ハムスター なつか ない。 間違うと危険!ハムスターの正しい持ち方講座

ハムスターは人間になつくのか?なついた証拠となつく飼い方を紹介

ハムスター なつか ない

— 2017年 9月月8日午前6時06分PDT キンクマハムスターは ゴールデンハムスターの一種です。 ゴールデンハムスターはペットとしての歴史が長いため、 人になつきやすいハムスターだといわれています。 しかし、おうちに迎えてすぐに飼い主になつくとは限りません。 まずは新しい家に慣れてもらうためにも、 1ヵ月ほどはハムスターと 無理なスキンシップをとらないようにしましょう。 お家に迎えてから大体1ヵ月も経てば、 キンクマハムスターは家に慣れます。 そのあとで、飼い主になつくよう ふれあいを行っていくようにしましょう。 ただし キンクマハムスターの性格によっては 数日で家に慣れ、飼い主になつくこともあります。 逆に、 1ヵ月たっても環境の変化になじめず、 緊張してしまう性格の子も。 なつくまでの期間の一ヵ月というのはあくまでも目安です。 実際のハムスターの様子を観察してみて、 家になれたかどうか判断してくださいね。 キンクマハムスターがなついている時の行動は? — 2017年 2月月8日午前4時57分PST キンクマハムスターはなつく時に どんな行動を見せるのでしょうか? キンクマハムスターだけでなく、 ハムスターにとって人間は大きくて怖い存在です。 飼い主になついていなければ、 普通は人間を恐れかみついたり距離を置こうとします。 そのため、 飼い主の姿を見たらケージ越しに近寄ってきたり、 手に乗せても暴れないようであればそのハムスターは なついているといっても良いでしょう。 ただし、これらの行動が見られら キンクマハムスターがなついている、と 必ずしもいえるわけではありません。 ハムスターの性格によっては 過度なスキンシップが好きでないこともありますし、 逆に人間が大好きで初めて見た人にも 積極的に近寄っていく子もいます。 そのため、どんな行動がなつくサインであるのかは、 ハムスターによっても違います。 キンクマハムスターがなつきやすいのはオス?メス? — 2016年 6月月22日午後8時40分PDT キンクマハムスターは、 オスとメスでなつきやすさに違いはあるのでしょうか? 一般的にハムスターは オスはおっとりしていて大人しい性格で メスは気が強く神経質な面があります。 そのため、 オスのキンクマハムスターの方が 人間になつくとされていますよ。 一方メスのキンクマハムスターは気が強く 飼い主にもなかなか気を許さないことも。 もちろん性別だけで性格が決まるわけではありませんが 傾向としてみると、メスよりもオスの方がなつくと考えられますね。 キンクマハムスターと スキンシップを多くとる、 なつく飼い方をしたければ、 オスのキンクマハムスターを飼うと良いでしょう。 スポンサーリンク 子供のキンクマハムスターのなつかせ方は? 子供のキンクマハムスターがなつくには、 どのようにすればよいのでしょうか? そこで、 子供のキンクマハムスターをなつかせるのに おすすめなことを紹介します! キンクマハムスターはおやつでなつかせましょう! 子供のキンクマハムスターがなつくには、 おやつを利用するのが良いでしょう。 上記はゼリータイプのおやつであるため やわらかく、キンクマハムスターの子供にもおすすめなんです。 食物繊維やオリゴ糖、ビタミンCが含まれているため ハムスターの健康をサポートしてくれる嬉しい効果も。 ゼリーの商品ですから、 小さめのスプーンなどに乗せて ハムスターに与えてあげてください。 おやつを直接与えることにより、 飼い主をおいしいおやつをくれる人間、と 覚えてくれるようになります。 おやつのような食べ物を与えることで、 ハムスターがなつくようになりますよ。 キンクマハムスターは飼い主の臭いでなつかせましょう! 子共のハムスターは母親と離れてから あまり日が経っていないことが多く、 さみしがり屋な一面もあります。 そのため、子供のハムスターがなつくには、 飼い主の臭いのついたものを ケージ内に入れると良いでしょう! たとえばケージにいれる床材の一部分に 飼い主の臭いをつけておくと、 子供のキンクマハムスターは その臭いを日常的に嗅ぐようになります。 このように常に飼い主の臭いを嗅げる環境を作ることで、 キンクマハムスターが飼い主の存在に慣れていきますよ。 この慣れが、 飼い主へなつくことに繋がっていくのです! ただし注意しなくてはいけないのが、 臭いのついた床材をケージの全部に敷詰めてはいけません。 全てが飼い主の臭いとなってしまうと、 逆にハムスターにとっては落ち着けなくなってしまい、 なつく環境ではなくなってしまいますので 注意してくださいね。 キンクマハムスターは落ち着いた環境でなつかせましょう! 特に子供のハムスターは、 周囲の環境に敏感です。 周りが騒がしくキンクマハムスターが環境に馴染めないと、 飼い主になつくこともできなくなってしまいます。 ですから、 まずは環境を整え、 ハムスターが飼い主になつくようにしてあげましょう! 