。 スクリーンショットで簡単に個体値確認が可能 iPhone での個体値確認方法は、スクリーンショットを利用します。 後ほど詳細手順はご紹介しますが、 ポケモンGOのポケモン画面でスクリーンショット(画面ショット)を撮り、「Poke Genie」でその写真を取り込めばすぐわかります。 Android だとポケモンGOの画面から一発で確認可能 iPhone はスクリーンショットの画像が必要ですが、 Android はポケモンGOを開いたまま、ボタン一発で個体値が確認可能です! ホントこれは便利ですばらしい… iPhone は iOS の仕組み上、必ず一度スクリーンショットを撮って「Poke Genie」に読み込ませなければいけないんですよね 効率を考えると、Android デバイスでの「Poke Genie」利用は非常にオススメです。 進化・強化に必要な「アメ」「ほしのすな」の数がわかる これも非常に便利な機能です。 「このポケモンを PL(ポケモンレベル)35 まで育てるとどれぐらいのアメとほしのすな必要なのかなー」ということが一発でわかります。 キラポケモンにも対応しているので、この機能はホント便利です。 さらにある豊富な機能 これまで紹介したほかにも、以下のような機能が「Poke Genie」にはあります。 iPhone の場合は、ポケモンGOで個体値を確認したいポケモンを開き、スクリーンショットを取得します。 「Poke Genie」アプリを開き、 右上の 「写真アイコン」をタップすると自動で写真アプリに保存されたスクリーンショットが表示されるので、目的の画像を選択します。 これで画像から自動で個体値が表示されます。 個体値が明確にわからなかったときの対処方法 上にご紹介した結果もそうなっていますが、 場合によって結果の数値が曖昧に出ることがあります。 このときは以下の対処をして明確な数値を確認します。 チームリーダーの評価を入力する 「ポケモンを調べてもらう」からチームリーダーがポケモンを評価してくれる内容を入力します。 Poke Genie の先程のスクリーンショットを取り込んだ結果の画面から、 右上の 「メダルアイコン」をタップしてチームリーダーの評価を入力します。 すると、各個体値の数値がハッキリでてきます。 一回強化したときの CP を入力する チームリーダーの評価を入力してもハッキリでてこないときもあります。 そういうときは、 一回「強化」した CP の数値を確認して入力すると分かる場合があります。 まず 「ポケモンGOアプリ」のほうで、調べたいポケモンの「強化ボタン」を1回タップします。 すると、以下のように 一回強化後のCP数値が表示されるので、 それを覚えます。 数値を確認したあと、実際に強化をする必要はありません。 「いいえ」ボタンをタップして抜けてください。 次に 「Poke Genie」アプリでそのポケモンを開き、 「パワーアップ & 進化」ボタンをタップし、 「IVを絞り込みます」タブを選択します。 そして 「次の強化後のCP」に、先ほど「ポケモンGOアプリ」で確認して覚えた一回強化後のCP数値を入力して「保存」すれば OK です。 場合によっては「次の強化後のCP」にひとつしかCPがでてこなかったり、選択して保存しても、まだ明確にならないケースもあります。 そのときはどうしようもないので、「アメ」と「ほしのすな」を使いますが実際に何回か強化してまた読み込んで確かめるか、あきらめるか、これで OK として進化・強化に踏み切るかなどしてしまいましょう。 すると、「パワーアップ」と「進化」ボタンが表示されますので、ここを目的の進化後ポケモンやレベルにします。 パワーアップについてはボタン上の バーを左右に動かすことでも変更できます。 「ほしのすなコスト」がそのレベルまでに必要なほしのすなの数、「アメコスト」がそのレベルまでに必要なアメの数です。 これで現在持っている「ほしのすな」や「ポケモンのアメ」で進化や強化が足りるのか、節約したいからやめておくかどうかなどの判断ができますね! 個体値確認関連情報 Poke Genie アプリの最新機能と、ポケモンGOアプリの新しい個体値確認方法をそれぞれ以下ページでまとめています。

