吉川 愛 佐藤健。 佐藤健ら『恋はつづくよどこまでも』“循環器内科”メンバー大集合 オフショットに反響 /2020年3月25日 1ページ目

佐藤健と吉川愛の関係性はいかに??実はあのドラマで共演中!

吉川 愛 佐藤健

佐藤健と吉川愛の関係性とは?? なんと、2009年に放送されたドラマ『メイちゃんの執事』で共演しているんです!! 『メイちゃんの執事』では、佐藤健さんが主演の榮倉奈々さんの執事に、 吉川愛さんはお嬢様として学校の生徒役でした。 当時吉川愛さんは10歳であり、子役として大活躍している時期でした。 当時は吉川愛ではなく、吉田里琴さんとして活躍していました!! その後ときは流れて、2020年冬のドラマ『恋はつづくよどこまでも』で 11年ぶりに共演を果たしています!! 佐藤健さんはドSのお医者さんである天堂の役を、 吉川愛さんは新人看護師の酒井結華役を演じています。 11年ぶりの共演ということで、『メイちゃんと執事』と比べて 2人の成長した姿を目にすることができてとても嬉しい気持ちになります。 これからドラマが進むにつれて2人の共演シーンもあるかも知れません。 『メイちゃんの執事』以来の成長し他二人が同じ場面で演じているのを早くみたいですね!! もし『メイちゃんの執事』が見たい方はFODプレミアムで見ることができます!! 『メイちゃんの執事』だけでなく、過去のフジテレビ系列で放送されたドラマも見ることができます!! 興味がある方はぜひ見てください!! 2人が出演中のドラマ『恋はつづくよどこまでも』を紹介!! 『恋はつづくよどこまでも』は通称『こいづつ』と呼ばれ、 放送終了後には佐藤健さんの発した魔王の言葉にハートを射止められた人で溢れています!! 『こいつづ』は、円城寺マキさんが原作のマンガをもとに、 女性に支持される『胸キュン』なラブストーリーです。 ある日起こった偶然の出来事で主人公佐倉七瀬は、 医師の天堂ともう一度会うために看護師になります。 そしてついに七瀬は再会を果たすことができ、 そこから始まる恋のものがたりになっています。 佐藤健が演じる天堂には、天堂担といったワードでも話題に上がるほど、 天堂というキャラクターだけではなく、 佐藤健さん自身のかっこさにもやられている女性が数多くいそうです。 このままドラマが進んでいけば、佐藤健さんのかっこよさにやられる人たちや、 吉川愛さんを始めとする美人ナースに目を奪われていく人も多くいそうです! 今後の展開が非常に楽しみな作品です。 佐藤健と吉川愛さんの関係は?【まとめ】 2人が恋人関係になっているのではなく、 『メイちゃんと執事』で共演していたという関係性が話題になっていました。 まさかあの子役が吉川愛さんだったとは驚きです。 今後も『恋はつづくよどこまでも』で共演中ですので、お二人の関係性は要チェックです!! 『メイちゃんの執事』のドラマを見たい方は以下からチェックです!!.

次の

吉川愛、『恋つづ』佐藤健との再共演で子役からの思い語る 「カメレオン女優になることが目標」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

吉川 愛 佐藤健

吉川愛と佐藤健の共演ドラマ3作• メイちゃんの執事 麻々原みるく 役• 義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル 桜向日葵 役• 恋はつづくよどこまでも 酒井結華 役 吉川愛さんは、1999年10月28日生まれで、 現在20歳です。 一方、佐藤健さんは、1989年3月21日生まれ、 現在30歳ですね。 吉川愛と佐藤健共演「メイちゃんの執事」 メイちゃんの執事に出演した時、吉川愛さんは、 10歳(小学4年生)です。 佐藤健さんは、 20歳! 吉川愛さんと佐藤健さんは、 10歳の年の差がありますね。 — あずきごはん ドラマ感想 komadorama そういえば吉川愛ちゃんと佐藤健さんはメイちゃんの執事でも共演してたんだなぁ。 当時も里琴ちゃんにメロメロやったやーん。 僕には縁のない子育ての内容だったけど、いい話だったなぁ。 2人のシーン、ツーショットかなり待ってますよ。 たぶん、性格はだいぶ変わってると思うんですけど(笑)。 ただ、 メイちゃんの時はまだ幼かったので、あまり覚えてないんです。 でも、 撮影の時に遊んでくれたりして、優しい方だっていうのは覚えています。 それで当時、バレンタインチョコを渡した記憶もあります。 今回も優しくしていただいて、 とてもいい方だなと改めて思いました。 引用:PlusParavi.

次の

吉川愛:上白石萌音&佐藤健ら「恋つづ」メンバーと集合写真 「大好きなみんな」

吉川 愛 佐藤健

「あなたは気づいたじゃないですか。 いち早く、あいつの良さに。 俺は気づくまで時間がかかりました」 回を重ねるごとに多くの視聴者をニヨニヨさせている火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)。 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、自己最高視聴率を更新した。 持ち前の明るさとひたむきさで、天堂(佐藤健)への恋を実らせた七瀬(上白石萌音)。 第8話では「魔王を追いかける勇者」という関係が初めて逆転。 勇者を手放すまいと魔王が動き出す。 「医者という仕事以外は、すべて切り捨ててきた」天堂が魔王と呼ばれるのは、かつての恋人・みのり(蓮佛美沙子)を亡くしたことがきっかけだった。 1人でも多くの人を救うことで、自分自身を奮い立たせてきたのだ。 笑うことも、誰かに恋をすることも忘れるほど、仕事に没頭することでしか、立ち上がる術を見出せなかった。 そんな天堂のもとにやってきた七瀬は、真逆のエネルギーで自分を鼓舞するタイプだった。 笑うことで、天堂に恋することで、自分の生きる道を突き進んできた。 最初は、仕事の足でまといになると思っていた七瀬が、思い出させてくれた小さな喜び。 業務の間に手軽にかじっていたクリームパンは、誰かと一緒に食べるとさらに甘くなること。 豪華なディナーよりも、屋台のたこ焼きをハフハフするほうが、心を温めて食れること。 仏頂面だった天堂の顔は少しずつ和らぎ、今では七瀬のちょっとした提案に「?」と戸惑う様子や、ボーリングに絶対負けたくないという気合も手に取るように分かる。 全身黒で身を包んだ天堂の服装が、徐々に明るい色を着始めたのも、まさにOfficial髭男dismが歌う主題歌「I LOVE…」にある〈高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな イレギュラー〉の歌詞そのままを見ているようだ。

次の