人が頻繁に出入りする入り口付近にケージを置いていたり、 騒がしい物音がする環境だと キンクマハムスターは緊張してしまいます。 キンクマハムスターがなつくような環境にするには、 まずはケージの周りを静かに保ちましょうね。 大人のキンクマハムスターのなつかせ方は? 一方、大人のキンクマハムスターがなつくには どうすればよいのでしょうか? 続いて、 大人のキンクマハムスターをなつかせる コツをご紹介します。 おやつは、 子供の、キンクマハムスターの場合でも有効 でしたが、 やはり、ハムスターがなつくにはおやつが最適です。 ハムスター用のおやつを直接与え、人間に 対する恐怖心をなくし、 ハムスターがなつくようにしましょう。 上記のおやつはハムスターが 手に持って食べることのできるクッキータイプのもの。 手から直接与えやすく、 ハムスターの警戒心をぬぐいやすくなりますよ。 また、ハート形で可愛らしいおやつであるため、 ハムスターが食べている姿を見ていても飽きません。 キンクマハムスターがなつくよう、 おやつを与えてスキンシップをとってくださいね! スポンサーリンク キンクマハムスターはスキンシップでなつかせましょう! キンクマハムスターをただ飼うだけでは、 残念ながらなつくことはないでしょう。 世話をするだけでなく、 スキンシップを積極的にとり距離を縮めなくてはなりませんね。 なので、 毎日様子を見てやり、 飼い主の存在に慣れさせます。 それだけでなく散歩に出してやる際に 優しく手に乗せるなど、 飼い主が自分に危害を与える存在ではなく、 むしろ自分にとってプラスとなるのだと思ってもらうことが大切です。 おやつを手から直接与えることも、 スキンシップのためには有効ですね。 ハムスターが飼い主になつくには、 飼い主の存在を良く思ってもらうことが大切なのです。 ですから、キンクマハムスターが ストレスを感じてしまう行動をしてはいけません。 たとえば 嫌がっているのに 無理やり手に乗せるなどがその例です。 まだなつく前なのにいきなり上から持ち上げる、などもNG。 キンクマハムスターがなつくには、 飼い主独りよがりのふれあいとなってしまわないよう 注意してくださいね。 キンクマハムスターは声掛けでなつかせましょう! キンクマハムスターは 耳がとても良い生き物です。 そのため、世話の合間に積極的に 優しく声をかけてあげるようにしましょう。 これは、 キンクマハムスターに 自分の名前を覚えさせることにも繋がります。 例えば、餌やおやつをあげる際や 散歩に出すなど、 楽しいことがあるときには 名前を呼ぶようにしてください。 『この声がしたら良いことがある』と キンクマハムスターが思うようになり、 自然と飼い主にもなつくようになりますよ。 この時注意しなくてはいけないのが、 ハムスターがいたずらをしたときなどに 名前を呼んではいけません。 自分の名前=悪いことがある、と記憶してしまうと、 逆に飼い主になつくのに時間がかかってしまいます。 キンクマハムスターが凶暴な時の対処方法は? キンクマハムスターが凶暴な時、 どのような対処法が有効なのでしょうか? まず、 キンクマハムスターが 凶暴になってしまった原因が重要です。 キンクマハムスターがまだ環境や 飼い主になつく前だというのに過度なスキンシップをとると、 恐怖心から凶暴になることがあります。 その場合、原因は飼い主にあるといえるでしょう。 必ず、キンクマハムスターが環境や飼い主になついてから スキンシップをとるようにしましょうね。 次に、 別のハムスターと遭遇した場合に、 キンクマハムスターは凶暴になることがあります。 これは、キンクマハムスターが 一匹で生活するハムスターであるためです。 例え繁殖時であっても、相性の悪い異性のハムスターに遭うと ケンカしてしまうことも考えられます。 キンクマハムスターを不用意に他のハムスターと会わせないよう、 気を付けてくださいね。 また、たとえ兄弟であっても 同じケージで飼うことは避けましょう。 最悪の場合、互いが大けがを負うまで ケンカをしてしまうケースもあります。 このように、キンクマハムスターが凶暴になってしまう原因には、 飼育環境が原因となっていることが多いので 思い当たる点があれば、周辺環境を見直してみましょう。 スポンサーリンク この記事を読んだ方からは こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ さて、 今回はキンクマハムスターがなつくのか、 あるいはどうしたらなつくのかなど 飼い方のポイントについて紹介していきました。 キンクマハムスターは もともと懐きやすい種類のハムスターですが コツを知ることでなつく環境を整えやすくなります。 キンクマハムスターが普段生活するにあたって、 飼い主とのかかわりは避けられないもの。 ですから、 飼い主になついてリラックスできる状態である方が、 ハムスターにとっても良いのです。 おやつやスキンシップなどを積極的にとり、 キンクマハムスターがストレスなく 飼い主になつくようにしてあげてくださいね! 以上、『キンクマハムスターはなつく?なつかせ方や凶暴な時の対処方法を紹介!』のの記事でした。 スポンサーリンク.