次の

【ポケモン剣盾】個体値の解説と確認方法

ポケモン 個体 値 チェッカー

ポケモンGOでは、モンスター育成でできるだけ優位な条件のものを選べるかどうかで戦略がかわってきます。 個体値の確認アプリがいろいろ出ていますのでチェックしてみました。 それぞれのポケモンはCPをもっています。 「攻撃」「防御」「素早さ」という3つのパラメータの合計値になり、当然CPが高いポケモンの能力は高くなります。 各ポケモンのCPを確認するには、まず中央下にあるポケモンマーク(赤と白の球)をタップ。 次にメニューから「ポケモン」を選びます。 すると今まで捕獲したモンスターが一覧できます。 この段階では名前とCPが表示されます。 個別ページヘ移動すると、CP以外にHPや育成のために必要な「ほしのすな」の量などをチェックできます。 また、ポケモンの画像の後ろにある半円のゲージがポケモンのレベルを表します。 このゲージの角度をチェックするのが面倒なこともあり、個体値をチェックするアプリなどが登場してきました。 個体値測定を使うとアカウントが停止になる? 開発元ニヤンテックは外部アプリに厳しい姿勢となっています。 ポケモンGO公式アプリ以外からアクセスするとアカウント停止にされるともいわれています。 個体値測定アプリでも、 グーグルアカウントなどを使ってポケゴーへアクセスするものがあるため、処分対象になる可能性があります。 ただしだからといって大丈夫かどうかは保証しかねますので、リスクについては十分認識しておきましょう。 心配な人は、 アカウントログインのないタイプの個体値チェッカーを使うと安心かと思います。 個体値チェックアプリ Poke Genie - 自動個体値 IV 計算機(iOS、アンドロイド) 個体値チェックアプリですが、iOS版とアンドロイドでは動作が違います。 iOSではスクリーンショットを取り込んで判定します。 一方アンドロイドではポケゴーアプリ上でこのアプリを実行して個体値チェックができます。 アンドロイド版は、トレーナーレベルとチームを選択して「スタート」を実行します。 あとはポケモンゴーのアプリへ移動します。 移動してもこのGenieのアプリがフローティングで表示されます。 個別のポケモンを表示しているところで、Genieのアプリをタップするとこのように個体値を計算した画面を表示してくれます。 「Poke genieでみる」をタップするとGenieアプリのほうで確認することができます。 たいていの個体値チェックアプリは、キャプチャ画像を一度とってそれを読み込んでから判定します。 それに対し、こちらはポケモンゴーアプリ上で動いて値をすぐチェックできるので非常に便利です。 シンプルで使いやすい個体値チェッカーです。 するとLV40時のステータスが表示されるので参考になります。 ただし候補値が複数出てきたりしてちょっと複雑かもしれません。 スクショからのチェックは自動でできますが、その後の情報量が多いため好みが分かれるかもしれません。 トレーナーレベルを選び、画像を読み込みます。 ゲージのところは手動でスライダーであわせるため、画像読み込みだけで一発で個体値を判定とまではいきません。 個体チェックアプリの多くはモンスター名などを指定するところから始めないといけません。 それに比べると格段に便利です。 起動後「常駐開始」を行います。 あとはポケモンを起動し、ポケモンを表示します。 認識すると、しばらくしてから攻撃、防御測定値などを算出し通知で知らせてくれます。 うちで試したところ、パラメータが??となってうまく計算されていないようでした。 このあたりのバグフィックスがされると結構便利になると思います。 今後に期待ということで。 個体値チェック・ウェブサイト アプリのようにいちいちインストールしなくても、ブラウザからアクセスできる個体値チェックサービスです。 PokeIV グーグルアカウントでログインするだけで、全部のモンスターの攻撃値、防御値などを算出してくれます。 他のサイトが1体1体なので、判定プロセスを一気に省略できるのはいいです。 精度はわかりませんが、手軽さという観点ではかなりおすすめできるかもしれません。 こちらも一括して判定してくれます。 「Show duplicates」で同じモンスターをまとめてくれます。 「Compact view」で表示がコンパクトなモードを切り替えできます。 英語であることを除けば、結構使いやすいと思います。 所有ポケモンが多くてチェックが煩雑!という場合にはこちらのサイトをおすすめします。 ポケモンとトレーナーレベルを選び、スクショでレベルゲージをあわせます。 あとはポケモンのレベル、HP、CPを入力して判定します。 シンプルで使いやすいサイトとなっています。