次の

ハムスターがなつく方法を徹底解説!楽しく過ごすために

ハムスター なつか ない

【目次】多頭飼いはNG!キンクマハムスターの飼い方と注意点!ケージはどう選ぶ? キンクマハムスターとは キンクマハムスターは、澄んだアプリコット(あんず)カラーの毛色、ふっくらとした丸いフォルム、耳の内側の黒っぽさが特徴です。 を品種改良させた種類であるため、原産国はありません。 つまり、野生では存在していないのです。 以前は全身のカラーがブラウンのゴールデンハムスターがキンクマハムスターと呼ばれていましたが、現在ではアプリコット色の種類のものをキンクマハムスターと呼んでいます。 数は少ないですが、中には長毛タイプや光沢があるサテンタイプの子もいます。 なお、ゴールデンハムスターと交配させることは可能であるものの、遺伝子はゴールデンハムスターの方が強いため、生まれてくる子どもがキンクマハムスターになるとは限りません。 温和でおとなしい性格のキンクマハムスターは、頭が良いのでトイレを覚えさせることも比較的簡単です。 鳴くこともほとんどなく、鳴いても小さく「ヂッヂッ」という程度です。 なついてくれば、飼い主の手に自分から登ってくるほど人懐こく、ハムスター飼育初心者にも最適と言われるほど、飼いやすい種類の です。 キンクマハムスターの値段 ゴールデンハムスターの品種改良で生まれたキンクマハムスターは、ゴールデンハムスターよりも希少性が高いです。 このため、キンクマハムスターの値段は、基本的にゴールデンハムスターよりも高額です。 ゴールデンハムスターは1,000円前後でお迎えできますが、キンクマハムスターの場合は1,500〜2,000円前後します。 飼育開始時に必要なエサ代やケージ、トイレなどをプラスしても、総額で10,000円位と考えておくと良いでしょう。 ハムスターの値段・価格に関しては下記の記事もご参照ください。 オス=体長18〜20cmほど、体重85〜130gほど• メス=体長19〜20cmほど、体重95〜150gほど キンクマハムスターのオスとメスとを比較してみると、もちろん個体差はありますが、オスの方がおとなしく、メスの方が気が強く攻撃的な傾向があると言われています。 なお、メスは発情期に性器臭が発生するため、抱っこしてあげた後、においが気になるかもしれません。 キンクマハムスターのケージについて キンクマハムスターを飼育する際には、上述した体の大きさを踏まえた上で を選びましょう。 また、以下の点に配慮しながらケージの中の環境を整えてあげてくださいね。 ケージの種類や素材の選び方 ハムスター用のケージには、プラスチック製ケージ、金網ケージ、ハムスター用水槽、といった種類がありますが、金網のケージはおすすめできません。 金網のケージは最も事故が多く、足が挟まって抜けなくなり、転落して骨折してしまう子が後を絶ちません。 同じような理由から、2階建てのケージも避けましょう。 ハムスターは、足の神経を断絶してしまった場合、そのまま壊死してしまったり、自分で食いちぎってしまったりすることもあります。 これはキンクマハムスターに限った話ではなく、他の品種のハムスターでも同様です。 かわいそうな事態にならないよう、ケージ選びは慎重に行いましょう。 無難なのは、プラスチック製ケージや水槽です。 水槽にはガラス製、アクリル製、プラスチック製がありますが、掃除の際に重さが気になる方はアクリルかプラスチックのものを購入しましょう。 なお、いずれのタイプも通気性はあまり良くないので、意識して換気するようにしてください。 ケージが狭いとストレスや運動不足の原因になってしまいます。 そうとはいえ、ケージの中が広すぎても落ち着けずに を覚えられなくなってしまう子もいます。 しかし、ハムスター用のケージには、キンクマハムスターやゴールデンハムスターに適した広さのものがあまり販売されていないので、買うときには細かくチェックするようにしてください。 その他、キンクマハムスターの飼育者には、プラスチックの衣類ケースや熱帯魚用の水槽をDIYする方も多いです。 ただ、キンクマハムスターはその頭の良さから、予想外の方法で脱走してしまう性質があります。 しっかり鍵をかけられるケージを選び、閉め忘れることもないよう気を付けてくださいね。 どうしても鍵付きのちょうど良いケージが見つからず衣装ケースを加工する場合には、密封状態にならない通気性がある素材のフタをかぶせましょう。 5cm 重量:2. 8kg 生産国:中国 キンクマハムスターのケージの環境づくり キンクマハムスターのケージを準備できたら、できるだけ風通しと日当たりが良く、騒音や振動が少ない場所に設置してあげましょう。 ケージ内には、体の2、3倍大きい巣箱を寝床として用意します。 床材には、広葉樹チップ(木の屑)や細かくちぎった新聞紙を、深さ5cmほど敷き詰めましょう。 穴掘りをするため、爪がひっかかってしまう危険性がある繊維状のタオルは控えてください。 吊り下げタイプの給水器やハウス、砂入りのトイレ、運動不足にならないように回し車も忘れずに。 エサ皿は、倒れにくく重みがあり、かじっても安全な陶器の小皿を置きます。 飼い始めの頃は、キンクマハムスターがケージや部屋に慣れ、リラックスして過ごせるようになるまでそっとしておきましょう。 キンクマハムスターは、 をあげている内に、飼い主のにおいを覚えてくれます。 自分のにおいを覚えてもらうまでは、噛みついてくることがあるため無理に触らないようにしてください。 ちなみに、ハムスターはエサを巣にためる習性があるので、古いエサは定期的に捨てなくてはいけません。 床材全体を週に1回交換し、月に1度、ケージ全体を水洗いしましょう。 5cm 重量:250g キンクマハムスターの飼い方と注意点 人になつきやすいキンクマハムスターですが、やはり飼い始めの時期は緊張していて不安でいっぱいです。 数日間は、ケージのお掃除とエサやりといった最低限のお世話だけを行いましょう。 また、必ず以下の注意点を守るようにしてください。 多頭飼いはNG!必ず1匹ずつの飼育を 温和なキンクマハムスターですが、実は縄張り意識が非常に強いです。 同じケージで複数飼育してしまうと、寝床やエサの奪い合いでケンカをしてしまったり、最悪の場合は死んでしまったりということもあります。 これは にも同じことが言えますが、キンクマハムスターを飼育する際には、必ず1匹ずつケージを分けるようにしましょう。 なお、ケージから出すときにも、ハムスター同士が鉢合わせすることがないように配慮してください。 また、オスとメスとを一緒にしてしまうと、すぐに繁殖してしまいます。 出産する赤ちゃんの数も多く、1回で平均8匹も生まれます。 母親のハムスターは、大きな音が聞こえて身の危険を感じたり、赤ちゃん達に母乳が行き渡らなかったりした際、自分では育てきれないと判断して共食いしてしまうことがあります。 もし赤ちゃんが生まれた場合には、なるべく早めに引き離してあげなくてはいけないので注意しましょう。 キンクマハムスターのエサ・食事 キンクマハムスターのご飯は、1日3回あげることが望ましいです。 忙しくて時間がないときでも、最低1日1回は与えましょう。 主食は市販のハムスターフード(ペレット)、 副食にはキャベツ・小松菜・ニンジン、カボチャなどの野菜、少量のリンゴなどの果物が最適です。 芽キャベツやネギ、ニラ、枝豆、銀杏やレンコンはハムスターの体に合わないのであげてはいけません。 