次の

【ポケモンGO】便利すぎ!「個体値検索」のやり方

ポケモン 個体 値 チェッカー

個体値は対人戦で重要な要素だが、ストーリークリアには必要の無い知識。 通信対戦などで真剣なバトルを楽しみたい場合に、できるだけ理解するようにしよう。 ポケモンが持つ隠しステータス 個体値とは、言わばポケモンの才能。 個体値はポケモンと遭遇または孵化した際に決定され、特別なアイテムを使わない限り変更はできない。 各ステータスごとに個体値がある 個体値は、HPや攻撃などのステータスそれぞれに存在している。 大雑把に「個体値が高い」と言っても、全てのステータスが高くなるという意味ではないので、勘違いしないこと。 素早さをあえて下げたいなどの例外を除き、基本的には31を目指して厳選する。 個体値31のことをVと呼ぶ ポケモン界でよく聞くVとは、個体値31のステータスを指している。 5Vのポケモンが欲しいと言われたら、5つのステータスの個体値が31のポケモンのことだと理解しよう。 個体値0=逆V 30=U 豆知識として個体値0を逆V、30をUと呼ぶ。 逆Vに関してはポケモンによっては重要だが、 Uはあえて粘るメリットが今作では存在しない。 Vと逆Vだけを覚えておこう。 個体値の確認方法 ジャッジ機能解放の手順• 1:ストーリーをクリア• 2:バトルタワーで6勝する• 3:個体値ジャッジ機能が解放される 過去作に引き続き、 個体値を判定してくれるジャッジ機能が存在。 ジャッジ機能を解放するには条件があり、最初から利用できるわけではないので注意。 まずはストーリーをクリアする ジャッジ機能を解放するには、バトルタワーに挑む必要がある。 バトルタワーはストーリーをクリアしないと解放されないので、まだの人は殿堂入りを目指そう。 バトルタワーで6勝しよう バトルタワーが解放されたら、挑んで6勝しよう。 6勝するとモンスターボール級に昇格し、ジャッジ機能が解放されるぞ。 ジャッジ機能はボックスで利用可能 ジャッジ機能が解放されたらボックスを見にいこう。 数値として確認することはできない ジャッジ機能では、個体値は「さいこう」や「まあまあ」と表される。 具体的な数値は見れないが、文言から0か31かの判断は可能だ。 知っておくべき文言 文言 意味 さいこう 個体値31 V ダメかも 個体値0 逆V 高個体値のポケモンを入手する方法 高個体値の入手方法まとめ タマゴから生まれるポケモンには、親の個体値がいくつか遺伝する。 特定のアイテムを持たせることで、 遺伝する個体値のコントロールが可能だ。 ポケモンは今も昔も、孵化厳選で高個体値を出すのが基本。 孵化厳選に役立つ道具 どうぐ 効果 子どもの性格が持たせた親と必ず同じになる 通常のすがたのポケモンに持たせると、リージョンフォームが産まれなくなる 両親から引き継ぐ個体値の数が通常の3個から5個に増える 持たせたポケモンのHP個体値を必ず引き継ぐ 持たせたポケモンの攻撃個体値を必ず引き継ぐ 持たせたポケモンの防御個体値を必ず引き継ぐ 持たせたポケモンの特攻個体値を必ず引き継ぐ 持たせたポケモンの特防個体値を必ず引き継ぐ 持たせたポケモンの素早さ個体値を必ず引き継ぐ 孵化に役立つ特性 とくせい 効果 ほのおのからだ タマゴの孵化に必要な歩数が半減する おうかんで個体値をVにする マックスレイドバトルでは、高個体値のポケモンが出現しやすい。 挑む際の 星の数が多いポケモンほど個体値Vを持つので、見かけたら積極的に挑んで捕獲しよう。 交換で高個体値をもらう 他のプレイヤーに高個体値を交換してもらうのも、有効な手段だ。 周りにポケモンをやっている人がいる場合は、協力することで効率的に理想個体のポケモンを入手できる。 最低限粘るべき個体値 素早さだけは妥協しない 初めて個体値を厳選する人は、最低でも素早さはVを粘ろう。 素早さが高い方が先制を取れるため、 対戦では1の差が命運を分ける。 5Vでも、素早さがVで無ければ意味がないことを覚えておこう。 一部例外ポケモンもいる ポケモンによっては、素早さが低いほど活躍できる場合もある。 そういったポケモンは、逆Vを粘ることが多い。 知識がついてきたら、そういうポケモンもいることを意識してみよう。 そのポケモンの得意分野も粘る 素早さの次に重要なのは、そのポケモンの得意分野。 例えばドリュウズは物理アタッカーなので、攻撃の個体値は妥協してはいけないということだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の