チーズ・煮干しのように動物性たんぱく質のものも、たまには食べさせてあげてOKです。 基本はハムスターフードを中心に、低脂肪のものを与えましょう。 ヒマワリの種をかじるイメージがありますが、ヒマワリの種は脂肪分が多いのでハムスターにはあまり良くないとされています。 甘く脂肪分が多いおやつを大量に食べると、偏食をしてハムスターフードを食べなくってしまうので要注意です。 ハムスターフードの量は、原則として1日10~15g程度と覚えておきましょう。 給水ボトルのお水は、1日1回、夏場は朝晩の2回交換しておくと安心です。 ハムスターの餌やりに関しては、こちらの記事もご参照ください。 エサ皿と巣箱から一番遠い所、ケージの角にトイレを置いてあげましょう。 ただ、トイレをすぐに覚えるかどうかは個体差があるため、ハムスターの性格に合わせて根気良くしつけてあげてください。 怒鳴ったり無理矢理トイレに固定させようとすると、ハムスターが虐待されていると感じてしまいます。 ウンチはケージの中でならどこでもします。 要するに、トイレ内でウンチをしてくれるとは限りません。 ある程度はケージ内の決まった場所でウンチをしますが、トイレの場所が落ち着かないと、エサ皿などトイレとは全然違う所にウンチ、ひどいときにはオシッコをしてしまいます。 なお、トイレはハムスターにとって安心できる場所です。 もしもトイレでうずくまっている姿を見かけたら、注意して見てあげてください。 飼い主に懐いていない可能性が高いです。 また、病気の際に苦しみから逃げたいあまり、自分のにおいがするトイレで亡くなってしまうことがあります。 キンクマハムスターの散歩 キンクマハムスターには、運動や気分転換のためにお散歩の時間も必要です。 時々で良いので、ケージの外へも出してあげましょう。 もちろん、室内で大丈夫です。 ハムスターを部屋の中で散歩させるときには、見失ってしまったり、物をかじられてしまったりする恐れがあるので、電源コードなどは隠すなりコードカバーで守るなりしておき、脱走してしまう隙間がないかも確認しておきましょう。 囲いや専用サークルを使って、ハムスターの行動範囲を制限するのが一番の良策です。 キンクマハムスターの睡眠 キンクマハムスターは夜行性なので、飼い主が寝ているときに活動します。 逆に、昼間には長い睡眠をとる生き物です。 可愛さのあまり、構いたくなるかもしれませんが、キンクマハムスターはよく寝る動物です。 信頼してもらい、健康的に生活してもらうためにも、充分に寝かせてあげましょう。 キンクマハムスターの寿命は2〜3年ほどです 最後に、ちょっと悲しいお話になりますが、キンクマハムスターの は2〜3年ほどと短いです。 長生きする子なら 3〜4年は生きられます。 せっかく慣れてきても、すぐにお別れの時期が来てしまうことを覚悟した上で、1日1日を幸せに過ごさせてあげてくださいね。 また、ハムスターを診察できる動物病院は少ないです。 犬猫しか診られないという獣医さんも多いので、何かあったらすぐに受診できる病院が近所にあるかどうかも、早めに探しておきましょう。 食物連鎖の図で下の方にいるハムスターは、本来肉食動物から身を隠して生きている動物です。 そのため、体調が悪くても周りに悟られないように隠してしまう性質があります。 毎日の生活の中で、抜け毛が激しくないか、便の調子が悪くないか、歩き方が普段と違わないか、注意深く観察してあげることも重要です。 2〜3年ほどでも、ハムスターにとっては一生の時間です。 かけがえのない命を守るためにも、ケージの選び方からじっくり考え、ハムスターが健やかに暮らせる環境を作ってあげましょう。 あなたに懐いてくれるようになったなら、きっとキンクマハムスター自身も幸せな気持ちになっているはずです。

次の

キンクマハムスターの歴史は?特徴は?飼い方は?

ハムスター なつか ない

ハムスターは人に懐く動物として知られています。 その一方でとても繊細で警戒心が強い性格の持ち主でもあります。 このため必ずしも人に慣れたりなついたりするわけでもなく、なつかせるためにはそれなりの飼い方をする必要があります。 ここではハムスターになついてもらうための方法をご紹介します。 ハムスターから来るのを待つ まず肝心なのは、ハムスターが環境に慣れるまでそっとしておいてあげるということです。 飼い始めてから間もない頃は、ハムスターも慣れない環境に戸惑いながら落ち着かない状態になっています。 住み慣れたペットショップから、全く見知らぬ場所にやってきて、全く知らない人に相手をされるのは、おそらく苦痛を感じているかもしれません。 飼い主とハムスターはまだお互いに知らない者同士ですので、まずは環境に慣れるまで飼い主であるあなたがじっくり待ってあげるのが寛容です。 慣れない場所で緊張し落ち着かない状態では、ハムスターも人に懐くどころではありません。 1週間なのか、10日なのか、あるいはそれ以上かかるのか、はっきりとは言えませんが、いずれは必ず環境に慣れてきます。 環境に慣れてくると、ハムスターは人間にも興味を示す余裕が生まれてきます。 それを待ってから少しずつ接するようにすれば、大体はスムーズに懐いてくれます。 とにかく「急いては事を仕損じる」です。 焦らず気長に、ハムスターから興味を持ってくれるまで待つのが得策です。 ケージの外からエサで釣る ハムスターが人にも環境にも慣れてきたら、まずは手でエサを与えてみましょう。 いきなり手のひらに乗せようとしても警戒してかえって逆効果になりかねないので、まずはケージ越しにエサを与えてみます。 エサは何でもよいのですが、やはりハムスターの好物と言えばひまわりの種ですよね。 毎日手からエサをあげていると飼い主の臭いにも慣れてきます。 そして警戒心も薄れてきて自分から寄ってくるようになります。 ここでもやはり、あせりは禁物です。 ケージの中からエサで釣る ケージ越しのエサやりに慣れてきたら、今度はケージの中に手を入れて、同様にエサを与えます。 ケージの外はハムスターのテリトリー外でしたが、ケージの中は自分の縄張りの中ですので、ハムスターにとってはちょっと事情が違います。 いきなり手のひらには乗せようとせず、まずは指でヒマワリの種を与えてあげましょう。 こうしてケージに手を入れても嫌がられなくなったら、手のひらに載せてみましょう。 とにもかくにも焦らずじっくりと「そのうち慣れるさ」くらいの余裕を持って1ステップずつじっくりとお世話していきましょう。 手のひらに乗せてみる いつものように指でエサを与えつつも、手のひらを開いてその上にエサを乗せたりしながら、ハムスターが手の上に乗るように誘導していきます。 いきなり背中を押して乗せようとすると警戒されてしまうことがあるので、注意深くエサで釣りながら手のひらへ乗せます。 動物は人間の手のひらに乗ることに対して、とかく警戒するものです。 ハムスターは自然界では背後から襲われることに対してとても敏感ですので、背中や頭を触られるのを嫌う傾向にあります。 ですので、いきなり背中を撫でたりせず、まずは手のひらにハムスターの方から乗ってもらうように仕向けましょう。 ここでも無理に手のひらに載せてはいけません。 手のひらに乗ることに慣れてきたら、今度はハムスターが手のひらに乗った状態でもう一方の手でエサをあげてみましょう。 ここまでくればもうほとんど懐いたも同然で、あとはなでなでできれば合格です。 手のひらに乗せて撫でてみる ハムスターは個体によって背中を撫でられるのを嫌う場合があります。 背中や頭、耳、しっぽなどは敏感な部分ですので、触られるのを嫌がる子も多いです。 無理に触ろうとするとかえって逆効果となり、今までの苦労が水の泡にもなりかねないので、嫌がるようであれば無理に撫でたり触ったりしないほうがいいです。 人間でもハムスターでも、とにかくしつこいのは嫌われる大きな要因のひとつですから、あまりしつこくし過ぎないことが大切です。 ハムスターを飼っているという感覚よりも、むしろハムスターと同居していると考えたほうがいいかもしれません。 外に出して一緒に遊ぶ ケージの中で手のひらに乗ることに慣れたら、今度はケージの外に出してみましょう。 ケージの外で手の上に乗せて、遊んであげましょう。 回りの環境に慣れてきたら、部屋に離して自由に遊ばせてもいいと思います。 ただし1日に何度もケージから出したり入れたりするのは、ハムスターのストレスにもなるので避けた方が無難です。 1日に1回程度外に出して遊ばせるのが適当なところではないでしょうか。 部屋で遊ばせる場合は、よく見ていないと隅っこに隠れて見失ったり、ほこりまみれになったりするので注意が必要です。 ハムスターがなつく様に優しく接しよう ハムスターはとても小さく臆病な動物です。 自然界では弱者の部類ですのでそれも致し方ありません。 ですので、ペットとして飼い慣らす際にもそうしたハムスターの特性を理解したうえで飼うことが大切です。 そうしないと、いつまで経っても懐いてくれないということにもなりかねません。 人に懐いてもらうには、とにかく焦らず慎重に時間をかけて、ハムスターが居心地の良い環境を作ってあげましょう。

次の